出典:EPGの番組情報

関ジャニ∞クロニクルF【丸山がザコシショウと夢のギャグ対決!安田再びドッキリ】[字]

最終回に向け特別企画始動…関ジャニの個性爆発!①丸山夢コラボ…ザコシショウとルール無視ギャグ対決!②ピュアすぎる安田にドッキリ…落ち込んでいる子供に出会ったら?

ご案内
【公式Twitter】
https://twitter.com/kanjani8_fujitv  
【番組HP】
https://www.fujitv.co.jp/kanjani8-chroniclef/
番組内容
30代後半に差し掛かった関ジャニ∞が、秘密基地で繰り広げる予定不調和バラエティー。イカしたオトナを目指し、人生の幅を広げていく為に、5人が「今まで知らなかったコト」をどんどん深堀り&追求していく!
今週からは、7年間に渡るクロニクル(年代記・成長期)完結に向け“関ジャニ∞メンバーの個性”をいま一度世の中に発信する特別企画を放送!第1弾となる今回は、丸山隆平と安田章大をクローズアップ。
番組内容2
スタジオには丸山のポテンシャルを最大限に引き出すゲストが登場し、メンバーも大爆笑のある勝負を繰り広げる!さらに安田には、彼の個性を存分に引き出す“ハートフルドッキリ”を仕掛け、その一部始終をお届けする!
出演者
関ジャニ∞ 

【実況】
倉田大誠(フジテレビアナウンサー)
スタッフ
【制作統括】
太田一平 
【チーフプロデューサー】
島本亮 
【プロデューサー】
五十嵐剛、加藤智章、松尾やす子、瓜生夏美、髙木大輔 
【総合演出】
姉崎正広 
【演出】
田中良樹、北山拓 
【制作】
フジテレビ第二制作部

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 横山
  2. 丸山
  3. 安田
  4. ザコシショウ
  5. 大倉
  6. 倉田
  7. 斎藤
  8. 青葉
  9. ヤス
  10. ハンマー
  11. 村上
  12. カンマー
  13. 小枝
  14. 母親
  15. コンカキコンコン
  16. チャンカチャンカ
  17. ハゲ
  18. ペッペッペー
  19. 古畑
  20. アッ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

created by Rinker
¥1,782
(2022/03/07 23:30:53時点 Amazon調べ-詳細)

[その個性で
新たな時代を生きてやれ!]

(横山)『クロニクル』完結まで
あと3回。

3回。
(安田)3回。

(横山)最終回じゃないです。
「完結」ですから。

(丸山)成長記ってことやから…。

(大倉)7年間。
(丸山)7年か! もう。

やらさしてもらいましたね。
(丸山)ありがたいね。

(横山)どうなんやろうな。
見ていただいてる方が

どう感じいただいてるか。
(大倉)そうっすね。

(丸山)死んでない。 北京 北京。

(横山)オリンピックで 北京
行ってらっしゃるんですか?

ようテレビ出てたね 村上さん。
≪出てた。 フジつけたら もう…。

フジつけりゃ村上
フジつけりゃ村上で。

村上さん 何か…。

(丸山)分かる!
(安田)分かるよ。

(横山)標準語とか しゃべって。
(丸山)そうそうそう。

(横山)よそ行きの顔してたわ。
(大倉)スイッチが ちゃうかった。

(横山)ということで
最終回に向けて特別企画。

われわれ何するか
聞いてないのよね。

何か久しぶり。

2回目に ちょっとかぶせて
「ガ… ガ」って。

(横山)覚えてはないのよ。
(丸山)そやな。

(丸山)さあ…。
言ってくれましたね 完結すると。

(丸山)…を作ってくださった
ということで。

[ありとあらゆるアプローチで

関ジャニ∞のオンリーワン個性
とことん引き出します!]

『クロニクル』って…。

他の番組やったら
カットになるやつも使ってたもん。

『関ジャム』なんか
全然使ってくれへん。

『関ジャム』使わないな。
(丸山)毛色ちゃうからな。

(ザコシショウ)シュシュッといってる?
シュシュッと。

ええやん ええやん。

(ザコシショウ)はい シュー。

はい シュシュー。
(丸山)ペレペレペレ…。

(ザコシショウ)ええやん ええやん!
(丸山)ペレペレ。

ペレ?

どうも ザコシですわ。
(横山)ザコシさん来てくれた。

うん ザコシよ。

うれしい。
(大倉)めっちゃ豪華じゃないっすか。

(横山)何すんの?
(ザコシショウ)俺のこと好きなんでしょ?

