1THE FURYφ ★ 2020/12/13(日) 20:45:30.23ID:CAP_USER9 「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN」
2020年12月13日(日)東京・両国国技館

【写真】ストップに号泣する才賀

▼第10試合 スーパーファイト -58.5kg契約 3分3R延長1R
×卜部弘嵩(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/第2代K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者)
反則勝ち 2R
〇才賀紀左衛門(PURGE TOKYO)

才賀は空手をバックボーンに持ち、2007年大晦日のK-1甲子園でデビュー。K-1、Krush、シュートボクシング、REBELSなど様々なリングを渡り歩き、
2014年10月からはMMAにも参戦。2017年12月29日には朝倉海とも対戦している。今年8月、新生K-1参戦を表明した。

卜部は初代・第4代Krushスーパー・フェザー級王者として5度の防衛に成功、2015年11月には卜部功也との兄弟対決に勝利して、第2代K-1スーパー・
フェザー級王者となった。2017年2月の初防衛戦に敗れるとフェザー級に転向。2019年3月、2階級制覇を目指して村越に挑戦したが判定負けを喫した。
11月の「K-1 WORLD GP第3代フェザー級王座決定トーナメント」では準決勝進出もジャオスアヤイに敗退。今回は約1年ぶりの試合となる。

前日計量で卜部は1.9kgオーバーのため減点2から試合開始、ファイトマネーから30%減額。グローブハンデは才賀が拒否したため両者通常の
8オンスで行われる。

1R、卜部は速いジャブを打ち左ミドルを蹴る。才賀もジャブを打って左の蹴り。卜部は右ストレートをヒットさせる。スピードに優る卜部は右ストレートと
左ミドル、卜部もワンツーと左ボディを繰り出す。卜部も左ボディを打つ。卜部のスピードが印象的なラウンドに。

2R、才賀が左ボディで先手を打つが、卜部のヒザがローブローに。この試合、卜部のバッティングやローブローが目立っていたが、この一発で才賀が
戦闘不能に。長いインターバルがとられたが、試合続行不可能と判断されて試合は終了。才賀は泣きながら肩で担がれてリングを後にした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/63d557230a4d92c11e086cdebaed98c9145511db

6名無しさん@恐縮です2020/12/13(日) 20:49:08.46ID:S7fqXIfH0

1.9kgオーバーってなかなか悪質よね

85名無しさん@恐縮です2020/12/13(日) 22:00:08.95ID:MZmdysHf0>>6

1.9kgオーバーって減量してねーんじゃねーの?