出典:EPGの番組情報

ロンドンハーツ 一般女性が選ぶ 私服-1GP団体戦[字]

女性ウケする私服を着こなしているのは誰なのか、売れっ子芸人たちが冬の勝負服で対決!!

◇番組内容
バラエティで活躍する売れっ子芸人30人に、普段本当に着ている私服から冬のこだわりコーデを披露してもらい「どの芸人の私服がおしゃれか?」というアンケートを実施!
その中のメンバー14名が集結し有吉チームと矢作チームに分かれ、一般女性の評価順位をどちらがより当てられるかのチーム対抗戦。
◇番組内容2
「待ち合わせ場所にいたら帰る!!」「何を考えてるファッション?」
こだわり私服への一般女性からの恐怖の意見も…
みなさんも順位を予想しながらお楽しみください!
◇出演者
田村淳(ロンドンブーツ1号2号)/有吉弘行、おぎやはぎ、山崎弘也(アンタッチャブル)/石橋遼大(四千頭身)、大津広次(きつね)、狩野英孝、九条ジョー(コウテイ)、こがけん、小宮浩信(三四郎)、酒井貴士(ザ・マミィ)、田中卓志(アンガールズ)、都築拓紀(四千頭身)、平子祐希(アルコ&ピース)、マヂカルラブリー、森田哲矢(さらば青春の光)、盛山晋太郎(見取り図) 【50音順】
◇おしらせ
☆公式ホームページ
 →https://www.tv-asahi.co.jp/londonhearts/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 山崎
  2. 有吉
  3. 小木
  4. 矢作
  5. 大津
  6. 田中
  7. 九条
  8. 小宮
  9. 野田
  10. 盛山
  11. 社長
  12. 石橋
  13. 都築
  14. 森田
  15. オーバーサイズ
  16. 狩野
  17. 酒井
  18. 順位
  19. 全然
  20. 大丈夫

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

created by Rinker
ハゴロモ
¥1,591
(2022/01/18 22:15:58時点 Amazon調べ-詳細)

〈今夜の『ロンハー』は

…っていう印象を受けました。

〈一般女性が選ぶ
オシャレ芸人は誰なのか?〉

〈お気に入りの冬物コーデで
チーム対抗バトル〉

〈有吉と矢作
リーダーの采配で

勝負が決まる〉

さあ 前回は
春夏の勝負服で開催しましたが

今回は 冬の勝負服。

有吉率いる有吉プロダクションと

矢作君率いる
プロダクション矢作舎で

対決していきたいと思います。
よろしくお願いします。

(山崎)すごい! 社長!

〈こちらの30名の芸人の中から

私服がオシャレなのは

一体 誰なのか?〉

〈一般女性182人に
アンケートを実施し

ランキングを作成〉

〈有吉チームと矢作チームが
メンバーを1人ずつ選出し

どちらが上位か競う〉

〈全5回戦で

先に3勝した方が勝利〉

今日は皆さん ガチの私服で

出演って事ですよね。
(村上)はい ガチです。

全員 『メンズノンノ』の
モデルとしてもいけますね。

それ 言いすぎでしょ。
社長 ありがとうございます。

いいタレントがそろってるよね
うちはね。

左端の方 ちょっと
『メンズノンノ』って感じ

しないでしょ? 上の…。
(酒井)あっ 私?

『実話』…
『実話ナックルズ』だな。

いやいやいや…。
『実話ナックルズ』でしょ?

(山崎)縦のラインがね
『実話ナックルズ』…。

前の子も
「MEN’S富田林」だもんな。

誰が
「MEN’S富田林」なんですか。

そんなピンポイントの雑誌
ないでしょ。

大阪の南の方の。
(山崎)富田林じゃない?

まあ 田中さんと狩野さんはね

レギュラーメンバー
みたいなものですから。

ちょっと
前回 あんまり良くなくて。

それで 他の現場で
有吉さんに会うと

「ガッカリしたよ」って
すげえ言ってくるんですよ。

(有吉)ファッションだけは
っていうところありましたからね。

さあ こちら矢作舎ですが。
どうですか? 矢作舎。

(矢作)矢作舎 パッと見た感じ
なかなか ほら…。

そうね あか抜けた感じあるね。

(矢作)なんか ちょっと
オシャレでしょ?

杉山清貴さん 2人いるしね。

(有吉)杉山清貴さん…。
(山崎)えっ?

オメガトライブ…。
(小木)オメガトライブね。

野田もシンプルですね。

(小木)今回 一番いいかもしれない
もしかしたら。

あんまり
好きじゃなかったんじゃないの?

ファッション。
(野田)そう。

もらった服しか着ないっていうの
やってるんですけども。

でも その割には
まとまってる感がね。

だから…。

あれ以降?
どんどん上がってきてますよ。

〈改めて 有吉プロダクション

メンバーは こちらの7名〉

〈対するプロダクション矢作舎の

メンバーは こちらの7名〉

〈更に スタジオ以外のメンバーを
含めた計30名が

冬のお気に入り私服で勝負〉

〈一般女性182人にウケがいいのは
一体 誰なのか?〉

〈リアルな順位が明らかに〉

〈では 早速

〈ジャンケンの結果

有吉プロが先攻に〉

まずは 有吉さんから
選んでいただきたいと思います。

まあ どうするかだよな。
基準になる…。

(有吉)そうですよね。
(矢作)これ なんだかんだいって

一番大事だからね 初戦が。
(有吉)そうなのよ。

酒井は 出番 今日 ないよ。
(酒井)いやいや…。

見てください。
はやりの ほら…。

ポイント どこ?

これですよ。

ニットに
トラがあしらわれてて。

チンピラ感がね
ちょっと やっぱ…。

だから 今 逆なんですよ。

女性は
肉食男子が好きなんですよ。

ただ でも 有吉が真っ先に
出番ないって言った人…。

お願いしますって!
マジで自信あります!

見てる人がさ ふざけてんなと
思われたら最後だからね。

違う違う!
(有吉)真剣にやっていかないと…。

エース 誰なの? エース。

(有吉)やっぱ 俺は
田中だと思って…。

村上とかも どう…?

(山崎)村上君?

(矢作)あれ エース?
(狩野)ないないない…。

社長… 社長 ないです。
(村上)ボケじゃないですよね?

