出典:EPGの番組情報

情熱大陸【映画監督/藤井道人▽「緻密な演出」と「熱き志」が作る、妥協なき現場】[字]

日本アカデミー賞優秀賞を当時33歳で受賞。納得するまでテイクを繰り返す撮影は、より良いものを生み出すため。日本映画界に新しい風を「今一番、撮ってもらいたい監督」

番組内容
第43回日本アカデミー賞優秀賞を手にしたのは約2年前。当時33歳という若さも相まって注目を集めた気鋭の映画監督・藤井道人。2年先まで仕事の予定が埋まる時代の寵児…その最新作『余命10年』制作現場に密着した。監督として高い評価を得る彼に不遜な態度はなく、物腰はいたってやわらか。だが、その人柄とは裏腹にヘアメイクや衣装などこだわりは細部まで。撮影現場では一切の妥協を許さず納得するまでテイクを繰り返す。
番組内容2
リアリティに疑問を持てば、ひとつひとつ丁寧に確認をし、「こんな感じでいいんじゃない」という曖昧な姿勢はしない。一方リテイクでは高圧的なダメ出しをせず、俳優や制作スタッフの感情に寄り添う。愚直で誠実な彼だが、その経歴は順風満帆だったわけではなく20代は苦労の連続…失敗し憂き目にあった数々の経験が今を支えていると語る。今をときめく俳優たちから「今一番撮ってもらいたい監督」と呼ばれる若き監督の素顔に迫る
プロフィール
【映画監督/藤井道人】 1986年東京生まれの35歳。幼い頃から高校卒業まで父譲りの剣道三昧。日本大学芸術学部に入り、奥深さを知って映画制作の虜となる。大学卒業後、映像制作会社『BABEL LABEL』を設立。 伊坂幸太郎原作『オー!ファーザー』(2014)で、監督デビュー。『青の帰り道』『デイアンドナイト』などの映画作品を含め、CM制作、ミュージッククリップなどの映像演出を精力的に手掛ける。
制作
【製作著作】MBS(毎日放送)
公式HP
【番組HP】 http://www.mbs.jp/jounetsu/
関連公式URL
【ツイッター】@jounetsu 番組の感想に#jounetsuをつけてください! http://twitter.com/jounetsu 【フェイスブック】 番組公式ページへの「いいね!」もぜひ! http://www.facebook.com/jounetsutairiku 【インスタグラム】 フォロー宜しくお願いします! https://www.instagram.com/jounetsu_tairiku/
おことわり
番組の内容と放送時間は、変更になる場合があります。

ジャンル :
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
映画 – 邦画
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 藤井
  2. スタッフ
  3. 俳優
  4. スタート
  5. 作品
  6. カチンコ
  7. 用意
  8. カット
  9. ドラマスタッフ
  10. 映像
  11. 現場
  12. OK
  13. シーン
  14. 自分
  15. 田島
  16. 茉莉
  17. ジャンル
  18. ホント
  19. 綾野
  20. 映画スタッフ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

TBS
created by Rinker
En_sky
¥2,772
(2022/02/20 23:21:58時点 Amazon調べ-詳細)

<35歳の若さで

売れっ子映画監督に
なってしまった 藤井道人>

(藤井)俺が見たいっすよ

被写体かえても 全然大丈夫っすよ

<おかげで
今をときめく旬の俳優とも

まるで
同志のような関係でいられる>

<横浜流星を主演に据えた
短編映画の現場>

すぐ横ぐらい…

はい ありがとう

あっ そうだね ありがとう はい

じゃあ…

<緻密で丁寧な演出が引き出す
最良の瞬間>

<出演を熱望する俳優は
少なくない>

…ありがとう

はい OK よくできました

じゃあ バストショットいきます
じゃあ ラスト BS

<2年前

日本アカデミー賞 優秀監督賞を
受賞して以来

彼のもとには
オファーが殺到している>

<作品は多種多彩>

<ジャンルを問わず
結果を出し続ける男のスケジュールは

2年先まで埋まっていた>

<藤井作品の常連・綾野 剛が言う>

(スタッフ)分かりました

<今 最も忙しい映画監督の一人>

<挑戦の日々を貫く
その信念を見届けた>

ず~っと言ってますけど…

♬~

<この日も
撮影の現場が待っていた>

<映画監督・藤井道人には
ポリシーがある>

<同名のベストセラー小説を
原作にした作品 「余命10年」>

何かさ ちょっと
この次のシーンさぁ…

<難病を患う主人公の女性が
倒れるシーン>

だったら
あっちで倒れるみたいな

…変かなと思って

<リハーサルの前に
確かめておきたいことがあった>

<連絡したのは 医師>

かしこまりました
ありがとうございます

失礼しま~す

<倒れ方 一つにも
リアリティーを重視する>

(女性)よろしくお願いします
はい お願いします

<だから
俳優へのアドバイスは 具体的だ>

多分もう ガタッ…

(小松)はい

はい 用意… スタート!
(カチンコの音)

「今はでしょ?

