出典:EPGの番組情報

それって!?実際どうなの課[字]【廃墟問題を調査!今回は宮城の化女沼レジャーランド】

世の中のウマイ話を検証するドキュメントバラエティー!

【飯尾和樹がニッポンの廃墟問題を徹底調査!】
【森川葵が『ペン回し』で大技に挑戦!】

出演者
【MC】生瀬勝久

【出演】博多華丸・大吉/森川葵/大島美幸(森三中)/飯尾和樹(ずん)
番組内容
①【ずん・飯尾和樹がニッポンの廃墟問題を調査!】
ずん・飯尾和樹が全国各地にある廃墟の価値を徹底調査。
今回は宮城県にあるレジャーランド!
なぜ廃墟となったのか?そして、実際どのくらいの価値があるのか!?
驚きの金額を公開!
番組内容2
②【女優・森川葵がシガーボックスに挑戦!】
様々な世界の達人たちが長年かけて習得したワザを、たった1日で成功させてしまう、“何でも出来ちゃう女優”森川葵。
今回はSNSでも話題となっている「ペン回し」に挑戦!
世界レベルの大技に森川も苦戦!?
“ワイルド・スピード森川”果たしてどうなる!?
URL
https://www2.ctv.co.jp/dounanoka/

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
情報/ワイドショー – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 飯尾
  2. 森川
  3. Kay
  4. 人差
  5. トルネード
  6. ペン
  7. 成功
  8. ノーマル
  9. 回転
  10. 感覚
  11. 今回
  12. 廃墟
  13. 大島
  14. 連続技
  15. バックアラウンド
  16. ペン回
  17. 最後
  18. 生瀬
  19. 達人
  20. アトラクション

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

<街で そのまま残されている…>

<少子高齢化の現代社会>

<空き家が放置され
街の景観が悪化>

<犯罪の温床となるなど>

<今 廃墟が
大きな問題となっている>

<そこで我々は廃墟の引き取り手
が現れることを願って>

<…もちろん この男>

(飯尾)どうも…ずんの飯尾和樹。

<どうなの課 廃墟担当…>

<今回 飯尾が調査するのは…>

<しかし そこには>

(飯尾)これ ちょっと…

<我々の想像もつかない…>

<…が 広がっていた>

(生瀬)さぁ 始まりました
「それって!?実際どうなの課」

課長の生瀬です
よろしくお願いします。

(大吉)お願いします。
(大島)お願いします。

今回は葵ちゃん スタジオお休みで
VTRでの登場ということで。

(華丸)廃墟ですか?
久しぶり。

そう!

ハハハ…[笑]なんの思い入れもないけど。

<やって来たのは…>

<そう!今回は…>

<…を巡り>

<飯尾は価格を予想しつつ

買い手が見つかるような
廃墟の魅力に迫る>

<それでは…>

(飯尾)ここですね?

(飯尾)化女沼?

化ける女の沼。

<こちらが今回の廃墟>

(飯尾)この何ですか?

…ていうんですか?

(飯尾)ちょっと錆びたね。

<果たして…>

(飯尾)あれね。

うわ~っ「立入禁止」

(飯尾)こんなに…

…札がありますけど。

そりゃ そうだ
危ないから。

(飯尾)あ~っ ちゃんとね。

<そう 廃墟が抱える
問題の1つが…>

<ちなみに 不法侵入すると…>

(飯尾)あっ こうやって?

<それでは いざ遊園地の中へ>

(飯尾)何て言うんですか?

<真っすぐ…>

(飯尾)いや これ…

<歩くこと…>

<ついに 遊園地が…>

本当だ。

<…を 発見>

(飯尾)…恐竜に。

(飯尾)あら~。

(飯尾)お客さん
迎えて入れてるけどね。

<さらに>

<…のような
アトラクションを発見>

<おそらく操縦席に座って
楽しむタイプの乗り物だろう>

[恐竜の足音]

<さらに…>

<すると>

<飯尾が…>

<見つけたのは…>

<一体これは 何なのか?>

<…が 残されていた>

(飯尾)なるほど!

<ここはヒーローショーなどのイベントを
行っていたであろう…>

<…跡地>

あそこから
出てくるんだ?