服は めちゃめちゃ
可愛いんだけどね それ。

大津も怖いんだよ。

(大津)いや 俺
絶対に高いですよ 正直。

いや 俺 マジで。
(有吉)もう だって 漫画だったら

お前 ただの変態だぜ。

(一同 笑い)

漫画やったらそうかもしれない…。
髪形もあるんじゃない?

(有吉)だから 英孝なんかが
結構 落ち着いてきてるから…。

まずは 様子見でね。
清潔感もあると思います。

特に後半
出すようなもんじゃないもんね。

(一同 笑い)
(山崎)いい意味よ いい意味。

いつでも出せますよ 俺なんか。

狩野さん いい意味だからね。

両端は だから 多分
出番ないと思うんだよね 俺。

(一同 笑い)

僕ら にぎやかしで
来たんちゃうんですよね?

いつでも肩 仕上がってますよ。
いきますって。

これとこれ
同じブランドの服なんですよ。

同じブランドなの?
(有吉)似てるんだもん。

地元の先輩 後輩感が
すごいんですよ 僕ら。

まあ でも とりあえず
じゃあ 英孝。

英孝さん どうぞ。
(田中)いけ 英孝ちゃん。

まず 確実に1勝いきましょう。

〈先攻 有吉プロは
狩野〉

〈はやりのオーバーサイズの
パーカーとスニーカーに

トレンチコートを合わせ
大人っぽく〉

〈光沢感のあるデザインバッグで
遊び心もプラス〉

〈大人カジュアルコーデ

一般女性の評価は?〉

(小木)これ 困っちゃった。
(矢作)ちょっと なんか この

上位の可能性があるというか。
(山崎)あるよ。

(矢作)こういう オーバーサイズのやつ
いいんでしょ? 今。

ちょっと こう…。

(矢作)こっち… いや
平子とかエースじゃない?

(野田)ああ 確かに。
(山崎)ええー!

僕 このアウターで
スカウトに見えないのって

すごいと思いますよ。
(小木)エースではないよ。

でも もしかして 石橋辺りが
いいのかもな。 清潔感。

マジっすか。
(矢作)清潔感がすごいから。

ジョー君もいるよ ジョー君も。
(九条)いや そうです 僕…。

九条ジョー君だと思う。
(矢作)九条がナンバーワン。

エース。
(小宮)ここが一番いいと思う。

九条は 盛山系じゃないの?

(九条)違います 違います。
全然 違います。

九条と僕は一緒…。
やめてください。

全然 ぶつけてもらっていいんで。
いや 違いますよ。

九条 出てきたら
僕 ぶつけてもらっていいんで。

(矢作)
確かに ちょっと似てるよね。

アメ村じゃないの? アメ村。

アメ村じゃないです 別なんで。

僕 でも まだ
狩野さんとやりたくないです。

もっと強い方と 勝てる自信が…。
(狩野)何 それ。

小宮でもいいよ 小宮でも。
(山崎)ああ いいよ。 マセキ対決?

いやいやいや
結構上ですよ 狩野さん 結構上。

(矢作)だから 小宮も
結構上だと思うんだよ 意外と。

狩野さんは えっと…。

(小木)そんな上? 狩野。
(山崎)勝てないって事?

(小宮)だからこそ なんか…。

英孝 印象悪いところなんて
ないだろ。 なんにもないだろ。

何がある?
(山崎)言ってみろ。

謝罪会見の時
スパンコールの服 着てたもん。

謝罪会見でも スパンコールの服
着てたんです あの人。

うわー 最低。
(小宮)狩野英孝です。

そこは 誰も見てないから…
見てないですし。

なんの謝罪会見だって
言ってるんだよ。

いいんだよ ほじくらなくて。
(山崎)はあ?

ちょっと… 1回 待ってくれ
1回 待ってくれ。

謝ってるんですけれども…。
(狩野)謝りましたから。

ここが すごい光ってたんですよ。
(狩野)いいから。

見てないのよ。
見てないから 誰も。

座って 早く!

さあ 矢作舎。 矢作舎 誰に…。

このくだりを使ってほしいから
小宮にしようか。

(一同 笑い)
(小宮)よし。

いいですよ
いいですよ。

〈後攻 矢作舎は
小宮〉

〈ミントグリーンのパーカーに
MA-1を合わせ

トラックパンツに
青のスニーカーでアクセント〉

〈ボディバッグや
サングラスなどの小物も光る〉

〈ストリートカジュアルコーデ

世の女性の評価は?〉

(小宮)バッグ…。
(山崎)何?

あっ バッグも持ってる…。

バッグは 何
BALENCIAGAなの?

いやいや PRADAです。

(山崎)儲かってるね。

(小宮)これで なんか 前回
ハイブランドを1個入れて

それが好評だったんで
やっぱ 1個…。

1回戦です。 まずは狩野さんから。

順位は こちら。
お願いします。

(山崎)ベスト10には
入ってほしいな。

(狩野)ここら辺は
まあ 安心して見れます。

(有吉)真ん中ぐらいかな でも。
(小宮)まあまあまあ…。

大丈夫 大丈夫。
(狩野)まあ この辺は 全然…。

(有吉)盛山 酒井… はい。

(小木)盛山 酒井ね。
(有吉)盛山 酒井は いきたいな。

(盛山)
盛山 酒井ゾーンなんですか。

(狩野)全然
楽にしといてください 皆さん。

(山崎)いいね。
もう休憩しちゃっていいね 今ね。

(狩野)楽に 全然。
(山崎)お茶飲んじゃっていいね。

(狩野)全然 お茶飲んでください。

いったん 楽屋
戻ってもらってもいいですし。

(矢作)まあまあ いいとこ。

そこそこ強いヤツを
やっつけないと。

(狩野)半分… 半分までは
いきますから 絶対。

(山崎)ここは大丈夫だよね?
(狩野)ここも大丈夫。

(小宮)やばい やばい!
もう もう もう… やめろ!

(狩野)もう1個いこう!
もう1個いこう もう1個いこう!

オーケー オーケー
オーケー オーケー…!

(有吉)もうちょっと。
(小宮)やばい やばい!

これは もう 終わりだ…。
(狩野)いいよ いいよ いいよ…!

いいよ!
(山崎)よしよし よしよし!

(狩野)よし よし よし!
もう1個いこう!

もう1個いこう
もう1個いこう!

よし よし よし! もう1個いけ!
(小宮)これは やばい。

よしよし よしよし…! いけ!

(盛山)イエーイ!
(狩野)よしよし…!

