出典:EPGの番組情報

がっちりマンデー!![字]★シャトレーゼ~お菓子の王国の秘密

★ケーキ・アイス・焼き菓子・和菓子…などのスイーツが、1店舗約400種類!!老若男女から愛される「シャトレーゼ」、10年連続売上増の理由とは!?

詳細情報
番組内容
★コンビニスイーツのレベルが上がる中、「シャトレーゼ」も負けてない!★山梨県にある巨大工場に潜入!★工場の中には、機械と人のスゴ技が!!★番組史上最高齢!?まだまだ現役の87歳会長のパワフルさが半端ない!★美味しくてリーズナブル…その秘密を探すべく、商品開発の裏側に密着!厳しい審査を通過したシュークリームは、一体何がスゴいのか!?
出演者
加藤浩次
進藤晶子

【スタジオゲスト】
株式会社シャトレーゼ 代表取締役会長
齊藤寛

【VTR出演】
副工場長 石井瞬さん
商品開発部 外川剛さん

制作スタッフ
構成 都築浩 本松エリ
リサーチ インスティテュート・ワープ
ディレクター 山田正尚
CP 石黒光典
キャスティングP 鈴木愛子
AD 大野莉奈
制作協力 ソリスプロデュース 
制作プロデューサー 杉村和彦
プロデューサー・総合演出 大松雅和

裏がっちり!
番組Facebookでは、毎週、スタッフによる取材の裏話を「裏がっちりマンデー」としてお届けしてます!番組がより楽しめる情報が隠れてますので、ぜひ一度チェックしてみてください!
番組情報はこちら
番組公式サイト
http://www.tbs.co.jp/gacchiri/
番組公式Facebook
https://www.facebook.com/gacchiri
twitter
@gacchiri_m
https://twitter.com/gacchiri_m

おことわり
番組の内容と放送時間は変更になる場合があります。

ジャンル :
情報/ワイドショー – 暮らし・住まい
バラエティ – トークバラエティ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 会長
  2. シャトレーゼ
  3. 齊藤会長
  4. 外川
  5. 工場
  6. シュークリーム
  7. スイーツ
  8. スタッフ
  9. ケーキ
  10. プリン
  11. ホント
  12. 菓子
  13. 秘密
  14. お菓子
  15. お願い
  16. コンビニ
  17. 新商品
  18. プレジデント
  19. ライン
  20. 牛乳

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

TBS
created by Rinker
ノーブランド品

<今日の「がっちりマンデー!!」は…>

<ケーキからアイスまで…>

<スイーツのお店が全国に600店舗以上>

<と 絶好調の
チェーン店なんです>

<いちごのケーキ
1個248円>

<シュークリーム
1個108円>

<アイスのチョコバッキーに
いたっては…>

<なんと1本64円>

<当たり前のようで難しい
この「おいしくて安い」を…>

<その秘密を探るべく>

<すると>

<そして>

<というわけで
シャトレーゼの知られざる>

<甘~い舞台裏に迫ります>

おはようございます

今日はシャトレーゼの会長さんが
来られるということですね

SNSでも見聞きしない日はないって
感じですよね

いや ホントそうですよ
でも ただホントに

日本のスイーツっていうのは
ホントにレベル上がってますよ

変な話 コンビニのスイーツも

とんでもなく
おいしくなってますからね

そこと どう戦ってるのか
ぜひ聞きたいと思います

(チャイム)

迎え行ってきます
お願いします

おはようございます
おはようございます

どうぞどうぞ 中の方へ
よろしくお願いします

これはもう 負けるわけには
いきませんからね

本日のゲスト ご紹介しましょう

株式会社シャトレーゼ代表取締役会長で
いらっしゃいます 齊藤寛さんです

おはようございます
よろしくお願いします

会長 87歳で
まだ現役なんですよね 会社で

そうです そうです
すごいですね 肌つやもいいですし

いやいや…
最初からシャトレーゼですか?

いやいや 最初はですね
甘太郎といいましてね

焼き菓子ですね
もうその場で作って

それであったかい
お菓子を

そのまま名物で
売ってたんですがね

そこからどういうふうに
シャトレーゼに変わってくんですか?

焼き菓子の一番の欠点は
冬は忙しいんですけどね

夏が仕事がない
それでシュークリームを作ろうと

シュークリームだったら
一番ポピュラーだしね

それで当時 1個50円ぐらいしてた
シュークリームをですね

10円で売ったんです
でもやっぱり10円だったら

元取れないというか
利益上がらないんじゃないですか

いや それがですね
最初は儲からなかったけども

10万個ぐらい作れば大丈夫

利益が上がるだろうと
思ってましたら

なんと7万個で
利益が上がるようになりました

それでこの洋菓子の業界に
入ることに

そこから広がってったんですね
そうです

うわ すごい いろいろ
苦労なされてるんですね

それでは齊藤会長が作り上げた
儲かる仕組みを探りました

<おいしいお菓子のシャトレーゼは
全国に600店舗以上を展開>

<で どんなところに
あるかというと…>

<郊外のロードサイド
駐車場もいっぱい>

<開店10分前には
オープンを待ちわびるお客さんの姿が>

(スタッフ)安いですか?

