出典:EPGの番組情報

この生き方、天才かも?【山里亮太・ぺこぱ・貴島明日香の人生観も変えた!?】[字]

この生き方、天才かも?第4弾~マイ・ウェイ・バラエティ~のぞき見たその先は“理想郷”か?それとも“カオス”か?

番組内容
好評を得た第4弾!この番組では“個性的な我が道を生きる人”を深堀り。世の中の多様性について見聞を深める事がコンセプト。“人類78億人、多様性の時代を笑顔で生きていきたい”そんな願いをこめた多様性のぞき見バラエティ。旅する事が仕事の“旅人サラリーマン”。コロナ禍で憧れる人続出!“ホカンス”を満喫するミニマリストなど。思わず「この生き方、天才かも?」とつぶやいてしまう人生が世界にはたくさんある。
出演者
山里亮太(南海キャンディーズ) 
ぺこぱ(シュウペイ・松陰寺太勇) 
貴島明日香 
野呂佳代 

【ナレーター】
山盛由果
スタッフ
【構成】
平和紘 

【演出】
武藤由華(共同テレビジョン) 

【デスク】
堀田亮子(東海テレビ) 

【プロデューサー】
猪飼健夫(東海テレビ) 
中島由布子(共同テレビジョン)

ジャンル :
バラエティ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 杏里
  2. 野呂
  3. 一慶
  4. 万里央
  5. ホテル
  6. 仕事
  7. スタッフ
  8. 貴島
  9. 山里
  10. 紹介
  11. ホント
  12. 会社
  13. 西井
  14. 京都
  15. 自分
  16. 社長
  17. シュウペイ
  18. 今日
  19. 友達
  20. ベッド

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

created by Rinker
¥1,684
(2022/04/02 23:56:45時点 Amazon調べ-詳細)

(山里)楽しくいこうよ
これ 楽しい番組なんだから。

[人類78億人が
多様に生きる時代]

[わが道を まい進する
天才かも?な友達が 続々登場]

[旅して稼ぐ!]

[好きを 全部 仕事にする
旅人サラリーマン]

[超一軍に囲まれて生活する
ホカンス女子]

[あの生き方も この生き方も
あなたの幸せのヒントに]

では 早速 われわれ ぺこぱから
お友達 紹介したいと思います。

一慶君 いらっしゃ~い!

さあ どうぞ どうぞ
こちらに座っていただいてね。

では 一慶君
自己紹介の方 お願いいたします。

はい 初めまして
松谷 一慶で~す!

(松陰寺)もう友達。

友達は みんな やってくれるんで。
なるほどね。

(シュウペイ)さあ 実はですね
山里さん 今回…。

まず ご紹介しちゃっても
よろしいでしょうか?

一慶君以外に?
はい。

万里央く~ん!

こんにちは
佐藤 万里央と申します。

マリペイで~す!

友達 多いね。
万里央く~ん。

万里央君は
でも 何ていうんだろう。

ちょっと 今
離れてるとこにいるんですけど

万里央君
今 どこにいるんでしたっけ?

こちらは
長崎県の対馬にいます。

(シュウペイ)実は
一慶君と 万里央君はですね

同じ天才かも?っていう
共通点があって…。

つながりが
まったく分かんないんだけど。

いいとこ突いてますね 山里さん。

実はですね お二人…。

何それ?
また 初めての肩書 きたじゃん。

どういうこと?
じゃあ 旅するってことが

そのまま お金につながる
ってことなの?

それとも
行く先々で お仕事をして

その日その日 いろんな…
楽しんでるってこと?

(シュウペイ)まさに…。

[旅人サラリーマンとは
何なのか]

[まずは 佐藤 万里央さんがいる
長崎の離島 対馬へ飛んだ]

[待ち合わせ場所は港]

[万里央さんは

漁船の上に]

(スタッフ)こんにちは。
(万里央)こんにちは。

[万里央さん 自ら船を操縦し
大海原へ]

[仕事は…]

[かと思ったら]

(万里央)自分は…。

[と譲らない]

[でも スマホで見ているのは…]

[さらに
探知機で魚群を確認すると

仲間と一緒に
ブリを一本釣りし始めた]

[手慣れた様子で
釣りを始めて…]