ゴー ゴー!
もう1個…。

よしよし よしよし…!
(矢作)そこでストップ!

(田中)おおー!
(有吉)いきすぎ いきすぎ!

よし!
でも 狙いどおり?

(有吉)狙いどおり 狙いどおり。
狙いどおりの。

さすがでございます。
これは追い込まれたんじゃない?

いやあ でも
ちょっと… 2位ぐらい上だね。

ちょっと合ってるよ。

こっちが7で 9とか
そういう予想だったから。

(有吉)よっしゃ! いいよ。
なるべく上いってくれ。

小宮の順位は こちら。
(小宮)やばいなあ!

(小宮)女子ウケいいって。
(小木)これ 女子ウケいいのか?

俺 わかんねえわ。
(有吉)盛山

超えた。
(山崎)超えた。 酒井…。

(盛山)僕 最下位で
計算してるんですか?

(小木)サングラスが あんまな…。

(小宮)えっ!
(一同)ええー!

低っ!
小宮 28位。

うわ やばっ!
(小木)やっぱ 盛山に

ぶつけるべきだったな。
うーわ 大波乱!

ちょっと!
何? それ。

(森田)逆にな。
(野田)向こうがもったいない。

向こうが
もったいないんじゃない…?

だって 28位だと思わないじゃん
あの…

プラダ プラダって言ってる時。

あの時は だって…。

だましたな おい!
みんなに だまされました。

9位とか言われて。
(山崎)謝れ! 本当に。

いや
謝ってもいいんですけれども

(小宮)謝ったっていうのは
こうやって キラキラ…。

だから そのスキャンダルの
くだりで ちょっと みんな

頭 グチャグチャグチャッて
なってるから。

ちょっと 1回 整理して はい。

〈では 7位 狩野の私服に

一般女性は どんな評価を?〉

やっぱり…。

トップスの…。

アウターが
格好いいと思います。

バックショットが
すごい可愛いなと思って。

今どきで すごい 可愛いな
っていう印象を受けました。

いやあ ありがとうございます!
高評価です。

(山崎)英孝ちゃんの時代 到来。
(狩野)めっちゃうれしい!

これは ご機嫌ですね。

〈一方 ワースト3で惨敗した
小宮への

リアルな評価は?〉

パーカー? 服の色と靴の色
合わせた方が

よかったんじゃないかなって
思いました。

サングラスが まず…。

(野田)
「そんなに言わなくていい…」

ああ… そっか 色味が。
何がしたかったの?

何がしたかったの?
僕もわかんないですよ 本当に。

プラダのバッグ紹介してる時の
小宮に戻ってくれよ。

こんな惨劇が起きるとは
思わなかった。

「ああ すみません すみません…
ああ プラダ プラダ!」。

戻んなきゃよかった。
戻んなきゃ… 「これ プラダ」。

〈続いて 2回戦 先攻は矢作舎〉

ここ もう 負けられないから
いいの出していくしか

なくなっちゃうんだよな。
(山崎)でも もう 社長の目がね

おかしくなってるから。
(小木)森田出したら 誰出す?

ちなみに… ちなみによ。
心理戦ね。

ちなみにでしょ? 参考までに。
(小木)参考までに。

酒井だね。
(酒井)ありがとうございます。

待てよ おい…!
(山崎)こいよ こいよ! 酒井も!

(酒井)勝負しようぜ!
(山崎)やろうぜ!

勝負しようぜ!
(盛山)ここと勝負して…。

違う 違う… あいつ なんか…。
違う 違う 違う!

あいつらだけ なんか
けんかする気で きてるから。

(山崎)悲しい挑発…。
(小木)やばい どうする?

オーバーサイズなのよな。
(小宮)都築 オーバーサイズだよ。

(森田)確かに。
(小木)都築 怖いんだよ 俺。

(有吉)平子じゃない?
オーバーサイズは。

(矢作)ここは 絶対勝たなきゃ
いけないところだから

都築は無理だよ。
(都築)いや でも

絶対勝ちたいんだったんだったら
全然 出ていけますよ。

平子も なんか 俺…
分かれそうなんだよな。

(野田)九条じゃないですか?
(小木)九条は絶対勝つよ。

負ける気はないです はい。
(矢作)九条 勝つの?

(小木)絶対勝つよ。
(小宮)まあ そうか… 石橋 石橋。

(小木)石橋で勝つ? 石橋
もうトップよ。 トップ3よ。

でも 使う以外ないんだよ。
(森田)俺 出して…。

森田だよな?
(森田)で 酒井 引きずり出して…。

お前 なんで 森田を出したら
酒井出してくるの信じてるのよ。

(都築)絶対裏切りますって!
(矢作)出してくるわけないだろ。

あいつを出すわけないだろ。
(森田)いやいや そんなん…。

ちょっと 矢作舎が

タレントさんと副社長と社長が…。

(野田)仲間割れが…。

お家騒動だよね
まとまってないもんね。

石橋 石橋。
(野田)絶対 石橋ですって。

(森田)バシがトップ10ぐらい
入ってるんですよ。

(小木)でも 石橋出して
酒井出されたら終わりだよ もう。

そんな事は絶対しない。
(酒井)なんで そんな低い…。

(矢作)絶対しない? 俺たちが
石橋出しても 酒井出さない…?

(有吉)出さない。
(石橋)絶対しないでよ。

石橋!
(九条)いける いける いける。

〈先攻 矢作舎は
石橋〉

〈グレンチェック柄の
ブルゾンは

襟がコーデュロイの
異素材ミックス〉

〈その襟に合わせた
コーデュロイのパンツで

統一感を出し

指輪や靴下などで
可愛さもプラス〉

〈季節感を意識した
カジュアルコーデだが

果たして?〉

さあ 石橋が出てきましたが
これ 難しいね。

これ 潰したいよ やっぱり。
(小木)でも やっぱり

ギリギリで勝ちたいから
結構な人 欲しいな。

盛山 酒井 どっちがいく?
(小宮)おい!

(盛山)いけますよ。
いつでもいけます。

(石橋)違う 違う!
おかしいでしょ。

いい駒持ってんな。
いけます いけます。

ダメだよ
森田要員だから お前は。

(一同 笑い)

(小木)盛山も森田要員だから。
(小宮)ふざけんな。

なんで俺は
盛山か酒井としか戦えへん…。

それ要員で呼んでるんだもん。

(山崎)専用。
ちょい上で勝ちたいよね。

本当は勝ちたいね。
(盛山)勝ちましょう。

いや こがけん辺りで
勝てるんじゃない?