ハンマーは どこでもやってます。
(ザコシショウ)ハンマーって何よ。

古畑ね。
(丸山)大好き。

「ハッ ん~ えー
あなたはホントに犯人みたいです」

(ザコシショウ)
お~ ええやん ええやん。

じゃ 誇張してみていいですか?
(ザコシショウ)誇張して。

ハ~!
ンベレ ベッ ベランバンバン。

バランバンバン
ビリボ ボロボロ ボロンボ。

ボロンボ ボロンボ。
ボロンボンボン ボロンボ。

レッツゴー! アバ~!

はぁ?

(ザコシショウ)誇張 すごい…。

普通の古畑が
「え~ 古畑です~」

「ん~ お察しします」なんですけど
誇張しすぎた古畑が

アンバランマ
バランマ ハランマ。

ア~ンアンアンマ!

アンバランマ
ハンマ ハンマ ハンマ。

ハンマー カンマー。 ウ~!

お察しします。

[丸山 隆平
その個性 鉄人ギャグメーカー]

「ハロー」

(丸山)時間も押すし
でも楽しいですし おすし。

とりゃ~!

な~んちゃって。
(村上)なんちゃってじゃない。

[スベることなんて気にしない]

[何なら
ウケなくたって構わない]

ガイヨー。
ガイルはサマーソルトキック。

[カスタム罰ゲーム]

「そんなの関係ねえ!
はい ギョッパッピー」

「フゥ~ワちゃんだよー!」

「どんだけ~」

「背負い投げ~」

「スッカラケッチ~」

(村上)続きまして…。
(生田)すごいね。

[今夜 ギャグで天下をとった
ザコシショウと夢のギャグコラボ]

[…の2人。
皆さん覚悟してご覧ください]

イエ~イ! お尻ペンペン…。
(ザコシショウ)あっ シュー。

シュシュッといってる?
シュシュッと。

カオス カオス。
(丸山)アンアン アアンアン。

バンバン。
アンアン ババン アン。

(横山)もう対決が始まってますよ。
(ザコシショウ)いいお湯でございますね。

(横山)いいですね。
止まりませんね ギャグが。

(丸山)あっち向いてホイを
まずやって

負けた方がやりましょう。
(ザコシショウ)やろう やろう。

最初はグー じゃんけんぽい。

あっち向いてホイ。

(2人)最初はグー じゃんけんほい。
あいこでしょ。

じゃんけんほい。
あいこでしょ。

あっち向いてホイ。
(2人)あっ。

(丸山)
ザコシショウ 普通の「あっ」

めっちゃ入ってるわ。
(丸山)ビビってんちゃいますの?

(ザコシショウ)あった あった。
(丸山)まずは?

(大倉)後ろにあるやつね。

(横山)常人やったら
なかなか怖いお題ですけど。

(丸山)小道具を自由に使って
阿波おどり。 こんなん初級も初級。

♬「チャンカチャンカ
チャンカチャンカ」

♬「チャンカチャンカ チャン」

♬「チャンカチャンカ
チャンカチャンカ」

♬「チャンカチャンカ」 ウ~!

「これは いけてんのか?」

(丸山)これはヤバいね。
未来に残せるね。

♬「まんぽ まんぽ 万歩計
まんぽ 万歩計」

ええやん。

♬「シュッ シュシュシュッ
シュッシュ シュシュシュッシュ」

♬「シュッシュシュ シュッシュ
シュシュシュッ」

(横山)ちょっと あの…。

そこが一番対決やん。

(横山)それではいきます。
用意スタート。

(ザコシショウの叫び声)

(横山)5秒経過。

(ザコシショウの叫び声)
(丸山の話し声)

(横山)10秒!

(丸山の話し声)
(ザコシショウの叫び声)

(横山)終了~!

69。
(大倉)すごそう。

サーティーファイブ。
(安田)少ない。

(大倉)少なっ。
(丸山)サーティーファイブ。

ババーン。

こんなん あかんわ。

トゥットゥル 斎藤さんだぞ。

トゥットゥル 斎藤さんだぞ。

ペッペッペー ペッペッペー
ペッペッ ペッペッ ペッペッペー。

ペッペッペー ペッペッペー
ペッペッ ペッペッ 斎藤さんだぞ。

斎藤さんだぞ。

斎藤さんだぞ~。 斎藤さんだぞ!

