1アリエル(岐阜県) [DE]2020/12/19(土) 20:36:40.94ID:fTsqBGn40●?2BP(2000)
1.46兆元(23兆60億円)の負債を持つ300近くの不動産会社の破産から不動産負債危機を防ぐ方法は?

「コロナショック+債務返済のピーク+資金調達規制」という三重の圧力に対応するため、不動産会社が抱える債務リスクを早急に防止・解決する必要があります。

画像 (足場板も無い建設現場)
https://n.sinaimg.cn/finance/crawl/98/w550h348/20201214/13f7-kffctcc1370143.png

3四半期に発表された大手不動産会社23社の販売実績から判断すると、平均販売目標達成率は年間販売目標の67.1%に過ぎず、年間販売目標完了率が75%を超えるのは2社のみである。売り上げの回収と仕事の再開の遅れ、不動産株の深刻な混乱、厳格な資金調達の監督、明らかな方針の緩和はなく、クレジットボンドやその他の有利子負債の集中支払いのピーク期間、不動産会社のリスク防止と管理タスクとプレッシャーは徐々に増加しています。

高レバレッジ運用は変わらず、債務不履行のリスクは高まり続ける

今年破産・清算された不動産開発会社294社の分布から判断すると、中西部地域と第3・第4層都市が比較的高い割合を占めている。
2020年1月から10月にかけて、破産発表プロセスに参加する関連企業の割合も増加し続けました。「建設」、「エンジニアリング」、「建築資材」、「ホテル」をキーワードにした人民法院告知ネットワークのテキスト分析によると、今年1月から10月まで、上記4種類の関連業界の218社が破産手続きに入った。
2020年1月から10月にかけて、不動産会社の海外債券発行額は586.74億米ドル(6兆1000億円)に達し、2018年の海外債券発行額を上回り、そのほとんどが米ドル建てである。
今年1月から10月までで、不動産セクターのみを対象としても67件もの清算発表があり、そのほとんどは中小規模の不動産会社でした。新しい「スリーレッドライン」融資規制は、非上場および非主要不動産会社のデータ監視とその後の実施に関する詳細を開示していませんが、不動産融資に慎重な現在、中小不動産会社の融資環境は完全に閉鎖されています。

中国国立社会科学院

Sina Finance 2020/12/14
https://finance.sina.com.cn/chanjing/cyxw/2020-12-14/doc-iiznctke6470715.shtml

518アクルックス(埼玉県) [US]2020/12/20(日) 02:51:28.46ID:055J+z1u0

とかなんとか言ったって、北京で札をじゃんじゃん刷れば、アラ、不思議アル!景気は回復したアル!だろ?もう何回繰り返してるんだよ。豚肉が喰えるうちは中国共産党は潰れないよ。

402イオ(岐阜県) [US]2020/12/19(土) 23:25:33.39ID:PJ9k4HFq0

ほんとに大ごとなら株式市場に動きがあるはず…