出典:EPGの番組情報

日曜日の初耳学【岡田准一&高畑充希&USJ再建・森岡毅(秘)未公開トーク★冨永愛】[字]

岡田准一の根底にある母の教え★高畑充希ドラマデビュー『金八先生』貴重映像★森岡毅の大逆転劇▼最新版冨永愛の熱血授業!(秘)恋愛観を告白&育児に悩む母に熱いアドバイス

出演者
【MC】 林修・大政絢 【ゲスト(50音順)】 赤ペン瀧川 河北麻友子 澤部佑(ハライチ) 千原ジュニア 中島健人(Sexy Zone) 【VTR出演(50音順)】 岡田准一 高畑充希 冨永愛 森岡毅
番組内容
【インタビュアー林修◆未公開映像SP】 ■実力派俳優・岡田准一…10年以上にわたるアクションへの熱い想い、そしてストイックなまでの考え方の原点。そこには、岡田の心に在り続ける母親からのある教えが…。■USJをV字回復!森岡毅…数々の企業の再建を手掛けてきた“史上最強のマーケター”!そんな森岡さんの、大逆転劇の裏にあったさらなる驚きの戦略を明かす。
番組内容2
■ドラマ、映画、舞台と幅広く活躍!高畑充希…超進学校からミュージカル俳優を目指し15歳で単身上京したという高畑が、孤独だった十代を振り返り当時の胸中を告白。さらに、懐かしいドラマシーンや、プライベートが見える未公開トークも!
番組内容3
【冨永愛の熱血授業≪第2弾≫】 世界的スーパーモデルとして活躍する冨永愛が、年齢や職業も様々な女性たちを前に熱い授業を行う。さらに、いつも超ポジティブに生きる冨永が、モデルを辞めようと思った過去をテレビ初告白。冨永は、そんなネガティブな思いとどう向き合い、乗り越えて来たのか。そこには、女性たちを勇気づける生き方のヒントが…。
◎この番組は…
いま知っておくべき話題のトレンドを物知りな林先生とやさしく掘り下げ、日曜の夜をちょっとだけ元気にするバラエティ番組。対談コーナー「インタビュア林修」や、気になるワードから今話題のトレンドを紐解く「初耳トレンディ」などをお届けする!
公式SNS
【番組HP】 http://www.mbs.jp/mimi/ 【ツイッター】 @hatsumimigaku https://twitter.com/hatsumimigaku #初耳学 【インスタグラム】 @hatsumimigaku https://www.instagram.com/hatsumimigaku/
おことわり
番組の内容と放送時間は変更になる可能性があります。

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – その他
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 冨永
  2. ホント
  3. 山本
  4. 森岡
  5. 母親
  6. お願い
  7. 自分
  8. 大平
  9. 仕事
  10. 中島
  11. 女性
  12. コンテンツ
  13. 子供
  14. 冨永先生
  15. ゴジラ
  16. 意味
  17. 岡田准一
  18. 教育
  19. 金麦
  20. 自身

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

(ローラ)「後でやろう」「いつかやろう」
「やらないかも」じゃなくて

今に集中して
今やるっていうことって

ものすごく 人間にとっても…。

(ナレーション)これまで総勢44組の
俳優 アーティストが…。

インタビュアー 林 修 だが。

林 修 中島健人が絶賛する…。

そこで今夜は…。

気になる。
お~。

(岡田)どうありたいか
っていうのを…。

(森岡)…する能力を持つんですよ。

大放出。

よろしくお願いします。
お願いします。

まずは。

2015年の日本アカデミー賞で
ジャニーズ史上初の2冠に輝き

今や…。

中でも 岡田准一が…。

映画『ザ・ファブル』では。

怖い 怖い 怖い え~!

オーマイガ すごい!

なんと
これらのアクションシーン…。

なぜ そこまで 体を酷使し

自分自身でスタントをすることに
こだわるのか?

(中島)トム・クルーズ
みたいですよね。

そこには 岡田准一ならではの

仕事に対する
こんなポリシーがあった。

…って言われたかったんですよ。

いや どうなんですかね
でも 何か まぁ…。

…って言われるぐらいが
本当にいいと思ってるんですよ。

役作りとして。

…っていうことですかね。

(林)自分に時間を使わせない?

それは 本人じゃなくて…。

僕だったら…。

それで じゃあ…。

…とかっていうのを。

あの人はできるっていうふうに…。

(中島)なるほど。

…を歩んできながらも

ケガをもいとわない…。

岡田准一。

その
ストイックな考え方の原点には

母親から受けた教育があった。

それを語った ここからが…。

とか どういう男になりたいのか
っていうのを 一番…。

小学生?
はい 小学生ぐらいからですね。

小学生で もう
そんなことを考えてたんですか?

