出典:EPGの番組情報

KinKi Kidsのブンブブーン【尾上松也と絶品こってりラーメン!】[字]

濃厚スープに大興奮!ベジポタ系、横浜家系、背油チャッチャ系、超ガッツリ系!ラーメンのプロが選ぶ本当に美味しいこってりラーメン!松也と光一の共通点とは?

ご案内
【番組オフィシャルサイト】
https://www.fujitv.co.jp/bunbuboon/  
【公式Twitter】
https://twitter.com/bunbuboon_fuji8  
【公式Instagram】
https://www.instagram.com/bunbuboon_fuji8/
番組内容
KinKi Kidsがゲストが本当に“やりたいこと”を叶(かな)えるべく、徹底的におもてなし。「やりたくない」「行きたくない」「食べたくない」と素直な感情を出し、自然体で振る舞う堂本光一、堂本剛。いつまでたっても子どもみたいにやんちゃな部分と、いぶし銀の趣味の持ち主である大人の部分、二人の魅力がたっぷり詰まった45分です。
番組内容2
豪華ゲストが本気でやってみたいことを実現。KinKi Kids特有の率直なリアクションが有名人たちのリラックスした素顔を引き出しますが、現場ごと、ゲストごとの空気感を大事にし、テレビ的であろうとしない二人ゆえ、ミラクル多発。時に脱線し過ぎたり、ゲストが置いてきぼりにされたりしてしまうことも!?
番組内容3
デビュー24年を超えるキャリアに裏打ちされたKinKi Kidsの揺るぎない面白さと、独自のゆるさや柔らかさが魅力の『KinKi Kidsのブンブブーン』がゆったりと癒やします。
出演者
KinKi Kids(堂本光一 堂本剛)
スタッフ
【チーフプロデューサー/演出】
浜崎綾 

【プロデューサー】
中村峰子 
宇賀神裕子 
中村和宏 

【AP】
加藤万貴 

【ディレクター】
嘉納一貴 
島田和正 
阪本玲以 
亀池晃弘 
小野瀬瑞貴 
桂亮太 

【監修】
城間康男 

【制作統括】
太田一平

ジャンル :
バラエティ – 旅バラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 松也
  2. ラーメン
  3. ホント
  4. スープ
  5. マジ
  6. 今日
  7. 紹介
  8. 背脂
  9. 野菜
  10. 小野
  11. キャンドル
  12. ジャンル
  13. 最高
  14. 本日
  15. チャーシュー
  16. トッピング
  17. 家系ラーメン
  18. 今回
  19. 作田家
  20. 煮込

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

created by Rinker
¥2,530
(2022/01/18 22:54:51時点 Amazon調べ-詳細)

(剛)皆さん ようこそ
『ブンブブーン!』へ。

さあ 始まりました。
今日はですね…。

それが したかったです。
今日は えーっと…。

ちょっと
びっくりしてるぐらいの雨です。

(光一)暗くて。

本日のゲストの方
早速 ご紹介しましょう。

本日のゲスト 尾上 松也さんです。
よろしくお願いします。

(松也)よろしくお願いします。
再び。

[今回のゲストは
ドラマや 映画でも 大活躍の…]

[『ブンブブーン!』には
2回目の登場]

[前回は
大好きなキャンドルの魅力を

語っていただきましたが…]

(松也)キャンドル
一緒に 作らせていただいた後

私 見事…。

すげえなぁ。

来るわけないやん!
物自体も 増えてるんですか?

あれから。
(松也)あの~…。

こんなキャンドル ありますよと。
(松也)こんなんも ありますよと。

(松也)そのためにということも
兼ねましてですね…。

(松也)ちゃんと
キャンドルを ストックできる…。

キャンドル部屋みたいな?
(松也)エリアがある。

[そんな 尾上…]

(松也)またね キャンドルでも
いいかなと思ったんですが…。

(松也)次に 好きな物 何かなって
考えたら 僕…。

(松也)しかも…。

「ラーメン二郎」 好きな人
ホント 好きよね。

(松也)そうなんですよ。
僕…。

ラーメン 食うんやったら
ドカン! と いきたくない?

