出典:EPGの番組情報

全力!脱力タイムズ【アンタッチャブル柴田&一ノ瀬颯、え?今回ここ!?の巻】[字]

最新の喉ケア事情を徹底解説?大きな声でツッコミ連発!アンタッチャブル柴田で負担がかかった喉の変化を実験▽俳優・一ノ瀬颯は告知できず!?▽美食カレー実況

出演者
【メインキャスター】
アリタ哲平(くりぃむしちゅー 有田哲平) 
【全力解説員】
岸博幸、齋藤孝 
【ゲスト】
一ノ瀬颯、柴田英嗣(アンタッチャブル) 他 
【「THE美食遺産」ナビゲーター】
滝沢カレン 
【キャスター】
小澤陽子(フジテレビアナウンサー)
番組内容
オープニングでは、ゲストの一ノ瀬颯が冒頭からうまく話すことができず、あいさつもままならない状態。朝から喉の調子がおかしいのだという。そこでMC・アリタ哲平のはからいで、一ノ瀬だけ筆談でやりとりをすることに。今気になっているニュースなどをスケッチブックに書いてみせる一ノ瀬だったが、横にいるもう一人のゲスト・柴田英嗣は、すぐにあることに気付き、そわそわし始める。

特集のテーマは「最新のどケア事情」。
番組内容2
専門家によれば、1年のうち今が最も喉を痛めてはいけない時期で、喉の痛みを放っておくと命にかかわる危険さえあるという。そこで今回は、アリタも絶大な信頼を寄せているというその専門家の監修のもと“のどケア”の最新事情を徹底解説していく。スタジオでは「荒れた喉に最も効果的な応急処置」を検証すべく、職業柄、声が大切でもある一ノ瀬と柴田の2人に、ある実験に協力してもらうことに。
番組内容3
だが、一ノ瀬は喉の調子が悪いため、急きょ柴田一人が実験に参加する、という展開に…。かくして、不安な表情を浮かべる柴田の前に、ある“装置”が登場する。その実験の驚くべき内容とは、果たして!?さらに、エンディングで番組恒例の“洗礼”を受ける柴田のリアクションにも要注目!

「THE美食遺産」は、東京・新橋にある人気カレー専門店の、見た目も美しいこだわりのビーフカレーを、滝沢カレンがナビゲートする。
ご案内
【公式HP】
http://www.fujitv.co.jp/DNN/ 
【公式Twitter】
https://twitter.com/datsuryoku_cx
スタッフ
【企画】
狩野雄太 
【チーフプロデューサー】
神原孝(FCC) 
【プロデューサー】
大泉正太(ファウンテン) 
中村倫久(ハイホーTV) 
大川泰(STAY TUNED) 
橋本孔一(FAT TRUNK)
神保健一(FCC) 
中垣佐知子 
鈴木裕奈(FCC) 
【総合演出】
有田哲平 
【制作総指揮】
名城ラリータ(FCC) 
【制作協力】
FCC 
【制作著作】
フジテレビ

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 柴田
  2. マジ
  3. 弓矢
  4. 一ノ瀬
  5. 岩橋
  6. 小澤
  7. 国崎
  8. 井口
  9. 今日
  10. 最後
  11. ヒコロヒー
  12. カーッ
  13. ピュ
  14. 応急処置
  15. 看護師
  16. 腹立
  17. スタッフ
  18. 実験
  19. 負担
  20. 写真

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

created by Rinker
¥2,530
(2022/01/21 23:01:50時点 Amazon調べ-詳細)

(小澤)こんばんは。
『全力!脱力タイムズ』です。

(小澤)では 本日の すてきな
コメンテーターを ご紹介してまいります。

(小澤)まずは お笑い芸人
アンタッチャブルの 柴田 英嗣さんです。

(有田)よろしくお願いします。
さあ そして もう一方。

(小澤)俳優の 一ノ瀬 颯さんです。
よろしくお願いします。

一ノ瀬さんは この番組は…。

(一ノ瀬)はい…。

どうしました?