(飯尾)…とかね ここで[笑]

…とかね。

あるある。
座ったことあるな。

<さらに探索を続けると…>

(飯尾)余計なアート。

不法アートですよ ほら。

(飯尾)「ゲームコーナー」

あ~っ「売店」

<こちらは 内部にも入れそうだ>

(飯尾)…行きますね また。

(飯尾)あ~っ…あららら…。

(飯尾)すごいです。

(飯尾)地酒でしょうか?
あっ これは…

(飯尾)パワーつけて。

<不法投棄も
廃墟が抱える問題の1つ>

<ちなみに
個人が不法投棄をした場合…>

(飯尾)こっちからも扉で 何で
こっちからも扉で こうなってる?

<内部を見ても
扉が2つある理由は分からない>

(飯尾)今 なんか すげぇ…。

<…飯尾>

<…が 飛び立ったという>

<その謎の生物の姿を 飯尾の…>

<その映像が こちら>

(飯尾)うわっ わっ!

<野生の…>

びっくりするな。

<続いて…>

いけるの?これ。
何か いるよ。

(飯尾)あっ。

<すると 重大な…>

(飯尾)あっ これ…

台帳だ これ。

(飯尾)ほら。

<見つけたのは…>

(飯尾)月曜日に大人350円。

247枚 売れてますよ。

小供200円で94枚。

(飯尾)小供226人。

4月30日 あっ!

いや~…

(飯尾)トランポリンなんて…

<再び 売店の調査に戻る>

<さらに>

(飯尾)キャラクターというか

子どもの
スーパーヒーローショーが

やってたんですね。

(飯尾)これ いつだろう?

西暦 書いてないもんな。

(飯尾)ということは…

<残された…>

(飯尾)ちょうど俺が何か…

(飯尾)…て 書かれたとき。

覚えてるんだな。

はい。

一緒です 一緒。
そう。

<しかし29年で
成長した飯尾は…>

<…に 気づく>

(飯尾)ただね 俺ね ちょっと…

このとき もう すでに。

あ~っ そうか。

<この頃には すでに経営が
悪化していたのだろうか?>

<さらに調査を進める>

<そして奥へ進むと>

(飯尾)あっ!

(飯尾)あ~っ!

<かなり広大な面積の…>

<しかし 手入れはされず

もはや自然に返っている>

こうなっちゃうんだよな。

<その他にも…>

<園内に造られた ホテルを発見>

(飯尾)うん?

お姫様館 入口って。

<「お姫館」と書かれた…>

(飯尾)全然…

<より一層 生い茂る緑の中を…>

<すると>

<ついに「お姫館」に到着>

(飯尾)開きません…おっ!

<日本の お姫様をイメージ
したかのような空間が広がる>

<と ここで…>

(飯尾)「化女沼の伝説」

<壁には 化女沼に伝わる

お姫様の伝説が記されていた>

<照夜姫は
沼のほとりで男と出会い

恋に落ちたのだが

その男の正体は蛇で

やがて姿を消してしまった>

<すると ある日 姫は…>

<生まれた蛇は…>

<その日から毎夜 沼から
赤子の声が聞こえるようになり

やがて姫は 追いかけるように

沼に身を投げてしまったという>

<事実 一部の近隣地域では…>

<…と いわれているという>

<「お姫館」をあとにし…>

広いな。

(飯尾)バラエティー[笑]

ドッキリとかに使うような。

<かなり広めの…>

<それだけの来場者が
いたのだろうか?>

(飯尾)恐竜が俺たちを
見てるんじゃないかっていう。

こんな感じで…

(飯尾)あ~っ。

(飯尾)確かに すごい!

(飯尾)いや
そう感じさせるんだよな。

<そして この…>

<…が 広がっていた>

<この道を抜けると そこには…>

<…が 広がっていた>

(飯尾)うわっ!

(飯尾)うわ~っ!

(飯尾)うわっ!

(生瀬)セットみたいだもんな もう

(飯尾)観覧車!コーヒーカップ
メリーゴーラウンド。

これ3大遊園地は
そろえてたんですね ちゃんと。

<この遊園地の
目玉で あったであろう

アトラクションの並ぶ
メイン広場>

(飯尾)いや これは。

あら 悲しい。

でも 何か 美しいよな。

これ ちょっとアートですよ
アート!この。

あ~っ!何か…

…しませんか?ねぇ。

こう チケットとか確認する。

(飯尾)いや~…。

(飯尾)あれ?でも…

(飯尾)…です 皆さん。

(飯尾)ちょっと
めちゃくちゃ この…

(飯尾)錆びた観覧車。

いや~!

