出典:EPGの番組情報

それって!?実際どうなの課[字]【松ぼっくりで一獲千金!?】【廃墟問題を徹底調査!】

世の中のウマイ話を検証するドキュメントバラエティー!

【松ぼっくりで一獲千金!?】
【飯尾和樹がニッポンの廃墟問題を徹底調査!】

出演者
【MC】生瀬勝久

【出演】博多華丸・大吉/森川葵/大島美幸(森三中)/おばたのお兄さん/飯尾和樹(ずん)
番組内容
①【タダのモノを売ったら実際いくらになるのか?~松ぼっくり~】
おばたのお兄さんが今回売るタダのものは、歴代売上でもトップクラス。
クリスマス直前で、まさに旬の『松ぼっくり』。
まさかの完売!?今までにない売り上げにスタジオも驚愕!
松ぼっくりの知られざる生態も…
果たして最高金額達成することができるのか!?
番組内容2
②【ずん・飯尾和樹がニッポンの廃墟問題を調査!】
ずん・飯尾和樹が全国各地にある廃墟の価値を徹底調査!
今回は大阪府にある2階建てアパートの廃墟。
40年前に住んでいた人々の痕跡から、なぜ廃墟となったのか?解き明かしていく。そして、実際どのくらいの価値があるのか!?
制作
【構成】松本建一【演出】立澤哲也【企画・プロデュース】簑羽 慶(中京テレビ)
URL
https://www2.ctv.co.jp/dounanoka/

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
情報/ワイドショー – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 飯尾
  2. 大熊
  3. 森川
  4. スタッフ
  5. 大島
  6. 廃墟
  7. 本当
  8. 年前
  9. 岬荘
  10. アパート
  11. 住人
  12. 部屋
  13. 今回
  14. 生瀬
  15. お願い
  16. シダーローズ
  17. 華丸
  18. 時期
  19. カップヌードル
  20. ゴルフ場

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

(おばた)はい。

(生瀬)おぉ~ 第3弾。
(森川)期待できる。

<今回は…>

<もうすぐ訪れるクリスマスの

ツリーやリースの
オーナメントとして

この時期 特に…>

(おばた)でも もうずっと…

…みたいな感じでしたもんね
松ぼっくりがね。

<そう おばたは…>

<歴代トップ3に入る

5000円と9800円を
売り上げている>

<つまり松ぼっくりは…>

(スタッフ)しかもですね…

(おばた)えっ!

(おばた)本日が…

(おばた)うわぁ~ これはもう…

(おばた)…ぐらい…

あれ?これ
どこかで聞いたな。

(華丸)
アップデートしてる。

<松ぼっくりで…>

(生瀬)さぁ始まりました
「それって!?実際どうなの課」

課長の生瀬です
よろしくお願いします。

(大吉)お願いします。
(大島)お願いします。

松ぼっくり企画
第3弾ということで。

これはね。

いや 売れるでしょ それは。

もう それは…

(華丸)なんだったら…

(大島)あぁ~!
(森川)超えてほしい。

<それでは…>

<やって来たのは
撮影許可をもらえた…>

いいな。
(大島)「いいな」じゃないですよ。

(おばた)ねぇ!

