出典:EPGの番組情報

ネタパレ【池田エライザが大爆笑!ランジャタイ・モグライダー・ゆめちゃんほか!】[字]

話題の芸人が大集合!ランジャタイ・モグライダー・ゆめちゃん・真空ジェシカ・スパイク・ロングコートダディ・オドるキネマ▽8人組ダウ90000がテレビ初登場!

番組内容
「笑い」を愛する俳優・ミュージシャンなど幅広いジャンルのゲストに、今見ていただきたいネタを劇場支配人達とともに鑑賞する番組『ネタパレ』。今回はゲストに池田エライザが来店。池田を迎えてお届けするのは今勢いのある若手芸人による「ネタパレード」。ランジャタイ・モグライダー・ゆめちゃん・真空ジェシカ・スパイク・ロングコートダディ・オドるキネマなど話題の芸人が勢揃い!
番組内容2
また、8人組のダウ90000がテレビ初登場する!池田が最後に1番ハマった芸人に選ぶのは誰か!?
出演者
【MC】
南原清隆 
陣内智則 
増田貴久(NEWS) 

【パネラーゲスト】
千原ジュニア(千原兄弟) 

【スタジオゲスト】
池田エライザ 

【ネタパレード】
オドるキネマ、真空ジェシカ、スパイク、ダウ90000、モグライダー、ゆめちゃん、ランジャタイ、ロングコートダディ 他 
※五十音順
スタッフ
【演出監修・P】
木月洋介 
【チーフプロデューサー】
情野誠人 
【ゼネラルプロデューサー】
赤池洋文 
【演出】
登内翼斗 
【制作】
フジテレビ第二制作部

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 伊藤
  2. 蓮見
  3. パン
  4. 国崎
  5. 小川
  6. パテ
  7. お願い
  8. チーズ
  9. 海老
  10. シカゴ
  11. 松浦
  12. 堂前
  13. 五木
  14. クラス
  15. 吉原
  16. 川北
  17. 鈴木
  18. ガク
  19. ナンパ
  20. ホント

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

created by Rinker
¥2,530
(2022/01/21 23:01:50時点 Amazon調べ-詳細)

(ブザー)

(南原)こよいも 当劇場
『ネタパレ』 開演いたします。

本日のお客さまは
池田エライザさんです。 ようこそ。

お願いします。

さあ エライザさん
2回目ですけども。

最近 いますか?
TOKYO COOL以外で

ちょっと いいなと思った人は。
前回も出てらっしゃった

ゆめちゃん。
ゆめちゃん!

そう ゆめちゃんが…。

そうなの。

他局ですけど…。

だから ちょっと
ひょっとしたら…。

ゆめちゃんが
行っちゃうかもしれない。

[芸人 誰もが認める
実力派漫才師]

どうも こんばんは。
モグライダーです。

よろしく どうぞ お願いします。

玉置 浩二さんって
ちょっと痩せましたよね。

知らねえ。

体形 気にして見たことないから
玉置さん。

歌手だから 歌う声が
ちっちゃくなっちゃったら

やだなと思って。
(芝)声量が減っちゃうっていう。

そう思うと ちょっとね
心配ではあるけどね。

しょうがないんじゃないの?
(ともしげ)だから 歌う前に

ご飯 いっぱい食べればいいと
思うんですよ。

ああ 馬力つくように。
何を どんぐらい 食うの?

わんこそば 30杯ぐらい。

まあ そんぐらい食って歌えば
声 出るかもね。

♬(『田園』のイントロのハミング)

1 2 3 4 5

6 7 8 9 10

11 12 13 14 15 16。

♬(小さい歌声)
(ともしげ)ちっちゃい!

ちっちゃい! ちっちゃいよ!

(芝)半分ぐらいしか
いってないよ だって 30っつって。

ああ。
(芝)駄目よ。

もうちょい ないの?
腹にたまって 数 抑えれるもの。

じゃあ まんじゅうを 20個とか
どうかな?

