出典:EPGの番組情報

情熱大陸【ポップスピアニスト/ハラミちゃん▽全身全霊!ストリートから武道館へ】[字]

チャンネル登録者数191万人!総再生回数は4億5000万回超!!初の生配信からわずか2年で辿り着いた“夢の場所”―彗星の如く現れたシンデレラガールの愛される理由

番組内容
街角に設置された“ストリートピアノ”を満面の笑みで弾き、多くの人々を虜にしている女性、それが『ハラミちゃん』。日本各地の“ストリートピアノ”を巡る彼女が演奏するのは、人気のポップスソングのカバーがほとんど。自身のYouTubeチャンネルは登録者数191万人(2022年1月時点)、ビルボート週間総合ランキングで1位を獲得。さらに様々なメディアに引っ張りだこ!まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの“時の人”だ。
番組内容2
2022年1月4日、ライブの聖地である武道館に立つことが決まった。初の生配信からわずか2年で辿り着いた“夢の場所”。大舞台で披露する曲を、何度も演奏し自分らしいアレンジに仕上げていく。X JAPAN・YOSHIKIとの対談や歌手AIとのコラボ現場…全身全霊で鍵盤を叩くポップスピアニストの姿に「人気がある理由が分かった」と語るほど。シンデレラガール…だけでない『ハラミちゃん』が愛される理由とその秘密
プロフィール
【ポップスピアニスト/ハラミちゃん】 兄の影響で4歳からピアノをはじめピアニストを目指す。 厳しい練習を続けるも先生の一言でピアニストの道を断念。 音楽大学を卒業後、自立のためにIT企業に就職するも、働き過ぎて体調を壊し休職。 2019年。休職中にたまたま訪れた東京都庁のストリートピアノで演奏。 その動画をYouTubeで配信したところSNSを中心に話題となる。
プロフィール2
以降、ストリートピアノを中心にピアニストとしての活動を開始。 ピアノカバーアルバム「ハラミ定食~Streetpiano Collection~」はビルボート週間総合ランキングで1位を獲得。 YouTubeチャンネル登録者数は190万人を超えるなど、大人気となっている。
制作
【製作著作】MBS(毎日放送)
公式HP
【番組HP】 http://www.mbs.jp/jounetsu/
関連公式URL
【ツイッター】@jounetsu 番組の感想に#jounetsuをつけてください! http://twitter.com/jounetsu 【フェイスブック】 番組公式ページへの「いいね!」もぜひ! http://www.facebook.com/jounetsutairiku 【インスタグラム】 フォロー宜しくお願いします! https://www.instagram.com/jounetsu_tairiku/
おことわり
番組の内容と放送時間は、変更になる場合があります。

ジャンル :
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
音楽 – 国内ロック・ポップス
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. ハラミ
  2. YOSHIKI
  3. 自分
  4. お願い
  5. AI
  6. ピアノ
  7. ストリートピアノ
  8. 演奏
  9. 彼女
  10. YouTube
  11. ホント
  12. 楽曲
  13. 人生
  14. 拍手
  15. アイーン
  16. アレンジ
  17. お草履
  18. カバー
  19. コマネチ
  20. スタッフ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

TBS
created by Rinker
En_sky
¥2,772
(2022/01/23 23:06:42時点 Amazon調べ-詳細)

<自分が自分であるために…>

<例えば 髪を染めることに
こだわってきた>

<ポップスピアニスト
ハラミちゃんは よく笑う>

(ハラミちゃん)ハハハハハハ!

あまりにも親近に…

<そして 帽子>

フハハハハハ…!