何か 今日…。

お仕事もあるでしょうから。
ありがとうございます…。

質問したいんですけど…。

(柴田)筆談!?
じゃあ 何か…。

すいません…。
うーわっ…。

もーう…。

書いてあったんですって!

いいですか?
質問させていただいて。

最近 気になるニュースは
何ですか?

(一ノ瀬)う~… うっ…。

ここ オープニングですから
そんな 重要なとこじゃないんで

ぱぱっと やっていただくと
ありがたいんですけどね。

最近 気になるニュース。

アフターコロナにおいての
2022年の日本の経済状況ですね。

結構 しっかりとしたやつですね
これね。

アフターコロ… アフターコロナ?

アフターコロネ!

まあ いいや。 じゃあ 最後の質問。
2022年の目標を聞いときましょう。

(一ノ瀬)分かりました。
そんなに 時間 取るとこじゃない。

ぱっぱっと いっていただくと
ありがたいんですけどね。

先生方もね お待たせしてるので。

(一ノ瀬)
では これで お願いします。

これ 書いた!?
これ 柴田さん 問題ないですか?

漢字がね…。

えーっと… どこだ?

どこですか?
間違いがあるなら 柴田さんに…。

ですか?
あ~ なるほど。

まあまあね そういうことなのかも
しれませんけどもね。

(岸)あれっ?
ちょっと待ってください。

えっ?
(岸)「飛躍」の文字。

嘘でしょ?
あっ…。

いや 「すごい」じゃないですよ!
何してんの!?

俺の顔って。
大丈夫ですか? 今日一日。

仕掛けが 早え。

[真冬に さしかかり
寒さとともに 気になるのが…]

[特に コロナ禍において…]

[喉の専門家
木村 至信先生によると…]

(木村)いろんなものを
検査しなきゃいけない。

大ごとになっちゃうので…。

[そこで…]

[有田キャスターも 絶大な信頼を
寄せる 木村先生監修のもと…]

[さらに 声をなりわいにする…]

実を言いますと VTRで お話し
していただきました 木村先生

今日 こちらに座っていただいて
ここで 喉のことについて

教えていただく
予定だったのですが

お休みいただくことになりました。

なので もちろん 私 事前に
お話も 聞いておりますし

今日 やる予定の内容は ばっちり
そのまま やりますので

私たちは こういう 白衣を着て
やらせていただきたいと思います。

さあ
最新 喉ケア事情なんですが…。

(小澤)はい。
まずは こちらです。 扁桃炎。

(小澤)ストレス 過労
気候変動なども 誘因です。

こういうことは ありますね
確かにね。

どうしました?
これ あるんですか?

何がですか? こういうこと
あるんですよ 実際に。

いや 全身に広がるんですよ。
全身 広がります?

だから 今日は
注意しましょうって話。

どうされました?

学んでくださいね 柴田さん 今日。
はい。

喉ですか?
普通の 喉の話ですか?

いつも そうです。

いつも そうです。 ちなみに
事前に 皆さん 喉の写真

送っていただきました。
木村先生に 事前に送って

見ていただきました。
(小澤)先生いわく

齋藤先生と 柴田さんは
正常な喉の状態で…。

(小澤)
一方の 岸先生と 一ノ瀬さん

ちょっと 喉に
炎症が見られるということで。

(岸)確かに…。

齋藤先生は 強いんですか?
(齋藤)私 まあ…。

関係なくないっすか!?

実際 柴田さんは 今回 先生は

大丈夫と おっしゃってたと。
(小澤)そうですね。 柴田さんと

齋藤先生。
お強いんですか?

そうしますと。
さあ そして ここからが

今日の本題でございます。

ということを
先生に 聞いてまいりました。

ここが 隠しになっているんですが
皆さんに 今日 お教えしたいと。

ちなみにですけど 皆さん…。

喉?
気にしたことないですよね。

あんま ないですね。
聞いてまいりました。

声を出す機能は
喉頭の中央部にある

ひだ状の声帯になってまして

この声帯が
炎症などの異常が起きると

声帯の振動に 影響が出るため
声が かすれるそうです。

実はですね 今日…。

へぇ~。
その…。

なるほど。 すごい!