あ~ まあ いいかもね。
20だったら ぎり届くかも。

♬(『田園』のイントロのハミング)

1 2 3 4 5

6 7 8 9 10

11 12 13 14 15 16。

♬(小さい歌声)
(ともしげ)ちっちゃい!

ちっちゃいよ。

(芝)16が天井じゃねえか
このやり方 お前。

あっ ホントだ。
(芝)担ぎやがって この野郎。

意味ない! こまごま何十個は
やめよう だから。

現実的に 1個が ズドン
っていうもん 何かないの?

あっ じゃあ
ハンバーガー5個とか どうかな?

いいよ。 現実的。

パン パテ パン 焼いて挟んで渡せ。
(ともしげ)OK OK OK。

♬(『田園』のイントロのハミング)

パン パテ パン。 1。

パン パテ パン。

2。 パン パテ パン。

♬(小さい歌声)
(ともしげ)ちっちゃい!

ちっちゃいよ。
(芝)ごめん。

玉置さん側の負担を忘れてたわ。
食い応えが違う さっきまでと。

そっか そっか。
(芝)5は きちいって。

5は きちいか。
(芝)ハンバーガーをやめて

ダブルチーズバーガー 3にしよう。
(ともしげ)なるほど!

♬(『田園』のイントロのハミング)

パン チーズ パテ チーズ
パテ チーズ パテ… あれっ?

パン チーズ パテ チーズ
パテ チーズ… あれっ?

パン パン パン… 違う 違う。

パン チーズ パテ パテ チーズ
パテ パン。 1個できた。

♬(小さい歌声)
(ともしげ)ちっちゃい!

(芝)遅いよ!
(ともしげ)でも ごめん!

意味 分かんない。 1個できても。

ダブルチーズバーガー1個 持った
細い声の 玉置 浩二。

誰が見たいん?
(ともしげ)ごめんなさい。

3個できて 全部 食って
声が出る。

OK。
♬(芝の『田園』のイントロのハミング)

パン チーズ パテ チーズ パン。

1。

パン チーズ パテ チーズ パン。
2。

パン チーズ パテ チーズ パン。

3!

♬「石コロけとばし」
(ともしげ)いけた!

「いけた」じゃねえよ。
(ともしげ)いけた! やった~!

(芝)駄目に決まってんだろ。
どうも ありがとうございました。

(池田)面白い。

すいません。
(鈴木)はい。

ちょっと飲み行きませんか?

何? ナンパ?
(南)はい。

ごめんなさい。 私 ナンパ
ついていかないって決めてるの。

だから 他の人 あたって。

(拍手)

合格です。

あっ ごめん。
全然 意味 分かんないんだけど。

説明してもらってもいい?

(南)僕 ナンパついてくる女の子
無理なんすよ。

(鈴木)でも 私のこと
ナンパしたじゃんね。

ナンパついてくる女の子か
どうかは

ナンパしてみないと
分かんないっすよね。

めんどくさい男。

(南)あなた ナンパ断ったので

僕と付き合う権利を
手に入れたんすよ。

へぇ~…。
(南)行きましょう。

ごめんなさい。 あんたみたいな
上からの男 無理なの。

だから 他 あたってちょうだい。
(南)行きましょうよ。

そもそも 私 この後
メンズとデートがあるんだ。

どういう男なんすか?
(鈴木)その人 すてきな人よ。

1回だけ ご飯 行ったんだけど

何か すごい高級なレストラン
連れてってもらって

しかもね 私が知らないこと
いっぱい教えてくれて

あっ 私 この男の人に見合う
すてきな女性になろう。

頑張ろうって。 そうやって
思わせてくれるような男性なの。

その人と一緒になって
本当に幸せになれますかね?

ギク~ッ!

えっ 何? 何が言いたいわけ?
(南)そんな背伸びして付き合って

本当のあなたは
どこに行くんすかね?

そりゃ 私だってね すっぴんで
ごろごろしてても 許してくれる

まったく 気 使わない彼氏
欲しいよ。

でも そんな男
どこにも いないじゃんよ。

ここにいますよ。
(鈴木)ねえ ここにいたのかよ~!

