出典:EPGの番組情報

アウト×デラックス【出場資格を失ったのにM-1用のネタを作るスーマラ武智】[字]

出場資格を失ったのにM-1に取りつかれたスーマラ武智に密着!その時相方は?!マツコ爆笑

番組内容
独特の世界観を持って生きているこだわりの人たちを招き、矢部浩之、マツコ・デラックスとアウトなトークを展開するトークバラエティー『アウト×デラックス』。
2003年にコンビを結成したスーパーマラドーナ。2015年にはじめて『M-1グランプリ』決勝に進出し、4年連続決勝進出。出場権を失った今でもすっかり『M-1グランプリ』にとりつかれ、YouTubeでもその熱は冷めることはない。
番組内容2
特に武智は“Mおじ”とまで呼ばれるように。
そして『M-1グランプリ2021』放送当日の武智にスタッフが密着。
ご案内
Twitter公式アカウントはこちら⇒@outdx_fujitv 
https://twitter.com/outdx_fujitv 
〈#アウトデラックス〉でつぶやいてね!
出演者
【MC】
矢部浩之、マツコ・デラックス、山里亮太(南海キャンディーズ) 
【ゲスト】
スーパーマラドーナ 
【アウト軍団】
小原ブラス、戦慄かなの、DJ KOO、横川尚隆(五十音順)
スタッフ
【チーフプロデューサー】
大江菊臣 
【演出】
鈴木善貴 
【監修】
渡辺琢

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 武智
  2. 田中
  3. お前
  4. グランプリ
  5. KOO
  6. ネタ
  7. スーパーマラドーナ
  8. 敗者復活
  9. 墓地
  10. スタッフ
  11. ツッコミ
  12. 肝試
  13. 決勝
  14. 審査員
  15. 田中君
  16. マジ
  17. 仕事
  18. 戦慄
  19. 腹立
  20. 毎年

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

created by Rinker
扶桑社
¥2,530
(2022/01/13 20:13:55時点 Amazon調べ-詳細)

(矢部)お願いします!

(KOO)いっちゃっていい?
(効果音)

(山里)上がりますね!
(KOO)でも…。

『アウト×デラックス』
マジ ハンパないっす!

打ち込まなくてもね。
(効果音)

KOOさんも 関係してくる…。
今から来るゲストと 関係してます。

(武智)今は もう 焦って…。

[2015年から…]

違う 違う。 違う。

≪(ドアベルの音)
こういう形で 来るとはね。

なあ。

来た!
おはようございます。

おはようございます。
出た! スーパーマラドーナでございます。

[2003年に コンビを結成した…]

[そんな2人は 2015年
結成12年目にして 初めて

M-1グランプリ決勝に 進出]

[そこから…]

[田中の 手数の多いボケに

鋭い 武智のツッコミで

2016年には…]

[2018年に 結成15年
ラストイヤーを迎え…]

[しかし その翌年…]

[すると…]
(武智)いや~…。

(田中)確かにねぇ。

(田中)分かってますよ M-1。

(武智)いよいよ…。

[年中問わず 動画の…]

俺たち いい漫才してる じゃない。
やっぱ より 思い出して こう…。

すごいことですけど
4年 出るってね。

ストレートではないんですけど。
敗者復活に回ったときも

あったけど そこも勝ち抜いて
決勝 行ったんで 4年連続…。

あの敗者復活 スーパーマラドーナ
何が すごいって

視聴者投票だからね あれ。
だから ある程度 人気者が

票を集めやすいんですよ。
ご覧のとおり そんなに…。

ただ ただ…。

面白かったっていうことですよね。

結構… それこそ
南海キャンディーズも いましたし

三四郎とか ハライチとかも
いたんですけど。

そこは 頑張りました。
これ…。

優勝してたら こうはならない
と思うんですけどね。

もうちょっと 余裕 持って
外側から 応援できてたと

思うんですけど…。

何を焦るの!?
何を焦んねやろ?