[今回は 一ノ瀬さんが
喉を痛めているため…]

[どんな変化が現れるのか?
そして 効果的な応急処置とは?]

特別に借りてきました。 こちらが
その メソッドの装置なんですが

これは…。

こちらに カメラがございまして
えーっと… 喉の調子を

その都度 見ていくんですが
ちょっと…。

もうちょっと
こっち 向いてもらって。

どうですか? どうですか?
あ~…。

(シャッター音)
(スタッフ)撮れました。

見せてもらっていいですか?
ホントですか?

撮れるんですよ。 リハーサルでも
ちゃんと やりましたけど。

それを 目で見て…。

今から こちらに 柴田さんの
写真が 出てまいります。

はい。
柴田さんの写真じゃない人が

出てきたら そうじゃないと。
例えば 僕の写真が出てきたら

これは 有田だと言っていただくと
ありがたいなと。

[喉に 負担をかけ
その変化を 検証]

[まずは
ランダムに出る写真のうち…]

それでは いきましょう。
こちらです。 よーい… スタート!

俺です。

俺です。

俺です。

恭兵さん!

俺です。

俺です。

え~…。

俺です。

俺です!

俺です。

あっ!

俺です。

俺です。

え~…。

あっ!

ありがとうございます。

これは 学会でも
発表されたやつです。 今のは

どういう実験かと申しますと
急に 違うものが出たときに…。

急に がっと…。

なりました なりました。
なので これは 相当 喉に負担を

与えることができる
ということなんですね。

ちょっと…。

続いてなんですけども 歌のような
ものが 流れてまいります。

に対して 合いの手みたいなのを
入れていってもらえますか。

歌の内容に対して 思うことを
言って… よろしいでしょうか?

[続いては 流れる歌に

大きな声で
合いの手を入れてもらい

喉の変化を見る実験]

それでは 曲をかけましょう。
どうぞ!

♬~

知ってますよね?
『森のくまさん』

思ったことを。

♬~

♬~

♬~

♬~

はい ありがとうございました。
実験終了でございます。

えーっと 今のは だいぶ 喉に
負担が かかったんじゃない?

もう よろしいですか?

そうしましたら
柴田さん 喉の調子を…。

アフターの… 結構
お使いになられましたからね。

あ~…。

(シャッター音)
(スタッフ)はい OKです。

マジで 炎症 起こしてるかも。
今 この…。

そうすると…。

ご覧ください。

さっきから。
今 撮ったやつですか?

喉… あれ やったら。

(スタッフ)もう1つ…。

(スタッフ)スタンバイしてあったやつを
やるかっていう…。

次はですね うちの看護師が
出てまいりますので

ちょっと 会話をしていただく…。
えっ 人が出てくるの!?

その方と 会話をしていただいて
思ったことがあったら

言っていただくと。 そうすると
喉の負担が 適度に できますので。

それでは
うちの看護師 お願いしまーす。

♬『Because We Can』

(岩橋)いやいや いやいや
ありがとうございます。

どうも どうも どうも
ありがとうございます。

私 岩橋と 柴田で
イワシバでございます。

よろしくお願いします。

漫才 頑張っていきましょう。

僕の…。
(岩橋)ワーッ‼

かき消してしまいました。

かき消しちゃったら
セッションできなくなっちゃうから。

柴田さん 最近 ストレス社会じゃ
ないですか。 ストレスというのは

すっきりすることが 一番大事
なんですよね。 経験ありますか?

山の頂上で ヤッホー‼

やってみてください 思いっ切り。
そうね。 ここが 山だとしてね。

そうですね…
高尾山でいきましょうか。

絶景でございます。
景色 いいもんね。

気にしなくていいですよ。
そこは ヤッホー‼

(岩橋)これぐらいで いきましょう
ぜひとも お願いします。

(岩橋)ヤッホーじゃない方がいい?
じゃあ 別のやつ いきます。

ヘミングウェイ‼
えっ?