これ オーバーサイズなんですよ。
オーバーサイズで

これ 色もね
だいぶ好評だと思うんですよ。

大津は?
(大津)俺 もったいない。

俺 当てるの
マジ もったいないと思います。

いやいや 大津 こいよ。
(大津)いや 俺 当てるの

マジ もったいない…。
マジ 3本の指 入ってますよ。

大津は もう 俺
全然わかんねえ…。

俺らには わかんないですよね。

大津 絶対高いと思う。
(大津)絶対 俺 高いですよ。

違う 俺 男ウケだけ悪いだけで
女は やっぱり…。

(こがけん)女子ウケいいですよ。
(大津)マジでモテます。

どうしよう。
村上 自信はどうだ?

むちゃくちゃあります!
(一同 笑い)

社長 無理よ。
(石橋)いや 多分 勝てる 勝てる。

無理じゃない。 いける いけます。

でもさ もうリーチにしたいのよ。

勝ちましょう 勝ちましょう。

(有吉)だから こがけんか大津か。
(山崎)そうでしょうね。

オーバーサイズブラザーズ。
(大津)絶対に勝てるけどな。

(有吉)そんなに自己評価高いなら。
(石橋)強い 大津さんは。

俺も 大津やばいと思うけどな。

そんだけ自信あるんだったら

やっぱり じゃあ
大津にしてみようか。

大津!
よっしゃ!

〈後攻 有吉プロは
大津〉

〈全体を黒でまとめ

ロングコートに
ブルゾンをレイヤード〉

〈中のインナーは
あえてのポロシャツで崩し

キツネ柄の靴下や

白のトートバッグなどで
アクセント〉

〈モード系ブラックコーデ

世の女性の評価は?〉

実はなんですけど これ
1個のコートかと見せかけて

実はレイヤードしてるんですよ。

なので コートの上から
更にレイヤードするっていう

上級テクニックオシャレを
まず踏まえてるところ。

そして 何よりも 割と着る
このポロシャツっていう

このアイテム やっぱ
じじくさくなるじゃないですか。

あいつ すげえしゃべるな 本当に。
(小宮)落ち着いてよ。

誰も聞いてないのよ。

なんでなんですか?

(有吉)これが怖いんですよ。
大津は誰も注目してないんですよ。

それは ここの問題でしょ?
俺 悪くないでしょ それは。

何位ぐらいですか? 社長。
大津は。

この評価の感じ見ると
やっぱり5位ぐらいは いって…。

さあ それでは見てみましょう。

まずは 先攻 矢作舎の石橋から。
順位は こちら。

(矢作)まあまあ もう
3位 2位…。

(小木)いや もう トップ5…。
5以外ないよ。

(山崎)これ 思ったより
いかない…。

(小木)小宮 なんだよ? あれ。
(有吉)ああ そう?

(矢作)マジ なんなんだよ?
小宮 あれ。

(小木)小宮 なんなの?
28位。

(小宮)おかしいですよね。
(矢作)なんで あんな低いんだよ。

よく見りゃ ダセえな お前。
(一同 笑い)

(森田)最悪の上司…。
(小宮)オシャレって言ってただろ。

(森田)最低の上司やで。
(小宮)ついていけないですよ。

(山崎)ここからだな。
次の このライン。

(石橋)こい!
まだ全然上がれ。 上がれ 上がれ。

(山崎)15ぐらいで
止まっちゃってもいいよ。

(石橋)上がってくれ
上がってくれ。

(都築)全然 上。
(石橋)いけいけ いけいけ…。

(有吉)まだいく?
(石橋)まだいける まだいける。

(山崎)やばいんじゃない?
(大津)ちょっと 強いな。

(石橋)いける いける いける。
まだいける まだいける。

まだいける まだいける。
まだいける まだいける。

(矢作)5までは もう楽勝よ。
(石橋)よし よし よし…!

まだいける まだいける。
(九条)よし よし よし…!

(石橋)よし よし よし…!

よし!
(矢作)もっと もっと!

(山崎)英孝ちゃん 超えるの?
(矢作)英孝ちゃんも超えてね。

(石橋)いけ! 差せ!

(矢作)よし よし よし…!
もっと いけるよ!

(石橋)もうちょい いける!
もうちょい いける!

(山崎)ええー! わかんない。
(石橋)いける!

(矢作)もうちょい… あっ!
(一同)おおー!

ドンピシャじゃん 5位だから。
(山崎)最高。 最高 最高。

予想どおりの5位。
いいね。

(小木)ちょうどいい。
予想どおりの5位です。

大津は だから いいんだな?
これでな。

これは もう 読みどおりですね。
一番僅差で勝てる…。

一番いい戦い方。

さあ 大津の順位は こちら。

(村上)さあ いったれ!
(有吉)頼むぞ!

(大津)任せてください。
(酒井)いける いける!

(大津)
ここ 見なくていいぐらい。

(有吉)ここは大丈夫。
酒井 盛山だから。

なんで 同じチームで
いちゃうんだよ ここで。

(盛山)安心して見れます。
(山崎)4位がいいね 4位が。

(小木)写真が良かったからな。
(山崎)4位が理想。

(有吉)もう こうなったら
1位いってくれよ。

(大津)いいですか? いって。
マジで ある。

(矢作)いや だから
ベスト10で負けてほしいよね。

(小木)8で… そのぐらいで。
(有吉)ここまでいった時点で

俺 不思議だもん。
(矢作)わかる!

ここは余裕で超えますよ そりゃ。

ああ そう。

(小木)あっ やばい…。
(大津)そりゃいきますよ。

(小木)6位 きてほしい 6位。
(大津)6位なんて余裕。

ここは 見なくていいです 本当に。

(矢作)6位だったら完璧だな。
(有吉)マジ?

(田中)ベスト10 入ってから…。
(大津)全然 怖くない。

(山崎)ベスト10入って…。

(大津)全然 怖くない。
(有吉)なんで 止まんないの?

(大津)いやいや オシャレですから
オシャレやからですよ。

(有吉)なんでだよ!
(大津)オシャレやからですよ。

(矢作)わかんない わかんない。
(大津)よしよし よしよし…!

(有吉)なんで?
(大津)オシャレやからです。

よしよし よしよし…!
よし よし よし!

