出典:EPGの番組情報

TOKIOカケル【竹内涼真がNGなし衝撃告白連発…自宅で裸!!▽貴重!城島熱唱】[字]

大人気!竹内涼真が(秘)私生活ぶっちゃけ告白連発!!家ではパンツ一丁…謎の紳士会とは…渋谷ハロウィーンで赤っ恥▽話題のチャゲアス熱唱再び…貴重!城島&はるかと夢コラボ

番組内容
TOKIOのメンバーと超一流ゲストが「友情を育んでいく」をコンセプトに“お友達”だからこそ聞ける!話せる!力の抜けたぶっちゃけトークや、オリジナル企画を展開していくバラエティー番組『TOKIOカケル』。
今回の“友達ゲスト”は、2回目の出演となる俳優の竹内涼真!そして女性代表ゲスト、通称“エンジェルちゃん”としてハリセンボンのふたりが登場!
番組内容2
ゲストの知られざる一面を引き出す「友達ってことで聞いていいですか?」のコーナーでは、竹内が休日のルーティンを公開する。驚きの習慣や、意外な一面など、普段テレビでは見られない竹内の素顔に、スタジオは大盛り上がり!そして、20歳で芸能界入りした竹内が初めて暮らしたという家の思い出話では、今だから話せる爆笑のエピソードが飛び出す!
番組内容3
さらに、前回の放送でハリセンボンの箕輪はるかとデュエットし、驚きの歌唱力を披露した竹内。その第2弾も披露するなど、盛りだくさんの内容でお伝えする!
出演者
TOKIO 

【友達ゲスト】
竹内涼真 

【エンジェルちゃん】
ハリセンボン
スタッフ
【チーフプロデューサー】
清水泰貴 

【プロデューサー】
五十嵐剛 
鈴木浩史 
疋田雅一 
増谷秀行 

【演出】
加藤智章 

【制作】
フジテレビ第二制作部

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 松岡
  2. 近藤
  3. 城島
  4. 涼真君
  5. ホント
  6. 結構
  7. 箕輪
  8. 自分
  9. ASKA
  10. CHAGE
  11. 街角
  12. 仕事
  13. 紳士会
  14. ジャン
  15. カード
  16. カッコイイ
  17. コーヒー
  18. ハロウィン
  19. ライダー
  20. 時間

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

created by Rinker
¥2,530
(2022/01/26 23:04:26時点 Amazon調べ-詳細)

(国分)さあ 本日のゲストは
竹内 涼真さんでーす。

(竹内)お願いします。
いや うれしいですね~。

約9カ月ぶり。
(近藤)うわ~!

あっという間に来てくれましたよ。
(松岡)どうしたの?

今 ホントに
山 こもってるみたいな設定で

サバイバル中でして…。

ワイルドになられて。

ということで エンジェルちゃんは
ハリセンボンのお二人です。

(近藤・箕輪)お願いしまーす。

で タイトルコール 実は 僕が
もう あだ名は 考えて…。

(松岡)付けてんだ!?
だって 前回も やってるから。

ということで 今回も
これで いきたいなと思います。

涼真君に 友達ってことで
聞いてもいいですか!?

OK。

「マネジャーが
1回 家に 遊びに来たときに

『女っぽ!』って言われて 部屋を」

「何か 気付いたら ドライフラワーとか
すごい ぶら下げてて」

「自分では それが すごく心地いい
空間になってたんですけど」

(松岡)「うわ~ 奇麗!」
「これ 僕の水槽なんですけど

結構 いい値段するんですよ」
(城島)「どれぐらい するんすか?」

(松岡)「高い。 2万円もすんの!?」

「最近は ひげ 生やしたり
してたんですけど」

「ホントは

下ネタも がんがん 言いたいし…」

「そんな 真面目な顔して…」

「でも 言えないじゃないですか。
インスタの 僕の関連画像なんて

おっぱいしか
出てこないですからね」

「筋肉 おっぱい スポーツカーか
みたいな」

「竹内おっぱい涼真なんだ」

あ~ これ…。

「これ 涼真君
間違えたら どうしますか?」

「Twitterで 自分が おっぱい 好き
ってこと つぶやきますか」

「いやいや…」

「正解は こちらです!」
「頼むわ」

「正解は フカヒレ!」
(松岡)「いいぞ!」

「うわっ!?」

「恥ずかしーい! 恥ずかしーい!」

(近藤)「ツイートだ! ツイート」

♬「抱き合う度にほら」
(箕輪)♬「-secret river side-」

♬~

こっから 歌 始まった…。
そうそう そうそう。 こっから。

そうなんですか!?

