1 : しじみ ★[sage] :2020/06/30(火) 21:57:11.03 ID:CAP_USER.net

→ベテルギウスの極端が減光について、星表面の斑点が原因であることが証明された
→これは、太陽黒点の様な低温の領域で、ベテルギウスは表面の70%近くが覆われている
→このスケールの低温の斑点は前例がなく、今後の観測でメカニズムを明らかにしていく

地球から約600光年という近い距離にある恒星ベテルギウスは、2019年10月から2020年4月までに、光度が約40%近く低下したことで、天文学者たちの注目を集めています。

ベテルギウス爆発間近! 超新星が起こる前兆だ! と騒がれましたが、現在はそれほど差し迫った状況ではないとされています。

(省略)

全文
https://nazology.net/archives/63602


続きを読む

Source: http://matometanews.com/index.rdf

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事