(岩橋)ヘミングウェイでございます。
あんまり 伸びないけど 大丈夫?

やってみてください。
ヘミングウェイ‼

(岩橋)いいですね。
オーシャンビュー‼

フォーリンカントリーピーポー‼

(岩橋)白金バースデー…。
全部 ギャグじゃねえか お前の!

大きい声 出すじゃなくてさ。
いろんな方法があるじゃない。

あなた ストレス解消 どうしてるの?
私は 歌 歌ったりしますよ。

そちらを 今から 歌いますので…。

ちょっと待ってよ!
何だよ!? この展開! 何!?

(岩橋)いけますよ。
それでは いきましょう。

岩橋の やってはいけない
ドレミの歌でございます。

1 2 3!
♬「ドは ドングリ のみ込む」

駄目 駄目 駄目!

♬「レは レギンス 引きちぎる」

♬「ミは 水あめ 顔に塗る」

そんなこと しちゃったら…。

♬「ラは 裸族に 服 着せる」

♬「シは シカを蹴る」

(岩橋)♬「さあ 歌いましょう」

シェーッ‼

(岩橋)すっきりしました?
(柴田)しないって。

しないんかい! もう いいよ!

さあ 今も ずいぶん
喉に 負担がありましたね。

そうしましたら
柴田さん 喉の調子を…。

(シャッター音)
もう 大丈夫でしょうか?

そんなわけないですって。
だんだん…。

いや これ…。

確かに
声 聞いてても 一緒ですもんね。

あ~…。
あんな なりゃしませんって!

じゃあ その前に…。

どうせ しゃべれませんよ。
声が出ないでしょ?

(一ノ瀬のせきばらい)

出るパターンじゃないんですか?

そりゃ そうですよね。 ちょっと
休んだぐらいじゃ 出ないか。

ちょっと 後で… すいません。

じゃあ もう一度 うちの看護師と
やっていただきましょうか。

もう一度!?
看護師の方 どうぞ!

♬『Because We Can』

(井口)どうも~!
お~ 井口!

腹立つことがあるんですよ 最近。
腹立つこと あるんすよ。

SNS 始めるとき やたら 長い
パスワード 求めてき過ぎでしょ!

(井口)名前と 生年月日を避け
数字と 小文字と 大文字

織り交ぜた 10文字以上。 そんな
ねえわ! 覚えてらんねえわ!

(井口)考えてください。
一番守るべき 銀行の口座

たった4桁の数字だけなんですよ。
じゃあ それでいいだろ 全部!

(井口)そうなんすよ!
腹立つの あるでしょ? 他にも。

ないんすか?
柴田さんも 生きてて 腹立つこと。

(井口)もっと ぶつけた方がいい。
あと 腹立つのは 埼玉出身の人。

(柴田)埼玉出身の人の自虐トーク
とっくに飽きてんだよ こっちは!

(井口)そんなわけないでしょ。
「うーん… 埼玉 田舎だからな~」

そんなことねえわ!
大宮 すごい ビルディングあるよ。

関東以外の人間から 見たら
埼玉なんか 東京なんだから!

(井口)訳分かんないじゃない。
一番腹立つのが 芸人なんすよ。

自分だって そうじゃん。
クソばっかりでしょ 劇場の人間。

ライブ終わり
疲れた感じで 出てくるけど

5分しか 仕事してないんすよ。
何で あんな 疲れてんだよ?

「金 くれねえかな~」
くれるわけねえだろ!

そこまでのプロセスが…。
(井口)そんなん 関係ないっす。

ただの おしゃべりなんだから。
そんなもんなんすよ。

急に 売れた! とか あります!?
柴田さん 一番 腹立つこと

言った方がいいですよ。

(井口)
何か あるでしょ 腹立つこと。

テレビとか 関係ないから
言いたいこと 言ったほうがいい!

