出典:EPGの番組情報

THE5連覇無双★寿司・中華・大喜利の絶対王者が肩書を隠して5連覇に挑む[字]

2週連続!究極のプレッシャーバトル【第一夜】各界の絶対王者は肩書を隠しても勝ち続けることができるのか?食べログ評価4.6!予約のとれない寿司職人が前代未聞の挑戦

出演者
【主宰】
遠藤憲一

【見届け人】
ギャル曽根
横澤夏子

【絶対王者】
難波英史(鮨なんば)
番組内容
2週連続放送の究極プレッシャーバトルがここに誕生!その道の超一流は肩書を外してもやっぱり凄いのか?誰もが一度は抱いた疑問に応える禁断の真剣勝負【第一夜】▽寿司界の絶対王者が降臨!食べログ評価4.6!予約のとれない名店職人がプライドをかけて参戦▽すべてのシャリ&ネタの温度を1℃刻みで徹底管理…超絶技法を見逃すな▽学生チャンピオンから愛弟子まで!最強挑戦者が襲い掛かる▽チェアマン遠藤憲一も驚愕のラスト
制作
ytv
番組ホームページ
https://www.ytv.co.jp/5renpa/
キーワード
遠藤憲一
ギャル曽根
横澤夏子
グルメ
寿司
難波英史
鮨なんば

ジャンル :
バラエティ – その他
情報/ワイドショー – その他
バラエティ – ゲーム

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 横澤
  2. ギャル曽根
  3. 王者
  4. 難波
  5. アナウンス
  6. 審査員
  7. ドラ
  8. 一貫
  9. 判定
  10. ゴーグル
  11. ヘッドホン
  12. 拍手
  13. 穴子
  14. 挑戦者
  15. 開始
  16. イカ
  17. 温度
  18. ジャイアントキラー
  19. シャリ
  20. 凱旋

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

created by Rinker
日テレサービス
¥700
(2022/03/24 23:59:16時点 Amazon調べ-詳細)

(遠藤)
ここに 1人の鮨職人がいます。

グルメサイト 食べログの評価は
東京で5本の指に入る4.56。

予約は現在 9か月待ち。

まさに 日本最高峰と評されるに
ふさわしい鮨職人です。

そんな彼が今夜
前代未聞のチャレンジ

5連覇無双に挑みます!

<あなたは 肩書きだけで
物事の良し悪しを

判断してしまうこと
ありませんか?>

<食べログで
高評価の店>

<世界チャンピオンの店>

<そこで食べる料理は

おいしいと
決めつけていませんか?>

<そこで…>

<肩書きでは全く及ばないが…>

<一切の肩書きを伏せ

味だけで勝負したら
どちらが勝つのか?>

<格下の…>

<全員が目の色を変えて
王者に襲い掛かる!>

タレも めっちゃ
おいしいですね!

ちょっとこれは チャレンジャーが
勝つんじゃないかって

私 思っちゃいました。

<果たして
最高の肩書きを持つ王者は

見事 5連覇を果たし
無双となれるのか?>

勝者の凱旋!

え?
うわっ!

スゴイ!
衝撃的。

<最初の王者は…>

♬~

うわぁ~。

(横澤)すご~い!
うわぁ~!
きれい!

きれ~い!
(ギャル曽根)きれ~い。

<その鮨を ひと口 頬張れば…>

おいしそ~う。

めちゃくちゃ おいしそうに
食べる。なに~?

喉に入っちゃった…みたいな。

<鮨界の王者を決める
今宵の5連覇無双!>

<現在 その座に最も近いと
目される鮨職人 それが…>

<難波は
そのこだわりの技を評して

こう呼ばれている>

<そう 難波のこだわりは

科学的なデータを交えて
到達した

最高の温度で ネタとシャリの
温度を 一貫ずつ変えること>

どうやって?

<バックヤードでは 常に…>

(難波さん)誰かが…。

<豊洲での異名は…>

…って思っちゃうですよね。
ハハハ!

<その言葉に 目では笑っていても
妥協することは絶対にない!>

<そんな難波が今夜

「この一貫だけなら
誰にも負けない」と豪語する

5人の鮨職人と真剣勝負!>

<しかも 挑戦者の腕前は
連覇するごとにアップ!>

<審査員はそれを

どちらの鮨か
全く分からない状態で試食!>

<肩書きナシに
味だけで勝敗が決まる…>

<果たして 王者は難敵を退け
見事…>

♪~
鮨 なんば 難波英史さんです!

