出典:EPGの番組情報

秘密のケンミンSHOW極!富山湾の宝石!絶品白えび!大阪フミン爆笑自慢話[字][デ]

富山湾の宝石白えび!刺し身だけじゃない!唐揚げ&かき揚げ&味噌汁に!?激ウマ続々▽大阪爆笑自慢話コレクション▽群馬ギャンブル王国外伝!あの少女がオートレーサーに

出演者
【司会】
久本雅美
田中裕二(爆笑問題)
【ゲスト】
岡部大(ハナコ)[秋田]
中山秀征[群馬]
柴田理恵[富山]
中井りか(NGT48)[富山]
おいでやす小田[京都]
ケンドーコバヤシ[大阪]
曽田陵介[島根]
こがけん[福岡]
古閑美保[熊本]
番組内容
久本雅美、田中裕二(爆笑問題)がMCを務めるディスカバリーエンターテインメント番組!日本全国の激うまグルメや衝撃の習慣を徹底調査!あなたの知らない日本が明らかに!?お楽しみに!▽番組ホームページ(PC・スマホ)では、あなたの知っている「ケンミンのヒミツ」を大募集中!!
制作
ytv
番組ホームページ
●番組HP
https://www.ytv.co.jp/kenmin_show/

ジャンル :
バラエティ – その他
バラエティ – トークバラエティ
ドキュメンタリー/教養 – カルチャー・伝統文化

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. スタッフ
  2. 日和
  3. ホント
  4. 贅沢
  5. スゴイ
  6. 柴田
  7. スタート
  8. デビュー戦
  9. 新井日和
  10. 中山
  11. 拍手
  12. 富山県
  13. オートレース
  14. ケンコバ
  15. ホンマ
  16. 今回
  17. 自慢話
  18. 実況
  19. 醤油
  20. 大阪府民

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

<ケンミンのケンミンによる
ケンミンのための…>

(田中)
さあ お待たせしました。県民を
ディスカバリーするお時間です。

(久本)
今夜も日本を代表する
主要県民の皆さんでございま~す。

いよっ!
(ケンドーコバヤシ)
お世話になっております。

はい さあ まずは
初登場ですね。

10代女性に大人気の
インフルエンサー1位!

俳優の曽田陵介くんは
島根県民で~す!

島根から~!
よろしくお願いしま~す。

え~ 僕…。

あるある!
あるじゃないですか。

嘘でしょ!
(柴田)セブン-イレブンの前に出店?
はい。

ビックリしました。

いたんですよ~。

お願いします。
はい ということで 今日は

初登場は以上ということで。
はい。

出た!ありがとう。
なんつったの?

何!?

あ おいでやす小田くんは

京都府民で~す!
よろしくお願いしま~す。
(拍手)

京都なんや。
京都市出身で 僕は。

え?なんでや!

京都らしいところは
あるんですか?
あの~ 京都ならではの…。

え~!
湯豆腐屋で。

大声で…。

僕が…。

…やったかもしれないですね。

例えば どんな感じで通すの?

さあ まずは県民の
熱愛グルメに関する秘密です。
今夜も いくぞ~!

<今回は富山県民の熱愛グルメ>

<富山県といえば 以前の放送で

他県では 絶対に
お目にかかれない

超ハイレベルで ド迫力の
回転寿司事情を特集>

<さらに 冬の味覚の代名詞
ご存じ 紅ズワイガニや

全県民の羨望を一身に集める
キング・オブ・ブリ

氷見寒ブリを
擁するなど

富山県は 紛うことなき…>

<そんな海鮮スター
煌めく中から ついにあの…>

<そう…>

<ホタルイカやブリと並んで

富山県の三大海産物のひとつに
数えられ

透明感のある その姿は
まさに…>

<都内でも
旬の時期になると>

白えびのお刺身でございます。

<かなりいい お値段で
提供されているので

なんとなく
珍しいえびなんだなあ

ということは知ってはいるが>

<失礼ながら 体長たった
5センチ程度の

この小さなえびに えび界のキング
伊勢海老や車海老を凌駕する…>

<早速スタッフは
富山県へ向かい…>

(スタッフ)大好きです?

甘くて…。

(スタッフ)そうですか。

…って書いて
「とやま」って呼んでいい。

(スタッフ)あ そうなんですか?
はい。

…って言われてるぐらいですから。

(スタッフ)あ そうなんですね。

(スタッフ)あ そうなんですか。

…って言いますね。

<まずは 富山駅周辺で
白えびを探索>

<すると こちらの居酒屋さんの
メニューで

早速 白エビの唐揚を発見!>

<さらに すぐお隣の寿司割烹でも
おお!