(鈴木)探したぞ おい。
お前だったのか。

じゃあ 行きましょう。
(鈴木)OK。 行く行く。

不合格です。
(鈴木)いや… えっ?

ナンパついてきちゃったんで。
(鈴木)今のは ノーカンでしょ~!

ちょっと待って。
ノーカンだよ 今の。

(南)僕だって嫌ですよ。
何で ついてくるんすか?

じゃあ こうしよう。
私が 逆ナンした。

逆ナンして あんたが ついてくる。
これだったら いいじゃんよ。

逆ナンついていく男だと
思われたくないです。

そんなん気にする女に見える?

(南)ナンパついてくんのは
ホントに駄目なんすよ。

ナンパの何が
そんなに駄目なわけ?

いや そういう女の子って

何か すぐに僕のもとから
いなくなっちゃいそうじゃないっすか。

えっ カワイイ~。

あ~ まだ
そういうこと考えちゃう年だ。

そんな。
(鈴木)分かるんだけどさ

ほら 焼きもち焼くのも愛だけど

最後まで信じきるのも
愛じゃない?

だから あんたが 声 掛けた
私のことを信じきってよ。

近くで見たら かわいくないな。

えっぐ!

えぐいこと言われた。

じゃあ 何で 声 掛けたわけ?
あんたから 声 掛けたんだよ?

いうて ナンパなんで。
(鈴木)あっ?

広めに取ってるんで。

誰が広めの ここなんだよ。 なあ。
広めの ここか? 私。

じゃあ…。 もう二度と
会うことはないと思います。

ちょっと待て。 ちょっと待てよ。
一言だけ言わせろ。 ちょっと待てよ。

何すか?
(鈴木)あしたも ここで待ってるね。

へぇ~ 面白いなぁ。

[スピードワゴン 小沢さんも
大絶賛]

どうも~。 『平成教育委員会』の
眼鏡のやつで~す。

言うとしたら 僕~!

あのキャラに似てんのは
僕だから。

お前は
『田園』前の 玉置 浩二ね。

どうも 真空ジェシカです。
(2人)よろしくお願いします。

あの~ 僕 お化け屋敷
行ってみたいんだよね。

あ~ いい お化け屋敷はね
受付から雰囲気あるから。

そういうもんなの?

いらっしゃいませ。
(ガク)ああ どうも。

受付の二つ目小僧です。

じゃあ ただの小僧ですね。
(川北)よろしくお願いします。

二つ目小僧は
ただの小僧だと思いますけど。

うちのお化け屋敷は 大変
昔ながらのお化け屋敷でして。

いいじゃないっすか。
(川北)男のお化けにしか

活躍の場を与えてないんですよ。

価値観が昔ながらなんですか!?
(川北)全部 男お化け。

時代錯誤なだけですよ それ。

あと 心臓の弱い方かどうか
っていうのは

伺うようにしてんですけど。
(ガク)あ~ 僕は 大丈夫です。

あっ ホントですか。 よかったです。
結構 強いパンチ来るんで…。

物理的にですか!?
心臓に パンチが来るんですか?

出口で 殴られてる写真
買えますんで。

絶対いらないです。
(川北)よかったら買ってください。

えっ そんなことして 何か
問題になったりしないですか?

まあ 実は 先ほども ちょっと
お客さまと つかみ合いのケンカに…。

なってるじゃないですか。

でも まあ どちらも

けが なくて よかったですね。

はげてたなら
言っといてもらわないと。

「ケガがない」と 「毛がない」で
かかって

初めてのやつなんで それは。
言っといてもらわないと。

でも パンチなしのルートも
ございますので。

じゃあ それで お願いします。
(川北)かしこまりました。

こちらから お進みください。
(ガク)はい。

ガチャ キィ~ バタン。
(ガク)雰囲気あるな。

(川北)
ギィ~ バタン。 雰囲気あるな。

次の人 入れんの 早いな。
もう ゆっくり楽しめなくなった。

(川北)すごい雰囲気あるな。
(ガク)さっさと進んでいこう。

(川北の泣きまね)
(ガク)誰か泣いてる。

君 ど… どうしたの?