こっから ディズニーになって
ミュージカルになって…。

盛りだくさんっすね。

いや~ 色々 あるんですよ。
(松岡)ていうか これ

1回分の放送ですよね?
信じられないよね! この撮れ高。

(松岡)10回 来てくれてるみたいな
ボリューム ありますけど。

濃厚!

でも でも 罰ゲームでね
松岡は Twitterで…。

(松岡)これ あんとき
僕も 涼真君も 舞台稽古中で。

で 舞台の稽古の途中で

僕は 間違えました。
アワビでございますって。

(松岡)次の日かな? オンエアの。

次の日に やりました。

えっ… 先輩 さすがだなと思って。

(松岡)やってないってこと!?
たぶん 同じ稽古中で 僕…。

で いろんな人から
「つぶやかないの?」って来て。

えっ!? ヤベえ! そうだと思って
でも 何か 翌日になっちゃって。

このタイミングで つぶやいてないの
ちょっと いけねえなと思って

そのまま 僕 つぶやいてないっす。
今の説明は 良くないのは

俺は 稽古中で 集中してたから
みたいな…。

今 二度 駄目だよ!
これ 集中してないでしょ?

僕が 完全に忘れてたのが
悪いんです。

俺ね やっぱ…。

1枚 選んでください。
じゃあ 一番右下から。

ジャン!

まあ 色々とね
詳しくなってきましたけども。

涼真君のね… まだまだ プライベート
知らないじゃないですか 私たち。

なんで 休みの日の 一日のルーティンを
事前に聞いております。

それを 円グラフにしてるんで
見ていきましょうか。 こちらです。

12時に寝て
7時半ぐらいに 起きるんすか。

休みの日でも?
休みの日も 早起きします。

(松岡)偉いな~。
20代 なりたてとか 前半は

あの… 昼まで寝ちゃったりとか
してたんですけど

それって もったいないなって
気付き…。

で もう ホント ここ 3~4年は
早く起きるようにしてます。

(松岡)すごいな~。
ちなみに…。

僕 服 着ないんですよね。
(近藤)うわっ! あら~!

あらま~!
(松岡)街角のおばはん…。

(松岡)パンツも はかないの?
はかないですね。

それ でもさ…。

そうなんすよ。
(近藤)あらま~!

(近藤)あらららっ! あらま~!

(松岡)いやいや 街角! 街角!

(松岡)街角の…。
街角…。

でもね 寝る直前に じゃあ
全部 脱ぐってことなんですか?

ホントのベストの状態は…。

え~!
それ いつからなんですか?

ずっと ちっちゃいころから。
服 着ないんですよね。

もう 生まれた そのころから
みたいな…。

もう ターザンじゃん!

朝 起きたら 服を着るんですか?

じゃあ コーヒータイムの コーヒーの時間は
パンツ一丁で コーヒーなんすか?

そうです。 まず 起きて

朝 一番最初 トイレ 行くんですよ
トイレ 行ってから

パンツをはいて コーヒーを
入れるとこから 始まります。

いつ 服 着んの!?
服 着るのは

ホントに 家 出る前です。
えっ!? じゃあ 朝食も

パンツ一丁で 食べてるってこと?
はい。

いやいやいや… 普通でしょ!
普通だって。

(近藤)だって 朝食で 例えば
目玉焼き 焼くとかんときに

パンッ! とか 跳ねたら 裸に…。
それ なりますよ。

とか なりますけど。
でも 着ない!?

