出典:EPGの番組情報

さんまのお笑い向上委員会【M-1メンバー大集結!タカトシが王者錦鯉に金返せ!】[字]

M-1決勝メンバー大集結!錦鯉&オズワルド&インディアンス!親友タカトシが錦鯉に金返せ!前回覇者マヂラブが初老の王者を心配?オズワルド決勝戦の秘話!

番組内容
笑いの神に挑む芸人たちが集結!お笑い向上長・明石家さんまと共にお笑い界のネクストステージを目指して英知を結集させる“笑撃”番組。
今夜の向上委員会はM-1王者・錦鯉がスタジオに登場!ほかにも、昨年のファイナリスト・インディアンス、ももだけでなく、初代M-1王者・中川家、2020年王者・マヂカルラブリー、司会の今田耕司が揃うなど、まさかのM-1関係者祭りが開催される!?
番組内容2
ゲスト向上芸人としてやって来るオズワルドも昨年のM-1ファイナリストなのだが、熱を帯びたスタジオの空気に飛び込むことはできるのか!さらに、錦鯉の親友・タカアンドトシも登場し、若かりし頃を振り返る昔話に花が咲く!王者になった錦鯉・長谷川雅紀に、今タカトシの2人が伝えたい事とは。
ノンストップで回り続けるカメラの前で、予測不能のトーク展開。すべては“笑い”のため…。お笑い界に嵐を巻き起こす、
番組内容3
ハラハラドキドキの爆笑エンターテインメント!
出演者
【お笑い向上長】
明石家さんま 

【アシスタント】
久慈暁子(フジテレビアナウンサー) 

【ゲスト向上芸人】
オズワルド 

【出演芸人】
飯尾和樹(ずん) 
今田耕司 
きむ(インディアンス) 
陣内智則 
せめる。(もも) 
タカ(タカアンドトシ) 
田渕章裕(インディアンス) 
剛(中川家) 
トシ(タカアンドトシ) 
野田クリスタル(マヂカルラブリー) 
長谷川雅紀(錦鯉)
出演者2
まもる。(もも) 
村上(マヂカルラブリー) 
礼二(中川家) 
渡辺隆(錦鯉) 
※五十音順
スタッフ
【チーフプロデューサー】
大江菊臣 
【総合演出】
池田哲也 
【監修】
渡辺琢 
【制作】
フジテレビ第二制作部

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 今田
  2. トシ
  3. 野田
  4. 長谷川
  5. お前
  6. 陣内
  7. 村上
  8. タカ
  9. 本目
  10. 優勝
  11. ガンガン
  12. ダッシュ
  13. チャンピオン
  14. 一同
  15. 結構
  16. お願い
  17. タカトシ
  18. ホント
  19. 仕事
  20. 駄目

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

created by Rinker
¥2,530
(2022/01/29 23:06:05時点 Amazon調べ-詳細)

(今田)1本目のネタ終わりは
これは取ったな。

(さんま)オズワルドが
優勝候補やったやんか。

今ちゃん。
(今田)えっ?

俺の舞台を見に来てくれたのよ
NGKの。

大阪の実家 帰ってたから。
実家 帰っとったんや。

(陣内)1日 2日
やったやつですね。

ロッチの中岡と 一緒に来てくれて
差し入れ 持ってきてくれてな。

ほんで 今田に言うたのよ
「出れるよ」って。

(今田)どれだけ怖いか 分かるか?

どん帳 閉まってるとこで
さあ 楽しむぞ 思うたら

見たことないマネジャー
ファー来て

「あの さんまさんが
『出れるよ』って…」

(一同)怖い怖い 怖い怖い。
怖くないよ。

ゆっくり見たいわ。
(今田)怖い怖い。

せっかく来てくれてるしやな。

「出れるよ」っていう
伝令があってから

舞台 始まっても
中岡 一切 笑えへんから。

「どうします? どうします?」

結局は?
(今田)出たがな。

(陣内)出たんすか。
(一同)え~!

出やすいように つくってあるよ。

無理から 何かやれ
言うたわけちゃうで お前。

(陣内)ただ えらい延びて延びて
客席から 「終電なくなった」って

大クレームが…。
(村上)またですか?

