出典:EPGの番組情報

情熱大陸【婦人科医/金尾祐之▽今も、次の命も守る!女性を脅かすガン治療最前線】[字]

全国随一の症例数と実力。“最後の砦”として頼る患者も多い、その医師の手術は「命を救う」のはもちろん、患者の生活・その後の人生も含めこだわる「1ミリ」の手術現場

番組内容
1ミリ内か外か…“切除ライン”はその後の生活・人生にも影響する。 子宮や卵巣に巣食うガン。婦人科医・金尾祐之率いるチームの手術数は年間およそ1300。開腹せずに行う腹腔鏡下手術を婦人科にいち早く取り入れ、そのレベルを大きく引き上げてきた。他の病院で手術不能と診断された患者が“最後の砦”として彼を頼ることも。そして20~40代に多い子宮頸ガンの手術…命はもちろん、子供を産める体でいたいという願いも。
番組内容2
例えば、子供を望む子宮頸がんの患者には「子宮温存手術」を選択。太さ3~4ミリの子宮動脈を残すことを心がける。一般的には切除されてしまう動脈を残せば、血流を保ち妊娠率をあげることが可能になるからだ。こだわる「1ミリ」の手術現場。これは力を入れている「子宮頸がんの再発腫瘍切除術」でも――。「早期発見、早期治療」の重要性を訴え、婦人科医療の未来のために、また婦人科ガンの根治のために。熱情を注ぐ医師の姿。
プロフィール
【婦人科医/金尾祐之】 1971年、香川県高松市生まれ。広島県福山市育ち。父親の影響で産科医を目指し、大阪大学医学部に入学。卒業後、産婦人科医助手として働き始めるものの、帝王切開手術で母体死亡を経験。子供は無事だったが、帝王切開の手術ごとにフラッシュバックし産科医を断念。大学で学んだことのある婦人科に転身した。倉敷の病院で腹腔鏡手術を10年学んだのち、2014年がん研有明病院に。
プロフィール2
がん研有明病院では副部長を経て、2020年から部長となってチームを牽引する。 2021年の婦人科ガン手術件数は1306件、金尾の内視鏡手術数はこれまででおよそ4000に及ぶ(良性・悪性疾患)。金尾の技術は国際的にも注目され、高く評価されている。 ストレス解消は、家族と過ごす時間とジョギング。お酒も好きだが、手術前日は絶対に飲まないと決めている。
制作
【製作著作】MBS(毎日放送)
公式HP
【番組HP】 http://www.mbs.jp/jounetsu/
関連公式URL
【ツイッター】@jounetsu 番組の感想に#jounetsuをつけてください! http://twitter.com/jounetsu 【フェイスブック】 番組公式ページへの「いいね!」もぜひ! http://www.facebook.com/jounetsutairiku 【インスタグラム】 フォロー宜しくお願いします! https://www.instagram.com/jounetsu_tairiku/
おことわり
番組の内容と放送時間は、変更になる場合があります。

ジャンル :
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
ドキュメンタリー/教養 – 宇宙・科学・医学
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 女性
  2. 金尾
  3. 子宮
  4. パッション
  5. 医師
  6. 患部
  7. 患者
  8. 手術
  9. メス
  10. 神経
  11. 切除
  12. 男性
  13. 腹腔鏡手術
  14. お願い
  15. 金尾祐之
  16. 結構
  17. 再発
  18. 子宮頸部
  19. 自分
  20. 術後