着ないです 着ないです。
パンツ一枚で 料理!?

トレーニング。 11時半から。

そうですね。 1時間半ぐらい。
これは 家でですか? 外で?

僕は 必ず 外で
行ってるとこがあって そこで。

(松岡)すごい。
みっちりですね 1時間半は。

1時間半。 長くて 1時間半で

だいたい
1時間ちょっとなんですけど。

ほぼ 撮影がない日は
行ってる感じですか?

行ってますね。 もう…。

(城島)「記憶 飛ぶぐらい」!?
(近藤)やり過ぎじゃないすか?

たぶん 僕は 日ごろのストレスとか
仕事で うまくいかなかった

チクショーみたいなのを ここで
発散してるんだと思うんですよね。

ストレス発散。
ロッカーの鍵を 毎回 ジムって

自分で設定して ロックして
で 帰ってきたら

おんなじ番号 入れて
開けるシステムなんですけど…。

(松岡)番号を? 番号なんて でも
いつも 一緒じゃないの?

なんですけど 何か たまに
その… 自分で こう…。

9ダイヤルまで あるんですけど
それが 4列あって。

上に回すと 1なんですよ
下に回すと 9になるんです。

それを
逆にしちゃってるときがあって。

下に回すと 1って 自分で
勘違いしてるから 9になってて

それ 自分が分からずに
トレーニングしてて。

もう 何か 半べそ かきながら
終わって… 開かない! みたいな。

みたいな 毎回…。
(松岡)ちょっと待って。

ストレスを抜くために
トレーニングをして

まず 1発目のストレスは
そこで くるのね!?

それね でもね
涼真君が いけない。

その後 休みの日でも やっぱ
台本は 読んだりするわけですか。

でも そうですね。 読みますね。
何の台本を読むの? 映画とか?

今 やってる ドラマの台本とか…。

お昼ご飯 食べて そのまま
家に帰って 本読みするか

どっか カフェとかに…
よく行ってるとこに 行って

そこで 色々 修正するか。

これ 家でね
台本を読んでるときって

黙読ですか? それとも やっぱり
ちょっと せりふっぽく

しゃべったりとかもするんすか?
家のときは 声 出してるかも…。

たぶん。 でも…。

そうっすよね。
でも 出してるときあんのかな?

(城島)無意識にね。
(近藤)話の内容によってはね

結構 ヤバいとき ありますよね。
今 ゾンビと戦ってるわけだから

結構な内容を 言ってますよね。

(松岡)いやいや…
そんなベタな せりふ…。

(松岡)そんな… 『仮面ライダー』だよ。
昭和の特撮。

(松岡)「出たな! ショッカー」みたいな。
ものすごい 説明ですね。

(城島)これ…。

これはですね 例えば 本 読んで
家 帰るじゃないですか。

帰った後は お風呂に入るまでは
着てるんです。

(松岡)なるほど。 お風呂 入ったら
クリーンになってるから いいんだ?

はい そうです。

紳士会ですよ その後。
(松岡)これ 気になりますね。

僕らが… 3人組なんですけど
紳士会って ただ 呼んでる

男… 44歳の バーのマスターと

あと 32歳の 俳優もやってて
演技の先生もしてる…。

3人で集まって
俺たち 紳士会だよね みたいな

ダサい会があるんですけど。

(松岡)それを 何か
奇麗にすんのが お前の仕事だ!

例えば… じゃあ 昼ご飯 食べて
コーヒー 飲み行くっていうときに

なぜか
スーツで決めて 行ったりとか。

自分が 今日 一番のお気に入りの
時計を着けてって

コーヒー 飲みながら 時計を…
ずっと そればっか 話してるとか。

仕事のストレスの おかしくない?
どう思います? みたいなのを

延々と やるみたいなのを
僕らは 紳士会と呼んでます。

でも いいですよね。 その3人が
楽しいわけですからね それはね。

で おいしい物を食べたりする
ってことですね。

結構 別れんの 早いっすよね。
20時には バイバイってなるんすね。

これが 次の日に 仕事がなければ
その おんなじ話を 延々と

朝の3時ぐらいまで
するときもあるし

ただ これは
次の日 仕事っていう体なので。

で もう 帰ってきたら
すぐ とにかく 裸になりたいから。

そう。 ばーって 脱いで。
お風呂に入って。

この日は 仕事の準備ってことは
もう1回 台本 読んだりする?