よしよし よしよし…!
いける いける!

いける いける いける! いける!

よしよし よしよし…!
(石橋)止まれ 止まれ 止まれ!

(大津)よしよし よしよし…!
(矢作)ええー! 嘘だ!

やめて やめて…。
(大津)よしよし よしよし…!

いける いける いける いける!
(矢作)頼む 頼む!

(石橋)止まれ!
(大津)えっ どっち?

(石橋)止まれ!
(大津)どっちや?

いけ いけ いけ いけ!

俺 頑張れ! 俺 頑張れ!

俺 頑張れ! 頑張れ 俺!
俺 頑張れ…!

よっしゃー! よっしゃ!
ほら 言った!

(大津)ほら 言った!
ほら 言ったでしょ?

(九条)小宮さん そうですよね。

(大津)ほら 言った!
社長!

疑ってたのよ 社長。

(小宮)「なんで止まんないの?」
って。

こっちは 推してたけど。
真っ先に飛び出したけど。

1位なの? 1位なの?
(山崎)いや すごい!

でも 石橋もね 上位なのに…。
(石橋)絶対勝ったと思ったのに。

それで負けちゃったのが痛いよね。

痛いよ。
えっ わかんないな。

〈負けはしたが

上位だった石橋への
一般女性の評価は?〉

で なんか
チェックの…。

上着が…。

靴下とか指輪も

小物まで気ぃ使ってるのかなと
思って 選びました。

(有吉)評価 高い!
高評価よ。

(矢作)いいんだよ いいんだよ。
(小宮)これは わかる…。

〈見事 トップ1に輝いた大津〉

〈一般女性の評価は?〉

コートにベスト重ねてるのも
可愛いし…。

アクセサリーとか
バッグで。

靴下が

なんか リングとか

バッグとかも
すごい 締まってて…。

ありがとうございます。
ありがとうございます。

(山崎)大津君が言ってた事
全部 言ってるじゃない。

そうなんですよ。
狙いどおりなんですよね。

ポイントが服好きやと思わせない。
ここですね。

明日から しれっと
そういう格好してたら ごめんね。

(一同 笑い)

似合うと思います。

〈有吉プロが2連勝で

早くもリーチ〉

(有吉)悪いけど 決めるよ。
先攻は 有吉チーム。

でも 本当に
考え方 変えた方がいいよ。

そうか。
大津が1位だったんだもんね。

(矢作)そうよ 出した方がいいよ。
(有吉)だから ちょっと

理解できないようなやつが
入ってるって事だね。

そういう 物差しで
見た方がいいんだね。

(有吉)だから こがけんと酒井…。

(小木)いいですね。

でも 同じ種類の「理解ができない」
じゃないでしょ?

田中は どう?
(大津)田中さんなあ…。

(山崎)うちのエース。
違うんだね。

怪しい?
(山崎)違う?

オーバーサイズだよ。
(田中)オーバーサイズよ。

(大津)オーバーサイズですか?
(田中)オーバーサイズ。

痩せてるだけだしね。
(大津)そうですね。

「痩せてるだけ」って言うな。
痩せてるから

オーバーサイズに見えてるだけ?
(大津)このメンバーで戦えるのは

実際 こがけんさんやと
思いますけど

田中さんが
どう出るかってところですよね。

(田中)だから 俺が出たら
相手もわかりづらいって事ね。

(大津)そうそう…。
(山崎)この2人しかいないのね。

ここのカードが強い。

じゃあ もう 田中やろうよ。

(拍手)
(盛山)いきましょう 田中さん!

〈先攻 有吉プロは
田中〉

〈ボリューム感ある
デニムジャケットに

細身のパンツ〉

〈中に着たカーディガンは
個性的な配色〉

〈「HAGE」の文字入り帽子

靴下の差し色で遊び心も〉

〈Vラインを意識した
カジュアルコーデだが

評価は?〉

(山崎)もう だって 矢作舎は
裏 裏入ってるからね。

もう信じられなくなってる
自分たちの判断を。

あと 俺も わかんなくなってる…。

大津の… 大津の出現で。

大津革命でね。

(矢作)ちょっと あの…
聞きたいんだよね こっちも。

大津さん… 大津先生に…。
(有吉)大津社長じゃないから!

(山崎)相談役?
それダメよ。

アドバイスしちゃダメよ。
それはダメよ。

こっちに向き合ってくださいよ。
(矢作)でも わかんないけど…

なんか わかった。 大津が
こういう結果になった事で

平子なんか
出してる場合じゃないんだよ。

(一同 笑い)
(有吉)古いんだよ。

確かに
大津が1位に選ばれる感性だと

僕は下ですね。
(小木)下だよね。

古い もう。 絶対古い。

九条でいくしかない…。
(矢作)九条はオシャレだけど

ただ
オーバーサイズじゃないじゃん。

(森田)もう九条しかいないです。
(小宮)九条で大丈夫。

都築か九条かが あるんじゃない?
(盛山)都築こいよ! 都築こいよ!

(小宮)やめとけ… やめとけって!

九条だな 九条。
(九条)いいですか?

負けちゃいけないから。
田中 多分 上だから…。

野田 いいのか?

(一同 笑い)
そうだね。

オーバーサイズやけどな。
(小木)写真が悪いんだよ だから。

よし! いこう じゃあ
九条ちゃん。

九条ジョー。
(小木)いいの? 2位だな。

〈後攻 矢作舎は
九条〉

〈キレイめかつ カジュアルな
デニムのセットアップだが

その上にスカジャンで
ワイルドさも主張〉

〈更に
眼鏡 ローファーなどの小物で

スタイリッシュに〉

〈上品なストリートコーデ
世の女性の評価は?〉

さあ ジョー君で勝負。

まあ だから 2位狙いだよね。
これは矢作さん 大丈夫。

では まずは 先攻 有吉チーム

田中の順位からです。 どうぞ。
(有吉)頼むぞ!

〈田中 VS 九条〉

〈一般女性が選ぶ
オシャレ私服は?〉

では まずは 先攻 有吉チーム

田中の順位からです。 どうぞ。
(有吉)頼むぞ!

(有吉)40代の力 見せてくれ 田中。

(田中)もう その辺はないから
絶対。

この辺はないよね。
(田中)上 上 上…。

(山崎)
15位からだろうな。 15位から。

(矢作)いや せいぜい8位9位だろ
田中。

(小木)いや 田中 俺は 6…
6 4 3だと思う。

(田中)ハハハ…!
小木さん 高評価…。

(森田)4位ぐらいじゃない?
(野田)真ん中ぐらいじゃない…?

