1朝一から閉店までφ ★2020/07/24(金) 11:30:04.80ID:CAP_USER9https://thetv.jp/news/detail/239203/
2020/07/24 09:30 配信

石原さとみが主演を務める「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)の第2話が、7月23日に放送された。
劇中では、苦味のある薬を子どもに飲ませる方法が紹介され、視聴者はTwitterなどで「懐かしい〜うちもそうだった」「親切な薬剤師さんありがたい」「チョコアイス一択!了解!」などと感想を寄せている。(※以下、ネタバレがあります)

患者一人一人と向き合うみどりのスタンス

今作は、萬津総合病院薬剤部に勤務する薬剤師・葵みどり(石原)が主人公。「月刊コミックゼノン」で連載中の「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」(荒井ママレ/医療原案:富野浩充)が原作の医療ドラマだ。
みどりのポリシーは、たとえ時間がかかっても患者一人一人と向き合うこと。多忙な病院薬剤部では、他の薬剤師から白い目を浴びることもしばしばあるが、みどりは仕事のスタンスをキープしている。
第2話もてんやわんやの薬剤部。薬の大量摂取で患者が倒れてしまったり、麻薬取締官の来院により麻薬の保管状況の数が合わないトラブルに見舞われた。

丁寧な服薬指導シーンが話題に

薬剤師としてのみどりの知識と優しさが際立ったシーンは、幼い息子が抗生剤の粉薬を嫌がって飲んでくれず、悩む母・真央(佐藤めぐみ)のエピソード。
真央は、マイコプラズマを患った息子に処方された抗生剤・クラリスロマイシンの苦味をどうすれば消すことができるか頭を抱えていた。
主任の刈谷(桜井ユキ)に服薬指導を命じられたみどりは、真央に粉薬をペロッと一口なめさせて、実際に味を試させた。これはみどりがよく新薬などを味見して、患者に薬の説明をするやり方だという。

苦味のあるクラリスロマイシンを飲ませるには、真央がやっていたオレンジジュースに混ぜる方法は逆効果。みどりは、子どもには苦味が強く感じられてしまうため、避けた方がいいという説明をした。

みどりがおススメしたのは、チョコレートアイスに薬を混ぜて飲む方法。真央は優しい薬剤師からのアドバイスに感謝していた。

このアイスに混ぜて飲ませる方法は、子育て世代の親にとって身近な話題だ。SNSには「懐かしい〜うちもそうだった。錠剤が飲めるまでに育ったよ」「知らなかった!今度試してみよう」「独特なお薬の味覚えてるなぁ」といった薬にまつわる思い出話にも花が咲くドラマになっている。

「アンサング・シンデレラ―」公式HPには「医療・薬剤監修」という解説コーナーもできており、劇中で紹介された薬にまつわるより詳しい知識を得ることができる。

みどりがドラッグストアの薬剤師に激怒!
     ===== 後略 =====
全文は下記URLで
https://thetv.jp/news/detail/239203/p2/

40名無しさん@恐縮です2020/07/24(金) 12:07:41.30ID:09LxuCt70

石原さとみは地味目な役柄の時の方が良い演技してる気がする。
アンナチュラルの時が一番良かったけど、今回の役も良いと思う。
このドラマは多分最後まで見続けるだろうな。
まぁ実際には薬剤師がここまで活躍することってないとは思うけど
薬剤師主役のドラマは初めてな感じがするし新鮮でいいと思う。

104名無しさん@恐縮です2020/07/24(金) 13:37:22.95ID:88kcJwUw0