(飯尾)やっぱり…。

<もとは白いペンキが
塗られていたであろう 観覧車も

時の流れとともに 今では
錆で覆われてしまった>

<腐敗し 今では人を乗せることも
できなくなった ゴンドラ>

<かつて笑顔で
あふれていたで あろう

この場所は

今では 寂しさだけが残っている>

<コーヒーカップも
かろうじて形だけを残す>

(飯尾)ほら これ
トランポリンでしょ?これ。

<役目を終えた
アトラクションたちは

眠るように
ただ そこにあるだけ>

<ということで…>

<…の 化女沼レジャーランド>

<果たして!>

<まずは…>

(飯尾)ジャン!

(飯尾)…ていうの 習いましたんで

(飯尾)…すると思うんですよ
余裕で。

<撤去費用が
莫大に かかると読み

1億3000万円と予想>

(飯尾)いいですか?

<その値段は?>

(飯尾)オープン!よっ ドン!

(飯尾)しますね!あれ?全然…

<そう 実は 温泉が湧いており

土地の広さと 温泉の価値を考慮し
現在…>

<…で 売りに出されている>

<そして…>

<遊園地の…>

<…を 入手することが できた>

<そこに残されていたのは…>

<これが 26年前の
化女沼レジャーランド>

カラーだ カラー。

<当時のパンプレットの中には

アトラクションの姿も
残されていた>

<今では動かない
アトラクションの数々も>

<かけがえのない 思い出を
作り上げていたのだろう>

<…も 当時は このように
観客席が広がり

お客さんで あふれていた>

<…した 化女沼レジャーランド>

<最盛期は…>

<人気を博していた>

<しかし バブル崩壊とともに
客足は途絶え…>

<その後 温泉が掘削され

観光地として 再び
生まれ変わる事も 期待されたが>

<20年ものあいだ…>

<かつての人気遊園地は
廃墟と化してしまった>

<これが…>

(飯尾)この…

<皆さんの…>

<所有者の…>

<続いては>

<達人たちが
長い年月をかけて

磨いてきた技の数々を>

<空気を読まずに…>

<一切…>

(華丸)1日だからね
毎回。

<こよいは
ペンを自由自在に操る…>

<…に 弟子入り!>

<しかし 今回 森川に
大きな壁が立ちはだかる>

結構…

もう普通に。
(大吉)おぉ。

こういうのだけです。
(大島)おぉ~。

すごいじゃないですか!

うん。

こういう人 やっぱ変わっとるよね

(森川)ペン回しの達人。

…て感じがします。

<現在
SNSの動画でも話題の…>

<今や 上級者が一堂に会する…>

<動画を投稿して…>

<なんと…>

<人気のパフォーマンス>

<早速…>

外国の方?

あっ!日本人。

(森川)何か でかい。

うわっ…!

バトントワラーじゃん。
本当 そうですね。

(森川)おっ!

<彼こそが ペン回しの
プロとして活躍する…>

(森川)てっきり…

(森川)…みたいな感じだと…。

(Kayさん)想像されるのって 何か
こういうのとか

こういうのとか
くらいだと思うんですけど。

(森川)え~っ!

<しかし…>

(Kayさん)はい。

…で やらせて
いただいております。

(森川)そうなんですね!
(Kayさん)はい。

(Kayさん)…することが できました。
(森川)えっ?

(森川)…私。

<…を目指し
エンジンを ふかし始める>

(Kayさん)僕 15年間
ペン回しやってるんですけど…

(森川)確かに…

(森川)…ペン回し。
(Kayさん)すごい…

<そう 本来…>

<…を競い合うのが
ペンスピナーの世界>

<今回 森川には 難易度別に

3つの技を
用意>

<まずは…>

<…から 学ぶ>

<すると>

<ペンの回し方を習う前に

達人の金の回し方が気になる
森川>

(Kayさん)思いっきり…

(森川)そうなんだ。

<ペン回しに適しているのは

長さがあり
左右の重さが均等な ペン>

<ほとんどの ペンスピナーは

市販の ペンのグリップ部分や
先端を分解し

パーツを組み合わせて

回しやすい改造ペンを
作成するという>

(森川)こういう感じなんだ。

(Kayさん)キャップを こう
後ろに付けるだけで

ちょっと長くなるし
バランスも よくなるんで

回しやすくなります。

<ほかにも 海外製の…>

<…も 多数 存在>

<中には 武器のような
荒々しいものや>

<…する機能が付いた
ハイテクなペンも>

<だが…>

<厳密に言うと…>

<今回 森川は…>

(Kayさん)親指の周りを回る 基本技。

<中指で
ペンを はじき

親指の周りを1回転させる
ノーマルが

ペン回しの基本技>

これしか できないや。

<さらに 回転させる感覚が
掴めると>

(森川)お~ うわっ!