えっ お兄さん 僕が見えるの?
(ガク)見えるよ。

お兄さん 僕は 見えるの?
(ガク)見えるよ。

えっ お兄さん
じゃあ 僕は 見えるの?

何か 視力検査みたいになってる!
(川北)僕まで見えたら すごい…。

見えやすい順に並んでるか
知らないけど。

次は 向こうに見える赤いお化けと
緑のお化け どっちが…。

眼鏡 作るときのお化け いない!?
(川北)どっちが はっきり見えるか。

何で 眼科みたいなゾーンあんの?
ここ。

口裂け男さん。
(ガク)口裂け男?

俺 カッコイイ?

女性の雇用を奪うな!

口裂け女が見たいんだ
こっちは おい。

(川北)これでも~?

マスクが外せない時期は 休めば?

(ガク)向いてない時期が
あるからね そういうのは。

あっ 1人で完結してる
吸血鬼いる~!

いや もう 全然 怖くない。

ありがとうございました。

≪すげえ。

[『おもしろ荘』 優勝]

♬(音楽)

≪上から来た。

ありがとう! どうも みんな
私のために集まってくれて

ありがとう。
エラちゃんも ありがとね~。

どうも ミュージカル
『シカゴ』から飛び出してきました。

シカゴの女よ。

シカゴの女 最近あったこと
みんなに話すね。 あ~ん。

シカゴの女 最近
新しいアクティビティーを思い付いたの。

シカさんが競走するのを
みんなで応援するのよ。

シカ 頑張れ! シカ 行け~!

♬(音楽)

シカゴ!

シカ 行け~! シカ ゴー!

あ~ん…。

シカゴの女 最近
新しいデートプラン 思い付いちゃったの。

今日は
それを みんなに教えるわね~。

いったい 何? 何?

どんなんだと思う~?

♬(音楽)

シカゴ!

海へ 車で ゴー。
シー カー ゴー!

難しなってきてるな。

(ゆめちゃん)シカゴの女 昔
ハロプロが大好きで

特に 加護ちゃんが
好きだったのね。

加護ちゃんのブロマイド
何枚 集めてたかなと思って

数えてみたの。

1 2 3 4~。

♬(音楽)

シカゴ!

4枚の加護ちゃん。
4 加護!

はぁ~ん! のん!
♬(音楽)

やだ。 もう こんな時間?
マイク カモーン!

えっ 何これ?
(ゆめちゃん)どうも ありがとう。

それじゃあ 今から みんなに

アメリカ合衆国にある
シカゴに関する情報 伝えちゃうわね。

そう シカゴはね シカゴはね~。
♬(音楽)

シカゴという都市は

とあることで 6年連続 1位なの。
それは…。

♬「アメリカで いちば~ん」

♬「ネズミが出る」

すっごい やだね~。 はぁ~ん!

どうも ありがとう。

さあ 4組
見ていただきましたけども。

一番 笑ったのは
真空ジェシカさんが…。

怒濤ね。 面白かったね。

(池田)やっぱ ラッシュに弱いので
めちゃめちゃ笑いましたね。

南原支配人 どうですか?
ゆめちゃんがね…。

似合いますよね。
すごい似合いますよね。

[漫才もコントも 一級品]

どうも ロングコートダディです。
お願いします。

俺さ 好きな食べ物ランキング
第1位が 海老の天ぷらなんよ。

あっ そうなん。
(兎)むちゃくちゃ好きで。

でもさ 向こうは 俺のこと
どう思ってるんかなって

気になってさ。
(堂前)ほう。

じゃあ コンパしてみる?

海老の天ぷらと?
(堂前)そう。

コンパしたい!
(堂前)コンパ1回 やってみよか。

頼むわ。

皆さん こんばんは。
海老の天ぷらです。

あっ 海老の天ぷら。
(堂前)よろしくお願いします。

カワイイ~!