前回18位ぐらいだったから
そこは絶対超えたい。

(山崎)大丈夫 大丈夫 大丈夫。
(田中)いける いける…。

(有吉)信じてるぞ 田中。
(田中)いく いく 絶対。

この辺じゃないよね?
(小宮)ここで止まれ!

(田中)いけ! よしよし!
いけ いけ いけ いけ…!

よしよし よしよし…!

(有吉)いいよ。
(田中)勝つよ!

(大津)よしよしよし。
(有吉)いっちゃえ。

(大津)よしよしよし…!

ここ超えたい
ここ超えたい!

(山崎)いけるんじゃない?
マジで。

よしよし…!
いけいけ 上!

(九条)もう止まる…。
(田中)上 上 上!

(九条)嘘!
(田中)いける いける!

(田中)よーし! よしよし…。
まだ上いく?

ああ 8か!
8位。

ああー なるほど。
(村上)全然いい 全然いい。

(田中)まあまあ まあああ
いいですね。

マジで大丈夫 マジで大丈夫。
(矢作)これは いけるな。

これは勝ちます。
マジで大丈夫です。

さあ ジョー君 順位は こちら。
絶対大丈夫。

(山崎)9 10の可能性だよ 9 10。

(有吉)出ろ!
盛山パターン 盛山パターン。

(九条)これは 絶対大丈夫。
(有吉)26位 26位!

(山崎)止まれ 止まれ 止まれ…!
(九条)止まらん! まだいける。

全然大丈夫。
(小木)全然いい。

(矢作)なあ 大丈夫だな。
(九条)全然 もう…。

(都築)2残しがいいですね。
(小木)2残しがいい。

2は 誰かいってほしいよ…
6位が欲しい。

(有吉)遅いね 上がり方が。
(山崎)ちょっと 面白くないね。

上がり方が面白くないな。
関係ないから。

ここのスピード 関係ないから。

(山崎)上がり方にパンチがないね。

(九条)
パンチ関係ないやろ 上がり方。

(田中)止まれ 止まれ。

(九条)いらんて これ…。
いや これは大丈夫。

(山崎)
ペースがやばいよ ペースが。

(九条)嘘! いやいやいや
これは絶対大丈夫。

(小木)10は絶対大丈夫。
(田中)10で止まれ 10で。

(山崎)まずいんじゃない?
これ。

(九条)絶対… いや全然。
(矢作)そこ超えろ!

超えろ! 超えろ!
超えろ!

よっしゃー!
(九条)全然いける!

いけいけいけ
いけいけいけ。

いけー! いけー!
(田中)止まれ! 止まれ!

(九条)嘘! 嘘!
いってくれ! 嘘やろ!

いけー!
(田中)止まれ! くるな…!

止まれ 止まれ
止まれ 止まれ!

(九条)いけ いけ いけ…!
もっといけ! 嘘ー!

(一同)うわー!

(有吉)なるほど。
そうでしょ?

そりゃそうなんですよ。
そりゃそうですよ。

でも まあまあ…
よかったです よかったです。

だから ここ 今 ちょうど
エースが出そろったって事ですね。

(有吉)そっか。
田中さんは残念でした

8位でしたが。
まあまあ… しょうがないですね。

十分 十分。
そうですね。

〈負けはしたが 8位の田中〉

〈一般女性の評価は?〉

(山崎)「付き合えるんじゃない?」

付き合えるわけ…。

(田中)「ヨガファイヤーで
返しちゃおうかな」

(有吉)素晴らしい。
(田中)いやあ うれしい。

付き合えるじゃん。
高評価ですよ。

(山崎)付き合える 付き合える。

俺 ヨガインストラクターと
付き合えそうですね。

ヨガ同士でいいじゃん。
(田中)ヨガ同士じゃないですよ。

俺 別に
ダルシムやってないんで。

腕伸びない?
腕伸びないの?

ヨガファイヤー…
手伸びないんで。

〈では トップ2〉

〈九条に対する
一般女性の評価は?〉

全体的に なんか

格好いい大人って
感じがするところが

いいなって思ったのと

なんか
その スカジャンの…。

すごい格好いいなって
思いました。

セットアップ可愛いし
その上に…。

アウターと眼鏡で
個性を出しつつ だけど

ローファーでキレイめに
まとまってるところが

すごい好印象で
一緒に歩きたいなって思いました。

すみません。 すみません 本当に。

九条君 かなり高評価でした。
(九条)いや そうですね やっぱり。

ありがとう 逆に。
(有吉)うれしいわ もう。

情報が入りました。
あら どういう情報が?

九条系男子は強いんだね。
(田中)こっち いませんから。

九条系男子いるの? そっちも。

そこの2人?
(九条)一緒じゃないのよ!

どこが一緒なん?

〈続いて4回戦〉

〈矢作舎は波に乗れるか?〉

(九条)大事ですよ。
(野田)ここで ようやく…。

都築はダメ。
(九条)ダメ ダメ ダメ!

(小木)お前はダメだ。
(都築)感覚は合ってるんです…。

(森田)
でもさ じゃあ 誰が上位なの?

(都築)まだ上位1人いるんですよ。

ジョー君の意見 聞いた方が
いいんじゃないですか?

僕 2位なんで。 次に高いのは
都築か野田さんです。

(矢作)嘘! 都築?

アップデートしてください
皆さん。

小木さんは 誰なの?
(小木)俺は 野田。

俺は もう最初から
今日 野田って決めてるから。

過去のね 傾向からすると 結構…。

社長は 都築と野田だったら
どっちなの?

やっぱ 野田。
(小木)俺 野田がいい。

(小宮)九条が だって
都築って言ってますから。

タレントさんは
いろいろ言ってますけど

社長と副社長が
野田だと思うんだったら

そこ 信じてやって
いいんじゃないですか?

(森田)いやー…。
(野田)違います… 絶対違います。

(小宮)外したじゃないですか。

(野田)絶対違う。
(小木)野田で…。

(矢作)野田でいくか!
(野田)絶対 俺じゃない!

マジで違うから!
よし! 野田でいってやろう!

野田でいく?
(矢作)野田 いけるよ!