そうですね。
うわっ すごっ。

(松岡)紳士会の後に できるんだ?

紳士会をやると
はかどるんですよ。

ものすごい 高揚しちゃって。
やっぱり 俺たち やってること

間違いじゃないよなって 確認して
最高潮にいった…。

紳士会 大事だね。
大事なんすよ! 欠かせないです。

ホントだ! こう見ると…。

てのが 大事だってことが
分かったよね。

(松岡)俺も 脱ごうかな。
ぜひ ぜひ。

では 次のカード いきましょうかね。
じゃあ その上 いきます。

ジャン!

これ 私ですけど 涼真君の
してそうなことを 私たちが考え

それが ホントかどうかを
聞くっていうような。

(松岡)でも ちょっと いっぱい
話してくれちゃってるから

答え合わせになっちゃうね。
それでいうと 僕は

涼真君は さっきの お風呂の話の
つながりになるんだけど…。

だなと思ったんですよ。
昔の 加山 雄三さんみたいなね。

そういうようなことを
してそうですけど どうですか?

リンゴじゃなくて…。

(松岡)惜しかったね。

(城島)お風呂つながりっていうと
シャワー ぱっと出すじゃないですか。

最初 水から出るじゃない。
その…。

ずーっと お湯になるまで。
で こうやって 当ててるって感じ。

どうですか?
もう 絶対 嫌で。

もう 最初の水が。

何か あれって

あったかくなる瞬間って
毎日 安定しなくないですか?

あ~ マンションの あれによって
違いますね。

朝とか 仕事の前とかって
せかせかするじゃないですか。

で 冬場とか
やっぱり 水を掛けたくないから。

シャワー 流してても 跳ね返りの
水とかも 冷たいじゃないですか。

嫌なんですよ。

(松岡)それすら 嫌なんだ。
嫌なんで あらかじめ

シャワーを出しといて…
あったかくなるのを待ってから

お風呂に飛び込んで 浴びたいんで
先に出しといて

洗面所で
色々 したりするんですよ。

で だいたい これぐらいで

あったかくなってるだろうという
時間で 入るじゃないですか。

そしたら 冷たいとき あって。

(松岡)ちょいちょい
イライラしてるよね。

何で 今日は
まだ あったかくないんだ? と。

どういうことなんだろう?
っていうのは 毎日 ありますけど。

(近藤)何か こう…。

一見ね 強いので がって
いきそうだけど ホントは…。

どうですか?
やわらかっていうか。

(近藤)自分のとこのシャワートイレが
強めになってると 「何なんだよ!」

出るときは 強めに戻すっていう。
俺 強いので いったぜっていう。

(城島)あるんだ。
(松岡)ちゃんと 持ってるね。

あの~… 例えば 都内の

わりと 奇麗なショッピングモールとかの
トイレとかって

ウォシュレット しっかりしてるじゃ
ないですか。 で おそらく…。

したまんま 出てってしまった。

で 僕も ウォシュレット
使いたいなと思って。

ただ いろんなとこによって
強の度合いが 違うので…。

(松岡)メーカーによっても 違うから。
違うじゃないですか。 でも…。

(近藤)「挑んできてる」!?

挑んできてるんだから…。
(松岡)戦いなんだね。

挑んできてるんだから
これ 小にして 弱いな みたいの

負けてないかなと思って
1回 強で やってみるんですよ。

だいたい 強過ぎて あっ! って
なりながら 弱めにするんです。

(松岡)今さ こうやったけどさ
ボタンで 強くしてくやつとさ

電話の… これ! これ!