斎藤さんだぞ。 斎藤さんだぞ。

斎藤さーん!
(横山)もういいです。

(丸山)はーい 斎藤さんだぞ。
(横山)もういいです。

エロサイトウさんだぞ。
(ザコシショウ)いろんな斎藤さんね。

ええやん ええやん。
いろんな斎藤さん…。

斎藤さん返しのブルブルブル…。

(大倉)やらんといてくださいよ。

ハゲろ ハゲろ
ハゲろ ハゲろ~!

ハゲろ 斎藤さ~ん!

うわ~! 「アッ アッ」

このハゲタカめ!
「アー アー」

あっ ハゲタカ!
「ハゲタカ~」

ドンッ。
(丸山)あっ…! バンッ。

もう しんどい しんどい。
(大倉)しんどい しんどい。

ポージングだけすんのやめて。

(大倉)もうええって。

[ここからルール崩壊で
むちゃくちゃに!]

(丸山)じゃあ 体内時計
10秒ピッタリ止め対決

いきませんか?
(ザコシショウ)おうよ。

(横山)10秒ぴったりですからね。

見たらあかんの?

見て こうやったって別に。
(大倉)おもろないやん。

(安田)おもろないわ。
(横山)誰でもできるやん。

じゃ 1回やらせて。

せーの…。
(安田)せんでええねん。

(大倉)何でしてんねん。
何の10秒やねん。

(安田)時間 返せ。

(ボタンを押す音)
(丸山)あっ。

(横山)何秒?
(安田)教えて。

あー 負けた。
(横山)何やねん。

いきます。

♬「コンカキコンコン
コンコンコーン」

♬「コンカキコンコン コーン」

♬「コンカキコンコン
コンコンコーン」

♬「猫なで声 ニャーニャーニャー」

♬「コンカキコンコン
コンコンコーン」

♬「コンカキコンコン
ニャーニャー]

♬「コンカキコンコン
コンコンコーン」

♬「猫なで声 ニャーニャー」

終わらせた。
(横山)自分で終わらせてくれた。

芸人やったら? もう。

そんなんは できない。
(横山)うれしい言葉やな でもな。

ありがたい。 じゃ 次…。

(横山)まだやんの?
もう ええんちゃう?

(丸山)ひらめき我慢対決。

ひらめき我慢対決?

(大倉)まばたき我慢対決。
(丸山)ひらめき。

ちなみに ひらめき我慢対決って
どんな対決?

ひらめかないっていう。
(丸山)そう ひらめかない。

(笑い声)

(大倉)テレビの前でね
どんだけ我慢できるか。

(横山)一生続くやん そんなん。

あっ ひらめいてもうた。

ひらめいてもうた。
あ~ ひらめいてもうた。

ひらめいてもうた。

(ザコシショウ)ええやん これ。

ん~ あっ!

(丸山)すぐできた。 すぐできた。

(大倉)何だ 今の。

(ホイッスル)

ひらめいちゃった。
(ザコシショウ)あっ ひらめいた。

(大倉)早いのよ。
(丸山)うわ~ 気持ち良さそう。

矛盾。

シェイクスピアみたいなこと
ちゃうわ 別に。 怒られるぞ。

いくよ。

あっ。

あっ!

おい どうした?
(大倉)何か おかしいぞ。

何か ペロペロしてる。

いや お前 これゴールある?

(たたく音)
(丸山)ハッベロベロ。

(たたく音)
(丸山)♬「シェイク シェイク」

♬「ブギーな胸騒ぎ」
(大倉)出すな!

プルルルハァ!
(大倉)先輩出すな。

(丸山)すいません
お待たせしました。

(丸山)じゃ ソフティング対決。

(大倉)リフティングやって。

何やねん ソフティングって。
(丸山)すごい優しくするやつ。

それやろう それやろう。
ソフティング対決。

できるだけ優しく
できたやつの勝ち。

ソフティング対決 スタート!
(ホイッスル)

♬「さっきまでの 通り雨が」

♬「ウソみたいに…」

あ~! 負けた。

今の「Good」はソフトやった。

ザコシさん強いわ。
≪むちゃくちゃやわ。

くそっ うわっ ヤバい。

3個!?

「ハッ ん~ ん~ あ~」

♬「ちょっとぐらいの
汚れ物ならば」

「って Mr.Childrenを歌っている」

♬「汚さずに全部 アマカブゴース」

♬「でも darlin 俺だれ?」

「古畑さんかミスチルさんか…」

分からへんやん!

ポウッ!
お前は アポゥ!

これは ディス イズ アップル。

♬「ディス イズ アップル」

♬「ディス イズ ア ペン」

アッ! アッ!
ゴスゴスゴス! あ?

