出典:EPGの番組情報

徹子の部屋 大久保嘉人[解][字]

~息子との2人暮らしは波瀾万丈!?愛妻からの手紙に涙…~大久保嘉人さんが今日のゲストです。

◇ゲスト
「Jリーグ最多得点」「イエローカード歴代最多」など日本サッカー界の偉大な記録保持者、昨年末に現役を引退した大久保嘉人さんが初出演!今日は“笑いあり涙あり”のトークをお楽しみに!
◇番組内容
大久保さんは愛妻と4人の息子の6人家族。とても頼りになるしっかり者の妻は7年前に流産し、その後、抗がん剤治療が必要な病気と判明。妻を元気づけるため、息子達と一緒にやった事とは!?昨年、大阪のチームへ移籍が決まり、家族に単身赴任を報告すると、三男が「俺も行く」と宣言。全く家事の経験がなかった大久保さんは“主夫”を経験したことで、主婦は大変だと実感したという。そんな大久保さんに妻からサプライズの手紙が…
◇おしらせ
☆『徹子の部屋』番組HP
 http://www.tv-asahi.co.jp/tetsuko/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
ドキュメンタリー/教養 – インタビュー・討論
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 本当
  2. 奥様
  3. 自分
  4. 一緒
  5. 息子
  6. 大変
  7. 可愛
  8. サッカー
  9. キレイ
  10. パパ
  11. 最初
  12. お願い
  13. 学校
  14. 三男
  15. ピカチュウ
  16. ブリ
  17. 引退
  18. 病名
  19. お手紙
  20. キャラ弁

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

created by Rinker
ハゴロモ
¥1,393
(2022/03/24 23:14:59時点 Amazon調べ-詳細)

(黒柳)昨年末に現役を引退。

日本サッカー界に 多くの記録を

お作りになった この方。

『徹子の部屋』初登場の

大久保嘉人さんです。
どうぞ こちらへおいでください。

ようこそ おいでくださいました。

よろしくお願いします。
大久保です。

よろしくお願いいたします。

去年の引退前
単身赴任するつもりだった大阪に

突然 小学校4年生の息子が
ついてきて始まった

波瀾万丈な親子2人暮らしの
お話も伺います。

よろしくお願いいたします。
よろしくお願いします。

まず 初登場なんで ちょっと

自己紹介なんか
お願いしてもよろしいですか?

大久保嘉人 39歳。

妻と息子4人で暮らしています。

数々の日本のチーム
そして海外でも活躍なすった

日本サッカー界の
偉大な記録保持者。

史上初の3年連続 得点王。

そして イエローカードは

歴代最多の104枚。
すごいですかね? これは。

これは すごいですね。
本当に… はい。

悪い事をして
イエローカードもらってるので

すごい事だと思います。
それから

歴代最多の通算191得点。

これは いいですよね?
これは… はい。 いい記録ですね。

それと さっきの
イエローカード 104枚を

交換する事はできない…?
ああ できないですけど

ちょっと 足したいですね。

足すと すごい記録になりますね。
そうですね。

さて 先日 Jリーグ最多得点が

ギネス世界記録に
認定されたという事で

おめでとうございました。
ありがとうございます。

ですけど
引退なすったんですよね?

そうなんです。
昨年末に引退しましたね。

39歳で?
はい。

どういう理由で?
それがですね

急に… 練習が終わって
車に乗る時に

やっと
1人の時間ができるんですよ。

その時に あっ やめようかなって
ふと思って

それで 引退 決意しましたね。

いきなりきたんですか?
そういう風に。

そうなんですよ。
いきなりきたんですよね。

その前まで 本当 子どもたちに
「来年も パパはやるよ」って

言ってたんですけど。

まあ そこで
喜んでくれてたんですけど

なんか いきなり降りてきましたね
「やめよう」って。

「やめよう」。
すごく気が楽になったでしょ?

すごく気が楽になって
なんか… なんだろう。

それまで
やるって決めてたんですけど

やめるって決めて そこから 試合
まだ 何試合かあったんですよ。

すごい いいプレー できましたね。
いいプレーが?