(松也)そっちの方が
食べた感じ しますよね。

僕も どっちかっていうと そっち。
(松也)ラーメン 好きなんですけど

「二郎」しか 知らないんで
「二郎」以外の おいしいラーメンも

知りたいなっていうのがあって。
なるほど。 じゃあ 今日は

こってりラーメンが出てくる回
ってことですね。

じゃあ もう…。

(松也)何にも。
何にも 食べてないで いきなり…。

これ ホントに… 松也さんには
ホントに 申し訳ないねんけど…。

ホントに これはね もう…。

ちょっと 自信ないから。
ごめんなさい。

[今回の 『ブンブブーン!』は
舌の肥えた…]

ホントに。

最高だな。
あ~ マジで 止まんない。

どうしよう? もう。

盛り上がったなぁ。
盛り上がってますね。

(堤)今回はですね
ラーメンのプロたちが

松也さんのために
都内の 絶品こってりラーメンを

紹介してくださいます。 その中で
お気に入りの こってりラーメンを

見つけていただければなという
企画になっております。

いや~…。

結構 もう 夜中になって…。

「一蘭」に行って…。

こちらがですね 主な
こってりラーメンの分布図に

なっているんですけれども。
このね まぜそば いいよね。

細麺の方が 俺 どっちかというと
好きなのかもしれんわ。

(松也)
いや~ 「天下一品」は ホントに

飲み帰りは 最高ですよね。

この… 何?

このセメント系はですね 黒くて
どろどろしたスープが 特徴の

煮干しラーメンで
スープの色味が

セメントのような色なので
セメント系ラーメンとも 呼ばれていると。

本日は 合わせて 4品の
こってりラーメンが 登場しますので。

ちなみに こってり度がですね
だんだん 上がっていく順番に…。

うーわっ マジか!
大丈夫かな?

下げるべきじゃ?
えっ! こう…。

これ 大変よ。
配分 気を付けないとね。

[それでは
早速 参りましょう!]

[最初の こってりラーメンの
ジャンルは ベジポタ系]

[紹介してくれるのは?]

(森本)こんにちは~。

[ラーメンが好きな女子のための イベント
ラーメン女子博を プロデュースする…]

[そのラーメンが こちら]

[森本さん激推しの
ベジポタ系ラーメンは

どう
作られているのでしょうか?]

[スープのもとになるのは
玉ねぎや 大根など

10種類の野菜]

[じゃがいもは 男爵いもと
メークインの 2種類を使います]

[この大量の野菜を…]

(勝山)とろみがついてるのは
じゃがいもの でんぷん質が出て

とろっとしてる感じになります。

[じっくり煮込んだ野菜に
鶏白湯を合わせることで

濃厚な鶏ポタスープが 完成!]

(森本)ていうところが 完全に…。

ラーメンで
あんな野菜 使うんだね。

鶏がら以外は
全部 野菜だったから。

うわ~…。

[野菜のうま味たっぷりの
ベジポタ系ラーメン]

[まずは スープから
召し上がっていただきましょう]

うわっ! すごい!

あ~ ホンマや。 すごいね。
(松也)スープから いきます。

あ~! ホントだ。

見た目 すげえ とろとろで
豚骨みたいなのに…。

うーん!

すごい…。

あ~ ステージドリンク いいかも。

♬「ババババン!」

だから あれ 見ちゃうと
ホントに 女性向きなのかなって

思っちゃいますよね。
でも 食べると 全然 もう…。

ちゃんと 男も 満足。

(田邉)トッピングの お肉は

手羽先を
特製の醤油で 漬け込んで。

これね。

もう 食べたんですか?
ごめんなさい。 食べちゃいました。

あ~ これ… これ ちょっと
全部 いっちゃうぞ ほっとくと。

最高だな。
あ~ マジで 止まんない。

(松也)
どうしよう? もう。 止めて!

何か こう…。

(松也)
そうですね。 分かる 分かる。

もう一口 いっちゃうよ。

これは ヤバい。

マジで おいしいから…。

マジで…。

[この後も 3人を うならせる
絶品こってりラーメンが

まだまだ 登場します!]

マジで おいしい。
すんなり 入ってっちゃうな これ。

うんめえ…。

[今回は 尾上 松也さんと
オレコレ企画!]