そのときに初めて…。

もう随分…。

細かく言う母親では
なかったんですけど…。

それはホント…。

そうですね だから
あんまり 表立って ガ~っと

これしなさい あれしなさい
っていう教育よりも…。

…という見守り方をするような
教育をされる人で。

すごく覚えてるんですけど
僕が 何か…。

関西なんで
この家の… 小学校のときですよ。

小学校の息子に対して?

どういう父親なのかとか…。

お話を伺ってると
やっぱり お母さんが…。

この家の中心だよっていう…。

…をされたというのは すごく
大きく影響されたような印象を

今 受けたんですけどね。

そうですね 自分も…。

…っていうのが 僕の中で

大事にしている言葉があって。

んですけど…。

何となくで…。

とかっていうことが
増えてきてしまう中…。

そういう意味では…。

決して妥協せず
作品と向き合い 戦い続ける

岡田准一。

その原点には 幼いころから
一家の大黒柱として

責任感を持たせてくれた
母親の教育があった。

インタビュアー 林 修。

続いては。

(高畑)よろしくお願いします。

…で 注目を集め。

に 抜擢された…。

その
ドラマデビュー秘話が…。

16歳のとき
初めて出たドラマが…。

このドラマで 高畑は
生真面目な優等生であるが故に

不器用な恋愛をし
彼氏と駆け落ちする生徒を演じた。

ヤバい うちの親だ。

金八先生に…。

ドラマデビューとは思えない
16歳の高畑の哀愁ある表情に

ご注目。

彩華。

かわいい。
子供。

いや…。

う… 海のそばだから
天気がいいな。

はい。

ココア 覚えてます。

あったかい。

いかがですか? 今 ご覧になって。
めっちゃ懐かしいですね。

それに いきなり
出演が決まったっていうのは…。

ホントに テレビ…。

何か分かんない
言い方 難しいんですけど…。

…と思ってて どっか。

ホントに…。

(澤部)いますね。

高畑充希の代表作ともいえるのが
舞台『ピーターパン』。

長期間 演じたことで
あることが起きたという。

デビューから ずっと

ショートカットのイメージだったが

22歳でロングヘアに。

この変化の裏には
ある悩みがあった。

顔も…。

なので…。

…って言われて。

何か もう 私 その話を
冗談…。

冗談っていうか
軽い感じで言ったら

それを
フィーチャーされたりとかして。

そんなことないですよ。

別に そこまでの話でも
ないんですけど。

ただ…。

かわいい。

さらに プライベートでの
意外なエピソードも。

私 結構…。

ですね。

この間…。

はい 私は最近…。

バス停近くまで行って…。

っていう技を…。

エコですか?

でも…。

いや でも…。

(河北)ねぇ 何の話ですか!