違う違う 今回はコロナ禍で
3時間しかできないねん。

(村上)長いな。

(今田)
俺 この世界 36年おるけど

強制暗転っていうの
初めて見た。

(今田)やってんのに 強制暗転。

暗闇の中 向上長の
「消しやがった!」っていう声。

ほいで 今日
そんな話 してる場合ちゃうねん。

M-1チャンピオン おめでとう。

(一同)おめでとう!
M-1チャンピオン おめでとう。

(村上)すごい! すごいことです
M-1チャンピオンっていうのは。

なかなか取れない。 すごい!

その辺の芸人じゃ
絶対 取れない。

去年は何位やった? おととしは。

おととし 4位です。
ええとこまで いってたんだ。

だって 初代M-1チャンピオンが。

すごい番組やな。

初め 出るの嫌でしたって。
(剛)断ってたんですよ 最初はね。

要するに 争うのは嫌や。

お笑い同士 争うのは嫌や
っていうて 断ったけども

嫌々出たら 優勝。

≪さすがです!
(トシ)初代チャンピオン。

渋い。
(陣内)インディアンスも。

あっ インディアンス
今年 何位やった? お前ら。

(田渕)僕ら
今年 3位やったんですけども。

(今田)決勝 出ました
決勝ステージ。

年々ね 順位
上がっていってるんですけど

どんどん さんまさんから
距離 離れていってるんですけど

何でなんすか?
どういう扱いなんすか?

何でですか?
≪声が大きいから。

お前 俺とキャラが
かぶってるらしいからやな。

あれで スタッフが
「若さんま」とか言われて…。

もったいないお言葉 すいません。
すいません すいません。

手数多いですからね。
手数多い 田渕は。

あいつの場合 内容がないねやろ?

(野田)音 出してるだけ。

でも お前 3位やからな。
(野田)音 出して 3位。

ほいで お前ら 何位やったっけ?

僕らも5位やったんですけど

1, 000万
やっぱ 優勝して 欲しくて。

今も ずっとバイトしてて。
ああ そうか。

(まもる。)朝から晩まで
パチンコ打つ顔なんすけど

めっちゃバイトしよるんですよ
こいつ。

どんな種類のバイトやってんの?

劇場から歩いて10秒のとこの
焼き鳥屋で

まあ だいたい 1日14時間
バイトして

1時間休憩 使って
漫才劇場で舞台して

またバイト戻る。
(一同)え~!

真面目やなぁ。

14時間 バイトしてたやつが
でも 5位まで食い込んだのか。

(陣内)で 司会者もいますからね。

ホンマやわ。

もう一回やります? 今から。

(野田)敗者復活の司会者まで。

敗者復活
司会させてもうてますから。

(村上)M-1だらけじゃない。
(今田)M-1デーやん。

すごいよ。

ほんで その錦鯉を
ずっと見守ってきた

タカトシが今日…。

最高でした。 最高の夜です。

[今から28年前

札幌吉本1期生として

共にスタートを切ったタカトシと
錦鯉の長谷川]

[今夜]

返そうと思えば返せるんですけど。
(トシ)じゃあ 返せよ! お前。

何で返そうと思わないんだよ。

いや でも あんな ちんけな…。

[さらに]

「猿のネタがあるんだよな」
って言われて

怖っ!とは思ってた。

こんにちは~!

ダッシュ!

で 泣いてしもうたか。
もう ホントに

絶対に 誰にも邪魔されずに
見たかった 生放送で。

だから ホテル貸し切って
二人っきりで見てたんですよ。

すいません。
嘘つくなよ! お前。

お前 後輩と みんなで見て
僕は 家族と家で見てたんです。

お前は後輩と
お好み焼き屋さんで

貸し切って見てた。
(タカ)そこはいいだろ。

(トシ)何で 嘘つくんだよ。
ええ話やな。

嘘なんですよ?

いやいや
嘘でも ええ話は ええ話や。

嘘は嘘ですから。
僕は家族と見てましたから。

ええ話を選ぼうよ。

2人でホテル取って。
誰にも邪魔されずに。

(今田)進んだ。 進んだ。

(トシ)何で 嘘を
進めちゃうんですか さんまさん。

嘘なんですよ?

ほいで どうやった? ホンマに。
特に お前やな。

僕はホントに 1回目に出たとき
4位だったときは

順番が
結構 後ろの方だったんですよ。

あれ 疲れちゃったから
もっと早く出たいっていって

今回は… 7番目ぐらい?
(渡辺)8番目ですね。

(タカ)でも 結局 遅くて
そのとき お酒 入っちゃって

よく覚えてないんです。
(トシ)おい!