(ザコシショウ)あー ハンマー カンマー
ハンマー カンマー

ハンマー カンマー
ハンマー カンマー。

♬「アイ ハブ ア ハンマー
アイ ハブ ア カンマー」

アーン。 ハンマー カンマー。

(拍手)

ええやん。 ハンマー カンマー。

(横山)ということで終了です。
(ザコシショウ)終了?

う~ わ~! ああ…。

You win! Perfect.

ハハハハハ!

♬「ティティー
ティーティティー ティティン」

ピュー ゴォー ガンッ!
(ザコシショウ)ジャパーン。

(横山)終わらんから。
終わらんから。

(ザコシショウ)あと…。

ああ いいっす。

(大倉)いや 顔。

よく分かったね。
(横山)西郷 隆盛のモノマネして…。

(横山)
誰が分かんねん お前 それ。

(ザコシショウ)せめて
最初に言ってからやってください。

これね 透明な犬。

「鉄人ギャグメーカー 丸山 隆平」
ということで。

(横山)称号が。
(安田)もらえたんや。

(横山)…じゃないけどね。

[マルちゃん 鋼のハートで
これからも突き進み

いずれ金の盾へ]

[伸び代ですね]

ホントに…。

(ザコシショウ)芸人もいけるから…。

マジっすか?

(横山)「誘ってください」
そんな簡単にいけるもんちゃう。

違う あれ
松本さんやから誘うの。

(大倉)勝手に言うな。
(横山)勝手に言うな。

(倉田)横山さん 大倉さん…。

(横山)またですか?

いや もう ここまできたら。
(横山)あと…。

ほぼ いないっす。
(横山)ほぼ いないっす。

『クロニクルF』 私も…。

(横山)ありがとうございます。
最高の花添えです。

[安田 章大
その個性 ピュアボーイを永遠に]

[全てを包み込み

全ての人を
家族のように愛するヤス]

(安田)はいはい はいはい。
いいよ いい経験値やから。

[分け隔てなく…]

ただ「できない」っていう言葉を
使うんじゃなくて…。

さすが 母やな。

(村上)あっ 出た? 出た出た。

≪完全に出てきました。
(村上)出た。

≪逆に びっくりさせないか?
(村上)あ~!

[困った人を見たら
放っておけない]

[その優しき男 安田に 今夜…]

[偽企画の収録で
安田を別室に呼びだす]

[そこへ 子役オーディションに
来たという設定の

悩める男の子が登場]

[様々な あり得ないシチュエーションに

人類 皆に神対応 ヤス]

[どんな対応をするのか?]

[われわれの…]

(横山)
おとんの顔してるやん もう。

思いやれる量が
増えるっていうのが

仲間なんじゃないのかな。

(横山)すごいな。

メンバー間では やっぱり
安田さんならではというか。

[では…]

(倉田)姉崎ディレクターこと

アネさんに連れられてきた
ピュア安田です。

今回は 過去の行動を
自ら解説する

オーディオコメンタリーなる
偽企画で

呼びだされました。

(倉田)さあ そして 撮影現場に
行こうというところなんですが

スタンバイ
実は間に合ってないんですよ。

(倉田)そのため この後 1人で
待たされることになりますが。

(倉田)さすがは安田。

ドッキリを疑うことなく
嫌な顔 一つしません。

(横山)僕やったら…。

(女性)すいません いいですか?

(姉崎)楽屋戻るのもあれだから。

(倉田)さあ そして ここで
仕掛け人の子役 登場です。

(安田)どうしたの?

(青葉)ハァ…。
僕は駄目なんだ。

(安田)ん?

(横山)おもろ!

めちゃくちゃナチュラルに座った
2人で。

(安田)オーディション?

(倉田)オーディションが
うまくいかないかもしれないと

不安な青葉君に優しく声をかける
安田さん。

[では ピュア…]

[子供の…]

[悲しいシーン]

[テレビ局内とはいえ…]

[なかなかきつめな お願いだが]

(倉田)なんと即答でOK。

(横山)すごいな。

(横山)めっちゃ芝居してるやん。

(青葉)どうだった?
今の僕の演技。

(青葉)じゃあ何で受かんないの?
(安田)いや それは ちゃうやんか。

今のは いいと思うけどな。

(横山)演出家のトーンや。

(青葉)お父さん!

[さすがのヤスに…]

(母親)青葉! あっ すいません。

(母親)すいません。
(安田)はい いえいえ…。

(母親)行こう。

(母親)すみません。
(安田)全然 全然。

(母親)帰るよ 青葉。
(青葉)やだ!

やだ! もっと練習する。

あっち行って。
(母親)何で いっつもそうなの?