インタビュアー 林 修。

続いては。
森岡さん すごかったな。

過去最高の220万回を超えた
こちらのカリスマ。

ホントに。

要するに 1つの法則で…。

これは 僕は 普遍性があるんじゃ
ないかなとは思ってます。

企業の再建や成長を得意とする…。

かつて破綻寸前だった
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに

日本のアニメやマンガのコンテンツを
取り入れるなどの戦略で…。

…をさせたカリスマ。

そんな 森岡 毅が起こした
大逆転劇の中で

昨年…。

チケット売り上げは
森岡が手掛ける前の なんと…。

70年以上の歴史がある故に

施設が老朽化していた
西武園ゆうえんち。

しかし…。

要は…。

この法則を信じることにしか
勝ち筋はない。

西武園ゆうえんちは…。

…はないかと考えるので。

なるほどね。
そうすると えっと…。

…って みんな持ってますよね。
はい。

ええ 僕も そうですけど。
そういう…。

入って一発で そこで…。

その後にある ホント あの観覧車
ホントに古いんです。

そういう…。

というわけで…。

なるほど。

そうすると…。

すごい… やっぱり…。

っていうかね
合理的に考えてますね。

森岡がかけた魔法は
文脈の変換。

本来…。

しかし…。

人々の頭の中で 「時代遅れ」が

「ノスタルジック」へと
言い換えられたとき

古びた遊園地は

懐かしさを体験できる
価値ある存在に

生まれ変わったのだ。

そして ここからが…。

実は 森岡の 西武園ゆうえんち…。

知りたい。

この場合は ノスタルジーとか
しんみりした

『三丁目の夕日』を
みんなが連想するような…。

なぜならば 人は

しんみりした感覚を
味わいたいというときに

必ずしも テーマパークに行こうという
連想のサイコロを振ってくれないから。

そこは つながりにくいですね。
つながりにくいので

面白そうだって思われたものが

昭和の あの設定でやってるんだ
っていう順番なんですよ。

なるほど。

面白そうなものがあるから
人は集まり 行ってみると

そこが 昭和の懐かしさを感じる
場所である。

この順番にこそ
勝ち筋があると考えた森岡は。

ゴジラの ものすごいアトラクション
作ったんですけど このアトラクション…。

これは えっと…。

もしかして…。

ダークライドというのは 『スパイダーマン』とか
『ハリー・ポッター』も そうなんですけど。

日本が生んだ名作 『ゴジラ』の
屋内型アトラクション。

これが大人気となり
西武園ゆうえんちは…。

このとき あえて

日本のコンテンツ 『ゴジラ』に
こだわった森岡。

実は そこには ある熱い思いが。

さらに。

恋愛 育児を 熱く語る…。

天才…。

…が登場。

ドラマ…。

(及川)監督には。

…に導いた
現代最強のマーケター 森岡 毅。

新アトラクションで あえて

日本のコンテンツ 『ゴジラ』に
こだわった理由とは。

あれは もともと アメリカの方が
もともと ユニバーサル本体で

基本設計をされたものを
日本人が喜ぶように

僕ら 一生懸命 改造して
よりいいものにしていきましたよ。

だけど…。

僕は ホント これ
僕の願いなんですけど

ホントに…。

いっぱい たくさん…。

いつか これを自分でやれる能力を
身に付けたいって願いがあって。

その 刀として…。

コンテンツ。

…したい。

これこそが 現代最強のマーケター
森岡の思い。

なるほど。

いつか…。

年を取っていく。

それはなかなか過酷な運命ですね。
はい 集客能力を。

たとえ…。

誰も ミッキーマウスの あの
コンテンツをね 見てないのに…。

素晴らしいブランドで
あり続けたのは なぜかというと

あれは…。

実は この…。

…能力を持つんですよ。

うわ~ すごい言葉だ。

面白い。

私は…。

そういう願いがあって。
そうなんです。

もちろん 素晴らしいブランドで
長続きするとは思うんですよ。

ただ…。

苦戦しているわけですね。
はい。

僕は そこに 刀で
チャレンジしたいなと思ってるんです。

ホントに いっぱい いっぱい
やらなきゃいけないことも

できてないことも いっぱいある
だから 僕は…。

…と
ホントに思ってるんですよね。

…こそが 現代最強のマーケター

森岡 毅の原動力だった。

続いては。

あっ 出た!

今夜
大反響を呼んだ…。

(冨永)はい! こんにちは。

よろしくお願いしま~す。

きれい。

高校生のとき

雑誌『VOGUE』に掲載された
制服姿の写真が…。

…で 世界を相手に
渡り合ってきた彼女が

今夜。

冨永 愛が…。

確かに…。

さらに。

…って 私は思って。

働くママの育児や将来など

女性を応援すべく

冨永 愛が 本音でぶつかる
熱血授業。

冨永先生は。

前回 見てて
思ったんですけれども…。

っていうのが…。

…って思ったんですね。

…と思っているので。

今回は 教壇を外し

女性たちと同じ目線で
向き合うことに。

では このような形に
させていただきましたけれども。

(冨永)先生じゃないんで。

まずは。

山本さん。

(山本)はい お願いします。
(冨永)お願いします。

私は今 まさに…。

(山本)時期でして。
なるほど。

現在…。

バリバリのキャリアウーマン。

カッコいいですね。

それを もうホントに…。

ちょっと やっぱ 33… 32歳
33歳になったときに…。

(山本)すごい考えることが多く。

(山本)
っていう感じに見られがちで…。

(冨永)でも 何か その…。

(笑い)

めっちゃ笑ってる…
笑っていいんだよ いいんだよ。

もちろん…。

それは もう
そのとおりなんですけど。

甘えたいですよね。

普通にって
分からないんですけど…。

バリバリ仕事をしているが故…。

同じように…。

…という冨永先生が
自身の経験から

その…。

私は どれだけ仕事が
忙しかったとしても…。

何か それって…。

…だなって思うときがあって。

強い女って見られてる場合ね。

強い女なんだけれども…。

っていうことを…。

…って 自分でも思うんですよ。

それが ある意味…。

(山本)あと やっぱり もう
年齢が こう 上がってくると

だんだん やっぱ…。

(笑い)

(冨永)分かる 私39ね
うん めっちゃ分かる。

いなくなってくる
まぁ あとは あの…。

(山本)そうですね それも…。

(笑い)

(山本)最近…。

(笑い)

20代後半とかに
なったりするじゃない?