これ 強くない!?
強いです! 強いですよ。

これ ヤバいよね。
(近藤)幅 広いですもんね。

また ホントに いいとこに
当たるとき あるじゃないですか。

(松岡)お~! っていう。
チューン! っていうね。

持ってるな エピソード。

あれ どうですか? その~…。

そこまで ワイルドじゃないんじゃ…。
もう チンしない。 あっためない!

めちゃくちゃ あっためますよ。

終了! 終了でーす。

さあ では
カード いきましょうか。

ジャン!

(城島)これ 私なんですけど
色々 お話 伺ってて

こだわりは あるじゃないですか。

一番最初は どうやったんやろな
っていう。 こだわったのかなって。

[二十歳で 芸能界入りした
涼真君]

で 『仮面ライダー』が
決まったんです。 主演で。

『ライダー』 毎日 撮影で…。

5時半とか 5時に
東映撮影所… 大泉学園に

入らなきゃいけないので さすがに
実家から通うのは 厳しくて

東映の近くに マンションを借りなきゃ
いけない状況になってしまって。

(松岡)みんな 言うね それ。
(城島)電車がないから。

で こだわりとかも なく
そのマンションで…。

一応 オートロックが
1個 付いてるのと

あとは ホント 一番安い部屋を。

5万… 5万円。

で 6畳一間で ユニットバス。

どのぐらい 住んでたんですか?

(松岡)要は 『ライダー』のために。
『ライダー』のために 1年…。

あと 終わってから 少し…
半年ぐらい。

いい思い出ですか? その部屋は。
いい思い出ですね。

(松岡)ライダーハウスだもんね。
結構 他の戦隊の方も…。

あっ あなたも住んでたんですね
みたいなことも 結構 あって。

皆さん そこ 通るみたいで。

そうだと思います。
ヒーロー… そうだよ!

スーツアクターの方たちが ぞろぞろ
みんな そこにいるっていう…。

[そんな…]

[時効だから話せる
ハロウィンのときの

ヤバいエピソードを
ぶっちゃけてくれたよ]

そういう…。

都内の 渋谷とかの雰囲気は
やっぱ 感じるわけですよ。

で それに高揚して…。

(松岡)どうしたの?

ハロウィンで ライダーチームで
集まろうってなって…。

17時ぐらいに終わって

おのおの
そこの ご飯屋さんっていうか

お酒が飲めるとこに
集合しようってなって。

ヒロインとか ちょっと こう
ゾンビのメークしたりとか

何か みんな ちょっと
かわいくやってたりして。

何か 俺も やんなきゃなと。

野面で… ハロウィンやるって
言ってんのに。

しかも 初めて 渋谷とかの
ハロウィンに触れる。

ちゃんと やんなきゃと思って。
ただ 『ライダー』終わって すぐで

僕が 一番 撮影 遅かったんで
時間がなくて。

そしたら…。

(松岡)まあ… たぶん 敵でしょ。
はい。 たぶん。

て なぜか 思って。

うん。 それを?
これか? と思って。

で 当時の 『ライダー』のメークさんに
全部 金に塗ってもらったんです。

顔を。

でも それ 大泉でしょ?
時間かかるね そこまで。

(松岡)どうやって行ったの?
大泉で塗って…。

(松岡)大泉学園から…。
西武池袋線に乗って

池袋まで行って
山手線で 渋谷に行って

ハロウィンしました!
真っ金っ金で。

(松岡)楽しい 楽しい!

で 周りにいた人たちの
リアクションは どうだったの?

塗ったはいいものの…。

これを…。

ましてや
あれっ? 仮面ライダー?

