出典:EPGの番組情報

情熱大陸【フィギュアスケーター/坂本花織▽「私は私らしく…!」再び夢の舞台へ】[字]

4回転時代…コロナ禍…振付…限られた練習時間の中、迷い、もがき、それでも挫けずリンクに立ち続ける!全日本選手権――「自分らしく」を貫いた先に待っているものとは…

番組内容
思わずのけぞってしまうほどのスピードでリンクを疾走し、そのスピードを生かして跳ぶダイナミックなジャンプが魅力の「かおちゃん」。坂本花織・21歳、底抜けに明るく、カメラを向ければおどけて見せ、大声で笑う彼女の周りはいつも笑い声が絶えない。そんな“太陽のような”彼女だが、この夏は表情が暗くなることが多かった。「もっと高度な技を、もっと大人の表現を」…勝負のシーズン、フランス人振付師の難しいプログラム。
番組内容2
コロナ禍もありタブレット端末の向こう側から指導を受けて、何度もくり返し滑る…「時間が足りない、難しい…」と弱音を吐くことも。日本~中国~アメリカと4週連続で大会に出場する過酷なスケジュールの中、思うようにいかない自分に腹を立てる…。だが坂本の表情は、次第に明るくなってゆく。一体、何が彼女を変えたのか?オリンピック代表最終選考会となる全日本選手権。「自分らしく」を貫いた先に待っているものとは…。
プロフィール
【フィギュアスケーター/坂本花織】 2000年・兵庫県神戸市生まれ、21歳・B型。 4歳の時、テレビドラマの影響で興味を持ち、フィギュアスケートを始め、2016年にはジュニアグランプリシリーズ上位6選手のみ出場できるファイナルで銅メダルを獲得。 2017年シニアデビュー。全日本選手権で2位になり、オリンピック代表に選ばれる。2018年2月初出場となった平昌オリンピックでは6位に入賞。
プロフィール2
同年の2018年12月には全日本選手権でノーミスの演技を披露し初優勝。今年3月の世界選手権では日本女子最上位の6位入賞。 今シーズンは11月のNHK杯で優勝し、世界ランキングもロシア勢に続く4位に。日本女子でただ一人ファイナル出場を決めたが、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の感染拡大により中止に。 趣味は手芸とスポ根アニメを見ることで、特に「ハイキュー!!」がお気に入り。
制作
【製作著作】MBS(毎日放送)
公式HP
【番組HP】 http://www.mbs.jp/jounetsu/
関連公式URL
【ツイッター】@jounetsu 番組の感想に#jounetsuをつけてください! http://twitter.com/jounetsu 【フェイスブック】 番組公式ページへの「いいね!」もぜひ! http://www.facebook.com/jounetsutairiku 【インスタグラム】 フォロー宜しくお願いします! https://www.instagram.com/jounetsu_tairiku/
おことわり
番組の内容と放送時間は、変更になる場合があります。

ジャンル :
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
スポーツ – マリン・ウィンタースポーツ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 坂本
  2. ブノワ
  3. 中野
  4. 拍手
  5. 自分
  6. アハハハ
  7. デン
  8. 女性
  9. グレアム
  10. ジャンプ
  11. スタッフ
  12. タブレット
  13. トリプルアクセル
  14. プログラム
  15. 英語
  16. 解放
  17. 坂本花織
  18. 試合
  19. エヘヘ
  20. 演技

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

TBS
created by Rinker
ノーブランド品

<今 まさに

熾烈な戦いの渦中にある
スケーターたちも

アイスショーでは 皆 和やかだ>

<5か月前

彼女もまた 待ち受けるシーズンの
過酷さを知らず

ただ 滑る喜びにあふれていた>

<自慢は 群を抜くスピードと
ダイナミックなジャンプ>

(拍手)

<力みのない踏み切りで
宙に舞う演技には 優美さがある>

<目の肥えたフィギュアファンから
強く支持されるゆえんだろう>

<ひと度 試合を離れれば

そこにいるのは
おちゃめな女子だ>

<一躍注目されたのは 2018年>

(場内アナウンス)
ジャパン カオリ・サカモト

(拍手と歓声)

<当時 まだ高校生だった坂本は

平昌オリンピックに出場し

いきなり 6位入賞を果たした>

♬~

(坂本)平昌 出た時は
まだ シニア1年目で

世界選手権
出たことなかったんで…

もう 何か 「あぁ~…」って感じ

<フィギュア界のレベルは
年を追うごとに上がっている>

<今や 女子も4回転ジャンプを
跳ぶようになってきた>

<来年は
北京オリンピックでメダルを…>

<決意で臨んだ今シーズン
歩んだ道のりは険しかった>

やっぱ…

<21歳の苦悩を 誰も知らない>

(中野さん)ほら 休まない!