やっぱり…
すごい失礼な言い方したけど。

分かる!

そうなってくると…。

だから もしかしたら 私…。

やっぱり
年下でも大人になってきたの。

(冨永)いや そもそもさ…。

(笑い)

(冨永)たぶん。

さらに ここで もう1つ
意外な恋愛テクニックを伝授。

あの~。

『ルールズ』っていう本
知ってます?

(笑い)

それで それを…。

「絶対 自分から 番号を聞くな」
って書いてあるんですよ。

「向こうが言ってくるまで待て」
っていうんですよ。

で その間…。

おぉ~!
なるほど。

へぇ~。

取りあえず…。

(冨永)絶対 すぐ返事しない。

すぐ返事しちゃうと 暇な人
みたいになっちゃうから。

追っ掛けさせる。

…をするっていうのが
『ルールズ』の本なんですけど。

(山本)…だと思うんですけど

私も 一日オフもなければ

結構 睡眠時間は
ホントに取れない毎日で。

ただ 自分も
磨き続けなきゃいけない。

(冨永)私…。

(冨永)で 山本さんは…。

…なんだと思う。

あの~。

こっから…。

(冨永)だから…。

…だと思うんですよ。

少し…。

そしたら…。

(冨永)そこをやってください。
(山本)はい。

恋愛を楽しむために…。

そうして 時間をつくり…。

…ことが大切と

冨永先生自身の
経験をもとに

アドバイスを送った。

続いて 世界のトップモデル 冨永先生
だからこそ聞きたいという

悩める女性。

はい じゃあ 涌田さん。

お願いします。
(冨永)お願いします。

…をさせていただいてます。

やっぱ その…。

…って すごく思っていて。

10代で海外留学。

現在は
東京バレエ団で

ソリストとして活躍する
涌田美紀さん。

そんな彼女が…。

やってきて…。

って考えたときに…。

トップになるには
ってことですか?

(涌田)どういったもの
なんでしょうか?

17歳のとき 雑誌『VOGUE』で
衝撃のデビュー。

39歳になった 今なお…。

する 彼女だからこそ語れる…。

そうね トップに何が必要か。

まぁ 私自身は…。

(冨永)まだ 全然 トップには
いると思ってないんですけど…。

まぁ モデルの業界の話ですけど。

ちょっと…。

私 この間…。

…に呼ばれて。

それも 一流の…。

…に呼ばれていくっていうので。

(冨永)
こう ブランド側は いつも

ファッションウイークとかで…。

っていうのは
分かってるんですけど ずっと…。

待ってて 行くなら すぐ
飛ばなきゃいけないぐらいの…。

今でも落ちることあるんだ。

その じゃあ…。

…と思って
こう見るじゃないですか。

何か どう… 何か…。

…って思うんですよ 自分が 全然。

思う まぁ
それは あの 強気でいるから

そう言えるんだけれども。

(冨永)ただ あと…。

やっぱり…。

心情になったことはありますか?

あります うん。

うん あの~。

…っていう思いが
出てくるんですよ。

若いころから 強気な姿勢で
仕事を続けてきた冨永先生。

そんな彼女が…。

えっと 19…。

まだ 全然…。

そこでね…。

(冨永)
それまでは 全然…。

(冨永)話 すると。

そのときに
初めて母親に電話して。

「いや ちょっと…」。

…って泣きながら話 したときに

母親が…。

すごい優しく言ってくれて。

すごい厳しい母親なんですけど。

うん やってみようかなって。

もうちょっと…。

…って思って それは持ち直した。

まぁ あとは…。

(冨永)大体…。

それに気付いたときに

何か…。

(冨永)何で…。

…って思って その前に
もう いいや。

…って思って 辞めようと
思ったことはありますよ。

でも 結局…。

同じだと思うんですけど
結局 モデルが好きで…。

…って思ってるのは
モデルですね。

(ジュニア)ケンティは どうですか?

うわっと思って…。

(中島)それが…。

(中島)別の番組だったんですけど。

(中島)…っていうふうに言われて。

そっから だいぶ… 「あっ…」。

…と思って。
(一同)へぇ~。

(中島)いや でも…。

メーク直し中だったんですけど

こうやって 俺 怒られてた。

(笑い)
いやいや…。

すごい上から!
あのさ…。

(河北)すごいムカつく!