[絶品の こってりラーメンを
食べ尽くします!]

[続いての こってりラーメンの
ジャンルは 横浜家系]

[紹介してくれるのは?]

(野間口)こんにちは。

[全国 およそ180店舗の
ラーメンを取り扱う…]

[そのラーメンが こちら]

[家系ラーメンとは
横浜が 発祥とされている

ホウレンソウや のりが トッピングされた
豚骨醤油ラーメン]

[○○家という店の名前が
多かったことから

ファンの間で 家系と呼ばれ

1つのジャンルとして
全国に広まりました]

(野間口)「作田家」さんは
家系オブ・ザ・イヤーという

毎年 一番売れたラーメンを
表彰するんですけれども

4年連続 日本一を取ってですね
そのまま…。

[うまさの秘訣は
大量の豚骨を じっくり煮込んだ

豚骨100%のスープ]

[そんな濃厚豚骨スープに
合わせるのは…]

[では 日本一の王道家系ラーメン
召し上がっていただきましょう]

(松也)スープ いっちゃうんだから
いただきます。

あ~ もう!

ホントに もう 脂が…。
とろっとろ。

うわ~…。

これ だから…。

いい声 出るよ たぶん。

絶対 いい声 出ると思う。
(松也)めっちゃ 出そうですね。

ホント スープ 置いて
レコーディングしたりとか。

ホントに。

僕 さっき…。

(作田)そうですね。

(作田)スープと麺。

あらっ。 あらっ ヤダ。
あらっ。 セールストークして。

いや~ もう この…。

チャーシュー めっちゃ うまい!
うまい!

とろっとろ。
いや~…。

今 一生懸命 止めてるけどさ。
いや 俺 止まってないっすね。

これ マジで おいしいっすね!
ホントに。

(松也)僕は だから
朝9時に 「THANK」さん 食べて

12時半ぐらいから
食べたいですね。

「作田家」さんのを。
すげえな。

歌舞伎の世界では
舞台 本番を控えてるときは

食事制限とか 色々 考えたりとか
やっぱ あるんですか?

いや そんなには ないですけど
でも やっぱり…。

そうなんですよね。

食べてもいいねんけど…。

いまさら 何 言ってんだって感じ。

してます してます。
どうしても…。

(松也)あ~。
だから 何か…。

例えば…。

家 帰ったら 何か ぼーっと。
それがあるから 僕…。

あ~! それ…。

僕も めっちゃ 遅いんですよ
楽屋 出るの。

(松也)即行派ですね。
即行 帰る。 10分以内には 出てる。

何だろう? ちょっと
余韻に浸りたいっていうか…。

分かります。 終わった後に すぐ
落として 帰るんじゃなくて…。

そう! そうなんですよ!
おんなじです。

よかった。
まったく おんなじです。

そうね。

[次は 3杯目]

[こってりラーメンのジャンルは
背脂チャッチャ系です]

[紹介してくれるのは?]

(SUSURU)
ズルズル。 どうも SUSURUです!

毎日ラーメン健康生活ということで
相変わらず やってるんですけど。

[毎日 ラーメンを食べ続ける…]

[見た目のインパクト 抜群という
こってりラーメンが こちら]

[背脂チャッチャ系という名前は
その作り方に 由来があるんです]

[うま味たっぷりの 豚骨スープで
煮込むのが この…]

[麺は 背脂に よく絡む
中太の麺]

[もやし チャーシューを
トッピングした後…]

[最後の仕上げ]

[その名のとおり チャッチャと
大量の背脂を 振り掛けるんです]

[スープに コクと
とろけるような食感を生む

背脂ですが
脂っこくないのでしょうか?]

この2つが 合わさって…。

うわ~…。

剛さん セクシーになってますけど…。
もう 無理。 暑い。

分かりました。

嘘!?
マジで 無理。 暑い。

マジで。 ごめんなさい ホント。
マジで 暑い。

無理。
(松也)まあ 分かりますけどね。

[背徳感たっぷり。
でも 癖になる 背脂ギタギタの

こってりラーメン
召し上がっていただきましょう]

うわうわうわ… うわ~!