(タカ)緊張しちゃうから
飲んじゃって。

合コンネタです 合コンネタ。

合コンネタやってた?
あ~ そのネタね。

(トシ)完全に
忘れちゃってんじゃねえか。

お前が言えばいいだろ
覚えてんだったら。

(トシ)何で 俺が言うんだよ。
(渡辺)見ろ もう1回。

でも ホントに 真面目な話
やっぱり 泣いてしもうた?

いや 感動しましたね やっぱり。
もう すごいなと ホントに。

うれしいな これは。
涙 涙の。

挨拶してよ~。

こんにちはー!

うるせえな。
(トシ)一瞬 忘れたな?

一瞬 忘れんじゃないよ。

こっからは ガンガン いきますよ。

ガンガン こなくていい。

さんまさん ちょっと もう
疲れきっちゃってまして。

(長谷川)そんなことない。
(渡辺)疲れてないよ 大丈夫。

(野田)最年長なんです。
M-1 優勝したチャンピオンの中で

唯一 50歳で優勝したっていう人
初めてで。

(陣内)そっから休みなしで…。
(渡辺)そうですね。

僕ら30代ぐらいで
もう無理だったんですよ

その1年が。
しんどかった?

(野田)これで逆に 50歳の人が

M-1チャンピオンの仕事量
こなせるってなったら

次のチャンピオン もっと仕事
こなせるんじゃないかっつって

吉本が ガンガン
仕事 入れちゃうんすよ。

だから 働き方改革として

雅紀さんには
今年 死んでもらわないと。

(渡辺)ひどいぞ。
(村上)仕事させ過ぎたっていう

一石を投じないと。
(長谷川)死なないですよ 僕は。

いや そんな普通の返し あかんよ。

(野田)疲れてますから。
普通過ぎるわ。

疲れてんねん やっぱり。

「死んでもらいたい」
「何でやねん!」やんか。

「死なないですよ」って…。

違う 違う 違う 違う…。
(トシ)ギリギリじゃねえかよ。

先 長いから
1年 疲労で面白くなくなるより

断るもんは断っといた方が
絶対ええぞ これ。

でも そこら辺は マネジャーが
結構 考えてくれてて

休みとか 睡眠時間は
一応 与えてくれてるんですよ。

ただ 2時間ごとに
目が覚めるんですよね。

50だから。
(村上)休めてないじゃないですか。

なぜか分かんないですけど

目覚まし時計いらずとは
言われましたね。

(トシ)誰に言われたんだよ。

誰に言われたんだ。
(野田)適当なこと言ってますよ。

適当なことというか…。
(村上)何も考えてない。

(野田)
1月で これは もう駄目ですよ。

いやいや 大丈夫 大丈夫。

大丈夫ちゃうって。
疲れてんねんって。

これ どうや? これ 2人。

(トシ)いや うれしいですよ。

仕事も テレビつけりゃあ
見るみたいな感じですけど。

ちょっと おめでたいムードで
あれなんですけど。

前回 ちょっと問題になった

僕 長谷川に
お金を 結構 貸してたんですよ。

そうや!

お金 返してもらえるかな。

返そうと思えば返せるんですけど。
(トシ)じゃあ 返せよ! お前。

何で返そうと思わないんだよ。

「2本目 何やるんですか?」
って言われて

「猿のネタがあるんだよな」
って言われて

怖っ!とは思ってた。

(トシ)僕 長谷川に
お金を 結構 貸してたんですよ。

そうや!

引っ越し資金とか

そういったお金を
貸してたんですけど

めでたい席で言うのも
あれですけど

お金 返してもらえるかな。

[実は…]

[北海道吉本の
同期であると同時に

不遇時代の長谷川を
トシが金銭面でサポート]

[いわば タカトシなくして

今の錦鯉は なしの関係でも
あるのだ]

返したれよ ホンマに。

でも まだ
賞金入ってないんですよ 1, 000万。

(陣内)でも もう お給料は
いっぱい入ったでしょ?

返せるやろ お前。

返そうと思えば返せるんですけど。
(トシ)じゃあ 返せよ! お前。

何で返そうと思わないんだよ。

(長谷川)いやいや その前に
まず M-1優勝したんで

お祝いというかね。

何でだよ! おかしいだろ!