そうです
そんなものかもしれない…。

まあ 奥様と4人の息子さん…

4人 息子さんがいらっしゃる?
そうなんですよ。

すごいですよ。 6人家族で
暮らしてらっしゃるんですけど。

長男の碧人君 高校1年生。

次男が緑二君。

全部 色を付けてらっしゃるのね。
そうなんです。

それから 三男が橙利君。

橙色ですね。 小学校4年生。

四男の紫由君。 紫色です。

名前に色が付いているのは

何か訳がありますか?

最初は 特に色とか付ける感じも

なかったんですけど 単純に 僕が

スペインリーグって…
スペインに移籍したんですよ。

その時に
マジョルカ島っていって

すごい 海がキレイで
空も本当に青々してて

それで 「碧人」って
もう 付けたんですけど

海の この… 空とか。

そのあとに…
まあ 自分はサッカーしてたんで

芝生の緑。
グリーン?

はい 付けましたね。 でも
そうすると 3番目から もう

やっぱり 色にこだわらないと
いけないっていう。

そうですね。 上の2人が…。

それで 色を何色にしようかなと。

そうすると 橙色が出てきて。

最後の4人目なんか 本当に

色が出てこなかったんですよ。

でも ふと最初に出てきたのが
紫で。

もう 紫から変えれなくなって。

それで 紫の「紫由」にしました。
そうですか。

で 奥様は
「莉瑛さん」とおっしゃいまして

中学時代の
サッカーコーチのお嬢さん?

そうなんですよ。
じゃあ もう

よくおわかりですよね。
そうですね。 もともと

お義父さんの方が
やっぱり 僕は知っていて。

中学生の頃から知っていて。
まあ そこの… はい。

お義父さんの… コーチの娘さんと
結婚しましたね。

そうですか。 あら 可愛い奥様。

ねえ。 すごく可愛い。
ありがとうございます。

奥様との出会いは

高校卒業直前だったそうで
ございますが

奥様の第一印象。

えっとですね…
すごくしっかりしていて。

僕が 本当
そんなにしっかりしてなくて

ちょっと
ちゃらんぽらんだったんで

もう この人と結婚しないと
僕はサッカー選手になっても

もう すぐ潰れるんじゃないか。

もう すぐ引退しないと
いけないんじゃないかなと思って

すぐ結婚しました。
すごいな。

でも あんなに おキレイな
奥様だけど やっぱり

しっかりしてらっしゃる?
そうですね。

そのとおりでしたか?
そのとおりで はい。

今じゃ4人の子どもと
プラス僕なんで

まあ ほぼほぼ5人なんですけど。

まあ 非常に 今 怖いですね。

優しい奥様なんですけど
今では厳しい

4人の子どもの母親
プラス… 5なんですけど

夫婦げんかはなさるんですか?

やっぱり しますね。
結構しますよ。

やっぱり 子どもの事だったり。
そうでしょうね。

僕は子どもと一緒に遊ぶ事を
常に意識しながら遊んでるので

「あんたも一緒にしないで

もうちょっと厳しく言ってよ」
みたいな。

それで けんかになりますね。
そうね。

「あなたは お父さんなんだから」。
そうなんですよ。

でも 悲しい事があって 7年前に

奥様が流産なさったんですって?
はい そうなんですよね。

ちょっと 病気になって。
なんか こう 病名を聞いた時は

本当に どうなるんだろうって
思いましたね。

病名は?
病名は なんか

胞状奇胎っていう病状で。
本当に それが

がんになるかもしれない

っていう病気になりましたね。

心配なさったでしょう。
その時は ちょっと… はい。

抗がん剤が必要だって事が
わかったんで

それが 大変…。
そうですね。

ビックリしましたね 本当に。
ねえ。

奥様は どんな様子でしたか?
やっぱり 落ち込んでいて

泣いたりも やっぱり…
していましたね。

でも 子どもたちと一緒に
奥様を元気付けるために

坊主になったって
それ 本当なんですか?