今の 仮面ライダードライブじゃない?
ってなったら

ヤバいじゃないですか。

だから…。

(松岡)あの こうなるとこね!
立たないでくださいってとこね。

そこに立つと 怒られちゃうので
ぎりぎり そこに行かない

連結部分 向きながら
こう 揺れて…。

下 向いてんの?
絶対 バレたくないんで。

(城島)そこで ずっと 揺られてる
金の男って 怖いよね。

しかも 乗り換え あるしね。
乗り換え 大変なんすよ。

でも やっぱり 結構 いたんです。
電車にも。

(松岡)あ~ そっか! もう…。

でも みんな もっと こう
派手な衣装 着たりとか。

(松岡)なら まだね。
山手線には 仲間 いる。

だって テーマがあるじゃない。
自分は 何々になりました。

『スター・ウォーズ』になりました。 みんな
そういう 変装してるじゃない。

僕 私服に 金なんですよ。
(近藤)怖い 怖い!

(城島)何のコスプレか 分からんよね。
(近藤)怖いわ!

それは 怖い!
ずーっと こうやって…。

何じゃ!? そのテーマは!
何で 金にしたのかなって。

では
次のカード いきましょうかね。

ジャン!

これ 僕の質問なんですけど。

僕は…。

実際に 見てもらおうと思って
今日 持ってきたんです。

結構 大変だったんですけど。
おのと なた?

(松岡)だから
ゾンビで 戦うグッズじゃん!

僕 今…。

(松岡)何か もう
『ドラゴンクエスト』の レベル1じゃん!

実際に使ってるのは この2つが
一番 よく使うんすけど。

(松岡)その でかいのとか
何で 買ったの?

一番最初に買ったの この おの。

男らしいなって思うのと

ホントに まき割りを ちゃんと
やりたいと思って 買ったんです。

実際に
キャンプ場 持ってったら…。

結構 重いんすね。 でも カッコイイ。
(近藤)重さで バーンって…。

(松岡)俺も思った。

男らしくないんです。
これを使えば 男らしいんだけど。

ちょっと 持って…
たぶん 似合うと思うよ。

カッコイイ!
すごい。

うわ~!

うわっ カッコイイ!
でも ちょっと 重いでしょ?

思ったより 結構 ありますけど…。

でも これで 振りかざしたら
まきは 割れるなって感じの…。

(松岡)何か 割ってそうだもん。
割ってそう。

(松岡)裸で 上半身。

(松岡)そうだよ。 飾ってんなら…。
えっ?

(松岡)飾ってんなら あげなよ。
使うかもしんないじゃん。

ホントですか!?
いいよ。 だってね…。

(松岡)ということで 国分さんの
プレゼントコーナーでした。

これで 僕は おっぱいが好きだ
って つぶやきます。

≪駄目 駄目 駄目…。
(近藤)変態よ 変態。

[一方 ワイルドなイメージがある
涼真君が

一番男らしいと
思っている物とは?]

[今回 実際に その物を
スタジオに持ってきてくれたよ]

もう これしかないなっていう。

(松岡)また 刃物は 刃物なんだね。
T字。

一番男らしくないですか?
カッコイイですよね でも これ。

竹ですか? 持つ所。

ブルドッグって書いてあるんですけど
このブランド 僕 好きで。

(松岡)使っちゃったの? それ。
これ まだ 新品です。

いい?

物々交換。

どう?

(松岡)ホント それ 似合ってる!

(松岡)それは 涼真君より
あんたの方が 似合ってる。

何なの? みんなで 慰め合って…。
(松岡)それ もらいな。

いや ぜひ ぜひ。
ありがとう。 物々交換が…。

(松岡)同じ刃物っていうのが
くだらない。

刃物って ワイルドな感じ。
(松岡)でも 男の子はね。

じゃ 次のカード いきましょうか。
ジャン!

これは 誰の質問ですか?
(近藤)私です。

(松岡・近藤)あ~。

あと 辛いの。 激辛…。

最悪ですね。
(松岡)いそうだもんね。

食べたら 辛いとかね。

それを言った。

(近藤)え~!?

(松岡)大丈夫ですか?
一回 落ち着こう。

一回 落ち着こう。
(城島)0.5秒 ディレーが起こった。

(松岡)いやいや ちょっとね…。
下手したら 救急車 来てるかも…。

じゃあ
次のカード いきましょうか。

ジャン!

