1 : :2020/10/24(土) 19:52:02.19 ID:icBaKrWz0

重度の脳障害患者が「睡眠薬」によって、逆に”意識を取り戻す”事例が報告される

『Cortex』の11月号に掲載された論文によれば、重い脳障害によって8年間、無動無言症の状態にあった男性に睡眠薬として知られるゾルピデム(総称: マイスリー)を投与した結果、意識が覚醒し、自主的活動が再開されたとのこと。

しかし、いったいなぜ、睡眠薬が障害を負った患者に覚醒を促したのでしょうか?

(省略)

全文
https://nazology.net/archives/71845


続きを読む

Source: http://matometanews.com/index.rdf

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事