♪~
(横澤)うわぁ~ カッコイイ!

♪~ おぉ~!

よくぞ このチャレンジ
受けていただきました。
ありがとうございます。

初め オファー来たとき
どう思いました?

こういうなんか 対戦するって
いうのは やったことないんで

本当に すごい興味があって
まあ 負けることは考えずに。
そうですか。

逆にね 例えば
そういう立場だとしたら

俺 受けないっすね。
(横澤)ハハハ!

ちょっとリスク高すぎますもんね。
高すぎるからね。

だって 5人も挑戦者がいて
もしかしたら 1人で…

終わっちゃう可能性も
あるんですよね?
そうなんです。

だから 万が一
番組早く終わっちゃったら

ギャル曽根さんの
大食い選手権かなんかに。
アハハハ!

<第1回戦の鮨ネタは…>

<…という ジャイアントキラー>

よ~い スタート!

<1000人以上の職人を輩出する

人気の寿司職人養成学校で
彼女は…>

私も…。

<…を持つ彼女が イカに絶対の
自信を持つ理由 それは!>

(岡さん)それを みんなで…。

<青森県の漁港に育ち…>

<…という岡>

<勝負に挑む一貫は
自慢の手さばきで

飾り包丁を入れた
ネタを二重にし

紫蘇の花をあしらった
女性らしい一貫!>

<果たして王者 難波は…>

今 緊張してますか?
(岡さん)緊張してます。

王者が なんつったって
すごいですからね。
そうですね。

一貫一貫 気持ちを込めて
握れればいいかなっと思ってます。

それでは 審査員の方
入場です!

<審査員は
食に興味のある一般の方々>

<どちらが握った鮨か
分からないようにし

純粋に おいしいと思った方を
答えてもらう>

(アナウンス)
審査員の皆さんは お手元の

ゴーグルとヘッドホンを
装着してください。

(ギャル曽根)え?独特な。
独特だね。

あんなゴーグル見たことない。
(横澤)はい。

遠藤です。
俺の声 聞こえてる人?

これ何本ですか?
いいっすね。

それでは 5連覇無双
第1回戦 岡さんの挑戦です!

(開始のドラ)

いや ちょっとほんとにあの…
今まではね

ちょっと 王者頑張れ!
って思ってたんですけど

岡さんにも
頑張っていただきたいですね。

ちょっと どっちを応援していいか
分かんなくなってきましたけども。

(ギャル曽根)あ~ スゴイ!
隠し包丁が きれいに。

いえいえ…。

(ギャル曽根)余裕!
(横澤)しないんですか?

緊張はもう 昨日のうちに
終わっちゃいました?
終わっちゃいました。

(横澤)え!?
緊張したんですって。

おっ!おっ!?
(横澤)え!?え~!何 今の?

(アナウンス)
スタジオの皆さ~ん!こちらは
イカの甘みを増すための

江戸前の技なんだそうです。
(横澤・ギャル曽根)へえ~!

(横澤)これで 甘くなるんだ。
え?何これ?

(横澤)キンカン。
(ギャル曽根)キンカン。
キンカン へえ~。

(ギャル曽根)珍しい!
(横澤)うわ~ また きれ~い!
(終了のドラ)

(アナウンス)
では ゴーグルとヘッドホンを
外してください。

先行のお鮨を
お召し上がりください。

(横澤)早っ!食べた。
(ギャル曽根)早っ!
早い 食べましたね。

♬~

(アナウンス)
ではもう一度 ゴーグルと
ヘッドホンを装着してください。

見届け人の お2人にも
食べていただきます。

うれしい!
うれしい いただきます!

ん!う~ん!おいし~い!

キンカンが いい仕事してますね。
おいしい!

香りがいいんだ。
(横澤)うん!

う~ん!ほんと隠し包丁が
しっかり入ってるから

全然 かたさもなくて
でも イカの甘さ

ねっとり感とかもあって
あっ おいしいですね。

いい評価ですよ 岡さん。
(ギャル曽根)おいしいです!
(横澤)おいし~い!