<そう 人気の秘密は何といっても
とにかく安いってこと>

<しかも和菓子に
焼き菓子>

<そして アイスクリームの
チョコバッキーまで>

<あらゆるジャンルのお菓子を>

<1つのお店で買えちゃうって
いうのも人気の秘密>

<では シャトレーゼは>

<その秘密を探るべく
やって来たのは>

<山梨県中央市にある>

<4階建てのお菓子製造工場
うーん でかい!>

<…と 自信満々の>

<早速 製造ラインへ>

(石井)そうですね ここでは今
1階はケーキを主に作ってます

2階でシュークリーム
3階で焼き菓子

で 和菓子というところで

そうですね はい

<この大きな
豊富工場のほかに>

<北杜市にある
白州工場>

<甲府市にある
中道工場と>

<どでかいのが3つも!>

<山梨にある
この3工場で>

<シャトレーゼのお菓子を
ほぼ全種類作ってる>

<実は これが
おいしくて安い秘密>

<どういうことかと
いうと…>

ところですので
それを使ってやっております

<だから>

<その材料である
卵が 牛乳が>

<フルーツが
とれるところの近く>

<つまり山梨に
工場を建てることで>

<早く持ってこられるから
おいしい>

<輸送コストを減らせるから
安くなるってわけ>

<例えば牛乳は工場から車で
50分のところにある牧場から>

うちの

<普通 搾りたての牛のお乳は>

<高温殺菌して牛乳にしてから
工場に運ぶんですが>

<シャトレーゼ用はちょっと違う>

だと思います

<そう 工場まで
超近いから>

<殺菌してない生乳のまま仕入れて
工場内で低温殺菌>

<こうすることで 鮮度はもちろん
風味も落ちないから>

<おいしいってわけ>

<卵もそのまま仕入れて
工場で割っている>

<そんなシャトレーゼは
工場もすごい!>

(スタッフ)このラインは何ですか?

<クリスマスを控え これから忙しくなる
ホールケーキライン>

<1ラインに14名と かなりの人数>

<うーん 結構
コストもかかりそうですけど…>

ただ やっぱり

<ホールケーキは
とにかく種類がたくさん>

<しかも 一つ一つの売れる数が
少ない 少量多品種商品>

<機械でラインを組むよりも
熟練の技で作った方が>

<効率がいいんだとか>

<中でも難しいのが こちらの
小泉さんがやってる作業>

(石井)この速さで
絞るというのは

ホントに誰でも
できるわけではないので

これこそホントに職人の技ですね

ここもやっぱり 手でないと
できない作業になりますね

<2秒で1回転する間に
生クリームの波を>

<なんと13波も
きれいに作ってる>

<しかも 次に来た
ホールケーキも…>

<ぴったり13波>

<これぞ職人技>

<こうした>

<そして>

(スタッフ)プレジデント?
はい そうです

という形です

<シャトレーゼには>

<など…>

<80以上ある製造ライン全てに>

<全部を管理するプレジデントがいる>

<デコラインを管理する
今津さんは>

仕組みになっております

売り上げが
達成できなければ

という形になります

はい

<今津プレジデント
クリスマスの繁忙期>

<頑張って乗り切ってください>

うん 工場はほとんど
山梨にあるということですね

全員にプレジデントというのが
いるんですか?

それはどういう役割なんですか?

これはですね
いわゆる家業的な企業系

家業としてやってもらおうと

使う人間は 10人とか
15人ぐらいですから

ちょうどいいわけですよね
へえ~

これを全部 競争でやると

若い人に ダメだったら
チャンスを与えるということでですね

やりましたらね
これが非常にうまくいくんです

ああ そうですか
だからスイーツをやってて

例えばコンビニの
スイーツなんかも

相当レベル上がってると
思うんですよ

その辺 どうお考えですか?

いや あの~
それはコンビニさんは

コンビニさんなりに
一生懸命やってますけど

これはもう

違うぞと

生クリームにしても 皆さん

それぞれのメーカーから
買ってくるんですね 販売店から

我々は北海道の
ある大手の工場から直接

1本のステンレスの
チルドタンク

これを10本毎日入れてるんです
へえ~!

