1首都圏の虎 ★2020/11/27(金) 22:58:58.27ID:CAP_USER9 元イングランド代表GKピーター・シルトン氏が、ディエゴ・マラドーナ氏の訃報を受けて、見解を示した。

1986年のワールドカップ準々決勝で「神の手」「5人抜き」でゴールを許したことでも知られるシルトン氏は、マラドーナ氏に対して長年わだかまりがあったようだ。

イギリス『デイリー・メール』のコラムでシルトン氏は「彼は確かに偉大な選手だった」と語りつつも、伝説のプレーについて、いまだに不満を抱いていると明かした。

「マラドーナはスポーツマンとしては模範的かと言ったらそうではなかった。あのゴールは正当なものではなかったのは明らか。そして彼は自らのズルについて“神の手”という言葉を使ったね。明らかに良くないことだし、フェアではなかった」

「彼は偽りのゴールを喜んだ。それについてその後謝ることもしなかった。あのワンプレーはその後も長年、私の頭を悩ませるものとなった」

現在71歳のシルトン氏はマラドーナについて恨み節を口にしながらも、60歳で他界したアルゼンチンのレジェンドを偲んだ。

「だが、マラドーナは私が対戦した中で、最も偉大なフットボーラーであったことは疑いようがない。彼が若くしてこの世を去ったことを残念に思っている。やっぱりそれは悲しいことだよ。彼の家族にお悔やみを申し上げたい」

https://news.yahoo.co.jp/articles/d6e781f4acd20113a48f2e79da4dc754932f7c45
https://amd-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20201127-00010026-goal-000-1-view.jpg

26名無しさん@恐縮です2020/11/28(土) 06:42:19.99ID:AeXqNLYA0

審判のコメントが先だろが

6名無しさん@恐縮です2020/11/27(金) 23:10:53.34ID:PO0v9QlK0

後日談でマラドーナが「もし、私が仮に手でゴールしたとしよう、それは身長の低い私がシルトン君より高く飛んだということだ笑」って言ってた