そうなんですよ。

本当に その病名を聞いた時…。
あっ 本当だ!

もう 病名を聞いた時に
僕が やっぱり

先にしないといけないと思って。

ほんで 妻を
笑わせたいと思ったので

練習が終わって 練習場で

すぐ坊主にして
帰ったんですよ。

そうすると 子どもたちは
「えっ どうしたの?」って

みんな 笑っていて。

そこで 妻の病気を こう…
話したんですね。

だから みんなで…
「パパがしたんだから

みんなでやろうよ」って
言ったら…。

可愛いね!
なんか みんなね…

本当は 坊主には
多分 したくないんですよ。

そうね。
けど その時は 喜んで。

4人が坊主になった姿を
ご覧になった奥様は

どうでしたか? 反応は。
もう…

「可愛い!」って言って。

本当に すごく笑ってくれたので
もう それだけで よかったです。

よかったですよね。
はい。 本当に それだけで…。

でも 子どもたち
可愛いですよね やっぱり。

そうですね。
それに どうせ 毛は

伸びるもんですからね
そこで刈ったってね。

そうなんですよ。 すぐ伸びるから
我慢してっていう。

でも その後 赤ちゃん

お産みになったんですって?
そうなんですよ。

もう できるかわからないって
言われたんですけど

まあ 2年後に
こう… 出産できたんで。

紫由君という
紫色っていう… 坊ちゃん。

奥様 4人の子ども… 男の子
大変じゃないですか。

大変ですよ もう。
朝から学校に行かせるために

もう ずっと叫んでますから。
その声で もう 僕 起きますから。

もう 怖くて
下 行けないんですよ。

今は寝たふりしようっていって
寝てます。

フフフフ…! そうか。

子どもたちと奥様との言い争い…。
そうなんですよ。

それはそうですよ。
子ども 男の子4人もいたらね。

まあ 学校なり幼稚園なり
なんなり行くのに…。

去年の春に
大阪のチームに移籍が決まって

家族にご報告なさったところ…。
はい。

どうしたんでしょう?

どうしたんでしょうかね?
三男の子が?

そう… ビックリしましたよ
本当に。

えっ 嘘だろ? って思いましたね。

「僕も行く」って言ったの?
はい。

その時の勢いで言ってるのかな?
と思いましたね。

そうですよね。
はい。

三男は橙利君といいますけども

その時 いくつだったんですかね?

その時は9歳でしたね。

なぜ 行きたいのかって
理由をお聞きになりました?

はい。 最初の時に聞いたんですよ。

「なんで 来たの?」って言ったら

「パパと離れるのが
イヤだったから」って

最初は言ってたんですよ。
うん。

最後ら辺に 「本当に
なんで 来たの?」って言ったら

「パパと行けば
YouTubeとかも見れるし

勉強も…
こう うるさく言わない…」。

お母様に言われなくて済む?
そうなんですよ。

だから すごく こう…
「パパといれば自由で楽だから

行きたかった」って。
あっ やっぱり そうかって

思いましたよね。
賢いなって思いました。

まあね。
はい。

それで 去年の春から
9カ月ですか?

その 坊ちゃんと一緒に生活。

何が一番大変でした?
子どもと一緒に暮らすと。

やっぱりですね この 宿題。

行った学校は やっぱり 宿題が

もともとの学校より
多かったんですよ。

あら。
僕 教えられないんですよ。

あっ そうなの?
はい。

だから その宿題が本当に大変で。

もう 僕に 「これ どうやって
したらいいの?」とか

最初は聞いてきたんですけど

もう パパができないって
わかったら

こう… なんか イライラして
僕にぶつかってくるんですよ。

だから そうなると もう
本当に大変だったので

「答え 見なさい」と。
うん?

「答えを見なさい」と。
フフフフ…!