和君は 今 満たされてて
私といると 楽だから

一緒にいたいだけなんだよ」

(坂口)「何で そうなるんだよ
そんなわけないでしょ」

スタスタスタッて行っちゃって
大丈夫

そうすると 息が
どんどん苦しくなっていくから

「ちょっと待って

えっ? えっ?

茉莉ちゃん!」

はい カット~! はいはい

よいしょ

<主人公を蝕む病についても
かなり詳しく調べていた>

結構 そこはね…

(カチンコの音)

<与えられた役を どう演じるか…>

<俳優の演技には
彼らの努力が潜んでいる>

<その努力に報いるためにも
現場に悔いは残せない>

<粘れる限り粘り

登場人物の感情に迫るのが
藤井流だった>

(映画スタッフ)はい カット!

<俳優と力を合わせて
シーンの精度を上げてゆく>

うん… とは思う

うんうん うんうん

(映画スタッフ)はい …撮っていきます

はい 用意 スタート!
(カチンコの音)

<自身の余命を知り
恋だけはするまいと決めた主人公>

<だが 彼女に再会した同級生は
次第に心ひかれてゆく>

<ともに繊細な演技が必要だった>

「怒るのは私のほうだから」 で…
「言っておくけど」だと思うから

(映画スタッフ)回った
はい 用意

スタート
(カチンコの音)

<テイクは 既に7回目>

<収録された映像の確認も
念入りだった>

<表情やセリフのチェックは
もちろん

わずかなピントの迷いや
照明の揺らぎも見逃さない>

<映像へのこだわりは
並外れている>

何か やっぱり…

<こうして出来上がった
ワンシーン>

「えっ ちょ ちょっと待って
ちょっと待って」

「俺 何か
怒らせるようなことした?」

「私のこと 何にも知らないで
勝手にいろいろ決めつけないで!」

(荒い息遣い)

「茉莉ちゃん… どうした?」
(荒い息遣い)

「茉莉ちゃん? あっ!

茉莉ちゃん?」

<スタッフの顔ぶれは
少々異色だった>

(スタッフ)あっ 後輩
あっ 同級生じゃないんですか

(スタッフ)後輩
1年生…

(スタッフ)あっ そうなんですね

(スタッフ)あっ そうなんですか

はい チーズ

<気心の知れた後輩たちとの
共同作業が 結束力につながり

作品のクオリティーを高めている>

(スタッフ)失礼しま~す

<所属する映像制作会社も

日大芸術学部時代の仲間と
立ち上げたもの>

15時にお昼ごはん?
大学生みたい

<同僚によれば 食えない時期も

藤井は映画作りに
取りつかれていたそうだ>

俺のデスクです

(スタッフ)デスク
段ボールハウス

だんだん 積み上がって…

<貪るように映画を見

細々と だが懸命に
映画を作り続けてきたから

今がある>

<この時は
6本の作品が同時進行していた>

(男性)よろしくお願いいたします
お願いします

<ドラマの撮影場所を決める
いわゆるロケハン>

<切り詰めた予算の現場を
踏んできた藤井は

こんな時も
ワガママを押し通したりしない>

何か ヌケもいいからさ
何か ちゃんと見えたほうがいい

何かさ…

<状況次第でイメージを改変する
しなやかさ>

ホントはね…

(ノック)