<長時間の回転技も 可能となる>

<ノーマルに…>

(Kayさん)まず…

(森川)こう?(Kayさん)そうです。

ここから 人差し指を
こう開いておいて…

これは 分かるよ。

だってさ それ できないんだよ!
今 葵ちゃん。

<もしかしたら
この ノーマルは…>

<森川は
全くの未経験からの 挑戦>

<すると>

(森川)帰ってこないんです…
あっ!

(森川)こないんです…あっ!

<森川…>

<そして あっという間に
連続でも 成功させ>

それで覚えちゃうんだもん
それを。

<なんと…>

<そして…>

もういくよ 次。

2周?2周?

<連続回転も やってのけた>

<これには 達人も>

(Kayさん)おぉ~!

<この表情>

(Kayさん)すごい!

<いよいよ…>

<まずは…>

(森川)おぉ~!

<まずは
親指の周りを回転させると

続けて 人差し指の周りも1回転>

<これが…>

気持ちいい
収まりがいい。

(Kayさん)そのまんま…

<そう トルネードは指の動きを
理解するだけでも困難>

うわぁ~。
(大島)難しい。

(森川)あら。

<森川も見よう見まねで挑戦>

(森川)あっ。

<すると>

(森川)あっ。(Kayさん)あっ!

<いきなり人差し指の周りを

回転させる感覚を 掴みかけた>

<達人も…>

(Kayさん)このままの勢いで
人差し指 回ろうとすると…

(Kayさん)これを どうにかしないと
いけないんで。

(Kayさん)このまま人差し指を
立てるような感じにしてあげると。

(森川)おぉ~!(Kayさん)人差し指の
中に入ってきてくれます。

<そう 技の成功には

親指と人差し指を正確な
タイミングで動かす感覚が

必要不可欠>

(大島)すごい。

<しかし この…>

(Kayさん)あぁ~ それです それです

あぁ~ それです それです
もうすぐ。

<惜しくも
キャッチは できなかったが

一気に指を動かす
タイミングを掴んできた>

(Kayさん)人差し指で。

(森川)回りきったな?
(Kayさん)はい。

<すると…>

<森川が…>

これは すごい!
(大島)すげぇ~!

<…に挑戦中の森川>

<指を動かすタイミングは
掴んできた>

(Kayさん)人差し指で。

(森川)回りきったな?
(Kayさん)はい。

<そして!>

(Kayさん)あぁ~ きた!
(森川)あっ きた!

(Kayさん)あぁ~ きた!
(森川)あっ きた!

<見事にノーマルから
人差し指の周りを1回転させ>

<森川 なんと…>

(Kayさん)おぉ~。

(華丸)もう いつでも できる
いつでも できる!

(Kayさん)おぉ~!(森川)やった~!

(Kayさん)2連続。(森川)うれしい。

<連続で成功させ…>

こんなんで書類にサインしたい。

<一切…>

<降臨!>

<すると森川が>

(Kayさん)あります あります。

(森川)…みたいなの ありますよね
これは もう…

(Kayさん)あるあるですね。
(森川)あるある。

<そう 森川は…>

(生瀬)
女優さんだからさ。

(森川)キャ~!

<しかし ここから一気に
難易度が上がる>

<まずは…>

(Kayさん)トルネードをやったんで…

(Kayさん)いきます。

トルネード。

(森川)うわぁ~ かっこいい!

<先ほどと同じく
トルネードを素早く決めると

今度は反対の向きに

人差し指の周りを1回転させる>

中指で押すんだ。

<これが…>

かっこいい。
かっこいいな。

ここまで やるとね。

<一気に…>

<しかし この技を
成功させるには

新たに逆回転の技…>

<…の感覚を
掴まなければならない>

(Kayさん)ペンの後ろの方を
持ってください。

このまま 手を斜め上に
振るような感じで…

(森川)はい。
(Kayさん)これが本当に この技が…

<そう 普通の人には…>

<…感覚を掴むのが至難の業>

<だが…>

(Kayさん)そうです!(スタッフ)すごい!

(スタッフ)すごい!

<なんと…>

(大吉)めっちゃ 誰か声 出した。

<さらに>

(Kayさん)いやぁ~!

すげぇ!