うーん…。

もう いいよ!
どうも ありがとうございました。

はい ありがとうございました。
今ので 相当…。

どうでしょう? 喉の方は。

あれっ? ちょっと…。

じゃあ これは えーっと…
そういうことですか。

うちの看護師と。

違います。 それを判定できる人は
誰もいないんですから。

喉の実験ですから。

しゃべらないっていうところを
取って。

あくまでも 喉ですよ。
イレギュラーなやつばっか 出てくる。

それでは 看護師さん どうぞ!
普通の漫才できるやつがいいよ~。

[喉の変化を見る実験。 続いては
国崎看護師と 会話をすることで

喉に 適度な負担を
かけていただきます]

看護師さん どうぞ。
普通の漫才できるやつがいいよ~。

何だっけ? 名前。

(国崎)
うーん… ピュ~! カーッ!

(国崎)マジで! マジで うーん…
ピュ~! カーッ! って

弓矢 撃ちたく
なくなくなくなーい!?

(国崎)マジで! マジで 弓矢を

うーん… ピュ~!
カーッ! って

撃ちたくなくなくなくなーい!?

マジで! マジで マジで!
マジで 弓矢を!

(国崎)マジで 弓矢をさ うーん…
ピュ~! カーッ! って

撃ちたくなくなくなくなーい!?

おんなじこと 言ってる!
さっきから…。

俺のこと 見て 言ってる?
見えてるけど 聞こえてないの?

見えてるけど 聞こえないパターン!?
話し掛けてるよね?

俺に話し掛けてるよね?
こいつね。

声だけが… これは 見てる!

ほらっ! 俺 見てる 俺 見てる!
俺に言ってるでしょ?

弓矢を持って。
弓矢だよ? 弓矢を持つんだ!

俺に言ってるよね?
弓矢を持って! 弓矢を持って!

弓矢を
ぐーん… ピュ~! カーッ!

撃ちたく… なくなくなーい!?

マジでだよ!
マジでなんだよ! 俺も マジ!

まだ 聞こえてないと思ってんの!?

いや 聞こえてるから!
撃ちたく

なくなくなくなーい!?

マジで! マジでだよ!
弓矢を持って。 弓矢を持って。

弓矢を持って
うーん… ピュ~! カーッ!

牛丼に…。

え~!?

(国崎)弓矢をね
うーん… ピュ~! カーッ!

(国崎)牛丼に当てたくなーい!?

(国崎)マジで!
牛丼に刺さった弓矢をだよ!?

牛丼に刺さった
そこの先端を持って

ぶん回したくなーい!?

回して 回しまくって
回して 回しまくって

放り投げて 最後は…。

絶対 その方がいい。

最後は 笑顔で
さよならしちゃおう!

(国崎)絶対 その方がいい。
最後は

最後は 笑顔で さよならしよう!
いや するけど…。

絶対 その方がいい。
最後は 笑顔で

さよならしちゃおう!
その方がいい。

最後は 笑顔で

さよならしよう! その方がいい。
絶対 その方がいい。

その方がいいのは 分かった。
提案は 分かった。 もう…。

帰れよ!

その方がいい。

(国崎)その方がいい。

(国崎)その方がいい!
その方がいい!

最後は… 最後は 笑顔で

さよならしよう!

国崎看護師によります
実験でございました。

今回 喉の方 いかがでしょうか?

ボロボロでしょ どう考えたって。

ですよね。
それでは よろしいでしょうか?

あ~…。
(シャッター音)

(スタッフ)はい 大丈夫です。

さすがに
使ってあったと思います。

なってます?

なってます なってます。
なってます?

自分で見ていただいて 赤くなった
横に腫れてるなと思ったら

喉のことを
気を付けていただいて…。

あるものを使って 応急処置を
すると 喉の炎症を抑えられると。

(小澤)それが こちらなんです。

のど飴を使うと
応急処置になると。

ベタだな!