<初めてのジャンルにも
積極的だった>

<取り組んでいたのは
大ヒットアニメ「攻殻機動隊」>

<配信された12話のシリーズを
劇場用映画1本に仕立て直す>

なるほどね

まぁ もうちょい余裕があったら
「うっ」てあるじゃん

見る 「うっ」ていうのがあって…

<実写しか知らない藤井には

違う競技をするよう…
だったそうだ>

面白そう ハハハハ
2 見たい

全然…

(スタッフ)へぇ~
でも 何か それは要は…

そこは…

それが どうなってるかは
まだ分かんないですが

<現場に追われ 編集に追われ
その合間にも脚本執筆>

<ただならぬ忙しさから
逃げ出したくなることは

ないのだろうか>

うん 何か…

がんばろう

<父の海外赴任で 幼い頃は
ニューヨークで過ごした>

<当時から高校まで剣道を続け

東京都の大会で
優勝したこともある>

<大学では
映画学科の脚本コースに学び

映画作りの楽しさと深さに
ハマった>

<毎日が まるで文化祭だった>

<卒業後も就職せずに ひたすら
映像制作の道を歩み続ける>

<20代後半までは
食べてゆくのも キツかった>

<例えば 去年公開された…>

<藤井作品に共通するのは

考え抜かれた
スタイリッシュな映像と

俳優たちの渾身の演技と
言っていい>

<全てが信頼関係のたまものだ>

<監督のオファーは
この1年だけで 20本余り>

<仕事を選べる立場となって
藤井が引き受けた一つが

連続ドラマのチーフ監督だった>

<収録スタジオの控え室で
脚本の手直し>

<物語の運びも
藤井に一任されている>

ありがとう

<丹念にト書きを加え

人物の心情などを
より分かりやすくしていた>

<彼の真摯さを知る出演者たちは

皆 藤井と親しくなるそうだ>

もう脚本家っすね
ホントですよ

いやいや…
結構 面白くなりそう 5話が

そうね だから 5話は

アバランチが出来る前みたいな

はっ

<主演の綾野 剛が 自ら
アイデアを持ってきてくれた>

<綾野 剛が じきじきに

演出上のアイデアを
持ってきてくれた>

うんうんうん

うん うん うん

こっちだけど… こっち かいて
うん 確かに 確かに

ジェイク・ギレンホールが
やってそうですよね 何かね

<こんなやり取りが
作品の面白さを増してゆく>

<担当回ではないシーンの収録に
立ち会うこともあった>

<彼の推薦で 8年ぶりのドラマ出演が
かなった田島 亮とは

学生時代からのつきあい>

「ま 調べてみよっかな
アバランチ…」

(男性)「ほどほどにな」

あぁ 俺がやったら

<藤井の自主映画に 当時
既にデビューしていた田島は

快く出演してくれた>

<「友情」と言えば安く響くが

訳あって 田島が
俳優を退いていた間も

何かとサポートしてきた>

<がむしゃらに夢を追いかけていた
時期の仲間は 特別なのだ>

「社会でも通用する」

<藤井にとって大事なものとは
何だろう>

(ドラマスタッフ)はい 本番

(ドラマスタッフ)用意 スタート!
(カチンコの音)

<この時代に仕事が殺到する監督は
希有な存在だ>

<けれど 優れた職業監督に
なりたかったわけでは…

恐らく ない>

<いつか 自分が本当に撮りたい
作品を撮ること

その志だろうか>

<久々にカメラの前に立つ仲間が
藤井にも刺激になっている>

アハハ ハハハ…

そう いや…

<この日は
田島が出演する 別の回の撮影も>

電話してて 「知り合いの」みたいな

<連続ドラマは全10話>

<別の回に使うカットも

同じ場所で撮れるものは
極力 撮りきる>

はい 用意… スタート!
(ドラマスタッフ)スタート!

(カチンコの音)

<映像には
否応なく自分の今が刻まれると

藤井は言う>

<うそをつこうとしても
たくらみは隠せない>

<それは 俳優も同様だ>

<だから いつも

監督として
できる限りの努力をするのだと>

は~い カット
(ドラマスタッフ)は~い カット

は~い OKです
(ドラマスタッフ)OKです

うぃ~

OKでした
ありがとうございました

あ ホント

ありがとうございました
うぃっす うぃっす

<自分は映像で生きてゆく>

<強い思いに燃えていた日々が
ふと よみがえったか>

<年が明け また新作が動き出した>

<1月
新作映画の撮影が始まっていた>

<今回も初めてのジャンルらしい>

<自嘲にも似た言葉を戒めに

あえて難しい作品に挑んできた>

はい 用意 スタート!

上手 人映ってる

<今は自分の可能性を広げたい>

<藤井道人の文化祭は
まだまだ続く>

<次回は…>

<子宮や卵巣を脅かす
がん細胞との闘い>

<絶対に譲れない思いがある>

Source: https://dnptxt.com/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事