白えびのから揚げが
看板のトップに!>

<さらに その先のお店では
なんと!テイクアウトで

白海老のかき揚げ弁当が
販売されているではないか>

<さすがは今が旬!いたる所で
富山湾の宝石がザックザク!>

<続いて 富山県民御用達
こちらのスーパーの

鮮魚売り場をのぞいてみると>

<さすがは海鮮王国!
富山湾で朝獲れたばかりの

新鮮なお魚がズラリ!
そして 真打

ひときわ きらめきを放つ
白えび発見!>

<都内では100gで
800円するシロモノが

本場富山だと
え!?100gおよそ300円って

こんなに
お値打ちなの!?>

旬の時だったらね。
(スタッフ)こんなものなんですね。

<漁が行えるほど大量に
漁獲できるのは

なんと 富山湾オンリー!>

<富山湾特有の 海岸付近から
急に深くなっている…>

<富山では リーズナブルに
購入できるのだ>

<では 実際に白えびは

どのようにして
食べられているのか?>

<富山市内の こちらのご家庭に
お邪魔すると

キッチンでは おばあちゃんと
お母さんが準備の真っ只中!>

<まず 冷蔵庫から取り出したのは
本日の主役 大量の白えび>

(スタッフ)あ そうなんですか?
ええ。

<すると 9パック分の白えびを
全てボウルに移し

白えびの頭付近を
チョキチョキと切り始めた>

<すると ヒゲを落とした
白えびを

およそ100匹 贅沢に衣と合わせ

ニンジン 玉ねぎと共に
油の中へ>

<あっという間に 一品目
白えび料理の定番

かき揚げが完成!>

<続いて 白えびに
片栗粉をまぶして 油へ投下>

<なんと たった30秒で

かき揚げと並ぶ鉄板メニュー
から揚げのできあがり!>

<さらにさらに 昆布としいたけで
とったダシへ 白えびを追加>

<そこに
醤油 酒 みりんを入れると

何やら お吸い物のようなものが>

(スタッフ)ダシ?
はい。素麺ダシです。

<すると>

<お待ちかね!満を持して
白えびのフルコースが…>

<早速 富山お父さん

白えびのから揚げをテンポよく
口へ放り込むと

キンキンに冷えたビールで
ハイスピード マリアージュ!>

<思わず ドヤ顔炸裂>

<富山ボーイは
かき揚げをガブリ!>

<お母さんたちは

特製のめんつゆに
そうめんを入れ

白えびをしっかり絡めて
上品に ご堪能>

<さらに よく見ると

味噌汁の中にまで 白えび発見!>

<本当にお好きなんですね>

(スタッフ)凝縮さが違います?
全然 違う。

(スタッフ)かわいそうですか?
はい。

<続いて向かったのは
富山市のお隣

県内屈指の白えびの産地
射水市>

<漁港で働く人や

漁師さんも
足繁く通うという

きときと食堂さんへ お邪魔>

<と 運ばれてきたのは…

おぉ!>

<ホカホカご飯の上で

プリップリの眩い
生の白えびが輝き

そのセンターには
いくらまで鎮座!>

<丼が到着するやいなや

魚のプロたちが こぞって

生白えびと白米を
豪快に かっこんだ!>

(スタッフ)あっ そうなんすか。

(スタッフ)あ そうなんすね。

<ところで この白えび丼

そのお値段 なんと

げげ!2, 000円オーバー>

<いくら
富山湾の宝石と言えど…>

(スタッフ)手むきなんすか?

(スタッフ)あ そうなんすか。

<白えびの刺身は 殻むきに
技術と手間がかかるため

本場 富山でさえも高級品>

<家庭ではなく

プロの職人さんが
むいてくれる

お店でいただくのが
県民スタンダードなのだ>

<ここで この道10年の
藤井さんに

白えびの殻むきを
披露していただいた>

<ちなみに…>

<その柔らかさから
殻ごと身をとってしまい

お刺身とも呼べない…>

<しかし…>

<なんと たった2秒で
すっぽんポン>

<しかも デカい!>

<富山県民に…>

<富山県 漁業組合代表の
道井さんに 話を聞いた>

…ということが
きっかけですよね。

<当時は…>

<白えびを食べられるのは

地元の漁師だけだったと
言われている>

<しかし…>

<続いて 県内に3店舗
展開する

こちらのラーメン屋さんに
お邪魔すると…>

<出てきたのは…おぉ!>

<白えびの出汁と豚骨醤油スープが
ベストマッチ!>

<磯の香りが溢れる

贅沢な白エビらーめんが
おでまし!>

<地元で人気の

こちらの
イタリアンレストランでは…>

<なに!?>

<プチトマトとともに

富山湾の宝石が
クリームソースの海に

ラグジュアリーに
散りばめられた

イタリア人も びっくり!