(小木)野田でいこう!
(矢作)野田だ! 野田でいくぞ!

野田です。
俺じゃないから!

野田です。
(野田)俺じゃない!

俺じゃないって!

〈先攻 矢作舎は
野田〉

〈手描きイラストが入った
一点もののトレーナーに

パンツや靴は 機能性に優れた
動きやすいものを〉

〈ニット帽は パンツに合わせた
黒をチョイス〉

〈本人は自信なさげだが

一般女性の評価は?〉

さあ 社長
タレントさんの意見を聞かずに

社長の判断で野田。
(山崎)ブラック企業だ 本当に。

社長と副社長が一致してるから。
(小木)そうよ。

経営陣が…。
(小木)一緒なんだから。

(山崎)おぎやはぎの時代じゃ
ないんだよ。

さあ ただ 野田本人は
全然 乗り気じゃ…。

(野田)絶対 俺じゃない。
そんな野田に聞くのは

ちょっと酷かもしれませんが
ポイント どこですか?

だって 俺 知らないんですもん
もらいもんだから。

何がポイントか
知らないですもん。

知らないですもん。
(森田)社長 社長!

(森田)まだ間に合います。

(野田)社長…
社長 聞いて 聞いて!

聞いて! 社長 これ…

これ セブン-イレブン。

これ 社長 セブン-イレブン。
セブン-イレブン。

社長 どうなの? 社長。
(九条)社長 ダメ!

今なら… 今なら まだ聞きますよ。

これ セブン。

(小木)ダメ ダメ もう。
(九条)社長!

うるせえ 野田でいく!
(九条)なんでやねん!

野田です。

だって コンビニ強盗だもんね。

コンビニ強盗…
セブン-イレブンの。

買ってるから セブン-イレブンで
ちゃんと。

(有吉)あっ 強盗じゃない?
かぶって… かぶってよ。

(山崎)オーバーサイズでしょ?
それ 上。

(矢作)違う 本当…。

(一同 笑い)

(有吉)強盗だよ ほら。
(都築)れっきとした強盗じゃん。

(一同 笑い)

そう見えてきた。

(盛山)コンビニ強盗して
ニット帽盗んだ…。

(有吉)じゃあね…。
(盛山)誰でも勝てますよ…。

(村上)
誰でも勝てます お願いします。

俺 いきます?

オーケー。
これは わかんないな。

〈後攻 有吉プロは
こがけん〉

〈オーバーサイズの
キャメルのメルトンコートに

アースカラーのインナーと
パンツの組み合わせ〉

〈フライトキャップなど
小物にも細部のこだわりが〉

〈キレイめなストリートコーデ

果たして 一般評価は?〉

いや もう 俺は
だいぶオシャレですよ。

これ オーバーサイズの
言ったら キャメルのコート。

オーバーサイズで負けたら
終わりだよ?

オーバーサイズで
負ける事はないです!

(小木)写真だよな。
(山崎)出ました。

絶対に!

それでは 順位の発表です。

まずは 先攻 矢作舎
野田の順位です。 こちら。

(有吉)負けるわけないだろ。

(山崎)こがけん
これで負けたら恥だぞ。

(こがけん)負けないですよ。
(小宮)あれ…? やばい やばい。

(村上)あれ? 意外と高い。
ええー!

(都築)真ん中ぐらいですよ
だから。

(山崎)真ん中までくる?
意外といってる。

(小木)ニット帽 似合うヤツって
上なんだよ。

(野田)セブンの強さ。

セブンの底力。

セブン-イレブンの底力!
(山崎)えっ!?

(山崎)やばい!
(野田)底力ですよ!

やっぱ セブンはいいんですよ!

21位。 21位。

(九条)社長! 社長!

(都築)これ
オシャレなわけねえじゃん!

都築 これは社長のミスだよね?

(都築)社長
オシャレなわけねえじゃん!

こんな
もらいもんとセブンの人が。

ただ こがけんの順位が
何位か わからないですから。

こがけんの順位 こちらです。

(山崎)これ 決まりですよね?
勝てば。

勝てば勝利です。
(こがけん)サングラスが

どう出るか。
サングラスとキャップが。

(小木)サングラスと帽子が
やばいから…。

(田中)こがけん!
(山崎)いいよ。 いけ いけ…!

(盛山)ロングコートは強い…。
(山崎)大丈夫。 オーバーサイズ。

(有吉)オーバーサイズは
絶対ですから。

(都築)絶対負ける 采配負け。
(九条)止まれ!

(こがけん)いける いける いける。
全然いける。

えっ? えっ?
(田中)ええー! おいおい…!

こがけん 24位!
(田中)やばい! ええー!

(有吉)なんだよ!
(小木)ちょうどいい勝ち!

社長!
(矢作・野田)うわー!

セブンで勝った!

明日 セブン-イレブンから
ニット帽なくなると思うよ。

(有吉)なんだよ お前!
なんだよ こいつ!

オーバーサイズ伝説は?

やっぱ あれ ダサいよ ダサい。

いや だから
相手もオーバーサイズだから。

いや ピチピチなのよ。

(森田)オーバーサイズじゃ
ないですけど。

あれは
オーバーサイズじゃないんですよ。

でも 負けたって事は 野田君のが
あれ オーバーサイズなんだよ。

違いますよ!
さあ マヂラブ野田の

一般女性の意見 見てみましょう。
こちらです。

〈21位で勝利した野田だが

一般女性の評価は?〉

全体的に すごい

なんか ビーニーも
すごい深くかぶってて…。

…みたいに見えちゃうなって
思いました。

ちょっとダサいかなって
思います。

(山崎)これは
こがけんが良くないね。

勝ってるのよ。
(小木)勝ってるんだよ こっちは。

負けてる人だろ…。
負けたんじゃないの?

勝ってるんですよ。
勝ってんのよ。

勝ってんのよ
あれだけ言われたけど。

あんなに言われたけど
俺 勝ってるんですよ。

〈一方 24位で負けた こがけん

世の女性の評価は?〉

(有吉)「もう 『紅の豚』だもん」

帽子が…。

服に合ってないような
気もするし。

サングラスも いらねえ…

そんな まぶしいかな? って
思いました。

これは どこに行く
ファッションなのかな?