やっぱ 清楚で
めっちゃカワイイな。

みんな こんばんは。
キスの天ぷらです。

キスの天ぷら。
(堂前)プリップリです。 よろしく~。

(兎)キスの天ぷら
めっちゃセクシーやん。

皆さん こんばんは!
かき揚げです!

(兎)かき揚げ!?
(堂前)よろしくお願いしま~す。

よろしく。
かき揚げちゃんは ええかな。

男性陣も 自己紹介 お願いします。

はい。 ロングコートダディの
兎っていいます。

今日は 顔と名前だけでも
覚えて帰ってください。

よろしくお願いします。

え~ こんばんは。 天つゆです。

天つゆ!?
(堂前)よろしく。

絶対 人気やん。 勝ち目ある? 俺。

え~ 皆さん こんばんは。
はじかみです。

はじかみ?
(堂前)はじかみっていいます。

はじかみって何?

天ぷらとか焼き魚の横にある
ピンクの細~いやつ。

(兎)細長いショウガみたいな。
(堂前)ああ そう…。

(兎)あれ はじかみっていうんや。
(堂前)今日は マジで

顔と名前だけでも
覚えて帰ってください。

(兎)はじかみには 勝てそうやな。

皆さんの趣味は 何ですか?

はい。 僕 釣りが すごく好きで
よく海に釣りに行ったりしてます。

釣りって
餌に海老を使うやつですよね?

私 海老なんですけど。 え~ん!
(兎)あ~ ごめん。

違う 違う 違う。
餌に使う海老は

もっと ちっちゃい海老を
使うから。

私も ちっちゃい海老とかが
入ってるから…。

(兎)かき揚げ。
(堂前)うぅ…。

(兎)ごめん。
かき揚げに入ってる海老は

餌で使う海老やわ。

ごめん。 ごめん。

揚げ物が泣くな。
(兎)どうした? 天つゆ。

サクサクでいろ。
(兎)天つゆ 揚げ物に厳しいんや。

ちょっと
そろそろ ええ時間なんで

もう 1・1でペアなって
別行動にしましょか。

(兎)はじかみ
そんなガンガンいくキャラなん!?

すげえ いくやん。

俺は
キスの天ぷらと一緒にいたい。

エロいからだ。
(兎)男らしい!

じゃあ 天つゆさんは
キスの天ぷらと。 僕は じゃあ…。

かき揚げちゃんと行きますわ。
(兎)はじかみ~!

ナイス はじかみ! サンキュー。

はじかみ君 私の家に おいでよ。

水たばこがあるんだ。

(兎)かき揚げちゃん 水たばこ
買ってんの!? そんなタイプなん?

(堂前)2人きりになりましたね。
(兎)あっ そうですね。

でも 兎さんも 最終的に
私のこと食べちゃうんですよね?

えっ?
(堂前)怖いです。

(はなをすする音)
(兎)じゃあ 僕 もう食べない。

海老の天ぷらに
こんな顔さすぐらいやったら

僕 もう
海老の天ぷら 食べません!

ホントですか? 兎さん 大好き。
(兎)ホント?

大好き 兎さん。
(兎)よかった。 よかった。

ありがとう。 よかった。
よかった よかった。

いや 食べれんくなったやんけ!

俺 一番 好きな食べ物
食べれんくなったやんけ おい。

まあ でも ダイエットなるから
ちょうどええんちゃう?

いや 俺 海老の天ぷら以外にも
揚げ物 色々たくさん食べるから

意味ないねん。 もうええわ。

もう分かったから 早く帰れ。
(中島)先生 お願いします。

まだ何にも決めてないの。
(吉原)いいじゃん。

私たち 来年 同じクラスにしてよ。

分かったから。 俺一人じゃ
どうしようもないんだって。

(中島)ホントかな?
(蓮見)ホントだって。 毎日 来んな。

(吉原)いいじゃん。
お願い。 同じクラスがいい。

お願い 同じクラスにして。
(中島)同じクラスにしてよ。

お前らは
同じクラスには ならない。

えっ?
(中島)えっ ならないって言った?