あくまでも 応急処置です。
喉の調子が悪いときは

お医者さんに相談してください。

一ノ瀬さんに 喉…
使ってみましょう。 応急処置で。

応急処置にもならないって!
あの喉じゃ。

(小澤)
あくまでも 応急処置ですね。

(一ノ瀬)はい。

じゃ 告知 はい。 いきましょう。

ぼーくが出演している 『ゴシップ
#彼女が知りたい本当の○○』は

ネットニュースの編集部を
舞台にした

社会派風
お仕事エンターテインメントです。

次回 第4話は
黒木 華さん演じる 凛々子と

野村 周平さん演じる 下馬が

謎の失踪事件に 迫りまーす!
キャラも変わってきちゃった。

ぜひ ご覧ください。
飴には その効果 ないよ。

キャラ 変わってんだよ。
どうですか? のど飴で だいぶ?

あっ 声が出てますね。

読んでる間。

ちょっと 中盤 抑えたでしょ?
マジの告知だから。

(滝沢)[ナビゲーターは 私
滝沢カレンが お送りいたします]

今日 流ちょうだよ。

合ってんじゃん。

雰囲気で 聞いたことあんだな。
何か 4文字だって。

すごいじゃん。

こっからなんだよね 大胆なのね。

水道
見せてくれてるわけじゃない。

杖じゃないよ。
食材だからね これ。 牛テールね。

何で ドイツって決めちゃったの?
ねえ。

何か 魔法だから
ドイツっぽいって思ったの?

どこら辺がだよ!

そんなこと すると思う?
魔法使いが 杖。

聞いてらんないよ。

何言ってんの? この子。

フェイスタオルに見えるか!?

魔法の話 なくなっちゃったしよ
結局。 持たなかったんだな。

魔法の話のストーリー
持たなくなった。 途中で。

いや~ 一ノ瀬さん
おいしそうでしたね。

めちゃめちゃ
おいしそうでしたね。

ねえ! のど飴のおかげでね
声が出るように。

むしろね…。

ただ 柴田さん やっぱ 急きょ
実験をさせていただいたので。

だから 何か ちょっと
おかしなことを もしかしたら…。

んっ?

はいはいはい。

[ということで 柴田さんには
本日 不適切な発言がなかったか

コンプライアンス委員会の
チェックを 受けていただきます]

委員会は… あ~ やっぱりか!

(ヒコロヒー)私たちが
脱力コンプライアンス委員会です。

番組中の発言に
不適切なものがないかどうか

チェックさせていただいておりました。
過度な暴言や

誤った表現がありましたら 訂正
させていただきたいと思います。

すいません。

まずは 冒頭の辺り 暴言らしい
暴言は なかったんですが…。

はい。
(ヒコロヒー)これは…。

(ヒコロヒー)ただ…。

ホントに 見えないぐらいで
僕だったんで。 自分も…。

でも コンプライアンス的には
まったく 問題ありません。

すいません。

またですね…。

柴田さんが 突然 「全身に
広がらないでしょ!」などの

ツッコミをされていたと
思うのですが この部分ですね…。

(ヒコロヒー)お気持ちは
分かるんですけれども…。

そうですか。

すいません。

(ヒコロヒー)またですね…。

柴田さんはですね 「確かにね。
確かに 確かに。 確かにね」

(ヒコロヒー)「いや まあ 確かに」と…。

21も!? そんなに!?

でも コンプライアンス的には
何の問題もありません。

ホントっすか? よかったです。
あれ どっちだったんだろうな。

(かわなみ)今日一日 柴田さんの
見せていただいたんですけど…。

もう 普通過ぎたなっていうのは
ちょっと ありましたね。

え~!?
やり過ぎじゃないですか?

ホントに!?

ありがとうございます。
(ヒコロヒー)また…。

あ~!?

はぁ~!

ありがとうございます。
(ヒコロヒー)以上で 審査は終わりです。

われわれ コンプライアンス委員会から見た
結果を お伝えします。

柴田さん…。

合格かい!
またの出演 お待ちしてます。

ありがとうございます。

フゥ~…。

(スタッフ)はい OKでーす!
(小澤)すごい 盛りだくさん!

いや 大変!

(国崎)完璧な漫才でした。

Source: https://dnptxt.com/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事