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

<がんに侵された子宮は

通常の4倍の大きさにまで
膨らんでいた>

<子宮を丸ごと摘出するしか
道はない>

<30代の患者に対する
金尾祐之の言葉には

静かな説得力があった>

(金尾)そうだな
絶対 治さんといかんねぇ

もちろんですね

<かつては
40代以降に多かった 子宮体がん>

<それが 今 30代で発症する
ケースが増えているという>

例えば…

<彼が操るのは 腹腔鏡>

<開腹手術に比べ
患者への負担は軽い>

<けれど 患部に 直接
手で触れることのできない

腹腔鏡手術は
婦人科のがん治療では

その困難さから
長く導入が見送られていた>

<金尾は
しかし 大きなメリットに注目>

<この手法なら

骨盤の奥深くに巣くうがんにも
立ち向かえる>

<良性・悪性を問わず

既に 4000件を超える実績を
重ねてきた>

<視野は
肉眼の およそ5倍から10倍>

<錯綜する神経を
傷つけることなく

ミリ単位の正確さで
患部だけを取り除いてゆく>

<その口癖…>
もう パッションなんですよ

パッションがあれば…
パッションだと思うんですよ

パッションなんですよ

これね すっごいね
座り心地 悪いの

<パッションを維持する工夫が…>

寝るのには 結構いいんですよ
僕 ちっちゃいから

これ ちょうどね
ちょうどいいんです こうやって…

これ たまたま…
これ 葉書が来たんですけど

これね…

こう…
やっぱ こういうのっていうのは…

<穏やかな暮らしを取り戻した
喜びの声は 数え切れない>

<患者の未来を思うこと>

<柔らかな物腰の下に
医師の気概が隠れている>

♬~

じゃあ 頑張っていきましょうね
(女性)よろしくお願いします

<金尾祐之を頼って 夫と共に
遠方からやって来たのは

30代の女性だった>

<体調不良で
地元の病院を訪ねた女性は

子宮体がんと診断された>

<悪性度こそ低いが

子宮は がんにむしばまれ
かなり肥大している>

<転移のリスクが高く

金尾は 卵巣を含む
子宮の全摘出を決断した>

<腹部に
数か所の穴を開け

先端にメスなどのついた鉗子を
挿入して行う 腹腔鏡手術>

<穴の直径は
5ミリから12ミリ程度なので

傷も目立たない>

<無数の血管や神経が巡る体内で

患部だけを切除するのは
慎重を要する作業だった>

なるべく やっぱり…

<へその穴を通して
体内に入れるのは カメラ>

<金尾たちは モニターに
映し出される映像を見ながら

子宮に迫ってゆく>

<メスや鉗子を

あたかも
自分の指先のように操作>

<経験に裏打ちされた動きに
迷いはない>

<出血を極力抑えながら

患部への道のりを
切り開いていった>

<やがて 子宮に到達>

<やはり 出血を避けるため

子宮につながる血管を
糸で きつく結んでから

切り離しにかかる>

<摘出までには
いくつものステップが必要だった>

<こうして
準備を全て終えるまでに

2時間余り>

<いよいよ 切除にかかった>

よっしゃ…

<がんに侵された子宮は

まがまがしく膨らんでいる>

<体内に入れた袋は
子宮や卵巣を収納して

がん細胞が
飛び散らないようにするためだ>

<手術開始から2時間半>

<患部は 全て取り除かれた>

(医師)
先生 ありがとうございました
は~い お疲れさまで~す

<他の臓器への
転移もなかったので

家族のもとへ向かう>

はい どうぞ お座りください

ありがとうございます

(男性)大丈夫です

(男性)いや ホント よかったです
ねっ よかったですね

<婦人科がんの腹腔鏡手術は
まだまだ 一般的ではない>

<だから 金尾は

スキルを身につけたいと望む
医師を対象に

セミナーを開いている>

<参加していたのは
35歳以下の医師たち>

<セミナーでは それぞれが
自分の手技を披露する

タイムトライアルも行われた>

<けれど 金尾が

腹腔鏡手術をマスターしようとする
医師たちに求めるのは

スキルだけでは ないらしい>

ねっ

大丈夫? できるようになった?

ばっちり?
ばっちりっす

ばっちり?
はい

ちょっと 手は震えてますけど

ばっちりですか?
ばっちり… 気持ちは…

<何より大切なのはパッションだと
彼らにも力説している>

<今 若年層にも増えている
子宮頸がん>

<30代の女性が
金尾の助けを求めて やって来た>

<妻が
子宮の温存を希望する一方で

夫は 不安を抱いていた>

そうそう そうそう そうですよね
おっしゃるとおりですよね

(男性)まぁ あの…

<子宮を残せば 出産の夢も残る>

<2人を安心させる
金尾の丁寧な解説は

1時間余りにも及んだ>

大丈夫?
(女性)はい

よし…
じゃあ 明日 頑張りましょうね

(男性)よろしくお願いします
(女性)お願いします

はい 失礼します
(女性)ありがとうございました

<彼女に施す 子宮温存手術は
20年ほど前に確立されたもの>

<がんに侵された子宮頸部と
その周囲だけを取り除き

切断した部分を
つなぎ合わせることで

子宮自体を守る手法だった>

<この日
手術室には見学の医師たちがいた>

はい じゃあ 頂戴 鉗子

<金尾は まず 腹腔鏡下で

がんがある
子宮頸部の下を切断し

腹部から病変部分を
引き出した>

<小型のエコー装置で
がんの位置を特定>

<そこから
2センチのゆとりをみて

子宮頸部を切り離す>

<続いて 子宮側の切断面を

糸で縛っていく>

これ 結構…

<きつく結びすぎると血流が滞り

妊娠時
赤ちゃんの成長を妨げかねない>

<あとは 子宮と膣とを
再び 腹腔鏡下で縫合する>

<最後に 子宮動脈に
薬剤を流して血流を確認>

<色が変われば成功だ>

<反応は早かった>

お疲れさまでした
(一同)ありがとうございました

うん きれいに取れたね
何か質問ありますか?