(蓮見)もう言った。 お前らは
同じクラスには ならない。

何でよ?
(蓮見)ピアノ弾けるから。

うちの学年 2クラスで

ピアノ弾けるやつ
お前ら2人しか いないだろ?

だから 同じクラスには ならないよ。
合唱コンクールあるからね。

それ ひどくない?
(蓮見)しょうがないだろ。

お前らしか ピアノ弾けないんだから。
親を恨めよ。

何か 楽器の一つでも できた方が
いいのかなっていう

親の浅はかな考えが
お前らを分断させたんだろ。

かわいそうだけど…。
(吉原)はっ!

私 ピアノ 全部 忘れた。

(中島)えっ 大丈夫?
(吉原)どうしよう。

私 ピアノ 全部 忘れた。
先生 私 ピアノ 全部 忘れました。

帰ってくれ もう。
弾いてんの 見たことあるもん。

隠しとけばよかったね じゃあね。

じゃあ 私 指 全部 折ります。
(蓮見)ごめん ごめん ごめん。

やめろ やめろ。
自分で自分の骨なんか折れねえよ。

マジで もう どうやったって
間に合わないタイミングで折るから。

何で そんなことすんだよ!
そこまですることじゃないって。

(吉原)ほら 自分で言いなよ。
(蓮見)どうした? 忽那。

先生 私 ピアノ… 私 ピアノ…。

私 ピアノ
弾けるようになりたいです。

(蓮見)
おい 忽那に何したんだ お前ら!

(蓮見)絶対に
自分の意見じゃないだろ これ。

私たちが忽那ちゃんに
ピアノ教えるんで

そしたら 私たち
同じクラスにしてください。

(蓮見)やり方が汚い…。 忽那
何で こんなことになってんだよ?

私の好きな人
2人に教えちゃって。

中学生過ぎるって。
やめろ こういうの。

性格から
ねじ曲がっていっちゃうんだから。

じゃあ 同じクラスにして。
(蓮見)やり方が汚いっつってんの。

(蓮見)
アキモトとノダに言うぞ お前ら。

誰に聞いたの?
(蓮見)誰にも聞いてないよ。

(吉原)じゃあ 何で知ってんの?
(蓮見)大人 なめんなよ。

女が好きな人 見る目ぐらい
分かるんだよ。

自分のとき以外はね。

忽那 これで お互いさまだから
もういいぞ。 気にすんな。

先生 ありがとう。
(蓮見)お前らも マジで帰れ…。

誰だよ?
(吉原)ピアノ弾ける おじさん。

(蓮見)
ピアノ弾ける おじさんじゃなくて。

(吉原)この人たちが 合唱コンクールの
ときだけ来てくれるから…。

(蓮見)駄目 駄目。
学校に入れんな こんなやつら。

2人いらないだろ
1人でよかったろ。

何で 2人 集めたんだよ。

あっ 連弾なんですよ。
(蓮見)珍しいな おい。

駄目だよ。 連弾のおじさん
合唱コンクールだけ来て ピアノ弾いたら

優勝しちゃうだろ 面白くて。
もういい。 帰れって お前ら。

(園田)失礼します。
(蓮見)あ~ どうも。

あしたから
よろしくお願いします。

よろしくお願いします。
(蓮見)転校生の…。

(中島・吉原)えっ えっ えっ…。

ピアノって?
(蓮見)名前 聞いてやれ まず。

かわいそうだから。
(中島)ピアノ。

一応 5歳から。
(中島・吉原)やった~!

(蓮見)
確定じゃないよ。 あんま喜ぶな。

お父さん ありがとうございます。
(蓮見)習わせといてくれて

ありがとうじゃないんだよ。
≪よかったね。

お前 二度と しゃべんなよ。
(中島)テニス部なの?

前の学校では。
(中島・吉原)一緒 一緒!

ホントに!?

先生。
(蓮見)何?

2人と同じクラスに
してもらえませんか?