(万里央)よっしゃ 食ったよ。

仕事中…。
そうなの。

デジタルマーケティングの
仕事中って言ってんのよ これを。

[4時間 魚を釣り 港へ帰ると

魚を加工会社へ搬入]

[そして 始めたのは]

[何やら
釣りの成果を書いているが]

(万里央)はい
業務報告として書いて。

(万里央)従業員は 旅をしながら
仕事をするみたいなのが

モットーというか
そういう社是なので。

[一方 万里央さんのお友達…]

[京都の立派なお寺で
座禅を組んでいた]

(一慶)うちは
旅先で楽しむのが仕事なので…。

(一慶)はい 旅先を
目いっぱい楽しむために

何ができるかってことを
常に考えてますね。

[実は 一慶さんも万里央さんも
シンクロという…]

[企業へのマーケティング戦略の
アドバイスなど

様々な事業を行っているのだが]

[社長の西井さんが まあ 斬新]

(西井)私も含めてなんですけど
シンクロという会社は

旅行することも仕事の一つだと
いうふうに考えていて

旅先で いろんな人に会うことが
私たちが一番大事にしてる…。

[現在 社員は 合計10人]

[それぞれが好きな所へ…]

[確かに
サラリーマンでありながら

自由に旅を続けられるって
うらやましい]

[でも…]

[さっきまで 座禅をしていた
一慶さん]

[そのお寺で 副住職とご対面]

[2人でパソコンをのぞき
打ち合わせを始めた]

[いったい 何のお話を?]

(一慶)それの打ち合わせを
していました。

[もともと 座禅好きの一慶さん]

[旅先の京都で 副住職の
伊藤 東凌さんと出会い…]

[一緒に開発しているという]

出会ったことで
こんなのいいなって作ろうと…。

(一慶)そうなんです。
(貴島)そういうことか。

[副住職とは旅行仲間であり
仕事仲間]

[旅をしていたからこそ
広がった人脈が

お互い ウィンウィンの仕事に
つながったという]

[さらに
京都の街に繰り出した一慶さん]

(一慶)これは 九条葱と蒸し鶏の
ラーメンをいただいてます。

中華なんですけど
京都っぽい雰囲気で食べれる。

[おいしいものを食べて

京都の名所を巡り]

[お参りして

お茶をたしなみ]

(一慶)わぁ すごいっすね 奇麗。

[写真を撮って
ひたすら 旅を満喫]

(一慶)いいですね。

[しびれを切らして
聞いてみると]

(一慶)でも…。

(一慶)仕事を探すための旅
じゃなくて

ホントに 旅行に行きたいから

旅行するっていうのが
やりたいことなので。

(スタッフ)仕事がありそうだなって
行くんじゃないんですか?

(一慶)そうやって
探したことないですね。

ホントに 行きたいところに
行ってるだけっていう感じで。

(一慶)自分の経験とか
体験を通して得た

手触り感のあるアイデア
みたいなものが

すごく大切なものだと
思っていて…。

(一慶)みたいなふうに考えてます。

[ホテルに戻ると…]

はい では 皆さん
お疲れさまです。

(社員)お疲れさま。
(一慶)よろしくお願いしま~す。

今日 僕は 今 京都にいて

大原三千院に行ってきました。

最高でしたね 木漏れ日が奇麗で

なおかつ ちょっと寒くて 静かで
冬の京都の感じで

しかも ちょっと粉雪が舞ってる
みたいな感じのタイミングだったから

ずっと ぼ~っとして 本 読んで

1日終わって 今みたいな
過ごし方です。

[会社のミーティングとは
思えない 旅の報告会]

[ここで ちょっと お邪魔して]

(西井)はい。

今日 武ちゃん どこいるの?

しょうがないよね。
あれ? 久美さんは 今日どこ?

(西井)最高だね。

万里央 どこ?