超贅沢なピザ!>

<さらに 白えび推しの

こちらの道の駅では…>

お待たせしました。

<そう きましたか!>

<サンドできないほどの

巨大な白えびの
かき揚げがのった

新感覚バーガーが降臨>

<白えびの可能性は
無限大だった>

(拍手)
いや~ でも羨ましいですね
富山の人たち。

中井さん…ね
白えびは好きですか?

…と言っても過言ではない。
そんなに?

(中井)はい でも 私は…。

そう!私も そう。

あれ 柴田むけるんだっけ?
(柴田)私ね…。

へぇ~!

やっぱり大変なんだ。
大変なのね。でも あの…。

贅沢 贅沢。
贅沢ですよ あれは。

何か想像する味的には 甘エビとか
ああいう感じなんですかね?

強い。
で ちょっと…。

あ そうですね。

(柴田)だから なんつったら
いいのかな…。

(笑い)

ヒデちゃん 海のね 無い
群馬出身ですから

白えびなんて もう
夢のまた夢みたいな。

いわゆる あの…。

(笑い)
いやいや…。
よく言うわ。

一緒じゃないのよ それは。

白えび食べた事ないでしょ?

あるんだ。

いいね。

なるほどね。
さあ 古閑美保さんは
熊本県民ですけれども。

えっ なんでだろう?
そうなんですよ。

ちょっと早かった。

あ~。
ちょっと早かったのかな。

私 お酒も飲むから。

僕…。

アジとか食べてたんですけど…。

なので…。

いや~だ。

(笑い)

さあ こがけんは福岡で
元板前だったんだよね?

そうですね。
え!

そうだ。
使ったことある?白えび。

(こがけん)そっち行ってみたら
もう ほんとに…。

頭おかしくなって…。

…って言ってたんですよ 先輩が。

うまい。

<このあと…>

<富山県民 熱愛の白えび>

<今回は 白えび亭さんの

白えび刺身丼スペシャルを
いただきます>

なんと これ…。

≪え~!≫
うわ~!

ものすごい贅沢です。
≪すごい≫

う~わ 贅沢 うわ。

ほぼ…。

ご飯がね まだ とどいてない。

いただきます。

(ケンコバ)ちっちゃい男が
ちっちゃいえびを。

≪うわ おいしそう≫

うまい。

(笑い)

甘くて 程良いとろみで。

口の中が幸せ満開だよ これ。

ちょっと じゃあ醤油も。
≪ちょっとだけ≫

≪ちょっとだけ?≫
ちょっとだけ ちょっとね。

(中山)また ちょっと いいんだね。
ちょっと…。

(柴田)生姜の味がね いいですよ。

≪うわ≫

(ケンコバ)やばいな。

(中井)出会った!

合うわ。
めちゃくちゃ合う。

ちょっと お醤油つけたら
また味変でおいしい。

なくても おいしい。
つけても おいしい。

うわ おいしい!

いくらも一緒にやるとね
いくらも合うよ。
ねぇ。

いや もうほんと おいしい。

う~ん!うまい。

(笑い)

(中井)ビール飲みたい。
ビール飲みたいね。

う~ん!

うん う うま~い!

めちゃ うまい!

これさ お醤油つけなくても
このままでも いけちゃうね。
このままでも いけますけどね。

全然いいよね。
≪全然いける≫

うん う~わ!

うま!

≪うまいよな≫

これは…。

財力…。
いや~ 財力な。
(笑い)

岡部は どうでした?
はい もう…。

あっ さすが!
≪すごい≫
≪完食だ≫

気持ちがいい。

ほんとだ。

いや 誰かは…。
(笑い)

その人は。

さあ こがけん。
何か1曲歌ってあげてよ。

そしたら せっかくだから。

歌ってあげてよ。
はい やっぱり
ちょっと あの…。

はい 称えて。
称えてね。

♪~(外国語)

(笑い)

<今回のテーマは…>

いやいやいや…

もう参っちゃったよ~。
どうしたの?