うわうわうわ~!

うーわっ!

すっご!

(松也)ヒェア ヒェア ヒェア。
何で? 急に?

うーわっ!

うーわっ!

俺 こういう感じ。

うん!

でも ホント
ずっと いってますね。

ここまで いって…
やっちゃえ~! と思ったのは

きっかけ 何やったんですか?
(西川)やっぱり…。

へぇ~。

(西川)うちのラーメンはですね…。

つまりは…。

だということが 今 分かりました。

これも ステージドリンクの候補に
させていただきたいと思います。

これ 俺 思った。

いや もう ホント
俺も そうやと思うなぁ。

(松也)確かに それは 思う。

でも SUSURUさんが
おっしゃってたように 見た目

すごい インパクト あるんですけど
食べられますね 全然。

(松也)するする いっちゃう。

剛さん? 剛さん?

(松也)うわっ!

(松也)それ ありか!

ちょっと 1回さ 背脂で…。

めちゃくちゃ 頬張って
ここ 立ってみて。

(松也)そんなこと したことない。
背脂 頬張ってからなんて。

もう 頬張って
そしゃくしながら

この冷たい風を浴びるっていう…。

水を飲む感じと また ちょっと
違う感じっていうか…。

[背脂大量の
こってりラーメンを食べて

冷たい風を浴びると
どうなるのか!?]

[最後は
こってり度マックスの1杯]

[さすがに
おなかも いっぱいでしょうか?]

ヤベえ。 うまいな。

(松也)もう こうなってた胃が
こうなりましたよ。

[いよいよ 4杯目]

[最後の こってりラーメンの
ジャンルは 超ガッツリ系です]

[紹介してくれるのは?]

(田中)
はい どうも! ご無沙汰してます。

覚えてますよ。

[以前 番組にも 出演してくれた
ラーメンのことを語りだしたら

止まらない…]

おいしいというよりかは
もう これ…。

(田中)私が ガッツリ系ラーメンに
ハマった きっかけとなったのも

この 「富士丸」さんなんですよ。

[魔性の食べ物だという
ラーメンが こちら]

私もですね…。

それぐらい
大好きなラーメンです。

[ベースとなるのは
豚骨と 香味野菜を

じっくり煮込んだ 濃厚スープ]

[それを うま味たっぷりの
醤油の返しと 合わせます]

[そして 最大の魅力が
このトッピング!]

[もやし 豚 背脂 にんにくを

これでもかと 盛っていきます]

(田中)舌の上で。

[食べ応え 抜群]

[「富士丸」の
超ガッツリ系ラーメン

お召し上がりください]

いや もう…。

(松也)
俺 すげえ 好きな系統なんすよ?

やっぱりな。
(松也)順番っすね~ これは。

順番っすね。
やっぱり…。

[こってりラーメンも
これで 本日 4杯目]

[そろそろ おなかも いっぱいの
3人ですが 大丈夫でしょうか?]

よしっ…。

気合 注入しました?

(松也)よしっ! よしよしっ!

あっ…。

あっ!

でもね…。

いけんじゃない? の雰囲気
出してきてるわ。

出してきてますよね。

見た目との
ちょっと ギャップの…。

みたいなところ ありますね これ。

何か ちょっと あの…。

チャーシュー いったろ。
このチャーシュー すごいっすよ。

うまい。

(小野)
1回 スープで 煮るんですけど

煮た後
たれに 二度づけするんですね。

(小野)だから…。

これ あの~…。

すごく…。

すごい 高級なやつ…。

[このラーメンの
追加トッピングで 人気なのが…]

[お薦めの食べ方が あるそうで]

(小野)よく 掛けられてしまうが
そうではなく…。

あっ つけ麺。
(松也)うーわっ!

なるほど!

(松也)うーわっ!

うーわっ! すごい。

斬られたやん 今。
光一さん 食べました?

何か この
背脂のつけ麺 食べたら

もう こうなってた胃が
こうなりましたよ。

姿勢を正しました 今。
分かる。

何やろうな? この感じ。
これは よくない。

(松也)ヤバッ!

この ホントに…。

(小野)
ホントに。 罪悪感しかないですね。

ホントに。

(小野)
卵 逆に さっぱりするんですよね。

ちょっと 1回… 1回ね…。

うん!