笑われるかな

あっ でも何か…
おしゃれっすね

ニット帽

そうなんですよ

♬~

<2年前に始めた
YouTubeへの投稿が人生を変えた>

<ストリートピアノの演奏を
配信して 評判を呼び

今 チャンネル登録者 191万人>

<総再生回数は
4億5000万回を超えている>

ハラミの
生配信の時間でございま~す

<無名だった彼女は
瞬く間に人気者となり

雑誌の取材は もとより

テレビやラジオからも
声がかかるようになった>

…今でも

<どれほど忙しくなっても
ストリートピアノはやめられない>

<街角には 喜んでくれる人の
手触りがあるから>

ナハハハ…

ハラミちゃん?
あぁ…

お願いします

<足を止める人々の前で

彼女が 最も自分らしくいられる
時間が始まった>

<知らない曲を
リクエストされても

一度メロディーを聴けば

即興のアレンジで
弾きこなしてしまう>

♬~

<ピアノで みんなを笑顔にしたい>

<それは 幼い頃から
思い描いてきた夢だった>

♬~

うわっ まぶしい うっ

<今年1月には

なんと 日本武道館での
ワンマンライブまで実現させてしまった>

<一体 何が どうすごいのか>

<ハラミちゃんの魅力を
のぞいてみよう>

♬~

<去年10月>

<年明けの武道館ライブに向けて
写真撮影が行われた>

<初春のおめでたい雰囲気に
合わせて 振り袖姿>

<ハラミちゃんは
どんな時でも 何だか楽しげだ>

いいですよね
はい

あっ ごめんなさい ごめんなさい
ごめんなさい ごめんなさい…

お草履… そう…

お草履がね

あっ そうなんですね

<ちなみに 身長171センチ>

<子供たちが まぶしげに見上げて
行き過ぎていく>

<この日は YouTubeで公開する
コラボ企画のリハーサル>

はじめまして
(AI)はじめまして~ どうも

よろしくお願いします
よろしくお願いします

<実力派で知られる歌手・AI
じきじきのオファーとあって

さすがに緊張していた>

ありがとうございます
ありがとうございます

いや よろしくお願いします
よろしくお願いします

そう!

そう! よく言われるんです
ねぇ!

<弾き始めたのは
AIの代表曲「ハピネス」>

<リハーサルは 初顔合わせとは思えない
完成度だった>

♬「街中が光に包まれてく」

♬「君の所にも届いて欲しい」

♬「輝く粉雪… This Winter」

♬「また君を笑わせたい」

♬~

<エモーショナルなピアノに応えて
歌声も ひときわソウルフルに>

♬「君が笑えば この世界中に」

♬「もっと もっと 幸せが広がる」

♬「君が笑えば すべてが良くなる」

♬「この手で その手で つながる」

♬~

(AI)いいですね

(AI)そういう感じか
やっぱ ホントだね

うれしい

そうですか?
はい

ハハハハハハ!
まぁ いいけど

(AI)それに まただまされて
来たら もう

何だ だまされた…
ハハハハ!