(万里央)ありがとうございます。

[サウナから海外まで
自分の好きな所で仕事をする…]

[なぜ このようなスタイルに
なったのか]

[ということで
長崎県 対馬の万里央さんは

地元の方と仲良く畑仕事をして

対馬ならではのものをいただく]

[こちらは ご近所さんが
朝に仕留めた…]

[元漁師だという先輩方から

漁の方法や アドバイスをもらって
勉強している]

[もともと好きだった
釣りがきっかけで

やってみたかった漁の仕事を
生き生きと行っている]

[これも…]

(万里央)そういったことも
結構 見えてきたので

夢中になる仕事をやった方が
生産性はいいと。

一応 今 僕は
旅は出てないんですが…。

[万里央さんは…]

[さらに]

[気になる給料や 社長のこと

深掘りすると 驚きの会社事情が
次々と明らかに]

すごくないですか? この会社。
すごいよ。

仕事してるようには おそらく
ちょっと見えなかったかな

っていう感じはしましたけど。
まったく見えてないよ。

本人 前にして言うのも
あれだけど…。

(一慶)でも…。

そうだろうけど。

[一慶さんも 万里央さんも

30代で今の会社に入ったというが

その経緯が また変わっていて]

一慶君ね 一番大事なところが

たった4文字 「いろいろ」で…。

そこ聞きたいんですよ。

イースター島で
さっきの社長に出会って

で 帰ってきて
久しぶりに会おうよっていって

サッカーを見に行って
その後 ご飯に行って

で 久しぶりの再会
すごい楽しくて

いっぱい お酒 飲んでたら
気持ち良くなっちゃって…。

すごっ。
万里央君は どうなんですか?

社長とは
釣りに行ったりとかしてて

で 社長が ある日ですね…。

みたいな話になって
入社する条件として

アマゾンで魚を釣ってきたら
入社していいよって言われて。

そっから すぐ
アマゾンに行って…。

え~!
アマゾンで 魚 手に入れたって…。

ホントの方です ホントの。
川 流れてる方ですね。

こうなったら もう
こんな会社をつくった

社長さんが どんな人なのか
気になりませんか?

いや 気になるよ。
(松陰寺)というわけで 今日は

社長 呼んでおります。
はい 西井社長 お願いします!

こちらにお座りください。

[こちらの西井さんが

この夢のような会社をつくった

張本人]

[ここにも
斬新さが際立つワードが]

初めての単語があります
「強制スカウト」

仲良くなると
一緒に仕事したくなるんで…。

(松陰寺)法定内の
お酒でございますから。

ただ やっぱ いろんなとこ
好きなとこ行って 旅して

そこで 楽しんだ先にあるものを
探すっていう

ホントに素晴らしいと思うけど
そうなってくると

コロナ禍という状況は かなり
大変だったんじゃないですか?

そうですね
まず ホントに 最初は…。

そのときは…。

なので 社員みんなで まず…。

っていうことで
やったんですけど…。

(西井)ネットで 全て
コミュニケーションやってたので

それが
僕らの会社だけじゃなくて…。

こいつ ずっと
遊んでいいとは言ったけど

遊び過ぎて…。

まあ でも さっきの…。

でも ずっと漁してて
あれは お給料は どういう形で。

(西井)まず 彼の給料は
釣れた魚が

インターネットとかで
高く売れれば

その分 もちろん
給料 上がりますし。

僕の場合だと
InTripっていう禅のアプリを

お客さんに買ってもらうことで
収益化を目指していたりとか。

(一慶)そうです。
ただ給料としては ホントに…。

えっ?

事業が
みんな バラバラなんですよ。

みたいな人も。
逆もいるんすか?

(西井)います います。
例えば 漁業が不漁で

なかなか もうからない
っていうときとかは

みんなで逆に お金 出し合って
ちゃんと 彼の生活と

漁業 支えよう
みたいなことやるし

そういうの 何か…。

だから…。

(一慶)うまくいってるときって
もちろん楽しいんですけど…。

とか醍醐味だったりするので
それは それで 楽しくて。

トラブルって 結局 自分で選んで
いけないじゃないですか。

ってことは その…。

散々っぱら 全ての物事を
ポジティブにした 松陰寺君が…。

(シュウペイ)さあ 山里さん
この皆さんを

別の友達に紹介するなら
何て紹介しますか?

そうですね。

(シュウペイ)上がいたんすね
スナフキンの。

さあ 次は 明日香ちゃんが
紹介してくれる。

(貴島)はい 早速 お友達を
呼んでみたいと思います。

どうぞ。

(貴島)かわいらしい。

(貴島)実はですね 杏里さんは…。

ミニマルなホカンス女子?