(トシ)お祝い?
そのとおりや。

そうですよね?
順番おかしい。

M-1優勝するまで
色々おごったり

貸したりしてんですよ 僕らは。
でも そこでや。

返さなくていい
パーティーやってあげるから

って言うて その後
涙で 借金 返すんやないか。

なあ。
そうです 順番それです!

(トシ)いやいやいや。
それは こっち側から言うなら…。

何で こっち側から
言われなきゃいけないんですか。

まず お祝いをくれよって
おかしいでしょ。

いやいや
それが男ってもんでしょ。

お前が言うんじゃねえ。
男の端くれ。

まぁ~。
(野田)駄目だ!

(トシ)休め ちょっと。
(長谷川)疲れてない 疲れてない。

(長谷川)疲れてない 疲れてない。
(野田)使い物にならない。

(渡辺)みんな スベったら
「疲れてる」って言うの やめて。

疲れてないですよ。
普段から これだから。

ええやないかい。
スベったら疲れてると

取ってくれんねんからやな。

それは ホントに みんなに
申し訳なさ過ぎるんで。

タカトシ そうやわ。
(タカ)つい昨日ですよ

やっと スケジュールが合って
僕は 結構 誘ってたんですよ。

一緒に お祝いしたいからって
結構 誘って。

でも 誘うたび
仕事で忙しいっつって

昨日 タイミングが やっと合って
ご飯食べて ごちそうしたんです。

(タカ)あれは
祝勝会に入ってないの?

ご飯
おごってもうてんねやないかい。

いや でも あんな ちんけな…。

(トシ)お前 何おごったんだ?
(タカ)イタリアンですよ。

ちんけななぁ。
そうですよ さんまさん。

ちょっと待て。
それを祝勝会…。

(今田)あいつ 腹立つわ。

タカ 何 食わしたんや?

(タカ)普通に
アットホームなイタリアンの

僕が よく行くところで
決勝の前も

そこで 決勝おめでとうっつって
食べて

で 優勝してから
初めて飲んだのも

そのイタリアンだったんですよ。

だから すごい いいイタリアンで
お店の人も…。

ペペロンチーノやろ?
そうです。

(今田)ええやんか。

ペペロンチーノなんて
イタリアンの賄いやから。

(長谷川)そうですよ あんなの。

ひどいよ こいつ。

(長谷川)
さんまさん 聞いてください。

昨日 会ったのに
お年玉くれないの。

(タカ)
何で あげなきゃいけねえんだよ。

何で あげなきゃいけねえんだよ!

同期だろ!
(長谷川)去年 くれましたから。

去年 くれたのに
今年 まだ くれてない。

(タカ)いやいや 優勝したから。

優勝したのと お年玉もらうの
関係ないからな。

(トシ)それは 賞金入ったんだから
お前から 初めて渡すとか。

(タカ)そうだよ 年上なんだから。

(トシ)そうだよ
同期で 年上なんだから。

やだよ そんなの。

≪何だ この返し。

働き過ぎだな お前は。

たまに 普通の返し…。

たまに 普通の返し 出るから。

[まさかの角度から
どケチ説が急浮上のタカトシだが

ここで マヂラブ 野田が
その説を裏付ける]

(野田)さんまさん
僕 タカトシさんの

単独ライブのVTRに
出たことあるんですけど

ギャラ未払いなんです。

(一同)え~。

(村上)人に言うばっかで
ひどいじゃないですか。

(トシ)何がよ。
(村上)払ってくださいよ 相方に。

出ましたよね。
≪いつ?

(野田)20年前なんですけども
トシ軍団みたいなのに入ってて

みんな 坊主で ボウリング場 行く
っていうVTRで

で 僕 頑張って 勇気出して

トシさんの頭 拭くみたいな
ボケも かましてみて。

怖かったのに
勇気 出して やったのに。

ボールと間違うていうやつな
あれ 意外と勇気あんねん。

ほんで ギャラは 吉本なのか?
それは。 お前らが開催か?

まあ 作家と そんなVを作ろうか
トシ軍団みたいなのやって。

でも
僕が集めたわけじゃないですよ。

出さしてあげてる感があるわ。

(トシ)知らないっすもん だって。

野田が出てたことすら知らない。
作家が集めたんです。

坊主の芸人 集めときますねっつって
若手を集めたんで

僕は 誰が来てるかも
知らないですよ そんときは。

そのときは
おいらでもそうやけど

ギャラ払うといてなって言うよ。
(トシ)それは 言ってますけど

でも 僕が一人一人に
払うわけではないじゃないですか。

(野田)もらってないのは
事実なんで。

じゃあ ハセから返ってきたら
渡すよ それは。

じゃあ もう
直接もらっても大丈夫ですか?