よかった。さあ 続いて
王者 難波さんの挑戦です!

お願いします。
(開始のドラ)

さあ。
(横澤)難しい。

(ギャル曽根)え?削いでいくの?
(横澤)どういうこと?薄~い。

どこを切ってるの?
え?どういうことだ?

イカの かつらむきみたいに
なっちゃってるじゃない。
(横澤)そうですね!

大根のような…不思議。
まだいけんの すご~い!

<そう…>

<これが 王者・難波の技>

<実はイカは 難波にとって…>

もう必ずです はい。

<難波が握る鮨の中で
イカは最も温度が低い…>

<その理由は…>

<新鮮なイカを
あえて一度 冷凍>

<それを 36時間もかけ
ゆっくり解凍することで

甘みを増幅させる。
その ねっとりとしたイカが

口の中で ほどけるように
透けるほど薄く切ったら

わずか1ミリ幅で 細切りに>

(横澤・遠藤・ギャル曽根)うわ~!

<王者の一貫は 口の中で
淡い雪のように溶ける

およそ70本のイカ>

すごい。
(ギャル曽根)すごい!

名刺代わりの一貫。

それ いただけますよ。
(横澤)うわ 嬉しい!
(ギャル曽根)やったあ!

いただきます。
いただきます。

<王者の一貫を まずは
見届け人の2人が試食>

お~!!

雪のようにって言った
表現が すごい ぴったり。

ほんっとに
ほどけていくっていうのが。

<一方 王者の鮨とは知らずに
食べる審査員の反応は?>

(アナウンス)では 審査員の皆さん

ゴーグルとヘッドホンを
外してください。

お召し上がりください。

♬~

♬~ 味わってます。

♬~

(アナウンス)それでは 審査員の皆様
判定を お願いします。

<それとも…>

(アナウンス)
それでは 判定に参りますので

バックヤードに
お下がりください。

それでは 判定の刻です。

<果たして 王者が勝利し
連覇が始まるのか?>

<それとも 挑戦者が
ジャイアントキリングを起こし

たった一貫で
50万円を獲得するのか!?>

勝者の凱旋!

♪~

(拍手)

(ギャル曽根)おお~!
(横澤)王者だ~!

(ギャル曽根)王者。
おめでとうございます。
どうも ありがとうございます。

だけど やっぱ反応が
すごかったですね。

ワァーッとかって言ってね。

王者から見て どうでした?
岡さんは。

いや すごい丁寧にやってるなと
思いましたね はい。

すごい もう ほんとに。

実は 圧勝かと思ったら

1人の方は
挑戦者に丸してました。

だから 今回この勝負
ほんとに 分からないんですよね。

<1回戦から薄氷の勝利だった
王者に このあと…>

(ギャル曽根)うわ きれい。
(横澤)きれいだ。

(ギャル曽根)すごい脂ですね。
(横澤)ね!

おいしっ!

<段違いの難敵が
立ちはだかる!>

<第2回戦は…>

<…という
ジャイアントキラーが!>

<その理由が これ!>

<年間150本をおろした
経験も持つ!>

<そんな男が
勝負の一貫に選んだのは…>

カマトロ
どうかなと思ってますけど。

<カマトロは マグロ一本から

0.8%しかとれない
希少な部位>

(川股さん)
高級店は 筋も柔らかい部分
使ってると思うんですけど

やっぱり 僕は 筋も
旨味の1つだと思ってますから

チャレンジですね。

<高級店が さける筋を

あえて
王者にぶつけるという川股>

<果たして 難波は…>

それでは 審査員 入場です。

(拍手)
メンバーが変わりました。

はい 見えませんね
聞こえませんね。

スタートです!
(開始のドラ)

(横澤)すごいですね。やっぱり

年に何回やってる…
場数が違う気がして

今回 手強すぎるんじゃない
かなって思いますね。

何か ギラギラ輝いてる
脂が輝いてるのが見える。

(ギャル曽根)格子状に。
(横澤)わ~!