(貴島)私は この生き方 憧れです。

貴島ちゃんが憧れる?
(貴島)はい。

それ…。

[ミニマルなホカンス女子って
どんな生き方なのか?]

[杏里さんの日常に密着すると]

(スタッフ)おはようございます。
(杏里)おはようございます。

[トランクと かばん2つを抱え
仕事場へ]

(スタッフ)あっ ここですか?
(杏里)はい。

[到着したのは 都心の一等地]

[原宿に近い
神宮前の写真スタジオ]

[早速 開けた…]

(杏里)これは…。

[杏里さんの職業は…]

[ネイルをしているという]

(女性)手描きアート
みたいなところを

してるところかも
しれないですね。

[実は この日も]

俺でしょ! 親指 俺でしょ あれ。

[いったい 何なのか]

(スタッフ)これから…。

[真っすぐ帰るというが
向かった先は

ビジネス街…]

(スタッフ)ではないです?

(スタッフ)えっ?
おうちがここってことですか?

(杏里)こちらっていう感じです。

ちょっと待ってよ!
(松陰寺)いいとこ過ぎるでしょ。

[ミニマルなホカンス女子
その生活とは?]

[そう 杏里さんは…]

[この日 宿泊する部屋は]

[すてきなのは
部屋だけではなく

ロビーには

まるで 映画に出てきそうな
壁一面の本棚が]

[館内には1, 300冊以上の
本があり

宿泊者は
自由に読むことができる]

(杏里)それを…。

(杏里)めっちゃ楽しいです。

[自由に旅行がしにくい今

近場のホテルでホカンスを
楽しむ人が増えている]

[杏里さんは
こうしたホテルならではの

魅力を楽しみたいと

1年前 住んでいた家を
引き払い

毎日 ホカンスを
満喫しているという]

(スタッフ)結構 お金かかると
思うんですけれども 実際…。

[以前は シェアハウスに住み

当時の家賃は光熱費込みで
月6万円ほど]

[つまり 生活費は
今も ほぼ変わらないという]

[しかも ホカンス生活では…]

[とはいえ ビジネスホテルでも

1泊6, 000円以上は
かかるはずだが…]

(杏里)長期滞在で
リーズナブルな価格で

予約したいなっていうときは
マンスリーホテルさん。

ご褒美のおしゃれなホテルに
泊まりたいなっていうときは

HafHっていうサービスを
使っています。

[杏里さんが
この日 利用したのは

HafHという
ホテルのサブスクリプション]

[定額で 全国800以上の施設に
宿泊でき

杏里さんは このHafHでは

月額1万5, 800円で
5泊できるプランを利用]

[また 長く継続して使うことで
ポイントのようなものがたまり

時には ぜいたくなホテルも
お得に泊まれるという]

[さらにコロナ禍での
ホテル利用が注目される中

長期滞在用の
マンスリーホテルや

goodroomホテルパスなどの
宿泊予約サービスが増えている]

こういうサービスが増えてるんですか
今 コロナ禍で。

なるほど。

[1年前から お得に
毎日ホカンスを始めた 杏里さん]

[でも…]

(スタッフ)お洋服とか
そういったものっていうのは。

え~!
(シュウペイ)これだけ?

[1年前から お得に
毎日ホカンスを始めた 杏里さん]

(スタッフ)お洋服とか
そういったものっていうのは。

[杏里さんは生活に必要なものは
全て持ち歩く…]

[トランクは
ネイルの仕事道具だったが

かばんには
何が入っているのか?]

(杏里)アイロンは
ちゃんと持ってますね。

[さらに…]

(杏里)私の中で すごく…。

(杏里)誰も見てないけど
自分は気分を上げてたいので

こだわっちゃってますね。

[パジャマを持ち歩く
杏里さんの…]

(杏里)そこ 一番…。

(杏里)だったら毎日…。

(スタッフ)ちなみに…。

(スタッフ)3でいいんですか?
(杏里)はい。

(杏里)超1軍しかない
みたいな感じで。

[物を最小限に
つまり ミニマルにすることで

常に超1軍に囲まれて
気分が上がるという]

超1軍だから ちょっと
ぜいたくしてもいいしね。

確かに。

[このライフスタイルを
選んだ理由は他にもあり]

(杏里)として やっております。

[もともと行っていた
出張ネイルのエリアを…]

[北海道のお祭りや
富山県の美術館 新潟の酒蔵など

47都道府県を全て回り

ネイルを通した社会貢献にも
チャレンジしていきたいという]

(杏里)何か…。

[さらに ホカンスの気になる
メリットやデメリット

根掘り葉掘り聞き出すと
衝撃の話が飛び出した!]