誰ですか? これは。
(箕輪)これ 私です。

(箕輪)先ほどのVTRにも
出ましたけれども

この番組で 結構ね 歌を 歌わせて
いただいてるじゃないですか。

(箕輪)もう いろんな方と。
山崎 育三郎さん

井上 芳雄さんとか 歌わせて
いただいてるんですけども

やっぱ そのスタートになったのが
竹内さんと歌った

チャゲアスの 『LOVE SONG』なんですよ。
確かに そうだね。

あら~。

(松岡)いやいやいや… 街角 街角。

(松岡)変なスイッチ 入った!
変なスイッチ 入っちゃった。

(近藤)
はるかは 涼真が忘れられないの。

(城島)最初の人だもんね。
(近藤・箕輪)そう。

(箕輪)ちょっと
1個だけ お願いがありまして

前回 ASKAさん 歌われて

私 CHAGEさん
やらせていただいたんですけど…。

(松岡)えっ? どういうこと?
でも 涼真君の ASKAさんが

聴きたいよね。
涼真君のASKAさんも いいけど

私も ASKAさんがいいんです。
(松岡)ASKA and ASKA?

(箕輪)ダブルASKA。
(松岡)ダブルASKA?

CHAGEさんの扱いとしては
そういう言い方 駄目だよ。

(近藤)失礼!
(松岡)あのアーティスト…。

天才アーティスト CHAGEさんだよ。
「誰か CHAGE やって」じゃない。

(箕輪)ちょっと 誰かに
CHAGEさんを お譲りしたいんです。

(近藤)
気軽に できるもんじゃないのよ。

歌ったこと あるんですか?
城島さんは ちなみに。

(松岡)この人 あるよ。 俺
この人のチャゲアス 聴いたことある。

CHAGEさん どうですか? じゃあ。

あ~! じゃあ…。

(松岡)
シゲ and ASKAで いいわけでしょ。

[今夜かぎりのスペシャルユニット
涼真君と はるかちゃんの…]

[さらに…]

[『LOVE SONG』です]

♬~

(近藤)いるな。
(松岡)いいな~。 カメラワークがいいな。

♬~

カッコイイな。
(近藤)本物っぽい。

♬~

♬~

(松岡)かっけえ。
ぶっつけ本番!

♬~

♬~

♬~

♬~

♬~

イェーイ! すごい!

(松岡)ちょっと… ちょっと…
ちょっと待って。

(松岡)
そこそこ 成り立っちゃってる。

ぶっつけ本番とは 思えない。

♬~ What? カップヌードル 辛 麺

♬~ は? new カップヌードル

♬~ え? 辛、 辛麺 yeah

♬~ 旨くて辛い 旨い 辛い

♬~ 唐辛子 good お腹 グー グー

♬~ 旨くて辛い 旨い 辛い 旨い

♬~ は? new カップヌードル

♬~ え? 辛、 辛麺 yeah 旨くて辛い

<ぶっかけ焙煎唐辛子 入り。
旨み6 辛さ4 これぞ旨辛 新定番>

<「カップヌードル 辛麺」登場!
他のも よろしく>

いや カッコ良かった。
(松岡)はるかちゃん どうだった?

すごい 良かったです。 もちろん
竹内さんも 良かったですし

CHAGEさんが
何か 本格的過ぎて…。

(箕輪)ありましたね。
(松岡)イェイ イェイ イェイ!

映画 『鹿の王』が
2月4日より 公開いたします。

僕は 謎の病の 治療法を探す医師
ホッサルの声を務めました。

人類と病の 壮絶な戦いを描く
今の時代だからこそ

見るべき作品です。
ぜひ 劇場で ご覧ください。

(松岡)よく出したね。
(城島)高いから びっくりしたね。

でも…。

はい! ということで
ありがとうございました!

[次週 山田 涼介が
衝撃ルーティン 告白!]

[収録後の
城島 楽屋未公開トークは

TVerで 配信! マイリスト登録も
お願いしまーす]

[さらに
涼真君の 驚きのプライベートは

FODで
いつでも 見られるよ~!]

Source: https://dnptxt.com/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事