<ひとつき後>

<子宮温存手術を受けた女性の
外来日>

≪(ノック)
はい どうぞ

はい こんにちは

<術後の経過は良好>

<女性は すっかり
以前の日常を取り戻していた>

ありがとうございます

是非ね…

そうですね 先生に 是非
そう 僕にも会わせてほしいなと

だっこしてほしいです
是非是非 いくらでも だっこする

自分の子ども
大きくなったからさ

全く だっこなんか
させてもらえんから

だっこしてください
是非是非

はい ご連絡しますんで
期待してます

じゃあ 今日は これで
はい ありがとうございました

<5年前に 金尾のもとで
全く同じ手術を受け

その後 娘を授かった女性がいる>

フフフフフ… フフフ…

<子宮頸がんと分かったのは
不妊治療のさなか>

<出産は諦め とにかく
がんを治療するつもりだったが

金尾から子宮の温存を提案された>

<娘の誕生は 手術の2年後>

<女性には それが
奇跡に思えたそうだ>

そして…

<神様は めっぽう忙しい>

<落ち着いて
デスクで食事をとるのは

まれだった>

…奥さんの

そうなんですよ
(スタッフ)じゃあ 先生の好きなもの?

今日 好きなやつ そう

(スタッフ)そうなんですね
そう! このね…

<50歳の婦人科部長は
どうやら 庶民派なのだ>

<父は産科医だった>

<大阪大学 医学部に進み

幸せの手助けができる
産科医を目指す>

<だが 帝王切開で

女性が命を落とす場に
立ち会ったことが

金尾を婦人科に向かわせた>

<理由は もう一つ>

<心臓の手術を受ける父親の姿を
見届けた経験も

彼の現在に つながっている>

絶対に…

…っていうふうに
思ってるんですね 勝手にね

<その覚悟を
試される時がやって来た>

<1年半前 別の病院で
子宮を全摘した30代の女性>

<術後も
放射線治療を受けていたが

がんが再発し
余命1年と宣告されていた>

結構 もう…

よろしくね

<放射線を浴びた臓器は
癒着がひどく

患部まで たどりつくのも難しい>

<厳しい手術になりそうだ>

<しかも 再発したがんは

座骨神経に隣接していた>

<神経を無傷で残さなければ

患者には歩行障害が残りかねない>

はい メス
じゃあ お願いします

<その指先に
女性の未来がかかっていた>

<子宮の全摘から1年半>

<骨盤脇に がんが再発した女性>

<3時間半かけて
金尾は がんに たどりついた>

<赤い線が ギリギリの切除ライン>

<座骨神経は
骨盤の底を通っている>

<切除するべき患部は

神経に張り付くように

膨らんでいた>

はい…

<絶対に諦めないこと>

<金尾のメスは動き続ける>

<手術開始から 4時間30分>

<ようやく 周囲を傷つけず
切除することができた>

<だが これで終わりではない>

<臓器の一部を病理に回し

転移の有無を確認する必要がある>

これが…

<陰性ならば
あとは開腹手術による

一部臓器の摘出など
最小限の処置で済む>

<結果を待つ時間は
恐ろしく長く感じられた>

<病巣を全て取り終え
検体を病理に回して

既に1時間近く>

<手術室の片隅で

金尾は ひたすら
結果の連絡を待ち続けていた>

<そして…>

よっし! OK!
ありがとうございます よっしゃ!

<余命宣告を受けていた女性は

術後1か月で
元気に退院していった>

<命を預かる医師という仕事>

<婦人科医・金尾祐之が

困難な手術にも
ひるまない理由は

至ってシンプルだ>

目の前にいる患者さんを
ワン オブ ゼムと考えるか

オンリーワンと考えるかで
全然変わってくるんですよ

その工程には やっぱり
パッションを持って

オンリーワンの患者さんを
助ける

というところかなっていうふうに
思ってますけどね

<そのまなざしは いつも

患者一人一人の明日に
向けられている>

<今すぐ持ち帰りたい
大人気 すき焼き袋の生みの親>

Source: https://dnptxt.com/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事