1ばーど ★2020/05/31(日) 18:47:28.27ID:EL84XNf59  フジテレビのリアリティー番組「テラスハウス」に出演し自宅に遺書を残して死亡した女子プロレス選手、木村花さん(22)は生前、ツイッターなどでの誹謗(ひぼう)中傷に悩んでいた。ネット上での攻撃性の高い匿名の書き込みには、これまで多くの人が被害に遭っていたが手続きの煩雑さもあり泣き寝入りすることが多かった。だが、木村さんの死をきっかけに同じような被害者も声を上げはじめ、国もSNS中傷への対策に乗り出す方針だ。(橘川玲奈、大渡美咲)

■「無視」から一転

 《モデルをしていることにイライラする》

 痩せ体形のモデルとは一線を画す「プラスサイズモデル」や女優として米ハリウッドで活動する藤井美穂さん(26)に向けられたネット上の中傷。本名でツイッターを始めた平成26年12月ごろから中傷は始まった。

 藤井さんはSNSに顔や体の写真などを掲載している。しかし、ツイッターには、毎日のように外見や体形を中傷するコメントが相次ぎ、多いときには一日に30件に上ることもあった。

 「すべてのツイートにネガティブなコメントをしてくる」というほど執拗(しつよう)な人もいたという。藤井さんは「鬱陶しい」とは感じつつも、さほど気にせず、無視をしたり、特定のユーザーの書き込みを非表示にする「ミュート」機能を使ったりしてかわしてきた。

 ときには言い返すこともあり、「その方が注目も集まり、私のメッセージが広がる」と考えていたが、木村さんの件をきっかけに考えが変わった。

 「(中傷した人が)罪を償わなければ、やる人が減らない。社会にとってもよくない」

 《法的措置を取ろうと思います》

 5月24日、自身のツイッターにそう書き込んだ。すると、これまで藤井さんを攻撃していた複数の人から、謝罪のメッセージが届いたという。書き込みやツイッターのアカウントを消す人もいた。「かわいそう」「謝っているのに」という声もあったが、厳しく対処する姿勢を貫く。

■「償ってほしい」

 「ネット上にある私のほんの一面をとらえて中傷をしている。中傷をかわすのは難しい。これまで中傷されてきた私だって、かわいそうじゃないですか。自分がしたことはちゃんと償わなければならない」

 ネット上の中傷問題に詳しい清水陽平弁護士によると、中傷書き込みを行う側の動機は、「『見ていて不快だった』や『ほかの人もやっていた』など、深い理由はない」とする。

 書き込みやアカウントを消した場合でも、発信者を開示し、法的に責任を追及することは可能で、「証明のために、キャプチャーやPDFで保存するべき」と指摘する。また、藤井さんのケースのように書き込んだ側が謝罪をしたとしても「訴えを取り下げるかは被害を受けた人の気持ち次第」といい、「責任を簡単に逃れられるわけではない」としている。

■現行法では救済不十分

以下ソース先で

2020.5.31 18:04 産経新聞
https://www.sankei.com/affairs/news/200531/afr2005310006-n1.html
https://www.sankei.com/images/news/200531/afr2005310006-p1.jpg

191名無しさん@恐縮です2020/05/31(日) 20:00:44.24ID:yVrzlmC80

そいつら全部捕まえたら他のコメントがクリーンになるなw

62名無しさん@恐縮です2020/05/31(日) 19:05:53.38ID:YPtgQmYI0

なんか芸能人ばかり被害にあってるみたいだけど、一般人は誹謗中傷されないの?