盛り上がってるよ!
もっと 何か 外側から

盛り上げていかなっていう…。

ずっと 言ってるんですよ。

て呼ばれて 略して…。

(田中)て言われるようになった。
(武智)関西の後輩には

Mおじと言われています。
年末の その1回の

賞レースやけど…。

(武智)そうです そうです。

もう 始まってるんだと。
(武智)はい。

そら そうやな。
(武智)て考えたら…。

ヤバい…。

(田中)そうなんですよね。

嫌なんだ!

あの熱意のおかげで
一緒に行ったんだから。

[アルファベットの…]

[ただし その…]

何か…。

公衆トイレ あるじゃないですか。
で 青色が 男性のマークで

女性のマーク。 で ここに
線が入ってるじゃないですか。

どうかしてるな。
人と しゃべってるときも…。

鶴瓶さん 見たらな。
(武智)はい。

思わへんわ!
ちなみに…。

戦慄ちゃん 見たりすんの?
M-1とか。

(戦慄)毎年 ちゃんと 見てます。
あんま 興味なさそうなのに。

(マツコ)えっ! そうなの!?

僕らのネタですか?
(戦慄)はい。

(武智)えっ?

あっ ごめん。
そこ 驚きポイントなのね まだね。

当たり前のように 進んでました。
少年院に入られてた。

ムショ上がりなの。
ムショ上がりなんすか!?

ちゃんと 更生したんだよね。
はい。 更生しました。

少年院で 見てたんだ。
(戦慄)見れましたし…。

スーパーマラドーナ 見てたんだ。
(武智)例えば…。

1発目のボケですか?
(武智)エレベーター 入ってから…。

入ってから 一番最初の 田中の…。
武智さん…。

もうええやん。 十分やんか。

アウト~!
田中君 「正解」って言えないんだ!

忘れましたね。 何でしたっけ?

あ~!

(武智)むちゃくちゃや! こいつ。
思い出した? 田中君。

そんなこと 言ってた?
はい。 言いました 言いました。

難しいですね。
めちゃくちゃ 難しい問題です。

当てる?

(武智)エレベーターの中で…。

エレベーターが…。

2パターン あるんです。

逆に すごいですね。

でも…。

そうですね。
お笑いの方 大好きなんで

優勝予想も させていただいて。
そのKOOさんから見て

スーパーマラドーナって
すごい漫才師ですか?

スーマラさんは。
(武智)ありがとうございます。

そういう立ち位置で 呼ばれたの?
お笑い 大好きで

M-1も ずっと
ウオッチャーとして…。 しかも…。

あっ そう。

(KOO)2018年のときに…。

3連単!
1位 2位 3位。

(武智)ちなみに…。

僕らは
入れなかったっていう感じ?

腹立つ!

腹立つわぁ!
当てにいったから…。

(田中)予想ですから 予想。

KOOさん ことし どうやった?
ことしは ファイナリスト…。

ファイナルラウンドの…。

へぇ~!
(KOO)その3組は。

一番いいかもしれない。

こっちが M-1おじさん?
僕ですよ M-1おじさんは。

すごいよ!
芸人やん!

この お株の奪われ方は
ないですって!

[Mおじも もちろん 予想]

[果たして 当たっていたのか!?]

[そして…]

[周りの…]

[2021年の 一番面白い
漫才師が決まる この日…]

(武智)いやいや 全然。

(スタッフ)すいません。 失礼します。
あれっ? もう…。

(スタッフ)M-1 見られてた?
(武智)見てますね。 今から…。

[準々決勝から 振り返ることで
気持ちを高め

敗者復活戦を待ち望んでいた
Mおじ]

そうですね。

[何と 毎年…]

[絶対に 仕事は 入れない。
しかし ことしは…]

でも…。

それは…。

[この日の
Mおじのスケジュールは

自宅で 敗者復活戦を
途中まで 見て…]

[そして 京都にある劇場で
決勝戦を見守る]

敗者復活。

[M-1グランプリという
大会自体を 応援]

[何とも…]

[そして…]

(武智)あの…。

(武智)あれ…。

(スタッフ)普通の 横断歩道が
あるんだなと思ったぐらいでした。

[電車に乗り込み…]

[そう言って…]

(武智)ちょっと そこに…。

(武智)すいませんでした。

(武智)はい。

(田崎)3組? 投票したんや!
(トキ)あんまり 芸人 投票しない。

(スタッフ)やっぱ そうですよね。

(トキ)不公平といいますか やっぱ
カワイイ後輩に やりそうになるんで。

(トキ)我慢して
入れなかったんですけど。

(武智)そんなん…。

[さらに…]

(田崎)カツ 食べてません?