(長谷川)この方が早い。

お前 どうせ それ
2, 000~3, 000円やろ?

2, 000~3, 000円もいかないですよ。
500円ぐらいですよ。

ホンマに そうや。

でも 欲しいんだ タカトシからな。
形だけでもいいんで。

そういうところがあんねんな
これ。

休むな アホ。

(今田)だいぶ 背もたれに
こうなってました。

休んでない!

俺は 水族館に
何か 見に来てんのか…。

いやいや ちょっと一休み
じゃないんですよ。

乗っちゃったよ。

いや 違う。
(陣内)疲れてるな。

疲れてないんですよ。
これが 僕の芸風ですから。

(今田)声は 出さないと 長谷川君。
(長谷川)声はね。

今日は 絶対
ゲスト呼ばなあかんで 1週目に。

このメンバー揃えて…。
(野田)一番 大事な人。

さあ。
はい 本日のゲスト向上芸人は

この方々です どうぞ。

どうも。

(畠中・伊藤)お願いします。

いやいや 座っていただいて。
すいません。

久慈 お前
何月で辞めんねん ほいで。

いやいや 待って待って これ以上
関係ない話 しないでください。

もう 終わっちゃいますよ。
前半 笑ってましたけど

後半 俺ら
まったく 笑ってないっすから。

≪笑えよ。
もう いいんすよ。

オズワルドが来てくれました。
(畠中・伊藤)お願いします。

(今田)優勝する思うたな。
(陣内)思いましたね。

1本目。 1本目のネタ終わりは
これは取ったな。

オズワルドが
優勝候補やったやんか。

(陣内)でしたし それどおりの
ウケもしてましたから。

それで 2本目が
ちょっとっていうことなのか。

あまりにも
優勝すると思ってたんで

1本目 終わって
2本目 始まるときに

密着で ついてた
カメラマンさんに

今まで ありがとうございました
って…。

(村上)それだ それのせいだよ。

(今田)ださいわ。

で 2本目 終わって 帰ってきて
来年もよろしくお願いしますって。

一番 だせえわ。

これは 皆
そういう経験してるもんな。

1本目で
ええネタ持っていくからな。

(今田)でも 2本目も 劇場では

どっかんどっかん
きてたらしいんですよ。

もう完全に
猿にやられたところありますね。

(陣内)猿ネタやったからね。
(長谷川)猿のネタ はい。

あそこで お客さんのIQ
一気に変えられた感じがする。

笑いのIQを。

ちょっと
噂には聞いてたというか

3日前ぐらいに
隆さんと 別の仕事で

喫煙所 一緒になったんですよ。

「2本目 何やるんですか?」
って言われて

「猿のネタがあるんだよな」
って言われて

怖っ!とは思ってた。

そしたら 案の定。

猿に持っていかれた?
持っていかれて。

でも 手応えとしては
勝ったと思うたやろ?

いや でも
2本目やってる途中に

どんどん離れてくなって感じが。
嘘! 負けたと思ったんだ。

やってる途中に
すごい冷静になれて

客席が
すごいクリアに見えたんですよ。

だから 前回 チャンピオンの
マヂカルラブリーさんが座ってるの見えて

結構 普段から
お世話になってるんで

僕ら もう駄目ですよね?
みたいな目をしながら。

漫才中 畠中が こっち見てきて

これ 話 違うじゃないですか
みたいな目で。

今年は 僕らって聞いて。
(野田)俺らは知らんよ。

えっ どうなってますのん?
っていう感じやった?

そうか そういうドラマが
あの中であんのか。

俺も見に行かなあかんな。

結構です。

散る 散る。

(今田・陣内)散るわ。
誰かに 目 見てほしいやん。

無理無理。

出てきちゃってる…。

声 出してまうじゃないですか。
声 出してまうけどもやな。

(今田)教習所で一緒になったときも
あれでしたやんか。

声 出してましたやん
教官の話 免許の更新。

免許の更新
たまたま 一緒になったんや。

さんまさんと俺が
教室におんねや。

ず~っと 教官の説明に
相づち 打ってんねん。

(一同)邪魔だなぁ。 病気っすよ。

邪魔過ぎますって。
邪魔 違う。 優しさや 優しさや。

(陣内)優しさ いらない。

(今田)まずね 教室に

そんな前に座ったら駄目なんです
芸能人。

(一同)前に?
(今田)前 座んのよ。

俺 一番後ろやんか。
びっくりしたよ。

入ってきて 前 行くねん。
(野田)さんまさんが?