俺さ 悪いけど ケンティ
そんな…。

すごいムカつく!
(中島)こうやって怒られたから

めっちゃカッコいいと思ったし
俺 続けようと思って。

続いての相談は 冨永先生自身も
抱えていた 働くママの悩み。

じゃあ 次は 大平さん
お願いします。

はい お願いします。

私は 今…。

…をしていまして。

(大平)ただ やっぱり…。

っていう中で…。

いいのかなっていうのを
すごく模索しているところでして。

この後 冨永 愛が 自身の…。

ものすごい…。

(吉田)歩いていこう。 この世界の果てまでも!
<家族になる意味って何だろう?>

(萌)これが私たちの…
ありのままの姿なんだから!

二人ならば… どうだ?

全てを乗り越えられなくてもいい。
回り道でも 前へ進もう。

<前に進むのが 辛いときは?>
後ろ。

えっ?
後ろに向かって前進。

二人で ただ前進する。 それこそが今…

生きる意味なんだ!

現在 都内の…。

大平 彩さん。

今や 子育て世帯の

共働きは増える一方。

そんな女性たちの
多くが抱える悩み。

それが…。

大平さん自身

平日は ほとんど保育園で過ごす
わが子に対し

このままでいいのか?という

子育てへの不安があるという。

(冨永)私も ちょうど…。

すでに…。

妹も一緒に住んでたのかな
そのころは。

(冨永)やっぱり すごい こう
ガチャガチャな仕事なんで…。

(冨永)もう ホントに…。

仕事に行って。

もちろん 海外に行くときも
ありましたし

地方に行くときもあるし。

でも 休みのときに やっぱり

どれだけ
密に過ごしてあげられるか

っていうことなんだと
思うんですよね。

何か それが…。

どれだけ自分が子供のことを…。

っていう…。

時間よりも深さのほうが

きっと…。

…って 私は思って
そのころ 過ごしてましたね。

仕事に追われ…。

で感じたのは…。

…が大切。

昼の仕事をして…。

だから…。

まぁ もちろん…。

でも うちの母親は
そんな中でも…。

料理 得意な母親だったんで…。

っていうのが…。

思い出に残ってて。

…だったなって思う。

…って思うときもありましたよ。

そのときは 母親の職場に
チャリで行ったりとかして。

ちょっと こう 挨拶するだけでも。

…な気がしてて。

自身の母親も 朝から晩まで
働いていたシングルマザー。

そんな家庭の中でも…。

17歳のとき
たった1枚の写真で…。

冨永先生。

このまま 子供が…。

(大平)どこかで ひずみが
出てきたりとかしないのかなとか。

そういう漠然とした不安も
あったりしまして。

(笑い)

まぁ でも
実際 そうなったときには…。

冨永 愛が語る…。

本当に 今 私が思うのは この…。

(小栗)誕生
♬~<プレモルの最高峰>
(缶を開ける音)プシュッ!

<醸造家の果てしない夢を>

この一杯に!

<「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム」>
ワ~オ

(柳楽)≪帰れば「金麦」≫

≪帰れば「金麦」 帰れば…≫

(女性1)今の人 めっちゃ笑ってた
(女性2)えー めっちゃ笑ってた!

≪ただいま≫

≪おかえり≫

<帰れば「金麦」 サントリー「金麦」>
プハーッ!

このまま 子供が…。

(大平)どこかで ひずみが
出てきたりとかしないのかなとか。

そういう漠然とした不安も
あったりしまして。

(大平)と おっしゃってたので
何か 今…。

伺ってみたいです。

(笑い)

どう頑張っても
できるよね たぶん。

いいと思います。

とっても…。

してました 子供が…。

(冨永)親が疎ましく感じる。

まぁ でも
実際 そうなったときには…。

これ あの あれ ちょっと…。

(冨永)
全部 見てんだぞ!みたいな。

ものすごい…。

そのときに…。

姉は5歳上なんですけど。

…みたいな
電話をしたんですよ 姉に。

そしたら 姉が…。

もう だって…。

「絶対 諦めちゃいけない 親は」
って。

その言葉は すごく響きましたね。

っていうのは きっと…。

(冨永)本当に 今 私が思うのは

この17年で 本当に
母親にしてもらった 息子に。

そして…。

…させてもらった。

でも お休みは取れてるんですか?
週に何回か。

そうですね 土・日とか 祝日は
はい お休みいただいてるので。

(冨永)あんまり…。

(大平)
はい ありがとうございます。

染みるな。

Source: https://dnptxt.com/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事