(武智)て言ったやろ!?

[そして…]

ここで みんなで見んねや。

[Mおじが 待ちに待った…]

[と同時に
ライブビューイングも スタート]

[会場には Mおじ同様

M-1を愛する お客さんで
いっぱい]

[そう。
このライブビューイング…]

[という Mおじにとっては
最高の仕事]

[そして この…]

[会場を 盛り上げる]

[そして ことしのM-1は…]

[グランプリを獲得]

[ちなみに Mおじは
自宅で 優勝者を予想していた]

一応 僕… 最終決戦。

進むんじゃないかな
っていう中で

横綱相撲で…。

しゃべくりで
マイクの前から 動かずに。

[思いっ切り 外していた]

(武智)これが…。

(武智)ホントに ことしも。

ここ…。

ありがとうございます。
何やろう?

(田中)毎年ですよ 毎年。

そうなんすよ。
M-1には 出れないんですよ。

何か やっぱ 今まで 漫才しか
やってきてなかったんで…。

他の賞レース 出たいなとか
あんま ないですね。

(武智)ABCお笑いグランプリ…。
賞レースとして。

ちょっと…。

ABCから 出てるじゃないですか
M-1に つながる…。

(武智)
僕が こうなったのは やっぱり…。

やっぱり この…。

地縛霊なんだ やっぱり。
悪い方の霊です ちゃんと。

また M-1のこと 考えてるなとか
これ 見て M-1っていうのって

変な人だな みたいに
ずっと 思いながら…。

横にいて しんどい?

(武智)これ ずっと 言うんです。

早う やめたかったよな。

僕らの名を 世の中に
出してくれたんが M-1なんすよ。

なるほど。 感謝もしてると。

(武智)田中は 同じぐらい
感謝するべきやと 僕は思う。

田中君は…。

M-1 出た後も 仕事が
増えちゃうことが ホント 嫌で。

聞いたことあるな。

(田中)だから ホンマは…。

台本 見ながら しゃべるっていう。

ナレーションみたいな仕事。

昔から 大ファンだって
言ってる子がいるんだよ 後ろに。

知ってたんだ。
ありがたい。 ありがたいです。

筋金入りだね。

[今もなお…]

何で?
(田中)M-1の決勝戦とか

準決勝とか 近づいてくるんで
何か 出ないのに 感化されて。

自分が 1年かけて
M-1に 懸けてたときのこと

体が 思い出して。
そんな 取りつかれてんねんな。

緊張して?
(田中)そうなんですよ!

ヤバいな それ。

後輩に ニューヨークと
オズワルドがいるんですけども…。

(田中)その2組に。 そのスケジュール表
見て 自分は 出ないのに

袖まで 見に行ったんです。
で 「ちょっと…」

本来は 違うネタで M-1用のネタ
やらない予定だったところに。

急きょ M-1のネタ
やってくれたんですよ。

(武智)ほんで 袖で見てて…。

これは M-1やな。
(武智)M-1やなと思いました。

(田中)だから…。

(田中)他の M-1 出る…。

(田中)3分50 仕上げてね…。

出ないのに。

(武智)決勝前とか 例えば
ファイナリストに決まってる子らが

舞台で バチバチに ネタ 書けるじゃ
ないですか 決勝用のネタを。

(武智)僕ら 年数が上なんで
その後 トリ やったりするんです。

ここで 競い合って…。

「俺の方が M-1やで」?

ことし 決勝 出るか知らんけど
俺の方が M-1やでっていう。

(武智)作ってますし…。

違う 違う。 違う。

嫌なのが 僕 普段…。

嘘!? 逆転してんの?
はい。

いやいやいや。 見たい 見たい。

[M-1への思いが あふれて
できた…]

さあ それでは いきましょう。
スーパーマラドーナです。 どうぞ!