キツイのは 分かってるやん

♬~

おはようございます

<免許を取って1年>

<坂本花織は
1人暮らしの自宅から

車でリンクに通っている>

まぁ… アハハハ!

いい意味で

<靴ひもを結ぶと スイッチが入る>

(スタッフ)じゃあ 今日も
頑張ってらっしゃいませ

イェイ!

<およそ1時間半のセットを
一日3回>

<それが週6日>

<本来なら ヨーロッパで

トリプルアクセルを
完成させるつもりだった>

<だが コロナ禍でかなわず
予定は大きく遅れていた>

(中野さん)遅い! 歩かない

花織!

何でやらへんの? ちゃんと

跳べなくても ちゃんとやりよ

<失敗して立ち止まると

次の演技への
立て直しが身につかない>

<何があろうと
滑り続ける努力が必要だった>

<練習を終えれば

どこか ひょうきんな坂本が
戻ってくる>

♬「デ~デン デ~デン
デ~デン デ~デン デ~デン」

アハハハハ!
見て! 見て ほら

<最近のお気に入りは

アスリートが主人公のアニメ
「ハイキュー!!」だそうだ>

アハハハ! イェ~イ

めっちゃ好き… ヤバいよ
オホホ!

スポ根ラブ! ウフフフ
恋愛より ラブ!

イェ~イ…みたいな! アハハ

<北京を目標に 今シーズンを戦う
プログラム作りが始まった>

<リンクの端に
タブレット端末を置き

その前で滑り出す>

<監督やコーチの姿はない>

<画面の中には フランスにいる…>

<これまでは
直接指導を受けてきたが

やはり コロナ禍に阻まれた>

<振り付けの一つ一つを
ブノワが やってみせ

それをマネて 坂本が滑る>

<決して やりやすいとは言えない
やり方だった>

<小さな画面から繊細なニュアンスまで
くみ取ることは難しい>

こう やっぱ…

<当初は 2週間で振り付けを
仕上げるつもりだったが

リモートレッスンは
思うに任せず

既に ひと月近くが過ぎていた>

<あらゆる準備が遅れている>

<ブノワが 坂本に与えた
プログラムのテーマは

女性の自由と解放>

<トリプルアクセルも
まだ未完成なのに

芸術性が問われる演技を
自分のものにしなければならない>

♬~

タブレット

OK! そこ
バシンの所 見たいんだって

タブレット

タブレット

(グレアムさん)門… 閉められてる…
閉じ込められた部屋から

バ~ンって開いたら
すごいきれいな…

解放されて
美しい景色が出てきて

ただ にっこり笑うとか
そんなんなくて

もう ギュ~ッて暗い所から
パン!と出て

わ~ きれいじゃん!みたいな
そういう感じにして…

タブレット
(グレアムさん)うん

いいんじゃないって

えっ?
3%しかない

(グレアムさん)あ~… 切れた

(グレアムさん)切れた

<こんなことも
リモートの煩わしさ>

終了!

終了… アハハハ

<この頃は
まだ 余裕があったのだが…>

<シーズン開幕まで2週間を切った
9月>

<坂本は
懸命にプログラムと格闘していた>

<ようやく覚えた振り付けは

しかし まだ 体に
しっくりと染み込んではいない>

<そのせいか
ジャンプの精度まで落ちている>

<坂本が6歳の時から
指導してきた

中野園子コーチ>

<だからこそ 厳しい言葉が飛ぶ>

(中野さん)ほら…

<たとえ ミスしても

最後まで
プログラムを やりきらなければ>

(中野さん)はい! やれ

(中野さん)遅れたらあかん

端っこで休んでください
邪魔になりますから

端っこに行ってください
それか 走るかにしてください

(中野さん)
何で あそこで休んでしまうん?

(中野さん)なぁ? なのに…

(中野さん)ほいで…

(中野さん)また こけて歩くん?

<このままでは

北京など 夢の また夢…>

<突き上げてくる不安を静める術が
坂本には あった>

<趣味にしている つまみ細工>

<成人式の髪飾りも
自分で作ったそうだ>

<小さな布をつまんで
一枚一枚 花びらにしてゆく>

<やり始めると
雑念が消えてゆくらしい>

で こういうのをポンって載したら
出来上がりです

だから…

<シーズン初戦まで あと3日>

<坂本は 高得点を稼げる

トリプルアクセルに
取り組んでいた>

アハハハ…

何か むち打ち状態…

エヘヘ…

エヘヘ!