(青葉)あっち行け!
(安田)頑張ってるから大丈夫。

(横山)
お母さんが強く言ってるときは

お父さん黙るじゃないのよ。

(母親)じゃあ 分かりました。
行きます。

[パパ安田]

[続いて 芸人でもないのに

オーディションで目立つモノマネを教えて

という なかなかなお願い]

ヤスのモノマネの
レパートリーは…。

(倉田)なるほど 2種類?
(横山)2種類。

(安田)…ぐらいしか
たぶん できへんな。

(青葉)やってみて。
(倉田)さあ いくか?

(倉田)やっています。

ってぐらいしか。
分かってへんやろ?

(倉田)きました お代わり。

お父さんが 昔よくやってた…。

(横山)それちゃう! 違うねん。

やってみたい。

(安田)目の周りが白い。

そうそうそう。

思い出した! 誘い小枝 成功。

ていうのは
めちゃくちゃ似てると思う。

(横山)出ました…。

(大倉)これ何の時間やねん。
(横山)よかった 出たわ。

あー 気持ちいい。

スタッフさんも
一緒に楽しんでくれてたかな。

[…ヤス。 無茶をお願いする
子供だって変わらない]

[あり得ない状況でも…]

[それが
ピュアボーイ ヤスなんです]

[ここからは

安田 章大という人間の

さらに深い部分に踏み込むドッキリ]

道徳か。

(大倉)うわっ 深いな。

ついていい嘘って
そうやって考えたら…。

でも もし…。

相手に嘘をつくではなくて…。

…っていうふうに
考えればいいんじゃないのかな。

(倉田)名言が飛びだしました。

「嘘をつくではなくて
相手に歩幅を合わせる」

そうですね。

…答えますよね。

(青葉)じゃあさ…。

友達と仲間。

(安田)もちろん最初は
気が合うとか

一緒に遊んでてとか
共に時間を過ごすんやろうけど…。

(安田)…じゃないのかな。

(横山)これが
『クロニクルF』の振り幅ですね。

(大倉)総合バラエティー。

(大倉)答え過ぎや。

[最後の仕掛けは
友達のお祝いメッセージ]

[もはや
顔すら分からない人への

無茶なお願い]

(青葉)仲いい友達なんだけど
その子の誕生日だから…。

(青葉)うん。

(倉田)なんと あっさりOK。

ヤスの中で…。

(倉田)演出をかけてきた。

子役が演出をかけてきた。

小枝さん!?

ずっと?
(青葉)いくよ 3 2 1。

「そう 関ジャニ∞の
安田 章大です」

「いや これは桂 小枝です」

「キリト君のお友達 青葉君に
今日 たまたま…」

だんだん
ヤスになってきてるから。

小枝さんの引き出しは
そんなないのよ。

「…大事にして
2人の仲を深めてください」

「ケンカしたとき…」

(倉田)無事 着地をさせました。

撮れた? OK。

(倉田)安田さんの元を離れて
いよいよ ここから…。

(倉田)この状況
目が点であります。

(倉田)安田さんの元を離れて
いよいよ ここから…。

(犬の鳴き声)
(倉田)さあ ここから

現実では あり得ない状況が
やって来ます。

やって来ました
あまえんぼマルチーズが

悠々 闊歩するこの状況。

目が点であります。

(横山)おもちゃのワンちゃん?

(倉田)犬にも… 歩み寄って。

(倉田)
まるで保護犬を抱えるように。

(横山)おもちゃのワンちゃんまで。

[それでは…]

ちょっと待って。 これ 何で?

誰? どういうこと?

おい!

(横山)まったく疑ってないやん。

[ホントに疑ってない]

[これが ピュアボーイ ヤス]

優しい?

自分が…。

(安田)メジロの話! あっ!

小枝って言ってた!

ずっと思ってて。 何で…。

何で 何で小枝ばっかり…。

(倉田)あらためて
「ピュアボーイを永遠に」ということで。

(横山)じゃ 最後 安田さん
小枝さんで締めていただいて。

(笑い声)

[ヤスのピュアは
みんなを笑顔にする]

[ヤス そのままでいいんだよ]

≪違和感たっぷりの
偽ハンターが やって来た。

うわっ 来た!
(野田)一生のライバル。

≪偽ハンターが やって来た。

[最後まで
バラエティーやっていくぞ!]

(横山)『クロニクル』の
オリンピックやで!

[『関ジャニ∞クロニクルF』を
もう一度 ご覧になりたい方は…]

[さらに…]

Source: https://dnptxt.com/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事