っていうのが
一番 疑問に思いましたね。

(一同 笑い)
(有吉)頑張ってるんだもんな。

本当に好きなんで 服は。

だって どう見てもダサいもん。

そんな事ないじゃん だって。

さっきまで違ったじゃん。
手のひら返すじゃん だって。

こんなヤツ 連れてくるなよ。
(山崎)すみません。

我々が押し切っちゃったとこ
あったから。

よく こんなヤツ 所属させたよね。

所属させたんでしょ?
だって 自分で。

〈矢作舎が巻き返し

いよいよ 最終決戦〉

これは 同時に発表なので

それぞれのチームで
決めていただきます。

〈という事で
残ったメンバーの中から

勝負を託す1名を選出〉

せーの…。

盛山と平子?

(小木)俺 都築っつったのに。

(森田)都築って言ってましたやん。
(平子)都築よりは俺の方がいい。

〈有吉プロが
勝負を託したのは

盛山〉

〈全体を黒でまとめ

柄シャツで
スタイルに奥行きを出し

太めのストレートデニムと革靴で

アメカジ要素をプラス〉

〈サングラスや時計で
男らしさも前面に〉

〈大人っぽくまとめた
アメカジコーデだが

果たして?〉

〈一方 矢作舎は

リーダーの独断で
平子〉

〈ファー付きの
ダウンジャケットとストールで

クールさを出しつつ

インナーで ウィンターマリンの
エッセンスも〉

〈小物は黒のサングラスと
革靴をチョイス〉

〈キレイ&ワイルドコーデ

世の女性の評価は?〉

副社長は 都築と…?
(小木)俺は 都築でいこう…

みんなの総意でね。
でも 社長のゴリ押しで平子?

さっきは だって 俺の判断で
勝ってんのよ 野田で。

社長の感覚を自分で信じたいと。
(矢作)そういう事。

平子を選びました。

(矢作)俺 やっぱ
盛山に当てたかったのよ。

この3人の中で盛山…。
(有吉)まあ そう…

消去法といえば消去法ですよね。
(盛山)なんで 消去法って言うの?

じゃあ まずは 盛山の順位から
見ていきたいと思います。

(村上)気ぃ抜けないですよ これ。

盛山の順位 こちら。
頼む!

〈次回の『テレビ千鳥』は
ノブの演技に松潤 参戦〉

〈大悟の

ずっと好きだったんだよね 今も。

〈日曜10時台だよ〉

見ていきたいと思います。
(村上)気ぃ抜けないですよ これ。

盛山の順位 こちら。
頼む!

(山崎)『ラヴィット!』効果
『ラヴィット!』効果あるから。

(盛山)『ラヴィット!』関係ない…。

(小木)その辺だよ その辺。
(九条)マジっすか。

(有吉)頼むぞ 今回は。
(小木)20位以内なら…。

(山崎)まず このライン。
ここは絶対超えてくれよ。

(田中)いけいけ いけいけ…!
(有吉)こがけん 超えろ!

(田中)オーケー オーケー!
いいぞ いいぞ!

(盛山)よしよし よしよし…!

(小宮)超えた。
(有吉)頼むぞ!

(盛山)真ん中いけ!

おおー!

(有吉)いいんじゃない? 今回。
(盛山)おっ 19!

いいです いいです!
(森田)高い 高い!

(盛山)いい いい いい いい!

(山崎)
ああー!

まあまあ まあまあ…。

「まあまあ」って何?
(盛山)「まあまあ」って…。

「まあまあ」って何?

(盛山)「まあまあ」が
一番イヤですよ。

「まあまあ」って なんなの?
平子君なら…

平子君ならいける。
平子なら大丈夫?

いや これは いったよ。
(平子)いきました。

さあ 社長の肝煎り 平子は
18位を上回る事ができるのか?

順位は こちら。

(小木)平子 大丈夫?
(矢作)平子だよ。

いけるよ
絶対。

(九条)やばいけどな…。
(矢作)超えろ!

よし よし よし…!
(有吉)小宮 超えた。

(田中)止まれ
止まれ 止まれ。

(矢作)よし こがけん
超えろ! 超えろ!

よしよし!

(こがけん)超えるなあ 俺。

(平子)いった! ほら いった!

(小木)勝った 勝った!

よし! いった いった いった…!

いけます。 いった!

いった! いける いける!

いける! いける! いける!

いける いける いける いける!

いけ! 上がれ! いけ!

いけ! いけ!

嘘だろ!

(盛山)やったー! やったー!
やったー! やったー!

やったー! やったー!

すごい…。

(山崎)すげえ! すげえ!

(盛山)よっしゃー!
(小木)社長だよ。 全部 社長だよ。

3対2で有吉チームの勝ち!

(森田)社長!
(小木)どう見ても 古いだろ これ。

残りの皆さんの順位もね
気になりますよね。

順位 まとめて。 順位は こちら。

(森田)あれ? ダメだ。
(田中)森田 29位…。

(有吉)森田…。
(矢作)森田 29位じゃん。

(有吉)森田 29位なの?
(山崎)ひどっ!

森田 29位。

村上 26位。
(村上)えっ?

都築は 13位。

(都築)13位?

酒井 最下位やん。

(酒井)はあ? はあ? はあ…?
酒井。

おかしい… おかしいね これ。

いいかげんにしろよ 酒井 お前。

あの28位と29位って
『カチコチTV』のヤツらだからな。

よく覚えてくれてますね。
『カチコチTV』のヤツら。

確かに 変なパーカー 着てるわ。
(森田)やめろ!

『カチコチ』ダサいんですよね。
エロい!

オフィシャルじゃないです。

私物です。
カチカラーと コチカラーでしょ?

カチカラー コチカラー
じゃないです。

〈人気女性たちが
なりたい顔は誰だ?〉

〈次週 人気女性たちの
なりたい顔は一体 誰だ?〉

クールな感じなんですけど

笑うと めちゃくちゃ
可愛いじゃないですか。

本当に お人形さん
みたいじゃないですか。

可愛いとキレイが混ざって…。

〈同じ芸能人だが
どんな顔に憧れるのか?〉

もう 何から何まで可愛いね。

〈その翌週は 芸人たちが
こっそりやってた仕事を

勝手に紹介〉

こういう罰ゲームがくるんですね。

罰ゲームちゃうよ これ。
ありがたい仕事!

〈そして TELASAでは

前回の
なりたい顔ランキングや…〉

〈セクシー女優
プロダクションへの訪問ロケも

好評配信中〉

こっちも 辞めようと
してたんですけど 最初。

Source: https://dnptxt.com/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事