答えを見て あの…
もう 提出したらいいよと。

だけど そのあと 自分が

苦しくなるだけだから
そこは ちゃんと学校で

勉強を聞いてきなさいっていう
話をずっとしてました はい。

それで おまけに
国内外のチームを

渡り歩いていらっしゃったから
大久保さんは

家事が全然 経験がない?
そうなんです。

やった事なかったです。 あの…

そこにも
立った事もなかったですし。

台所に?
台所に立った事もなかったですし。

初めに インスタントみそ汁
っていうのが

もう 失敗だったんですって?
なんか。

ダメでしたね。
どうしたんですか? それ。

インスタントのみそ汁…。
最初 やっぱり 朝ごはんで

初日で ちゃんと やっぱり
食べさせてあげたい

っていうのがあったので
あっ みそ汁だと。

インスタントは家にあったので
まあ お湯を沸かして

こう パラパラ パラパラって
入れたんですよ 全て。

自分の中では
全て入れたつもりで出したら

「パパ これ 味がないよ」と。
「いや そんなわけないよ」って。

こう あるやつを全部入れたんで。
全部入れたんだから。

で 飲んでみたら お湯でしたね。

おみそは別にあった…?
みそは別にあって。

それで ちょっと
ビックリしましたね。

こんな感じなんだって。
そんなものが… 付いてるものは

別に入れるんだなんて事
知らないですよね。

そのレベルで
2人暮らししましたね。

でも 今では もう
お魚さばけるぐらい

上手になったんですって?
いろんな事が。

今では そこから まあ
ちょっとは楽しくなったので。

魚をさばいてみたいっていう
なんか 欲が出てきて

さばけるようになりましたね。
そうです VTRがございます。

ブリをさばいていらっしゃる
お姿です 大久保さんの。

うわー! 大きい。
大きいんですよ これ。

すごい。 これ ブリですか?
ブリです。

結構 やっぱり 硬いので
力がいりましたね。

これ お刺し身?

これは 刺し身とブリ大根と

ブリの煮付けを
全部 作りましたね。

すごい。 なんだか わからないけど
すごそうだな。

この皮を取る時とか
本当に気持ちいいですね。

サーッてやれば取れるんで。
なるほど。

料理人になった気分になります。

ああ これはもうね お刺し身で。

そうです。 おいしかったですね。
おいしかった?

おいしかったですね
やっぱり 自分でやるのは。

あら キレイじゃありませんか。
キレイですね。

ねえ! ブリ刺し。
本当に これ

なんか 店で出てくるみたいな
感じですね。

これは照り焼き。
はい。 ブリの照り焼き。

ええー! お上手ですね。
キレイ…

盛り付けやなんかが
キレイですよね。

そうですね。 あとは…。
ブリ大根。

カメラがいいですからね
カメラが。

撮り方が やっぱり うまいですね。
なるほど。 ご自分ですか?

はい そうです。
随分 上手。

キレイに撮れました。
へえー!

ブリ大根の味は
おいしかったですか?

もう 本当においしかったです。

僕 甘い…
ちょっと甘いぐらいが好きで。

最高でしたね。 ご飯が
何杯いけるかっていうぐらい。

でも 息子さんの遠足の時に
キャラ弁も作ったんですって?

キャラ弁 作りましたね。

最初に来るってなった時に
行事を見たら

弁当がいる日があったんですよ
遠足で。

このキャラ弁なんですけど。
あら 可愛い。

ちょっと キャラ弁を
作ってやろうと思って。

もう すごいです。
前の日 寝れなかったです。

フフフフ…! これ 何…?
誰の顔なんですかね?

これはピカチュウですね。
あっ これはピカチュウですか。

はい。 ピカチュウを描いて。
黄色いピカチュウ。

そうなんですよ。 全部 本当に
卵から… 全てやって。

そのとおり?
はい。 もう 朝早く起きて

ちょっと寝ぼけながら
やったんですけど

終わってみれば もう 完璧で。
そしたら

息子さん なんて言いました?
これ見て。

あの それがですね

遠足に そのまま見せずに
こう 渡したんですよ。

めちゃくちゃ喜んでるだろうな
って こう 思ってたら

帰ってきたら あの…

ごはん食べる時には
もう グシャグシャになっていて。

揺すれて?
はい。 揺すれて。

何を作ったかも
わかってなかったんですよ。

だけど 「おいしかったよ」とは
言ってくれました。

ピカチュウだって事は
わからなかった…?