今日さ また部長に
飲みに誘われちゃってさ~。

へぇ~ よかったじゃん。

いや お前 今月もう
5回目だよ 5回目。

<と このような自慢話は
他人にとって

とかく鼻につくため…>

<大阪府民に聞くと…>

(スタッフ)自慢あります?
あるある。

<壮大な…>

(スタッフ)ある?

(スタッフ)自慢いっぱいあります?

<隠すどころか
むしろ話したがっている!>

<そこで…>

<世界屈指の
お笑いアスリート

大阪府民たちの
おもろすぎる…>

<題して…>

<今回は
ごらんの8名がエントリー!>

<一体 どんな自慢話が
飛び出すのか!>

<まずは…>

(スタッフ)言っていって
もらっていいですか?

言えますよ。

<続いては…>

(笑い)

アゴに こう挟んで。

(スタッフ)おお~。

<続いて…>

<輪ゴム再び!>

<ハエ待ちはキツイので…>

(スタッフ)おっ スゴイ。スゴイっすね。

(スタッフ)なんですか?

(スタッフ)スゴイっすね。

寛平さんが…。

…とか
そういう事を言ってくださった。

(スタッフ)スゴイっすね。

そうそう。

ホンマ よう言うとって ホンマ。

(スタッフ)
首 横に…どういうことですか?

(スタッフ)え もう 1回
やってもうて いいですか?

(笑い)

(スタッフ)はい。

こっち向いてんねん。

それ今でも浮かぶわ。

<いただきました!>

<大阪府民の皆さん…>

最高でしょ?なんか ほら…。

そうですよね。

(ケンコバ)すぐに出ます。
あれをって
あれがスゴイですよね。

そんときには。

辰吉に教えてたの
あの人だったのね。

ケンコバ
なんか自慢話ありますか?

僕あります あの…。

(笑い)

さあ 隣県の京都府民の小田。

自慢話好きの大阪府民は
どうですか?

まあ 多い。ホンマに
やりすぎじゃないです。

(笑い)

ホンマに出てくるんですよ。

ほんで僕が一番…。

ちょっと汚いですけど…。

っていう自慢。

いうとかな。
世に出すな!そんなもん。

ヒデちゃん どうですか?
群馬の人とかって そんなに

自慢話するような
イメージないですね。

しない。

だから天才じゃないですか。

いつからって…。

そしたら…。

…みたいな。
そうそう…。

岡部なんか どう思います?

(岡部)と思って。
いい!いいです。

<ついに開幕した
スポーツの祭典に

連日 大いに盛り上がりを
見せる日本>

<実は今から2か月前…>

<その舞台はスポーツの聖地…>

<…ではなく 北関東は
ギャンブルの聖地

群馬県…>

<当番組的には
おなじみの この地で

実は…>

<その選手とは3年前の取材中

オートレース好きのお父さんと
観戦していた…>

(スタッフ)あ そうなんですか。

(スタッフ)スゴイね~。

<と まっすぐに夢を語った…>

<その後 番組では…>

<…をスタート。すると

なんと倍率およそ17倍という
超狭き門を突破し…>

<そして…>

<ついに!地元…>

<として念願の…>

<熱き1日に迫る!>

<伊勢崎オートレース場

いつも通り 賑わう
場内の観客席には…>

<おなじみ上州ギャンブラーに

相変わらず群馬ファミリーも

カジュアルにオートレースを
満喫中だが…>

(スタッフ)ホントですか!?
来ました。

(スタッフ)皆さん…。

…を応援しにきました。

(スタッフ)ホントですか!

(スタッフ)結構 やっぱり…。

(スタッフ)大スターですか!

<そう!この日は…>

<なんとレース名にまで 名前を
冠した特別な一戦なのだ!>

<地元紙 上毛新聞では
スポーツ欄の1面に

デカデカとデビュー記事を掲載>

<なんと伊勢崎市の広報誌は
日和ちゃんのデビューを特集>

<さらに…>

今…。

(スタッフ)同級生?
そうなんですよね。

(スタッフ)先生ですか?
そうなんですよね 一応。

<さらに さらに仲間を
引き連れ来場していた

おなじみ…>

<そんな…>

<夢の伊勢崎オートで…>

はい そうですね…。

<この9か月間 青春の全てを

オートレースに捧げてきた
日和ちゃん>

<養成所に入所した頃は

バイクを押すのが
やっとだった か弱い少女が…>

<バイクを自在に操るまでに

たくましくなっていた>

<そんな…>

フフフ…。やっぱ…。

<応援してくれる
みんなのために

1着でゴール。しかし…>

私の予想ですか?