あっ こんにちは
(スタッフ)よろしくお願いしま~す

あっ いらっしゃいませ
(スタッフ)失礼しま~す

<聴く者の胸を揺さぶるような
ハラミちゃんの演奏>

<秘密の一端は
楽曲のアレンジにある>

<両親と暮らす家で
そのプロセスを知ることができた>

(スマートフォン)♬~

<取り組んでいたのは
クイーンの「Bohemian Rhapsody」>

<武道館で演奏する予定の一曲だ>

♬~

<クラシックピアノを学んできた
彼女は

楽曲の解釈の深さが 演奏の質を
決めることを知っている>

<歌詞やメロディーに込められた
感情のうねりを

鍵盤だけで どう表現するか>

<納得がいくまで 試行錯誤>

♬~

<つまり 彼女は

原曲に
新たな命を吹き込んでいるのだ>

ここは 「震えてる」
「痛みが走ってる」って ホントに

自分の顔も
何か つらくなっちゃうし

音も キュッて つらくなるけど

ここは 急に固い決意に

「Goodbye everybody」って
急に グッバイするから

何か それに やっぱ 自分もついて
いかなきゃいけないっていうか

切り替えなきゃいけないとか
何か…

自分も楽しいし

<4歳でピアノを習い始めた>

アイーン コマネチ
アイーン コマネチ

ニャンニャンニャン よ~し

<何よりも
人を喜ばせるのが好きだった>

♬~

<上達すれば褒められる>

<褒められたくて また練習>

♬~

<だが
ピアニストとして身を立てるのは

並大抵のことではない>

<進路に悩み
思い切ってIT企業に就職>

<がむしゃらに働いて
評価されたものの

無理がたたって体調を崩す>

<3か月 家に引きこもった末に
会社を辞めた>

何か 自分の性格的に…

何か… そん時は もう ほぼ
SNSとか 見れなくって

何か 見たら みんな やっぱ
ちゃんと働いてて

まぁ 結婚してたりとか

何かこう 人生のステップが
どんどん みんな 進んでる中

自分は…

何か…

みたいな感じで もうずっと…

つらかったし

<その時期に出会った
ストリートピアノ>

<無性に弾きたくなった>

<自分が好きな曲を
好きなように…>

<ポップスピアニスト
ハラミちゃんは

こうして生まれた>

<学生の頃

音楽サークルで知り合った
親友とは

今もスケジュールをやり繰りして
会っている>

<一時はバンドを組んで
活動したこともある

旨山夕稀さん>

<ハラミちゃんにとっては

頼れるお母さんのような

存在らしい>

芸能界に染められそう
染められる

大丈夫? その回答

全然 変わってない…

だから 何か…

<音楽の自由さに目覚めたのも

夕稀さんたちと過ごした
日々だった>

ハハハ…

<人気が高まるにつれ

憧れの人に会うチャンスも
増えてくる>

<この日は
誰もが知るアーティストとの

オンライン対談に
ドキドキしていた>

うわぁ~ 緊張する
(男性)大丈夫ですよ

ヤバい… あぁ~

ハラミちゃんって
発してるのがヤバい

本日は なんと超 超 超ビッグな
ゲストの方に来ていただいております

こんにちは~
(YOSHIKI)どうも~

よろしくお願いします
よろしくお願いします

<X JAPANの楽曲は

これまで ストリートピアノで

繰り返し弾いている>

<だから YOSHIKIが作る
メロディーの緻密さも

知り尽くしていた>

やはり…

アハハ… そうですね

えっ!? いやいや ちょっと…

こう やっぱ ピアノを
ちっちゃい頃からやっている

自分からの意見で ちょっと
おこがましいんですけど

何か やっぱ こう…

私がYOSHIKIさんって
すばらしいなって思ったのが…

それが 何でこんな自然に

何か 最初のスタートラインに

戻ってくるんだろうっていうのが
何か ものすごい 何か…

それがもう YOSHIKIさん
ザ YOSHIKIさんが作る世界観で

すばらしいところだなと
思いながら

弾かせていただいてます
ありがとう うれしい!

<ハラミちゃんが
愛してやまない一曲を

YOSHIKI本人の前で
演奏することになった>

はい お願いします

あぁ~! はい 頑張ります はい!

<選んだ曲は「紅」>

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

(拍手)

(YOSHIKI)すごい!
ありがとうございます

(拍手)

(YOSHIKI)すごい!
あっ ありがとうございます

あっ ごめんなさい 帽子が…
すいません

すごい!
ありがとうございます

やっぱ YOSHIKIさん
ご本人の前では

一番 最高な「紅」を弾きたいなと
思って準備してたので

今 ちょっと 無事終わって
何か ちょっと 泣きそうです

ありがとうございます
(YOSHIKI)いや 僕も泣きそう

ごめんなさい すいません
(YOSHIKI)僕も泣きそう

(YOSHIKI)
あの~ 何か その もちろん…

(YOSHIKI)ホントに
涙 出てきちゃった 俺

<武道館ワンマンライブ当日>

<観客として
何度となく足を運び

息を凝らして
見つめてきたステージに

今日 上がる>

<どこか 不思議な気分だった>

何か…

アハハハハ…!

<確かにそこは 特別な場所だろう>

<でも ほとばしる音の渦は
ふだんと同じように熱かった>

♬~

♬~

♬~

<彼女は言う>

<私は ずっと
カバーをしていきたい>

<カバーのほうが
ピアノの魅力を

より多くの人に
伝えられると思うから>

♬~

(拍手)

<驚いたことに
翌日 ハラミちゃんは

街でピアノを探していた>

あっ あった!

<武道館の
ワンマンライブを終えた翌日

ハラミちゃんは また

ストリートピアノに
吸い寄せられていた>

上手だよ 上手だったよ

<初めてYouTubeに投稿した
「前前前世」>

♬~

<人生は変わる>

<けれど 大切なことを
変えるわけにはいかない>

<明日は どこに
音楽の楽しさを届けよう…>

<動くピクトグラム
だけじゃない>

<涙まで出る 不思議な世界>

Source: https://dnptxt.com/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事