すごいけどさ…。

(貴島)でも この超1軍しか
持たないっていう考え方は

今まで自分になかった。
しかもさ 超1軍だけって

例えば 今いる超1軍が
破れて着れなくなったときに…。

そうなんです。

そうだよね。

[およそ1年前から

ホカンス生活を始めたという
杏里さん]

[そもそも きっかけは?]

私も 結構…。

始まってるんですけど
やっぱり…。

(杏里)思って 始めました。

あるんですけれども。

ホテル暮らしをして
増えたものと減ったものが。

時間が圧倒的に増えてるんだ。

(杏里)掃除とかしなくて
よくなって

やっぱり ホテルに帰ったときに

ベッドシーツが
すごい奇麗になってる状態で。

そっか~。

光熱費もないしね。
(杏里)そうなんです。

スマホの時間 減るの?
ホテルだから ぼんやりして

スマホの時間…。

シェアハウスっぽいホテルとかにも
泊まったりして

結構 ラウンジは
人の目を気にするので

わりと
シャキッとするっていうのが

ホテル暮らしのいいところで。

デメリットがないじゃない。

(杏里)デメリット そうですね。

彼氏さんが
建築系の会社だったんですよ。

で 俺は やっぱり
家を 一緒に住んで…。

(杏里)っていうので…。

家を造るのに喜びを覚えてる
人間の目の前で

家がいらないっつってんだもんね。

それは 彼氏は複雑だよね。
そうなんですよ。

(貴島)山里さん
ちょっと ホカンス男子に

なってみたいなとか
思ったりしませんか?

でも 何かいいなと思う。

(貴島)そこで今回ですね
杏里さん おすすめの

リーズナブルにホカンス気分を
楽しめるホテルを

ご紹介したいと思います。

どの女優さん?

[ホカンス女子 杏里さん一推し

ホテルのサブスクを駆使し

超お得に泊まれる
魅力的な推しホテルを紹介]

[体験してくれたのが]

(野呂)今日はですね…。

[今や 月9ドラマでも大活躍]

[女優 野呂 佳代さんが

ホテルを優雅に体験し

忖度なしで魅力をご紹介]

[まずは 杏里さんいわく…]

(野呂)これですよね?

[そこは人気の街
麻布十番にある…]

(野呂)カッコイイ
海外じゃん 海外。

うわ 天井 高っ。

[中に入ると]

(野呂)失礼いたします。
うわ~! すごい!

すごい。 何だか もう…。

[フロントで
アルコール消毒と検温を行い]

(野呂)あらららら…
ちょっと おしゃれ家具。

おしゃれ過ぎる。

[杏里さんの推しは
内装や家具など

このイケメンっぷりな雰囲気]

[コーヒーやデトックスウォーターが
無料で楽しめ

リラックスできるラウンジには
さらにイケメンなコーナーが]

(野呂)これ何? ビリヤード?

(野呂)そして これ…。

[ビリヤード
そして 天井からつるされた

ブランコのような
おしゃれな椅子]

[その…]

(野呂)ああ…。

(野呂)めちゃくちゃいいです。

野呂ちゃんが
そう見せちゃうのよ。

[そして いよいよ…]

(野呂)うわ~! すてき過ぎる!
えっ 嘘!?

こんな家に住みたいなっていう
おしゃれ過ぎて 最高。

[部屋もシックで カッコイイ系]

[ゆったりダブルのベッドを
見つけた野呂さん]

[女優らしからぬ行動に…]

(野呂)これ あれですか?

(野呂)かじってましたし
通販も やってたもんですから…。

[実は ホテルを見る目に
自信ありだった野呂さん]

[次に目を付けたのは?]