≪どうも~!

(武智)どうも。 スーパーマラドーナです。
お願いします。 やってますけども。

♬「テッテレー」
(武智)何ですか?

ベルト 2本 してました。
(武智)出ました! 拍手を下さい。

(武智)ありがとうございます。
一押しのギャグでございますね。

言うてますけどもね。 僕がね
25~26歳のときに 体験した

怖い話をしたいんですけど。
(武智)実体験を。

25~26歳のときに 幽霊が出る
っていう 有名な墓地があった。

幽霊が出るという 有名な墓地。

肝試し 行こうやってなってね
肝試し-1グランプリをしたんです。

(武智)ちょっと待って。
何て言った? 今。

肝試し-1グランプリ。
(武智)それ もしかして あれ?

M-1グランプリから もじって
肝試し-1グランプリって言ってんの?

まあ そうですね。

さすが M-1やな。
(田中)「さすが M-1」?

影響力 マジ いかついな。
どこ行っても いうてるもんな。

うどん-1グランプリとか
タイヤ-1グランプリとか やってる。

全部 M-1の影響やん。
すごいな やっぱ M-1って。

M-1の影響って 国民行事に…。
(田中)今 怖い話 してるんで。

うるさい。 黙っといてください。
でね 車で 7人で

その墓地に 行ったんですけど…。
(武智)ちょっと待って。 7人?

(田中)7人。 まあ 多いですよ。
ワゴン車 借りて 行ったんです。

それって もしかして
審査員と おんなじ数にしてる?

(田中)そんなわけないでしょ!
(武智)審査員も 7人で

お前らも 7人やから M-1に
合わせてんのかなと思って。

M-1の審査員 7人やから
肝試し 7人で行こうぜって

言うわけないでしょ。 ちなみに
男6人 女1人で 行ったんです。

やっぱ そうやんか!

合わせてるやん! 完全に。
(田中)たまたま! 関係ないです。

M-1やなぁ。
(田中)うるさい! でね…。

その墓地っていうのはね 戦争で
死んだ人が 化けて出るって

有名やったんですよ。
(武智)戦争で死んだ人が化けて…。

ちょっと待って。 1回 死んだのに
また 出てくんの?

敗者復活やん! M-1やなぁ。
(田中)ええって。 M-1は もう。

俺らも 出たもんな 敗者復活。

頑張ってほしいな 敗者復活。
悔いなく 頑張ってほしいわ。

幽霊も
悔いがあるから 出てくんねん。

M-1やなぁ。
(田中)うるせえ‼

M-1 嫌いやねん! 俺。
しゃべるな!

嫌いになんなよ。
4回も 出させてもらって。

その墓地に着いて あるルールを
決めた。 1人で その墓地まで

行って 5分間 そこに い続ける。
(武智)5分は ちょっと お前…。

決勝は 4分やから。

3回戦なんか 3分やで。
1回戦なんか 2分やで。

2分15で 警告音。
2分半で ドカン! 赤照明やで。

知らん。 うるさい!
(武智)5分は 長いで。 やめとけ。

知らんねん そんなルール 誰も。
でね 誰が 最初 行くって

じゃんけんで決めて 僕が負けた。
(武智)トップバッター きついでしょうね。

点 伸びんからね。
ラサールさんはね 5点 プラス

してくれてるんですけどね。

誰や!? ピン芸人か?

何で ラサールさん 知らんねん。
旧M-1の審査員やないか お前。

すいません。 旧とか 新とか…。
(武智)旧M-1の審査員やないか。

2001から 2010までは
旧M-1って言うてんねん。

2015から 2020までを
新M-1って言うてんねん。

2021から 第3章や。
楽しみや M-1が。

シッ! 静かにして! お前は。

M-1 2020年ね… 2022年か。
楽しみですよね ホントにね。

僕が行くことになったんですよね。
辺り 真っ暗で 物音一つ ない。

しーんとしてる。
急に 後ろが明るくなって

めっちゃ 熱かったんで ぱっと
振り返ったら でっかい火の玉が

僕の真後ろに! 僕 思わず 怖くて
うわ~! ってなったんですよ。

後ろ 火の玉で お前 どうなった?
(田中)うわ~!