ポンポンと これ…

(おばた)…置いてありますよ。

<早速…>

(おばた)ちょっと…

(おばた)だから…

<すると>

(おばた)あっ!ほら もう こっちが。

めっちゃあるやん。

<さすが おばた
3回目ともなると…>

<…も あると言われている>

<中でもクロマツとアカマツは
日本で最も多く>

<おばたは…>

(おばた)何て言うの?もう…

(おばた)…正直。

…だから…

(おばた)これはね もう…

(おばた)もう本当に…

(おばた)あと やっぱ…

<我々の経験上 ゴルフ場は…>

(おばた)…僕。

ゴルフ場で…

だから…

…だと思ってますからね。

(おばた)僕も…

すごいよ。
(森川)すごい 高い。

<高額仕事並みの金額に
驚きを隠せない おばた>

<しかし
おばたが言っているのは…>

<目の前に 松ぼっくりが…>

(おばた)よしよし…。

<皆さんも このように…>

<そもそも…>

<風によって種子が
放たれていく>

<すると おばたが…>

(おばた)はい。

<右の松ぼっくりは
左に比べると…>

<実は これ…>

<松ぼっくりの種子は
羽根が付いているため

風で飛ばされやすい形状に
なっている>

<しかし…>

<しかし驚くことに
地面に落ちても なお

松ぼっくりは この行動を…>

<それでは…>

<水分を含んだ松ぼっくりが

日に当たり乾燥すると

まるで意思を
持っているかのように

みるみるカサが開いていく>

<ちなみにアメリカには山火事を
利用して開く種類があり…>

<松ぼっくりには森に
命を宿す力があるのだ>

<すると おばたが きれいな…>

(おばた)あぁ~!

(おばた)ほら!

バラの花みたいなやつね。

<…を発見>

<もともとは
タマゴ型の形をしている>

<成熟すると りん片との間に
隙間ができ

根元の方から
パラパラと落ちていく>

<しかし…>

<しかもシダーローズは前回

9800円中
6700円も売り上げた…>

<これを…>

<すると…>

おっ シダーローズマン。

三段!三段!

<そして
おばたは松ぼっくりを…>

おぉ~!
(大島)すご~い。

<なんと…>

(おばた)いやぁ~ 拾いましたね。

(おばた)で 見てください こちら。

(おばた)…ていうのが あって。

(おばた)この普通の…

(おばた)…で 売れてるんですね。

(大島)おぉ~。

<初日は…>

<これが…>

<そして迎えた…>

<ロケ2日目>

(おばた)えっ?

(森川)何?
何?

(おばた)マジで!

(森川)そんな売れるの?
(大島)すごい!

<なんと 驚きの…>

すげぇ!

(スタッフ)だから…

(おばた)うわ でかい!

ないよ。

(おばた)だから もう。

(おばた)あっ。

本当 そんな。

(おばた)ていうことですよね?
もうね。(スタッフ)そうですね。

いいな 何か。

<おばたも…>

(おばた)ちょっと本当…

<さらなる高額を目指し…>

<今回 やって来たのは…>

遠くまで来たね。

<おばたは もう…>

(おばた)金を拾っている。

(スタッフ)ちなみに…

(おばた)えっ?

<松ぼっくりは
クリスマス以外にも…>

<…に 使用されている>

<また 松ぼっくりの中にある
松ヤニが

着火剤の代わりに なるため

キャンプで使用する人も
いるという>

(スタッフ)ちなみに…

(スタッフ)…として
いろんなところに…

(おばた)へぇ~。

<…では 松ぼっくりは
たくさんの種をつけることから

生命力と永遠を象徴し

古来より…>

<…と されている>

<そのため
松ぼっくりの形をした陶器を

贈り物やインテリアにしたり…>

<…らしい>

(おばた)僕は…

<すると おばたが あの…>

<松ぼっくりの大きさは なんと

アカマツの3倍以上>

<そして りん片には
棘があるので

素手で触るのは
結構 痛い>

<実はテーダマツは前回

2100円も売り上げている
実績がある>

<ならば…>

悟空?

(スタッフ)あぁ はいはい。
(おばた)僕…

(スタッフ)はい。

(おばた)ですかね?あれ…

(スタッフ)はい。(おばた)へぇ~。
(スタッフ)ただ…

(スタッフ)小さすぎるので
食用には ならないんですけど。

(おばた)僕が…

(おばた)…ていうことですね?

<松の実とは 韓国料理や

イタリア料理には
欠かせない食材で

種の中でも
養分を多く含んでいる

胚乳という部分>

<実は…>

<リスなどの…>

<…に よって…>

<…を持つ 松ぼっくり>

<ちなみに リスは
松ぼっくりの中にある

松の実を食べようと
周囲を かじるため

残った芯が まるで
エビフライのような形になる>

<そして 松ぼっくりを…>

なごご。
(大島)ハハハ…[笑]

(おばた)内訳はと いいますと…

(おばた)全て合わせて 755個
ということなんですけれども。

<30個セットは
100円 値上げの400円>

<…で 出品!>

<前回の放送で…>

(森川)めちゃくちゃ
気にしてる[笑]

(おばた)何か…

(おばた)…に見えますよ
僕には。

<2日目は…>

<やって来たのは 大分県の
許可が取れた ゴルフ場>

(おばた)あ~っ いい!