ほんと お肉みたい。

王者 どうですか?見た感じ。

いや 手際いいですね はい。

(横澤)わあ きれいだ。
(ギャル曽根)きれい。すごい脂ですね。
早い。

さあ完成しました。
(ギャル曽根)早い。
(横澤)早いな。

(横澤)筋がすごい。
(ギャル曽根)うん。

(アナウンス)ゴーグルとヘッドホンを
外してください。

では お召し上がりください。

♬~

♬~ これ絶対おいしいよね。

♬~

(横澤)
久しぶりに テレビで黙って
食べる人を見たんですけど。

ハハハ…。
(ギャル曽根)ほんとですよね。

(横澤)新鮮ですね。
普通は
黙っちゃいけないんだもんね。

(アナウンス)
それでは もう一度
ゴーグルとヘッドホンを

装着してください。

(2人)いただきます。

おいしい!

う~ん!

どうですか?
おいしい!
筋って言われてましたけど

やっぱ隠し包丁が
たくさん入ってるから

まったく気にならないです。
(横澤)すごい
歯切れいいですよね。

これが2人目っていうのが
すごい怖いんですけど。

逆に まだ3 4 5と
控えてるわけですもんね。

川股さん 好評ですよ。
ありがとうございます。

励みになります。
(横澤)いや もう そういう
ギャグやめてください。

(川股さん)ギャグは いらない?

それでは 後攻
王者 難波さん お願いします。

(開始のドラ)

(ギャル曽根)でも ネタが一個一個が
すごく大きくて。

(横澤)ほんとだ~!
ほんとだ おっきいんだね。

<そう 筋が入る大トロに…>

<王者が大トロを握るとき
必ず行う…>

<それは…>

マグロの…。

<そう言うと 王者は
フライパンに大トロを並べ

湯を張った鍋の上に置いた>

新しい!
(ギャル曽根)初めて見る。何!?

<筋の成分であるコラーゲンの
融点が低いことを利用し…>

<合わせるシャリは
40℃。

そこに 重ねる大トロは
25℃>

<温度の魔法で 筋だけを
無力化した大トロが

ひと肌のシャリと相まって
口の中で とろけ出す>

どうぞ。
(2人)いただきます。

(横澤)う~ん!
う~ん!

とろけ具合が また すごいですね。
計算しつくされてるというか。

筋が まったく無い。

<だが そんな王者の技を
知るよしもない

審査員の判定は?>

♬~

♬~

(アナウンス)
それでは 判定を お願いします。

<それとも…>

それでは 判定の刻です。

<王者が勝利し
2連覇を達成するのか?>

<それとも 挑戦者が
ジャイアントキリングを起こし

たった一貫で
50万円を獲得するのか!?>

いざ 勝者の凱旋!どっちだ!?

♪~

(横澤)うわ~!
(ギャル曽根)おお~!

やったあ!
(横澤)すごい!よかった。

(ギャル曽根)すごい。
おめでとうございます。
ありがとうございます。

ちょっとね 俺 これはね
もう2人目にして

相当 壁が高いなと
思ったんですけど どうでした?

いや ほんとマグロを
毎日 扱ってる人なんで

ほんとに 負けても
おかしくないなと思いました。

あとは 僕も…。

あ~ そうですか なるほど。

<第3回戦は…>

(横澤)わ~!大好き。
(ギャル曽根)穴子!

<…という
ジャイアントキラーは

大阪…>

<彼女が この勝負に絶対の
自信を持つ理由 それは…>

こちらで…。

煮穴子ありがとうございます。
私も お願いします。

<ほとんどの客が おかわりをする
自慢の穴子!>

<女性の職人が少ない
鮨の世界>

<しかし 彼女は付け場の全てを
任される この店は…>

<そう 彼女は…>

<おかわりしたくなる
穴子の秘密は この…>

<穴子の骨の臭みを取り除く
下準備>

<臭いの元となる血液を
完全に取り除くため

奥まで掃除したら

弱火で…>

<この手間暇をかけ

創業以来 継ぎ足され続ける
松宮のツメ>

そこは…。

<ミシュランが認めた
誰もが…>

<果たして王者 難波は…>

(開始のドラ)

(ギャル曽根)カッコイイですね。

(横澤)笹?笹の上に
乗っかってるんだ?

なんで笹ごと切るんですか?

香りづけと 笹の香りをつけるのと
下に くっつかないように。

(横澤)
へぇ~ 確かにいい香りしそう。

(ギャル曽根)さすが。
できました。

(終了のドラ)

(ギャル曽根)おいしそうですね。

(アナウンス)
では 審査員の皆さん ゴーグルと
ヘッドホンを外してください。

(アナウンス)お召し上がりください。

♬~

♬~ どうですか?