ですから 競争するようじゃ
ダメなんです

ダントツで? すごいですね

続いては新商品開発の裏側に

やはり会長という
大きな存在がありました

<400種類以上ものスイーツが
あるにもかかわらず>

<毎年200個ペースで
新商品を作ってるんです>

<その開発現場を
見せていただけるとのことで>

<伺ってみると…>

<あれ? ここ工場の奥?>

<そう>

<こちらで現在 新商品の開発に
かかりきりなのが>

<シュークリームなどの
冷蔵お菓子担当の外川さん>

<彼いわく>

<あるという それが…>

<まあ 会社のトップが
商品の最終チェック ってのは>

<よくある話ですが
齊藤会長の場合>

<その厳しさがケタ違い>

<とにかく>

<例えば 外川さんが
シフォンケーキの試作を作ったときは…>

<どんなに頑張って
作っても>

<そして現在 外川さんの
開発チームが取り組んでいるのが…>

<会長から>

<それが…>

を進めていっております

<シュークリームと
プリンといえば>

<シャトレーゼを代表する
看板お菓子>

<ところがリニューアルを始めている
途中で ある大事件が>

<なんと>

<されちゃったのです!>

<これを見た齊藤会長
さらに火がついた>

<と 外川さんたちに厳命>

<ところが 作れども作れども
会長のオッケーが出ず>

<既に>

<今回 外川さんは かなり
思い切った作戦に出たという>

今回

を何か開発できないかという
ところで

<確かに 黄身に
コクがありそうなほど色が濃い>

<いよいよ 明日 齊藤会長の
試食チェックを迎えるそうですが…>

<かなり表情がこわばってる>

<この日のために1年かけて
何度も作り直したプリンとシュークリーム>

<開発チームがそろう中
不安げな顔の外川さん>

<そして…>

お疲れさまです

<外川さんの>

<まずはプリンから>

<この日のために1年かけて
何度も作り直したプリンとシュークリーム>

<外川さんの>

<まずはプリンから>

ありがとうございます

<会長の言葉にホッとする
外川さん>

<そして 一番の問題>

<果たして 会長の反応は?>

<会長 もう一口>

<結果は?>

これできたら もう

<これまでにないほどの
絶賛の言葉>

<2つとも見事 商品化決定!>

<外川さん よかったですね
今日はゆっくり休んでください>

<このように シャトレーゼの新商品を
大きく左右するのが>

<全てを決めるということは
イコール…>

<とにかく
めちゃくちゃ食べなきゃいけない>

<あれも これも…>

<食べる 食べる!>

<言っておきますが 今年87歳>

<今回 齊藤会長の1日を
追わせていただくことに>

<会長に呼ばれて
スタッフが向かったのは…>

<勝沼市内の
ぶどう畑の隣にある>

<まさに社名のシャトレーゼって
感じのご邸宅>

<すると…>

(スタッフ)会長 おはようございます
朝早いですね

<を心がけているそう>

<をこなしたら…>

<と 齊藤会長のスケジュールは
分刻み>

<今度はオープンしたばかりの
カフェを組み合わせた>

<と 齊藤会長
車を降りるやいなや…>

<おっ いきなりダメ出し!>

<さらに試食中にも…>

はい かしこまりました

<なんと>

<齊藤会長がとにかく
大事にするのは このスピード感>

<…て そんなすぐに
間に合うのか?>

<あっ! コーヒーカップに
かわってる 早い!>

<仕事を終えた齊藤会長>

<へ そこには…>

(スタッフ)おおっ! えっ?
会長!

<ほぼ毎日 仕事から帰ると
1時間ほどゴルフの練習>

<さらに
それだけじゃ終わらない>

<体力をつけるため
行っているのが…>

<なんと筋トレ>

<腹筋に…>

<重さ4キロのダンベル上げ>

<ジムでも1時間近く
汗を流すんだそう>

<見よ この背筋力!>

<改めて確認ですが この方…>

<来年は米寿!>

<齊藤会長のパワーと
エネルギーこそが…>

<…なのかもしれませんね
いやあ 恐れ入りました>

まいったなあ
僕の何倍も運動してますよ

経営者っていうのは やっぱり
気力と体力と伴わないとですね

だから どっちが先かってことは
言えなくないね

大事なんですね どちらもね

ですから 来年米寿ですけども
これからだと思ってます

すごいなあ! さらに新商品

全て味見するんですか?
そうですね

予選会はあまりやりませんけど
決勝戦はやるってことですね?

決勝だけ会長出てくるんですよね
一番怖い決勝じゃないですか それ

でもこれ 会長ね
どんどん会長年とって

自分の好みも
変わってくるじゃないですか

それで皆さんが喜んでくれる
スイーツ

自分の舌で大丈夫かなっていう
疑問とか湧いてきませんか?

普通はこの年になると
もう アイスクリームだとか

それからケーキとかっていうのは
苦手になるわけですよね

和菓子とか
そういうのになっちゃう

ところが そういうの食べてると
舌が進化するんですよね やっぱり

すごいね 舌っていうのは
進化するんだね 食べ続けるとね

面白いですね

それでは 齊藤会長から素敵な
お知らせがあると伺いました

教えてください

それでは 素敵なお知らせ
教えてください

あら でかい箱がありますよ
ぎっしり

このケーキを100名様に
プレゼントいたします

100名様っていったら 僕なんか
上げようないですよ これ

十分でしょう 100名で
いや ご要望があればいくつでも

えっ ちょっと待ってください

ご要望があれば
いくつでも差し上げます?

じゃちょっと
10万でお願いできますか?

考えてみます

冗談ですよ
会長 冗談ですって

200個にしますか

200名の方でもありがたいですよ

ビックリした 10万個
考えてみますって言われたとき

どうしたらいいのか
わかんなくなったよ

<が主流?>

Source: https://dnptxt.com/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事