何してんねん! お前 これ。
M-1の オープニングVの

ファイナリスト紹介のやつやん!

上半身 裸で 後ろに炎があって
スーパーマラドーナ! じゃないねん!

さすなよ こんなこと。 恥ずかしい
ええかげんにせえ! お前は。

(田中)ぶわーっ! 走って 逃げた。
ここまで来れば 大丈夫やろって

ぱっと 前 見たら
古びた井戸があって。 不気味でね。

そしたら その井戸から
変な音が 聞こえてきたんです。

♬「ヒビ ゴーゴーゴーゴー
ゴーゴーゴーゴー ゴー」

♬「ズンチャチャ ズンチャチャ」

何や これ! お前。
アホか!? お前は。

♬「ズンチャチャ」 さすな! お前。
(武智)お前が 勝手に したんやろ。

俺 そこ 関与してないわ。
(田中)ガキが! ホンマ…。

お前 ツッコミ 変やで。 お前に ツッコミ
任せてたら 変なツッコミ くんねん。

こっちは 怖い話 真面目に
本気で しゃべっとんねん!

本気で やってるっちゅうねん!
(田中)上沼さん せんでええねん!

マヂカルラブリーの 野田クリスタルとの絡みを
せんでええねん! 今。

誰も知らんやないか! お前。
ええかげんにせえよ!

ムカつくんじゃ!
一番 腹立った 今の。

ええかげんにせえよ。
ムカつくんじゃ。 一番 腹立った。

縦読みしたら 「エムワン」ですね!
(田中)やめさせてもらうわ。

♬「テーレレ レーレレ テレレッ テレレッ」
(田中)M-1の終わりの音…。

もうええわ。
(武智)ありがとうございました。

確かに…。

言ってたとおり
M-1のネタでしたね。

田中のツッコミも
これやと 生きるな。

(田中)何でやねん! とかの
手のやり方も 分からないんで…。

「うるさ… うるさい!」

(田中)何でやねんしか 言えない。
(武智)「うるさい」と 「黙れ」しか。

ただ…。

ちょっとね あの~…
この 一流の芸能人の皆さん

そして あったかい
スタッフさんの笑い声で…。

駄目じゃん!

(武智)アドリブ 入りまくりでした。
あと 笑い待ちもな。

うわっ!
結構 高い。

行ける点数です。

そうですよね。

[さらに…]

[Mおじは 手を替え品を替え…]

YouTubeで M-1戦士の
育成をしてると。 これ 武智さん。

(武智)決勝を 何回か 経験した
われわれのYouTubeチャンネルで

応募を頂いて…。

(武智)ネタをやってもらっては
アドバイスして…。 それが 4月ぐらい。

いざ 夏の予選に向けて
仕上げていくっていう動画を

上げ続けたんですけど
結果的には…。

最悪だ。
最悪の結果でした。

終わってました あれは。
でもね 田中君としては…。

(田中)何にもしないでほしい。
後輩も めちゃくちゃ 言ってる。

(武智)「あんた…」

そら そうや。

KOOさん…。
(田中)あっ!

何となくだけど…。

そうやねん。
何となくよ!

運営側が ええんちゃう? 裏方。

完全 裏方 徹したら?

運営側 入って。

(武智)それ マジで いいっすね。
マジで ちょっと やってみます。

(田中)矢部さんに
いいこと 言ってもらって…。

メモ… 真面目だな 田中君。
メモって メモって。

♬「テッテレー」

やられた!

クッソ~。
♬「テッテレー」

嘘やん。
私…。

うわっ。 うわっ。 うわっ!
(寺内)こんにちは。

[次週 ルーティンが多過ぎる
飛び込み界のレジェンドが 登場]

きっちりしてんなぁ。

え~! あれまで 戻すの!?

何か あったときに 寺内
部屋も 奇麗にしてたんやなって。

だから 飛び込みも 奇麗なんだな
って 思ってもらいたいという。

[『アウト×デラックス』を もう一度
ご覧になりたい方は TVerで]

Source: https://dnptxt.com/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事