♬~

それでは お2人 試食どうぞ。

うれしい!
(2人)いただきま~す!

おいしい~。

タレも
めっちゃおいしいですね。

ちょっとこれは チャレンジャーが
勝つんじゃないかって

私 思っちゃいました。
おいしい!

高評価です。松宮さん。
ありがとうございます。

それでは後攻
王者 スタートです!

(開始のドラ)

<見届け人も大絶賛の
挑戦者の穴子>

<王者は…>

<なんばの穴子は
その下準備に真髄がある>

<穴子の下準備には

水洗いと お湯洗いの
2種類に分かれるが

水だと臭みが取り切れず
熱湯だと

皮が剥がれてしまうという
デメリットがある>

<そんな穴子に 難波は ここでも
温度の魔法をかける>

<温度調整ができる給湯器で
臭みと ぬめりが取れ

皮が剥がれないギリギリの温度

70℃~75℃で洗う>

<こうして 完璧に
下ごしらえされた穴子に

3時間かけて
じっくり味を染み込ませる>

<時間を逆算して煮上げる穴子は
客に提供する際には

シャリと同じ38℃で
究極の一体感を生み出す>

(終了のドラ)

いいですか?楽しみ。
(2人)いただきます。

おおっ。

ふふふ…。
(ギャル曽根)うわっ。

口の中 入れた瞬間

シャリと一緒に
ほどけてく感じです。

良かったです。
ありがとうございます。

(アナウンス)
では審査員の皆さん ゴーグルと
ヘッドホンを外してください。

♬~

<何も知らない審査員は
この穴子 どう評価する?>

♬~

♬~

(アナウンス)それでは審査員の皆さま
判定をお願いします。

<それとも…>

それでは 判定の刻です!

<王者が勝利し 3連覇なるか?>

<それとも挑戦者が
ジャイアントキリングを起こし

50万円 獲得するのか?>

勝者の凱旋!どっちだ!?

♪~

(横澤)おお~!

(拍手)
(ギャル曽根)すごいな!
(横澤)すごい!強い!

(拍手)

いや~ また勝ちましたね。
はい。

食べたら
おかわりしたいんですって。

ふわぁ~っと ほどけてくって。

ネタもシャリも。
ありがとうございます。

松宮さん どうでした?
いや 悔しいですけど

ありがとうございました。
でも 高評価でしたよ

松宮さんのも おいしくて
どうしようかな~とかって。

ほんまですか。
ありがとうございました。

<初戦で1票落としたものの

その後は全く
挑戦者を寄せ付けない王者

しかし このあと
王者の連覇に立ちはだかる

とんでもない
ジャイアントキラーが現れる!>

<第4回戦は…>

<…という
ジャイアントキラーは

日本一の水揚げ量を誇る

静岡県焼津市のカツオ職人…>

<日本一の鰹を扱う
プロたちが認める 五金の一貫>

<切り身に何かを塗った!
実は これ…>

何これ!?炭?

<身を少し残して剥いだ
皮肌と呼ばれる部分を

炭火で炙り 細かく切って
とことん叩く>

<旨味の強い皮肌を炙り
叩くことで

カツオの魅力を凝縮させた

オリジナルの調味料を
作ったのだ>

<アクセントで
ネギとショウガを挟み

おいしさを追求した理論を
詰め込んだ…>

何それ~。

(小谷さん)
…を両方召し上がってもらいたい。

<果たして 王者 難波は…>

(開始のドラ)

ここが変わった技ですよね
チャレンジャーの。

(横澤)初めて見る技。

(ギャル曽根)
何か しかもバーナーで炙るとか
じゃなくて

炭で焼き付ける。

王者は この手法とか知ってます?

見たことないですか。

さあ 完成しました。
(終了のドラ)

(横澤)楽しみ。
(ギャル曽根)きれいですね。

(アナウンス)
では 審査員の皆さん ゴーグルと
ヘッドホンを外してください。

♬~

大きく頷いてますね。
♬~ (横澤)そうですね。

♬~ 相当おいしいんだな。

♬~

うれしい~。
(2人)いただきま~す。
どうぞ。

うん!?