うん!

うまい!
(小野)ありがとうございます。

うまいな。

あ~ ホントだ。

全然 また 違う。

いけちゃうね これは。
いけちゃう いけちゃう。

何かさ そのね…。

おいしいなぁ。

これ でも ホント
今 テレビ 見てる方で

僕と一緒で
こういう系を食べたことない人。

何か ちょっと
ハードル高そうっていうか

食べ切れるのかとか

色々 ちょっと
迷ってるぐらいだったら…。

とにかく 頭が回らないのは
何で?

そうですね。 正直 言うと
今 あんま しゃべりたくないです。

[本日 紹介した 4杯の
こってりラーメンの中から

一番…]

どうですか? これかなっていうの
ご自身の中で 決まってますか?

あのね…。

(松也)そうですね。 正直 言うと
今 あんま しゃべりたくないです。

何なんだろうね? この感じね。
本番中に こんなこと 言うの

ホントに 申し訳ないけど
ちょっと…。

ぼーっとしてるからか
分かんないけど

ちょっと…。

これはね 絶妙に…。

どれも 絶妙に 違い過ぎて…。

そうなんだよね。
(松也)そうなんですよ。

[では 剛から 発表]

僕の 今日のオレコレは…。

色々 考えましたけれども…。

こちら。

家系ラーメンさん。
こちらのですね。

スープも よかったんですよ!
濃さとか コクとか うま味が。

僕 太麺は
あんまり 食べないんですけど…。

計算されてたね。

全部 うまかったんやで!?

ホンマ。

[続いては 光一]

私の 今日のオレコレは…。

こちらです。
(松也)お~! ベジポタ。

これは ホントに 新感覚…。
(松也)そうでしたね。

初めまして…。

なったのが すごく…。

何を言うてる?
野菜を あれだけ 使ってて…。

うま味の引き出し方が
すごかったもんね。

そこに ちょっと 感動しましたね。

では 松也さんも
よろしいでしょうか?

(松也)はい。
では お願いします。

発表します。
私の 今日のオレコレは…。

え~… 色々 考えたけれども

結局 僕は…。

お~! そこなんだ。
(松也)僕も 「作田家」さんの

家系ラーメンになりました。

(松也)これはですね
ホントに 僕が 実は…。

(松也)本格的な家系ラーメン ちゃんと
食べてみたいなって思ってて。

ずっと でも その機会がなくて。

ていうのが あってですね。

どれも ホントに
おいしかったんですけど 今日は

「作田家」さんでした。
今日は そこに いったわけですね。

だから これね 1日… 1日で
これ 全部 いきたいですね。

だから…。

締めまで ちゃんと。
これ やったら 幸せですね。

飲み帰り もう
この 「弁慶」さんの ヤバいね。

(松也)飲み帰り 最高な気がする。
ヤバいっすよ。

でも 実は こんだけ 食べてんのに
これ 結構 食べられてるのは

やっぱ そういうことやと思う。
おいしいってことやねんけど。

これは でも まあ…。

これは 難しいなぁ。

ほんの一部ですからね たぶんね。
そうだよね。

私が出演させていただきます
『ミステリと言う勿れ』

来週 成人の日 月曜
夜9時から スタートいたします。

菅田 将暉さん演じる
久能 整がですね

様々な事件に 巻き込まれまして
いろんなことを しゃべりながら

いつの間にか 事件の謎も
人の心も 解き明かすという

新感覚ミステリーでございます。
初回は 90分スペシャルですので

ぜひ よろしくお願いいたします。
ありがとうございます。

あの人の感想
すごかったよね? 今。

何それ!?

1回 食べてみなはれ。
この順番で。

感想 そうなるから。

この芸歴の中でも 精いっぱい…。

何に対しての 「いいっすね」かも
分からんかった。

あらためて 松也さん
今日は いかがでしたか?

いやいや ホントに…。

(松也)最高に 楽しかった。
これだけ 人気店のラーメンを

一気に 味比べできることなんて
ないっすもんね。

(松也)しかも まさか…。

ありがとうございます。

Source: https://dnptxt.com/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事