(蓮見)それは できないんだよ。

[キュートでスパイシーな
演技派女性コンビ…]

(拍手・歓声)

あ~あ。 ついに サオリも結婚か。
まあ よかったね。

まあね~。

でもさ ブーケトスのときに
私たちにだけ

「ねえねえ ユミ カナ。
ほら 前 来なよ。 ねっ」

「ほら 一番 前 来なよ~」

性格 悪くない?
(松浦)マジで思ったね。

何なの? あいつ。
(松浦)ってか 男にも

がめつかったよね~。
(小川)めっちゃ嫌われてたよね~。

やめよう!
(小川)神様 ごめんなさい!

今日は
友達の幸せな日だっていうのに。

もう言いません。
(松浦)よくないよ もう。

こういうこと言ってると
うちらが 罰当たるから。

今日は 駄目。 ねっ。
(松浦)よかったじゃん 幸せそうで。

まあね~。

でもさ
旦那の顔 厚揚げみたいじゃない?

やめとけ!
(小川)何か四角くて。

ぱっとしないよね。
(小川)カッコ良くないよね~。

やめよう!
(小川)神様 ごめんなさい!

(松浦)
とっても すてきそうな人です。

優しい人が 一番です。

私だって 結婚したいよ もう。
でも カナはさ

まだ 元カレ カズキのこと
引きずってんでしょ?

まあね 色々あったけどさ
忘れらんないのよ。

正直 今でも 結婚するなら
カズキしかいないって思ってるんだ。

ねえ もう 別れて4年でしょ~。

惨めだぞ!
(小川)もう! お前もな!

どういう意味?

あっ ねえ サオリ空いたから
私 しゃべってきていい?

行ってきたら?

(松浦)指さすなよ もう。

何の話 してんのよ あれ。 えっ?

何か言っちゃったんだ。

(小川)調子 乗った。
(松浦)何やってんのよ。

(小川)神様 ごめんなさい。
(松浦)あれっ?

あれ カズキじゃない?
(小川)カズキ 来てんの!?

好きな人じゃん。 こっち 見てるよ。
(小川)やだ。 無理 無理…。

来た 来た…。
(小川)勘弁して 勘弁して!

はい。 んっ?
あっ お久しぶりです。

えっと ごめんなさい。 誰?

(松浦)だるっ! 強がんなよ。
(小川)カズキか。 久しぶり。

だって うちらさ 別れて ちょうど
4年と5カ月2週間だもんね。

めちゃくちゃ
覚えてんじゃねえか!

ってか ユミです。 ユミ 来て。
(松浦)久しぶり。

っていうかさ こうやって見ると
2人とも まだ お似合いだね。

ねえ やめて。
もう うちら 別れてっから。 ねっ。

あっ… あっ ごめん。

押すな!
(松浦)押してないんだけど。

全然 押してないんだけど。
(小川)やめろ。

カズキさ 今 彼女いんの?

バカ! やめろ もう。
バカじゃん。 バカ もう。

あっ もう結婚したんだ。

私? 私 今 いい人 いるよ。 うん。

えっ? 何これ? 誰? 奥さん?
カワイイ カワイイ。

ってか うるさい。
あっち行け あっち行け!

一緒に死んでくれる?
(松浦)早まらないで!

(泣き声)
(松浦)早まらないで。

もう 2人で飲み直して帰ろう。
(小川)うん。

私 庄やの飲み放題クーポン あるから。
(小川)ホント?

ってか ムカつくんだけど!
あんな 私に 幸せ 自慢する!?

あんなやつさ
不幸になればいいんだよ!

やめよう!
(小川)神様 ごめんなさい!

どうしようもないくらい
好きでした。

あんた カワイイよ。

はい~!

映画 『真夜中乙女戦争』が
本日より 全国公開となります。

この作品は
平凡で退屈な日々を送る青年が

自分自身と東京を
破壊するまでの

夜と恋と戦争を描いた物語です。

最悪なハッピーエンドを
ぜひ 劇場で お確かめください。

[カルトな人気を誇る…]

どうも ランジャタイです。
お願いします。

あの~ iPhone 知ってますか?
(伊藤)知ってますよ。

iPhone 知ってますか。
(伊藤)最強の電話でしょ。

はい。
あの~ まあ ここだけの話

作り方 分かっちゃって。

(伊藤)作り方 分かったの?
(国崎)ここだけの話。

あの~ 早速 いきます。
(伊藤)今?