大きいな。
(森川)大きい。

(おばた)きのうは…。

(おばた)…やっぱり。

<右が 今回 拾っている
松ぼっくりのサイズ>

<きのうまで拾っていたものより
サイズも大きく

品質も良いため…>

(おばた)メッセージ?

(おばた)あっ。

<30個 400円の
松ぼっくりが およそ…>

<確かに ここまでで もう…>

<これは歴代売り上げランキングでも

3位に入るほどの 快進撃>

<その後も 松ぼっくりを…>

<気付けば カゴの中が

3分の2
松ぼっくりで 埋まっている>

<おばたのキャラ上…>

<…のだが…>

<だが>

(おばた)♪ラララ…

♪テテテ あ~っ!

<もう おばたの…>

<すると>

<…するも>

<…といわれているため…>

<なので…>

<と なると…>

(♪~)
<おばたは がむしゃらに
松ぼっくりを拾い続けた>

(♪~)
(おばた)うわ~っ!

(♪~)

なんだ?これは。
(♪~)
「振り返って」

(♪~)
(おばた)まず この…

(♪~)

(♪~)

(♪~)
(おばた)すごい こう…

(♪~)

(♪~)
(おばた)まぁ やっぱ こう…

(♪~)

(森川)あれ?これ。
(♪~)

(♪~)

えっ?
何 放り込んできたの?
(♪~)

(森川)でも何か
嫌いじゃないな。
(♪~)

(♪~)
(大島)そう ちょっと いい曲。
(森川)ちょっと いい曲。

(♪~)
「シダーローズを」って 書いてある
(大島)本当だ。

(♪~)

<そして おばたは
松ぼっくりを…>

おぉ。
(森川)すごい 大量!

(おばた)内訳はと いいますと…

(おばた)こちらの エビフライですね
2つでございます。

しめて…

(おばた)そうしたら…

(おばた)…いきますか。

<さらに 種類別に分け
300円から1000円まで

値付けをして 出品>

おぉ~っ。
(森川)うわ~!

大富豪だよ。

<そして…>

<全て売れれば?>

(おばた)…でございます!

<すると…>

(おばた)え~っ!

<前日 出品した
100個 999円が 売れた!>

<ここまでで 既に…>

<これは…>

<果たして…>

ねぇ 課長も これ期待できる…。
いや しましょう!で 本当に…

せっかくだったら もう
ここまで来て。

いや それは すごいですよ。
(大島)え~っ?

というわけで おばた君が
スタジオに来てくれてます。

おばた君 どうぞ!
(おばた)やってまいりました。

(おばた)いや 僕も 本当…

ねぇ!結果発表 お願いします。
(おばた)はい!

松ぼっくり 第3弾
こちらになりました!

(おばた)はい。
あら?あら?これ もう

いったんじゃない?きょう。
(森川)あれ?いった?

あれ?
あっ あっ…!

あれ?こんな数字じゃなかった?
違うか?

9?9?ゼロ!お~っ!
ゼロ!

(おばた)はい!ということは!
ということは?そうよね!

(おばた)よいしょ~!
おぉ~っ!

(おばた)2万423円です!

2万円 いきました!

(おばた)内訳は こちらになります。

30個セット これを300円のが
10個が

これも たくさん
売れてっていうことですね。

やっぱり シダーローズがですね
全て売れたんですよ 結局。

なので もう少し 時期が
冬に近づいてて

もっと
シダーローズを拾えてれば

もっと もっと金額が
上がったんじゃないかと。

ちなみに これね…

うん?
(森川)トントン?