(野呂)テレビがあったんすよ。

で ここに鏡があるんです。

で 引くと…。

≪はい。
(野呂)うわ~!

[こちらのテレビ台は
扉を閉めて収納でき

ツマミを引っ張れば
デスクにもなるという特注家具]

[そして このホテルの…]

[そこは…]

(野呂)今回特別に
行かせていただくということで

こちらのバーに。
うおーっ! おおっ!

何とも…。

(野呂)すてきなバーが
ありましたよ ここに。

[こちらの…]

[東京タワーも見える
ムード満点の大人の空間]

[山里さん…]

[こんな感じでしょうか]

ああ… ハハ。

[続いて…]

[渋谷駅から徒歩8分にある…]

[中に入ると
海外のお店に紛れ込んだような

おしゃれなロビー]

[そして Wi-Fi完備で
仕事もできる

ワークスペースも
併設されている]

[さらに…]

[毎日 夕方5時半から1時間
何と ビールが飲み放題]

[そして いい気分でくつろげる
お部屋が こちら]

[セミダブルのベッドが置かれた
カプセルタイプ]

[ベッドの下は
収納スペースになっている]

[配布される端末で
ベッドのリクライニングが調整でき

照明も操作]

[アラームは音ではなく

照明とベッドを
立ち上がらせることで

自然に起こしてくれる]

[ぴったりかも!]

[続いて…]

(野呂)ちょっと…。

(バイクの走行音)
(野呂)えっ?

(野呂)えーっ!?
こっから先 箱根じゃないですか。

新宿だよ!?

(二宮)この大きな洗剤 すぐなくなりません?
(主婦4人)すぐなくなるのよね~

「NANOX」なら これ1本で約2倍長く使えます
(主婦B)2倍!?

♬~
《中身が濃いからながーーーく
使えちゃう》

「NANOX」 見た目じゃないのよ 洗剤は
(コナン)<キャンペーン中!>

(相葉) 「ソフラン ウルトラゼロ」は 次世代の柔軟剤

<悪臭を感じる前に ニオイをブロック>

<強い香りで ごまかさない!>

嫌なニオイも
(男性)臭くない!

「ソフラン ウルトラゼロ」
(コナン)<キャンペーン中!>

(柳楽)≪帰れば「金麦」≫

≪帰れば「金麦」 帰れば…≫

(女性1)今の人 めっちゃ笑ってた
(女性2)えー めっちゃ笑ってた!

≪ただいま≫

≪おかえり≫

<帰れば「金麦」 サントリー「金麦」>
プハーッ!

<ニッポンに 本当においしいチューハイを!>

<アイデアと情熱を あなたの一杯のために>

(缶を開ける音)プシュッ!

<ひきたつ レモンの新体験>

<サントリー
「CRAFT-196℃」できた!>

[都心…]

(野呂)えっ ここですか?

えーっ!?

[新宿の街なかに
突如 現れたのは…]

(野呂)ができてる。

(野呂)すごい不思議な感覚。

え~ すてき!
風情がありますね。

[杏里さんいわく なかなか
旅行に行けない このご時世…]

[できるとこのこと]

(野呂)
早速 行きたいと思いますけども。

[では 気を取り直して
お部屋へ]

(野呂)わっ! あら~。

落ち着くじゃないですか ここ。

[都心にあって
本格旅館のたたずまい]

(野呂)あっ。

(野呂)でも こういうふうに
してくれてた方が

ありがたくないですか?

[そして いよいよ…]

(野呂)これ 広いですね 温泉。

(野呂)いやぁ…。

(野呂)お湯の温度が
ホントにね ちょうどいいです。

[山里さん…]

[山里さん…]

お風呂と野呂ちゃんになると…。

杏里さんは このまま…。

10年後は どうなってるか
分かんないんですけど

楽しんで美しくなる人と書いて…。

(杏里)しながら
楽しく移動しながら

美人になっていける生き方を…。

今日はテーマとして そこが…。

楽しんでる旅の先に
自分のしたいものと結び付ける。

結び付けることができれば
人生 楽しんでいけるっていう。

(貴島)では山里さん 杏里さんを
別の友達に紹介するなら

何て言いますか?

Source: https://dnptxt.com/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事