わかってなかったんで
帰ってきて写真見せました。

そうですか。
もとは こうだったんだよって。

そうなんですよ。
あっ そう 揺すれるっていう事が

計算に入らないとね。
そうなんですよね。

ギュウギュウとかに
入ってないとね。

そうなんですよ。 そういうのが
全然 わからなくて

自己満で終わってましたね。
そうですか。

でも 写真見たら
息子は喜びました?

「すごいね」って言ってましたね。

驚いてました。
そうですか。

奥様には手料理は
振る舞った事は… いかが?

ああー… まだないですね。
まだない?

けど やっぱり ちょっと
大きな記念日だったり

何か こう 行事ごとがあれば

食べさせてあげたいなって。
すごく こう 煮付けとか…

魚の煮付けを
食べさせてあげたいです。

そうですか。
はい。

じゃあ 結婚記念日とか
なんか あるでしょう 記念日がね。

そうですね。 その時に
ちょっと 作りたいですね。

息子さんも一緒に
家事やらせようと

随分 2人で協力して
洗濯したりとか。

はい。 やっぱり こう
せっかく来たんだから

こういう事も一緒にやって。
そうよね。

ついてきちゃったんだからね。
はい。

学ばせないといけないなっていう
気持ちもあったんで

あの… 「こうやって手伝って」って
言ったら

こう やってくれてました。
うん。

そういうのは
一生懸命やってました?

やってましたね。
やっぱり喜んで。

一緒にできるっていうのは
うれしくて

喜んでやってましたよ。
2人で こう できたので

楽しかったですね。
話し合いしてね。

それがいいでしょう。
はい。

これが その時のですか?
そうなんですよ。

これが その時ので
「何を食べたい?」とか聞いて。

やっぱり 食べたいものを
作ってあげたいんで

それを作ると「おいしい」とか
やっぱり 言ってくれるので。

うん。 可愛いわね。
はい。

あら! これ 散歩?
そうです。

これ 買い物 行って。
うん。

ネギが出てるんですけど。
あっ 本当。 おネギ出てますね。

買い物で… 2人で。
へえー!

でも 息子さんも行くって
ついてきたからには

なんでもやるんだろうから
一緒にやるのは

楽しかったでしょうね きっとね。
お父さんを独り占めできる…。

そうです そうです。
そこが一番大きかったみたいです。

独り占めして。
独り占め。

すごいうれしかったみたいですね
はい。

なんか この2人生活が
本になったって?

そうなんですよ。 本当に
本にさせてくれたので…。

三男の橙利が来てくれて

橙利に助けられてるな
っていう思いで

なんか 頭が上がらないですね
逆に。

そうですか。 でも その本見たら
橙利君は喜びました?

喜びますね。
本当に 橙利自身も出てるので

非常に こう…
自慢げに 兄弟の中で

俺は出てるんだぞっていうのを。
そりゃそうね。

はい。 もう 話してますね。
そうですか。

でも 2人暮らしを終えて

三男は なんか変わりました?