(今田)そうや。
(村上)優等生だな。

優等生。
(今田)やる気ですやん。

やっぱ ちゃんと…
先生もかわいそうやないか。

「後方の車に指示を出すのは
ウインカーと 何でしょう」とか。

「手を上げる」やねん こうして。

「のろし!」

(トシ)大喜利じゃないんです。
大喜利じゃない。

ドカンじゃない。
ドカンされちゃ駄目なんですよ。

(今田)俺は 「のろし!」
言うたときに 顔 真っ赤っか。

(村上)ツッコんであげてください。
(今田)先輩 めちゃめちゃ はずい。

一味や思われたくない。

最悪や。
最悪ちゃうって。

(今田)M-1来たら
あきませんねん だから。

もう 話 乗り換えられてる…。

びっくりした
あんだけ待ったのに。

もうクランクアップか。
えっ!?

1回目 終わり?

(今田)出てるから 上出来やで。
出てるからって何ですか?

(今田)お前 上出来やで
1話で出れてんねんから。

出てるだけじゃ意味ないでしょ。
来週 再来週とあるから

お前らの真価 発揮するところ。

ずっと いてもいいんですか?
来週から。

来週… あっ そうや。
モニター横 紹介すんの忘れた。

モニター横…
自己紹介 お願いします。

どうも くぼたダッシュと申します
よろしくお願いします。

ダッシュ!
いいね ダッシュしちゃうんだ。

(くぼた)ダッシュです。

≪「ダッシュしちゃうんだ」?

そして。

はい イエーイ!
アユチャンネル!

よろしくお願いしま~す!
イェイイェイ ワオー!

今日からのモニター横。

(一同)閉店ガラガラ。

[M-1戦士参戦で
超ハイレベルの閉店タイム

のはずが]

[ハプニングタイムに]

さあ それでは 彼から。

くぼたダッシュです
お願いします。

閉店ガラガラ。

♬「肘 ガンガン ガンガン
ガンガン ガンガン ガン」

♬「痛えよ~ 痛えよ~」

M-1のや。
(今田)出ばやしや。

♬「肘 ガンガン ガンガンガン」や。

(くぼた)くぼたダッシュが
お送りする

お気の毒芸能人ギャグ3連発。

3連発したら
お前 オンエアなくなるぞ。

この時間は。
じゃあ やめます。

ホントですか? それ。
それ ホント。

(きむ)疑われてますよ。
≪信用できない。

(きむ)疑われてます。
≪向上長が言うてるんですから。

(村上)ルールなんだよ!
≪信用できない さんまさんが。

中川家いくねんな?

中川家いくねんな?

鹿 鹿 鹿。 奈良の鹿。

全国ネットで。
(陣内)中川家…。

(今田)珍しい。
(剛)ここやで。

(剛・礼二)閉店ガラガラ。
(礼二)「奈良公園の鹿」

ほい ほい ほい。

はい こっちおいで こっち。

あ~ びっくりした!

(野田)ある ある! あるわ!
(今田)お正月 NGKで見た。

(礼二)今 ちっちゃい声で
「全国ネット 全国ネット」

他は… いく?
(長谷川)いきます。

はい お願いします。

≪疲れてる もう駄目です
座っときましょう。

≪もう 終わり 終わり。

ありがとうございました。
≪終わりですか?

こんな疲れてるやつ
出せるわけないやろ。

(タカ)テープですよ これ。
(トシ)休め 休め もう。

(長谷川)足が…。
(今田)50代 あるよな。

こんな王様だ。

もうM-1ファイナリスト
この番組 呼ぶのやめてください。

(屋敷)俺らだけでいいです
おもちゃになるのは。

ウケてるわ!
(田渕)ウケとるわ ボケ!

[そして]

う~…。

(屋敷)もうM-1ファイナリスト
この番組 呼ぶのやめてください。

俺らだけでいいです
おもちゃになるのは。

踊りましょうか?
踊ればいいんですか?

「のろし!」

Source: https://dnptxt.com/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事