1リバースネックブリーカー(大阪府) [ニダ]2020/11/19(木) 02:28:50.30ID:Bp9vyB7L0●?PLT(16000)
「圭くんは仕事しなくていいよ♪」眞子さま語る“税金生活”に、小室佳代さん“感涙”

https://imperialism.site/wp-content/uploads/2020/11/%E7%9C%9E%E5%AD%90%E3%81%95%E3%81%BE%E3%80%81%E5%B0%8F%E5%AE%A4%E5%9C%AD%E3%81%95%E3%82%93-1.jpg

小室圭さんを思いやる眞子さまの優しさ

まともに就職し、経済的な安定を得ることが困難ではないか、とも噂されている小室圭さん。しかし、実は、眞子さまなどは、
そんな小室圭さんに関して「無理して就職する必要はない」と考えておられるという。

「以前、ワイドショーや週刊誌等で、女性宮家創設の議論と関連して、小室圭さんの皇族入りの可能性について盛んに報じられたことがありました。

その際に、話題となったのが、眞子さまが宮家の当主として皇室に残り、小室圭さんが眞子さまの配偶者として皇室入りされる際にお二人の受け取る皇族費です。

皇室経済法の規定により、宮家の当主には年約3000万円の皇族費が支払われ、その妃には半額の約1500万円が支払われることになります。
これに則れば、眞子内親王に約3000万円、“圭殿下”には約1500万円が支給されることとなるのです。

こうしたことが報じられた際、眞子さまは“良いことを思いついた”とばかりに

“圭君は働く無くても大丈夫!私と一緒に新しい宮家を作って皇族費で暮らしましょ♪税金生活〜♬”と仰られたそうです」(宮内庁関係者)

こうした皇族費の出どころは国民の税金である。しかし、これまで皇族として悠々自適の生活を営まれてきた眞子さまは、
そうした国民感情に関わる細かい問題には無頓着であるようだ。

そして、この眞子さまのアイディアに大変感銘を受け、諸手を挙げて賛成したのが小室圭さんの母親の佳代さんであったという。
「佳代さんは、ご自身の抱える借金トラブルがお二人の結婚実現の障害になっているのはないかと考え、大変心苦しい想いをしていたようです。
ですが、こうしたアイディアを眞子さまから聞かされた際には、大変喜び、“では、そのお金で借金も返して、
全ての問題を解決出来るのですね“と言い、さらに続けて感動の涙を流しながら”眞子ちゃんありがとう“と
何度も感謝の気持ちを口にしたそうです」(眞子さまと小室圭さんの問題に詳しいジャーナリスト)

多くの人々が破局を願っている、眞子さまと小室圭さんの関係であるが、
まだしばらくはこの二人の我がままに国民が振り回されることとなりそうだ。
https://imperialism.site/archives/16576

1リバースネックブリーカー(大阪府) [ニダ]2020/11/19(木) 02:28:50.30ID:Bp9vyB7L0●?PLT(16000)

289バーニングハンマー(茸) [US]2020/11/19(木) 10:37:41.62ID:YZaHaiKc0>>1

皇籍離れた皇女にいつまで税金が投入されるの?