(スタッフ)
それは どういうことですか?

今日だってさ…。

ガソリンが ねえんだから。

<そう 極度の緊張の中で走る
デビュー戦は…>

<しかも 一歩間違えれば

大事故にも繋がる
危険と隣り合わせのスポーツ>

<さらに オートレースは

男女が同じ土俵で戦う>

<このデビュー戦も
女性は日和ちゃん ただ1人>

<共に競う相手は百戦錬磨の

大先輩の男子レーサーなのだ>

<そんな厳しい世界に

1人 飛び込んだ
彼女の行く末を

誰よりも
心配している人がいる>

<そう 日和ちゃんの ご家族>

泣いてるんですよ。

もう あの…。

もし…。

<初陣となる日和ちゃんは

最大80メートルの
ハンデをもらって

先頭でスタート>

<群馬に生まれ育ったからこそ
出会えた

熱くて神聖な真剣勝負の世界>

かっとばせ~!

<オートレースを見た瞬間から

心は 決まっていた>

<いざ 夢の舞台へ!>

(実況)右手に見える大時計を

じっと見つめているように
見えます 新井日和

デビュー戦は 最初で最後。

悔いのない6周回を。

ブルーランプが消えます。

3秒を切りました。

第4レース 新井日和デビュー戦
スタートしました。

1番の新井日和。

(実況)
ブルーランプが消えます。

3秒を切りました。

第4レース 新井日和デビュー戦
スタートしました。

1番の新井日和 スタートは
まずまずに見えます。

(歓声)

(実況)1周目3コーナー
1番の新井日和。

先頭で まわっていきます。
2番の野沢守弘

まずは 50線から…
主導権を掴んで

野沢が新井との差を
詰めていきました。

2周回目 先頭まだまだ
1番の新井日和。

<必死で逃げるも
先輩レーサーの猛追を受け

みるみるハンデを
縮められていく>

<ひよっこを 後押しする

熱い群馬県民の声援を受け

必死に食らいつく日和ちゃん>

<しかし
その思いとは裏腹に

距離は どんどん開いていく>

<そして…>

(実況)3番手…
下平 優勢か。先頭争い。

木村直幸が ゴールイン!

(中山)まあ~でもね 完走…。

(拍手)

あ~よかった…。

良しと…。

<初戦を走り切った
日和ちゃんは…>

はい。

えっと やっぱ…。

1着で…。

いっぱい…。

<涙に滲んだ 夢の初舞台>

<コースには
すでに練習を始める

日和ちゃんの姿が!>

<そう 日和ちゃんの挑戦は

この日スタートしたばかり!>

(拍手)

ね デビュー戦ですから緊張も
あったと思いますけれどもね。

まあ でも あの…。

ホントそうですよ。

あの ホントにあの…。

怖いしね。
(中山)ね~とにかくでも…。

そうですよね~。
(中山)でも ホントに…。

そうですよね。

なかなか やっぱ…。

(中山)だから 相当…。

やっぱり…。

…を持ってるんだと
思うんですよ。
負けん気が。素晴らしい。

(笑い)
客でね。

そうなんだよ~。

もう なんか…。

古閑さんとか どうですか?
やっぱ 勝負の世界で生きる

女性として やっぱり こう見て。

こうやりながら…。

ケガも ありますし
もしかすると…。

でも まあ…。

…の方だなと思いました。

私 あの群馬のこの
ギャンブル好きの…。

いつも見て あの いや…。

だけど あのほら
このお父さん。

ガッツの。
あの お父さんの優しさ。あの…。

(柴田)ほら あの…。

ちゃんと…。

そういう なんつ~か
あの~…。

私は思いました。
ありがとうございます。

さあ そして その日和ちゃんに

新しい情報が あるそうです。
佐藤アナ。
お~!

ほろ苦いデビュー戦となった
日和ちゃんなんですが…。

(拍手)

すご~い!

なんと…。

すごい 日和ちゃん!
(古閑)すご~い。

ホントもう…。

これ ホントに…。

(笑い)

嘘つけ!嘘つけ お前は!

(笑い)

♬~

Source: https://dnptxt.com/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事