(おばた)やはり あの…

(大島)え~っ!いやいや…

確かに…

(おばた)はい。

(大島)…こっちも だから。
何にも なって…。

(おばた)頑張ります!
次。

(森川)ハハハ…[笑]そうだよ[笑]

<町で そのまま残されている…>

<実際…>

<町の景観が悪化
犯罪の温床となるなど

今 廃墟が
大きな問題となっている>

<そこで 我々は 廃墟の…>

<…を願って 廃墟の…>

<どうなの課…>

(森川)いいコンビだな。

<飯尾は 廃墟の
価値を予想>

<大熊は
プロの目線で

査定価格を
算出する>

<やって来たのは…>

そうなんだ?
うわ~っ 本当だ。

<そう 今…>

<団塊世代の相続で

管理や活用に
問題を抱える アパートなどが

廃墟となるケースが
急増している>

<これは高齢化が進む 日本全体の
大きな問題となっている>

いや~っ。

いや~っ 怖い。

<こちらが今回の廃墟 岬荘>

<ちなみに立地は
最寄駅から徒歩2分と 抜群>

(飯尾)ねぇ!

<現在の所有者が
およそ40年前に

母親から 空き家状態で
引き継いだというが>

<…のかは
分からないという>

<ここは
どんなアパートだったのか?>

<その謎を解き明かすのも
調査の目的の1つ>

<飯尾が…>

<…を 目の当たりにする!>

(スタッフ)はい。

(飯尾)…のほうが
いいかもしれないです。

<ちなみに 廃墟に
無断で侵入するのは

犯罪行為>

<廃墟の中には…>

<すると いきなり…>

(飯尾)すごい。

<おじさん世代 ど真ん中の…>

(飯尾)ショート サード…

<ちなみに こちらのモデルは…>

<…というもの>

<ということは…>

<…ということなのか?>

(飯尾)あっ!

(飯尾)大熊先生。

<早速…>

(飯尾)流しですね 古いタイプの。

<間取りは…>

(大熊さん)ありますね。
(飯尾)ここに…

あら~っ。

(飯尾)いきますね。

<果たして
中に残されているのは?>

何か残ってる?
いや 怖い。

(飯尾)あっ 何にも ほら。

いや 昔の人は 見てください。

あった。

(大熊さん)ありましたね。
(飯尾)すごいな。

<中身は空だが…>

(大熊さん)うん。

(飯尾)ねぇ。

これは…

(大熊さん)うん。

私 こんなとこ
住んでました 大学の時。

<飯尾は
単身用の寮だったと推理>

<さらに調査を進めていく>

(飯尾)さぁ ここは
ちょっと日当たりの悪い

部屋になりますけども。

うわ~っ 行ける?
これ。

(飯尾)あら!ここも やっぱり
流しがありますけど わ~っ。

流し付いてるんだ?
部屋に いいな。

え~っ!残ってるな。

<すると この部屋には
当時の住人の人物像につながる

痕跡が残っていた>

(飯尾)あれ?

(大熊さん)はい。

(飯尾)これ…

(大熊さん)これで
分かるんじゃないですか?

(飯尾)うわっ…あ~っ!

(飯尾)ということは
41年 42年ぐらい前ですね。

うわ~っ。

<この単行本も
野球盤と同じく…>

<さらに>

(飯尾)ちょっと待ってください。

♪ダラッダッダ ダ~

(飯尾)…ですけど。
(大熊さん)ハハハ…[笑]

(森川)すごい
いっぱいマンガ…。

(飯尾)今から40年前
41年前ですね。

<やはり40年前のもの>

<その時期に何かが起き

廃墟になってしまったのか?>

<このアパートは…>

多い!多いな。

<他の住人の情報も探っていく>

(飯尾)いや~。

うわ~っ…うわっ。

(飯尾)でも ここに…

(大熊さん)あ~っ そうですね。

(大熊さん)うん。

<どうやら 子ども連れの
ファミリーも居た様子>

<飯尾の身に…>

(飯尾)うおぉぉ!

♬~

♬~

(生徒たち)あったかいよ「カップヌードル」!

<絶対王者「カップヌードル」
発売以来 出荷数量第一位!>

<万年No.2「シーフード」
タコみたいな具材は実はイカなんです>

<スープコスパ抜群「カレー」!
「カップヌードル」の約5倍のスープコスト!>

<伊勢海老は さすがに入ってないけど>

(飯尾)「石原慎太郎さんの
ベストセラー」

(飯尾)うおぉぉ!