やっぱ 変わりましたね。
もともと 何もしない子で

全部任せる…。
ほんで 風呂入る時も

服をその辺に もう 脱ぎ捨てて
っていう感じだったんですけど

やっぱ 今は 自分から…
サッカーを習ってるんですけど

サッカーから帰ってきたら…
靴下って汚れるじゃないですか。

それを こう 水につけたりとか
自分で率先してやって。

お兄ちゃんが
それをやってなかったら

こうやってやるんだよって
伝えたり。 成長したなって。

可愛いわね。
可愛いですね はい。

本当に9カ月でしたけど

ああ 一緒に行けて
よかったなって…。

息子さんと ほとんど主夫…
「夫」の字の「夫」ですけど

主夫を経験し
妻は大変だっていう事が

改めておわかりになった?
わかりましたね。

本当に 僕 何もした事なくて。

子どもの手伝いもした事なんか
あんまりなかったんで。

僕が1人…
橙利 三男だけで大変だったのに

妻は それを4人
やってると思うと

ここまで
大変だったんだ

って思いましたね。
そうですよね。

1人が学校から帰ってきただけで

もう ドロドロなわけでしょ。
そうなんですよ。

それがね 4人もいれば

そりゃ叫びますよね。
そうよね。

本当にね そう。

自分のところだけじゃなくてもね
この いろいろ…

主婦の人たちっていうのは
本当に大変なんだなって

思いましたね。
本当にそうですよね。

さて ここで ちょっと
奥様にお願いして

お手紙をいただいた。

そんな事したんですか。
そうです。

よろしいですか?
奥様からのお手紙です。

お願いします。

「嘉人」。 こちらが嘉人さん。
はい。

ありがとうございます。
ありがとうございます。

素敵なお手紙 いかがですか?
いやあ そうですね…。

まあ まあ… サッカーやめて
こう なんですかね。

本当に 今まで サッカーしか
してこなかったんで

こう… やめたあと

どこに向かっていいのかな
みたいな あるんですけど

わからない時が やっぱり
出てくるので。

その時は
本当に 妻から言われるんですよ。

怒られるというか。

サッカーの時は
怒られた事なかったんで

今 怒られて。

だけど まあ 反省してるって
言ってたんですけど

別に… 言ってくれた方が
僕はうれしいので。

どうした方がいいかっていうのが
わかるので。

だから ちょっと…。
「その情熱を

どこに向けていいのか
迷ってるのではないかと

心配しています」
いやー…。

そういうの
話した事ないんですけど

ちょっと… わかってますね。
そうですよ。

「ここのとこだけど 自分は
こうこうこうだ」っていう事をね

ご相談になるのは
奥様 ありがたいと思います。

本当に うれしいですね。
本当ね。

「高めの壁も
共に乗り越えましょう」って

おっしゃってるんですから。
本当に…

今までも乗り越えてきたので
また これからも

乗り越えていきたいなと。
これからどうなさるのか。

いいお手紙で 素敵な奥様。
危なかった… 泣くとこでした。

じゃあ ここで改めて
奥様への感謝のお気持ち 何か…。

ああ… そうですね。
やっぱり 今まで

現役の時は 多分 本当に
大変だったと思うんですよ。

まあ 自分も
折れない自信があったので

突き進んでたところも
あったんですけど。

これからは また ちょっと違って

サッカーじゃない
自分の分野じゃないとこに

今 飛び込んでいってるので

お互い 一緒に
乗り越えていってくれれば

あの… 心強い味方がいるなと
自分 思うので

それだけで頑張っていけるかなと
思ってるので

本当に これからも
よろしくお願いします

っていうのを伝えたいですね。
そうですか。

今年40歳で まだはっきりして
いらっしゃらないかも

しれないけど 今後の目標は
もうお決めになりました?

いや それがですね
まだ見付かってなくて。

だけど 今 サッカーをやめて

本当に テレビだったり
ラジオだったり

いろいろな事を
こう 出させてもらって

本当に 今まで見た事ない事を
見させてもらってるので

本当に そこで
いろいろ また勉強して。

まあ これからも
本当に何をやるにも

もう なんだろう?
初心者っていうか…。

そうですよね。
だから 頑張るしかないですね。

そうですよね。
でも その場合でも

奥様に相談なさると…
おやりになったあと

今日どうだったとか? とかね。
はい そうなんですよ。

いいですよね 新しい事をね
お始めになるっていうのは。

でも 素敵な奥様で
何よりだと思います。

ありがとうございます。

本当に どうも…
よかったわ 来ていただいて。

いやいや
ありがとうございました 本当に。

『徹子の部屋』は

Source: https://dnptxt.com/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事