(Kayさん)…に なってくるんで。

<単体では できていても

連続技を成功させるには

次の技に つなぎやすい位置で

ペンをキャッチしなければ
ならない>

それじゃないとコンボにならない。

<だからこそ 連続技は
難易度が一気に跳ね上がる>

<さすがに…>

あら まさか。

<…に達人は>

<見事に連続で技を成功させ>

世界チャンピオン 4~5日
かかってるんでしょ?これ。

<森川 駆け足で…>

(大島)えっ?

<マスターするまでに
かかった時間は…>

<恐るべし…>

(Kayさん)すげぇ。

(スタッフ)バックアラウンド。

(森川)イェイ!

<しかし最後は
さらに複雑な連続技>

(森川)おっ。

<その妙技を
とくと ご覧あれ>

(Kayさん)いきます。

(森川)これは。

<しかし この技は

トルネードから

先ほどのバックアラウンド>

<さらに逆回転の バックアラウンド>

<最後にノーマルの

4つの技を組み合わせた…>

いや かっこいい!

(Kayさん)ここまでくると…

(Kayさん)…に なってくるので。

<本格的に ペンスピナーを目指し
走り始めた>

<まずは先ほどまでに
やっていない 3番目の技>

<こちらの…>

<…の感覚を掴む>

(Kayさん)ちょっと こう揺らす感じ。

(Kayさん)…ていう感じです。

<森川も挑戦するが>

<…の感覚が
なかなか掴めない>

<感覚を掴むため
何度も挑戦し続ける>

<すると人差し指の周りを
回転するようにはなってきたが

親指がペンの邪魔をしてしまう>

(森川)あぁ~。

<そして…>

(Kayさん)そうです。

そうです。(スタッフ)おぉ~!

<連続技の3つ目…>

<…を掴んだ>

(森川)成功。

(森川)えっ?

<技の流れの関係上

最後のノーマルは
基本技の時とは違い

中指ではなく人差し指で

ペンを はじかなくてはならない>

<ペンをキャッチする位置も
意識して

4つの技を
スムーズにつなげるのは

難しさが格段に上がる>

(森川)あぁ~ こっちだ。
(Kayさん)はい そっちです。

(森川)トルネード。

バックアラウンド。

バックアラウンド…。

<諦めることなく
森川は何度も繰り返す>

(森川)あぁ~。(Kayさん)惜しい。

<そして…>

(森川)あぁ~!
(Kayさん)おぉ~ 今のいい。

<ここで森川が意地を見せる!>

<まずはトルネード>

<バックアラウンド>

<そしてリバースも成功だが>

(森川)あぁ~!(Kayさん)惜しい!

ノーマル?
惜しい 人差し指のノーマルですね

<途中までは
見事な流れだったが

最後の人差し指のノーマルが
1回転できずに

惜しくも失敗>

できるよ もう。

(Kayさん)確実に滑らかになってます

<しかし気づけば…>

<その後も 挑戦し続ける森川>

(森川)あぁ~。

<しかし ここで…>

(森川)あぁ~。
(Kayさん)トルネードが。

(森川)これ
こうなっちゃうんですよ。

<疲労のせいか先ほどまで
できていた連続技の1つ目

トルネードが できなくなる
スランプに>

<先ほどまで できていた
連続技の1つ目

トルネードが できなくなる
スランプに>

<そして…>

(大吉)あらら。

あらら!

(森川)あっ。

(生瀬)いや~!

(森川)あぁ~。

<しかし ここで森川が
底力を見せつける!>

<トルネードは突破>

<そして ここまでは成功>

<最後のノーマルは どうか?>

<ここで森川が
底力を見せつける!>

<トルネードは突破>

<そして ここまでは成功>

<最後は どうか?>

(華丸)うわぁ~!

<森川…>

<スランプに陥っていた
トルネードを決めると>

短いのよ スランプが。

<その他の技も
見事な ペンさばきで突破し

アラウンド・コンビネーションを
土壇場で成功させた>

<しかし>

<成功したのに どこか…>

<もう少し連続技を…>

<…という森川>

<だが…>

<そう!>

(森川)ハハハ…[笑]そしたら…

(Kayさん)いや 本当に…

(森川)やった~!

<女優とペンスピナーの
二刀流を目指し

今回も…>

毎回。
(生瀬)集中力が。

あと…。
本当に…

(大島)ハハハ…[笑]

(♪~)

(♪~)

Source: https://dnptxt.com/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事