う~ん!

いいね。いいリアクションだな。

噛むごとに
いろんな味が楽しめて。

もちもち もちもちしますね。
しっかり。

考案した 細かく切って中に入れて
包んだ…どんな感じですか?

その食感もいいし ちゃんと
香ばしさも 炭の感じが

味わえるんですよね
あとからやってきて。

おいしい。
すごい評価です。

ありがとうございます。

続いて 後攻 王者 難波さん。
お願いします!

(開始のドラ)

<日本一のカツオ職人に高まる

ジャイアントキリングの機運。
王者は…>

<王者のカツオは
多くの店と同様に

皮目を炎で炙ることから始まる>

<すると…>

<何もせず ただ ひたすら

焦げた…>

<実は これこそが 難波が
温度の魔法をかけている瞬間>

<500℃で
2分半炙ったカツオを…>

<炙った皮の下に すっと入る…>

<皮の香ばしさと
こってりとした身の個性に

旨味という隠し味が入った
王者の一貫>

(2人)いただきます。

うわっ。
違う?

カツオって おいしい!

カツオって こんなおいしいの
知らなかったって感じです。

(アナウンス)
では 審査員の皆さん ゴーグルと
ヘッドホンを外してください。

♬~

<温度の魔法など
知るよしもない審査員は

この一貫 どうみる?>

♬~

(アナウンス)それでは 審査員の皆さま
判定をお願いします。

<ほぼ 紙一重の…>

それでは 判定の刻です!

♬~

<王者が5連覇無双に
王手をかけるのか?

それとも 挑戦者が
ジャイアントキリングを起こし…>

いざ 勝者の凱旋!
どっちだ!?

♪~

♪~

(拍手)
(ギャル曽根)うわ~4連覇!
(横澤)すご~い!

(拍手)
うわ~ すごい!
(ギャル曽根)すごっ!

(拍手)
(横澤)すご過ぎ!
いや~。

王者ですね ホントにね。
小谷さん いかがでしたか?

食べてみたいです。
食べてみたい?

はい。
(横澤)確かに!

<最終決戦>

<「金目鯛なら
絶対に負けない」という

ジャイアントキラーが!>

<予約を取るのが困難なほどの
人気店。「鮨 しゅん輔」>

<彼が最後の
ジャイアントキラーである理由

それは…>

<そう。高岡は難波が
11年前に出した店を

受け継いだ 一番弟子>

<この店を任されて4年>

<そんな 高岡が…>

<…を持つ理由。それは?>

…でやってるっていう事ですよね。

<そう 金目鯛は
難波の時代にはコースになく

高岡が代変わりして
生み出した…>

<その身を藁でいぶし
香りをつける>

<さらに1日寝かせ 熟成

醤油を垂らし 炙る>

<さらに
握りにも こだわりが!>

<一般的に皮目を表にして
握るところを高岡は…>

<一番おいしいと言われる
皮の旨味を

シャリに
しみこませるようにする為だ>

やるからには。

<難波の味を誰よりも知る
最強の刺客>

<果たして 難波は…>

(開始のドラ)

俊輔さん
今 緊張してますか?
はい。

なんかね~ 緊張するよね~。

王者の得意分野じゃないって
いうのが…。

そういう意味では
精神的には ちょっと王者

不利かもしれないですね…ねっ!
(横澤)そうですよね。

ホントに。何年ぐらい
ご一緒にやってたんですか?

長いよ 12年の。
(横澤)ええっ スゴイ!
(ギャル曽根)長っ。

(ギャル曽根)シャリの色も やっぱ
ちょっと違いますね。
(横澤)違う。

(横澤)結構 濃いめ。
(ギャル曽根)濃いめの赤酢。

(横澤)うわ~ ホント不思議。
(ギャル曽根)本当だ。珍しい皮に…。

(横澤)皮がまた…良さそうなのに
閉じ込めるんですね。

さあ 出来あがりました。

(終了のドラ)

(アナウンス)では 審査員の皆さん

ゴーグルとヘッドホンを
外してください。

♬~

♬~ 大きく頷いてました。

♬~

感想は また 後ほど。
はい。
♬~

♬~

それでは お2人
試食時間です。どうぞ!

(2人)いただきま~す!
どうぞ!