<失敗を繰り返す姿は

私たちにも 痛ましく映った>

あんま…

(スタッフ)うん
うん アハハハハハ

<坂本の不調は

振付師・ブノワにも
知らされていた>

<彼は この時
決断していたという>

<トリプルアクセルは捨て

今できる技の質を高める>

<それは ギリギリの選択だった>

<2000年 神戸の生まれ>

<公務員を父に持つ

3人姉妹の末っ子は

4歳で スケートを始めた>

(女性)ん~?

(女性)ホント? よかったね~

<きっかけは
テレビドラマで見た

フィギュアスケート選手の
かっこよさ>

<憧れは やがて現実になる>

<中学に進んでからの成長は
目覚ましく

全国大会の表彰台に立つ機会も
増えていった>

世界の人と比べると
自分は そこまで

全然 まだ達していないので

あの…
世界の人と比べられるような

スケーティングが
できるようにしたいです

パタパタ パタパタ…
アハハハッ

<カメラを向ければ
いつも サービスを忘れない>

<朗らかで
どこか おちゃめなキャラクター>

<選手仲間には
かおちゃんと呼ばれている>

<だから
落ち込んだ姿は似合わない>

<苦しむ坂本を見かねて

なんと
ブノワが駆けつけてくれた>

「もっと前」って

<対面のレッスンが実現するのは
2年ぶり>

<坂本には感謝しかない>

<懸案のフリー>

<ブノワのアドバイスを受け

女性の解放と
自由をうたい上げる滑りは

一気に伸びやかさを増した>

♬~

<シーズンインの10月>

<坂本は あえて
4週連続の大会出場を決めていた>

(場内アナウンス)
坂本花織さん シスメックス

<試合を重ねながら
完成度を高めてゆく戦略>

<ある意味で 背水の陣だった>

♬~

<ジャンプは乱れ…>

♬~

<スピンのバランスは崩れる>

♬~

<結果こそ
1位に終わったものの

最後は 音楽に合わせ切ることも
できなかった>

<けれど この悔しさがバネになる>

うぅ…

ハハハハッ

試合が とにかく
少ないっていうのが

あの子にとっては
一番問題で

その 試合大好き人間なので

やっぱし…

やっぱり…

<本番でしか
磨くことのできない感覚がある>

<中国・アメリカと
試合に出続けた1か月>

<自分の可能性を
信じていた>

<11月
グランプリシリーズNHK杯>

<北京オリンピックへの道は

この大会の結果に
大きく左右される>

<いつにも増して 緊張していた>

(場内アナウンス)坂本花織さん 日本

(拍手)

♬~

<スピードに乗って

大きなジャンプ>

♬~ (拍手)

<自分を追い込んだ
4週連続の試合出場は

やはり 無駄にはならなかった>

♬~

♬~ (拍手)

<もう 迷いは全て消えている>

<女性の自由と解放>

<プログラムのテーマが

そのまま
坂本の歩みに重なっていた>

♬~

♬~ (拍手)

(拍手)

<持てる力を出し切って

喝采に応える気力すらない>

(拍手)

<何より うれしかったのは

ノーミスで
優勝を勝ち取ったことだった>

何か 一回は ちょっと…

アハハハ…

<最後の大舞台は ひと月半後>

<まだ 気を緩めることはできない>

<取りつかれたように
練習に打ち込んだ>

<そして 迎えた全日本選手権>

<優勝すれば
オリンピック出場も決まる>

ハハッ 何か もう…

まぁ でも…

<昨日の全日本選手権>

<多くのファンが

ショートプログラムで
トップに立った

坂本花織に注目していた>

<誠実な努力は
いつか 必ず報われる>

<この日のフリーも また 圧巻>

<見事
表彰台の頂点に立った坂本は

北京への切符を手に入れた>

(スタッフ・小声で)
おめでとうございます

ありがとうございま~す

ありがとうございま~… ハハハ

目標達成! エヘヘ

オリンピックでも しっかり
自分らしく滑るのみです

(スタッフ)やりきったからね
やりきった

やりきって
集中力 切れたら

今 もう
おなかすいたしか考えられん

<苦節 26年>

<まさか こんなことに
なってしまうなんて>

<激動の2か月を追いかけた>

Source: https://dnptxt.com/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事