1テルモトガ(茸) [KR]2020/08/13(木) 08:31:29.09ID:40uhf3qt0●?2BP(2000)
【特別手記】「御巣鷹山」48時間の地獄絵図

 1981年に防衛大を卒業し陸上自衛官になった私は、事故のちょうど1年前に、千葉県の習志野駐屯地に所在する第1空挺団に配属されました。普通科群普通科中隊(当時)の小隊長として30名ほどの部下を率いる立場で、階級は2等陸尉。まだ独身で26歳でした。

 現場の「御巣鷹の尾根」上空に到着し、降下を開始したのが8時48分。まず1〜3番機の隊員が現場に降り、4〜6番機は麓の相馬原(そうまがはら)でいったん待機することになりました。空挺部隊には指揮官が“先頭降下”するという伝統があって、3番機では私がリーダーですから、最初にロープを伝って山の斜面に降り立ちました。私の次に降りたのは作間2曹です。

 空挺隊員にとってリぺリング降下は日常茶飯事ですが、急峻な斜面に着地した瞬間、強烈な違和感を覚えました。ブーツの裏にグニャッとした柔らかい感触があったんです。「なんだろう?」と思って足下を見ると、そこにあったのは人の“耳”でした。ご遺体を踏んでしまったことに気づき、すぐに“申し訳ございません”と心の中で謝りました。

 降下後、普通科群長が命令を下達しました。我々の任務は、「生存者の救出」と「地形の偵察」です。2番機の小隊と共に生存者を捜索しながら尾根を登っていきました。私と2番機の小隊長を中心に、左右各人5〜10メートルほどの間隔で横一列に広がって斜面を登るのです。

「生存者発見!」

 息を飲む光景でした。航空機燃料が燃える独特の臭いがして、岩肌には人の内臓がベタッと張り付いている。見上げると、髪の毛が付いた頭皮が木からぶら下がっていました。
傾斜がきつく、木の幹に掴まりながら登るのですが、触った瞬間に滑る感じがする。見ると木全体が血と肉片で真っ赤に染まっていました。私の後ろを歩いていて、やはりその“赤い木”を触ってしまった隊員が「ギャーッ」と大声で叫びました。

続く
https://www.dailyshincho.jp/article/2020/08120556/?all=1&page=2

65ニトロソモナス(庭) [US]2020/08/13(木) 09:46:59.18ID:9+0nPmGc0

そんな木一本に集中するもんなの?

144ニトロソモナス(東京都) [ニダ]2020/08/13(木) 11:38:54.85ID:m55iwg720

御巣鷹の暑い夏読んで、自衛隊は大変だなって思ったわ