(横澤)う~ん。

皮目が下に…閉じ込めた
理由が分かりました。

す~ごい おいしい!
後から来んの?その…。

(横澤)より…やっぱ
いぶしてる香りが

より 後から
どんどん どんどん

噛めば噛むほど 出てくる。
ああ 包まれてるし。

(横澤)はい。
(ギャル曽根)あと 旨味も
すごい強いです。

(横澤)うん おいしい!

おいしい。
感想は また 後ほど。

はい。
<黙っていなければいけない…>

おいしい!

<見届け人も大絶賛!>

<このあと 王者が
絶対絶命のピンチに!>

後攻 難波さん
王者 スタートです!

(開始のドラ)

<挑戦者が有利な金目。
王者は苦戦していた>

<実は今でも
「鮨 なんば」では…

金目鯛の握りは出していない>

<久しぶりに向き合う魚。

このピンチをどう凌ぐのか?>

<まず 難波は…>

ちょっと…。

<セオリー通りでは
相手に勝てないと考える

難波は漬けを炙ることなく…>

<だが それを
口にした難波は…>

<バックヤードの職人に
何かを指示し

もう一度 漬けを握り…>

<そこに何かをのせた!>

<実は これ
薄く剥いだ金目の皮目を…>

<漬けにした身と
パリパリに炙った皮

身と皮を2つの温度で
仕上げるという

難波の発想がなければ
生まれない斬新な一貫>

<しかし…>

<難波は まだ
納得がいかない様子で…>

<本番ギリギリまで 試行錯誤を
追求するという王者。

果たして
最強のジャイアントキラー…>

<どんなものに仕上がるのか?>

(横澤)パリパリ。
これ 何ですか?

(横澤)ええ~っ!

(ギャル曽根)ええ~。
(横澤)うわっ!

これ 塩とまぶしたんですか?
はい そうですね。

ちょっと 塩昆布みたいな。はい。
(横澤)へぇ~。

さすが。あ~
かけてます。かけてます。
(横澤)すご~い。

(ギャル曽根)あっ ふりかけてる。
(横澤)うわっ!

結構 お塩だ。しっかり。
(終了のドラ)

<王者が この日のためだけに
仕上げた一貫>

<まずは…>

(ギャル曽根)う~ん!
いい音すんな。

う~ん。

ホント
今まで食べたことない食感。

(横澤)新食感ですね。ホントに。
(ギャル曽根)お鮨の中で。

(横澤)進化しますね~ すご~い!
(ギャル曽根)ねぇ~。

(アナウンス)
それでは 審査員の皆さん

ゴーグルとヘッドホンを
外してください。

では 後攻のお鮨
お召上がりください。

<攻めに攻めた
王者の一貫は

何も知らない審査員に

吉と出るのか?
凶と出るのか?>

(横澤)音が すごい。
サクサク音するね。

(横澤)
はい。音 聞こえましたね。
(ギャル曽根)音が。

♬~

(アナウンス)それでは 審査員の皆さま
判定をお願いします。

<果たして…>

(アナウンス)両者の勝敗が決しました。

(アナウンス)さあ それでは
判定に参りますので

王者・挑戦者ともに
バックヤードにお下がりください。

それでは 判定の刻です。

<王者による5連覇無双が
完遂するのか。

それとも…>

<…が起こるのか!?>

<…する 大一番!>

最後の勝者の凱旋!どっちだ!

♪~

最後の勝者の凱旋!どっちだ!

♪~

(拍手)
(ギャル曽根)うわ~ すごい!
うわ~ やった。

(拍手)
(横澤)カッコイイ!
すごい!

(拍手)
(横澤)すご~い!
いや~。

(拍手)
おめでとうございます。
本当に良かったです。

初代 5連覇無双です。
ありがとうございます。

いや~ ここまでガチだとは
思わなかったです。はい。

ねえ。でも お弟子さんが
ここまでに

なったっていうのは
嬉しいんじゃないですか?

本当 嬉しいですね。
ねえ。

ですよね?
はい。

どうぞ 受け取ってください。
おめでとうございます。

(拍手)

<次回…>

うわっ!
すげ~。

<さらに大喜利で
超新星が5連覇無双に挑戦!>

ハハハハッ…!
いい根性してますよ ホント。

Source: https://dnptxt.com/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事