<体重を支えられず

床が沈み込んだ>

(飯尾)もう だって あれ
見てください これ。

<その後も慎重に…>

(飯尾)ちょっと待ってください。

(飯尾)何の跡だろう?
あれ。

(生瀬)あった あった。

(飯尾)あっ なるほどね。
(大熊さん)はい。

<ちなみに
個人による不法投棄の場合…>

<残された物から推理を展開>

(飯尾)待てよ。

(飯尾)レーサーも
やってましたもんね あの方ね。

<住人たちの生活の痕跡が

所かしこに残っている>

本当だ。

(飯尾)なるほど。

(大熊さん)えぇ。

<思ったより多彩な住人が
住んでいたようだ>

(飯尾)…そこに。

<なぜ物を残したまま

住人が
姿を消してしまったのか?>

(大熊さん)うん。

<ワケあり住人が住む
アパートだったのか?>

(飯尾)ドラマがありますね。

<アパートの…>

(大吉)いや 行けるの?
これ。

<さすがに
この朽ちた階段では…>

<しかし…>

<足場を確かめながら…>

(大熊さん)いや もう…

<そして2階には…>

<…が 待ち受けていた>

<そして2階には…>

<…が 待ち受けていた>

(飯尾)あれ?何か…

(飯尾)…全部。

あっ!

<あの学園漫画の名作
「GTO」が連載中の

週刊少年マガジン>

<しかし ここで飯尾は…>

(大熊さん)まぁ でも…

(飯尾)そうですよね。

<なぜか
およそ20年前の物ばかりが

この部屋に残されている>

(飯尾)いや そうですね。

<なぜか大量にガスのタンクが>

(大熊さん)ガスがないんで
あれのボンベを

持ってきたんじゃないですかね?

(華丸)住んでたって
ことね。

<だが 20年前に

何者かが生活していたのは 確か>

(大熊さん)電気がないから。

(飯尾)…その当時。

(飯尾)あれ?

(飯尾)これ 肌のあれでしょ?

<そして…>

<そう この部屋は

通りに面していない
2棟の あいだの部屋>

<その人物は 人目に触れず…>

<…あったのか?>

(飯尾)Vシネ 映画でいう…

<この推理がボケでは
なくなってしまいそうなので>

<ここで…>

<…の廃墟アパート 岬荘>

<まずは…>

(飯尾)こちら!

<アパート2棟分の
土地の広さから

1000万円と予想>

<それでは…>

(大熊さん)査定価格は。

<果たして?>

(大熊さん)こちらになります。

(飯尾)あっ!
(大熊さん)500万円です。

(大熊さん)…ということで。

<建物の傷みが ひどく…>

<ということで土地代のみの…>

<…という結果に>

(大熊さん)そうですね。

(大熊さん)そうですね。

(飯尾)割りかし…

(大熊さん)そうですね。

<そう 実は木造アパートの場合は
解体費用は お安め>

<そして このあと 岬荘が…>

<そして岬荘の…>

<…を得ることができた>

<やはり ファミリーや 高齢者

船で働く単身者など…>

<…らしい>

<近隣住民が集まり

子どもたちの笑い声が響く

憩いの場でもあったのだという>

<だが そんな岬荘が…>

<それには
この町の歴史が関係していた>

<かつて深日港から
フェリーが運行され

淡路島・四国と大阪を結ぶ

港町として大いに栄えた 岬町>

<しかし徐々に…>

<深日港を発着する…>

<それに伴い…>

<空き家が増えていった>

<岬荘の時が
40年前で止まっていたのは

深日港が時代の役目を終えようと
していた時期と重なる>

<全ての謎は解けなかったが

これが今回の調査で分かった
岬荘のすべて>

(飯尾)大阪の技術さん きょう
来ていただいたんですけどね。

推理能力が すごいと思って。

<皆さんの…>

(飯尾)うおぉぉ!

<所有者の…>

(生瀬)私 よく…

(華丸)へぇ~っ。
行くとき。

で ある時…

もう そっちで車…

そうですね。
(森川)うん。

…じゃないの?引っ越すときに。

でも…

(大吉)いやいや…

(♪~)

(♪~)

Source: https://dnptxt.com/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事