作ろうと思います。
今 作ります。 いきますよ。

iPhoneの作り方。

キュッ キュッ キュッ キュッ。
シャーッ。

(伊藤)あっ 水 出してね。
手 洗って。 精密機械だから。

シュッ シュッ シュッ。
(伊藤)泡 出した。 泡。

シュッ シュッ シュッ シュッ。
(伊藤)泡 こんもりじゃない。

シュピッ…。

ベチャッ!

えっ?
のって こすって 何やってんの?

(国崎)
ボーッ! あちっ! あちあちっ…。

火 出て… 火が出て…。
(国崎)あちっ! あちあちっ…。

パカーッ! ボトーン!

はい~!
(伊藤)えっ!?

これです。
(伊藤)できたの? 今。

何で できたの?
(国崎)見た? シュッ シュッ。

ベチャッ!
(伊藤)また…。

ボッ! あちっ! あちあちっ…。
(伊藤)また作ってる。

(国崎)パカーッ! ボトーン!

はい~!
(伊藤)何で!?

これです。
(伊藤)2個目!?

何で できたの? 分かんない。
(国崎)五木さん 五木ひろしさん!

(国崎)ガラララ…。
♬「よこはま たそがれ」

(伊藤)五木ひろしさん?
(国崎)五木さん!

作るの見てた 五木さんが。
(国崎)♬「たそがれ」

♬「よこはま」
カシャッ カシャカシャッ。

あっ 作りたてのiPhoneで
写メ 撮って…。

大成功~!
(伊藤)何が?

(国崎)見た?
(伊藤)何で できたの?

分かんない? どこが分かんない?
(伊藤)全然 分かんない。

どの辺から ここに できてたの?
ここの上が知りたい。

パカッの上。
(国崎)五木さんのとこか。

(伊藤)五木さんのとこじゃない。
(国崎)五木さんの…。

ガララ…。 ここか? ここ。
(伊藤)見てただけだから五木さん。

(国崎)♬「よこはま」
(伊藤)iPhone 作ってる方。

五木さんは 見てた…。
(国崎)iPhone… えっ!

はしょってたわ。
(伊藤)何?

途中から やってた これ 作り方。
(伊藤)そうなの?

ホントは 最初 あるのよ。
(伊藤)それ見たら 分かる?

俺 カラスにつままれるの
やってないよね?

やってない。
(国崎)つままれたら 東京タワー

ぐるぐる回るの やってないよね?
(伊藤)知らない。

見てて。 はぁ~。

バサバサッ。 何だ!?
(カラスの鳴きまね)

カラス。
(国崎)あ~っ!

ヤバ~ッ! ヤバい ヤバい!

東京タワーね。
あっ あ~っ! 近~い!

333m。
(国崎)回らないで! 回らないで!

(カラスの鳴きまね)

あ~っ! ブシューッ!

大丈夫?

キュキュッ。 シャーッ!
(伊藤)こっから 一緒じゃん!

東京タワーの下でやってたの?
これ。

あちっ! あちあちっ! あちっ…。

パカーッ! ごにょごにょ…
ボトーン!

♬「よこはま たそがれ」
(伊藤)えっ 五木さん 出てきた。

♬「よこはま たそがれ」
(伊藤)五木ひろしさんが出てきた。

どういうこと?
(国崎)ありがとうございました。

(池田)えっ!?

すごいね。
今日は すごいね やっぱ。

さあ エライザさん
気になった方 いましたか?

そうね。

ネタ作りとか
ネタ合わせでいうと…。

っていうところが すごいね。

何か…。

ダウ90000。

まっすー どうですか?

どうっすか? エライザさん。
分かります? 何となく。

Source: https://dnptxt.com/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事