出典:EPGの番組情報

それって!?実際どうなの課[字]【ワイルドスピード森川に道場破り!?サイコロの達人登場】

世の中のウマイ話を検証するドキュメントバラエティー!
【ワイルドスピード森川・ダイススタッキングで道場破り登場!!】
【人間の限界VSオードリー春日】

出演者
【MC】生瀬勝久

【出演】博多華丸・大吉/森川葵/大島美幸(森三中)/春日俊彰(オードリー)
番組内容
①【ワイルドスピード森川・ダイススタッキングで道場破り登場!!】
様々な世界の達人たちが長年かけて習得したワザを、たった1日で成功させてしまう、“何でも出来ちゃう女優”森川葵。
今回はダイススタッキングに道場破りが登場し、波乱の結果に!?
番組内容2
②【人間の限界VSオードリー春日】
「たまごを握り潰すことができない」「手と足は同時に別々の動きができない」など、世の中には物理的に、また脳の構造上、ほとんどの人が出来ないとされることが数多く存在する。
そんな「人間には難しいとされているコト」に、芸能界随一の身体能力を誇る・オードリー春日が体を張って挑戦!
春日は「#できた」のか?「#できない」のか?
制作
【構成】松本建一【演出】立澤哲也【企画・プロデュース】簑羽 慶(中京テレビ)
URL
https://www2.ctv.co.jp/dounanoka/

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
情報/ワイドショー – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 森川
  2. 春日
  3. ハハハ
  4. サイコロ
  5. 大島
  6. スタッフ
  7. ゾエ
  8. 検証
  9. 達人
  10. 挑戦
  11. 道場破
  12. カップ
  13. スタッキング
  14. ダイス
  15. マジ
  16. 頑張
  17. 生瀬
  18. 本当
  19. お願い
  20. 華丸

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

created by Rinker
日テレサービス
¥590
(2022/04/14 00:13:38時点 Amazon調べ-詳細)

<達人たちが 長い年月をかけて
磨いてきた技の数々を>

<空気を読まず…>

<一切…>

<こよいは
ワイルド・スピード森川の

代名詞にも なりつつある
ダイス・スタッキングに挑戦>

(華丸)真骨頂だ。

あれじゃあ…

(森川)うわ~っ!

<コーナー初となる
道場破りの登場で

波乱が巻き起こる>

(森川)すご~い!

<森川は…>

(生瀬)さぁ 始まりました
「それって!?実際どうなの課」

課長の生瀬です
よろしくお願いします。

(大吉)お願いします。
(大島・森川)お願いします。

今回 新しい展開で
道場破りが来たんですね?

(森川)はい 来てくださいました。

(森川)わざわざ…

(大島)ハハハ…[笑]

初めてだよ。
(大島)初めてですよね?

うん そうそう!
(大島)ハハハ…[笑]

(華丸)もちろん…

(森川)そうですね。

あっ なるほど!

(森川)はい 歴史があります。

そうですね。
そうね。

<過去2回…>

<…に 挑戦し>

<…してきた森川>

(森川)本当に…

本当に?

えっ!
(大島)え~っ!

<何と 鶴瓶師匠が主催する
月1のイベントに出演し

ダイス・スタッキングを
披露したという>

(森川)もう…

…て よく連絡くれます。

…何かと思ったら。

(森川)ハハハ…[笑]

(森川)そうなんです。

<すると>

おっ?おっ?
え~っ?

うわっ!

えっ この上に?

(大島)うわ~っ。

(森川)あ~っ!

<待っていたのは
過去2回出演してくれた…>

<2人の達人>

(すごろくさん)お久しぶりです。
(ゾエさん)お久しぶりです。

(すごろくさん)…なんとか。

(すごろくさん)いや でも…

(森川)えっ
用意してないんですか?

(スタッフ)実は…

<そう 前回の…>

(森川)ありがとうございます。

(森川)はぁ。

(森川)いやいや…!

(すごろくさん)ちゃんと ダイス・スタッキングを
やるぞ!っていう人は

大体みんな このサイズ。
(ゾエさん)みんなは これですね。

(森川)頑張ってますよ?

(森川)あ~っ。

<もはや…>

(森川)…これ。

(森川)あっ!ちゃんと…

(すごろくさん)ハハハ…[笑]

<果たして…>

おっ 何か…。

おしゃれな服。

あれ?

<彼こそが ダイス・スタッキング
道場破り…>

(城さん)いえいえ。

(森川)申し訳ないです。

(城さん)はい。

(森川)ありがとうございます。

(城さん)ハハハ…[笑]

えっ!
え~っ!

(森川)うわ~っ!えっ?

<何と…>

<家にあったサイコロを使って
独学で始めたのだという>

<…と 聞いて…>

(城さん)あれじゃあ…

…と 思ったんで。
(森川)あ~っ!

小っちゃい。

<いわゆる一般的なサイコロ>

(森川)本当だ。

(森川)えっ?

<ダイス・スタッキング用の
サイコロと比べても

一辺の長さは ほぼ半分>

(城さん)だいぶ…

(城さん)そうそう。

<さらに使用しているカップも

ホームセンターで購入した
かなり高さのあるもの>

<このようにカップの中で
サイコロとの あいだに

大きな隙間が
できてしまうことも…>

<すると>

(森川)でも 何か…

(森川)でも これだと低いから…

(森川)ですよね?

ですよね。

<この…>

<それでは…>

<道場破りの腕前を
見せてもらおう>

(城さん)じゃあ やります。

うわ~っ。
速い。

(森川)お~っ!

(大島)スゴいな。

<透明なカップで見てみると>

<遠心力によって
カップの上の方に飛ばされた

小さなサイコロは

途中までは
全く そろっていないものの

先ほど森川が言っていた

サイコロが落下するタイミングで
見事に4つそろえ

不安定さを もろともせず
立ててみせた>

(森川)超ムズいんです これ。

<ダイス・スタッキング用の
ものと比べると

この通り>

<サイコロが小さくなると

カップの中を動き回る範囲が
広くなってしまうため

正確に積み上げる難易度は

格段に上がる>

<これが…>

できる?

<さらに>

マジか!

(森川)お~っ!

(すごろくさん)すごい。

<4つの小さなサイコロを
一瞬にして正確に立てる>

<瞬間スタッキングも
やってのけた>

意思があるみたいだよ
サイコロに。

<こんな…>

(森川)…こっちとしては。

(ゾエさん)こっちの…

<まずは…>

<通常のスタッキングに挑む>

<もちろん…>

(すごろくさん)軽いから…

(すごろくさん)はい[笑]

(ゾエさん)いきます。

<まずは達人が切り込む>

(森川)あっ!すごい 一発!

<何と…>

<さらに>

すごろくさん!

(森川)あっ さすが!

いいね。

(大島)すごい すごい。

<だが このままでは 小さな
サイコロの難しさが伝わらない>

<分かっているな?森川よ>

(森川)うわ~っ!

<何と…>

いったん ここは
全員 失敗するのよ 普通はね。

(大島)ハハハ…[笑]

<何と森川 小さいサイコロでの
ノーマルスタッキングを…>

<そして…>

<何と>

おい!やめろ!
待って!

(森川)きた!よし。

ヤバイ ヤバイ
返り討ちだ!

(大島)すごいな。

城さん!大丈夫です。

<そして達人たちも含め
瞬間スタッキングを…>

まぁ まだまだ
技ありますって。

<年が倍以上の…>

<…ここに降臨!>

(城さん)あ~っ。

(大島)ハハハ…[笑]

<そう!これで…>

<さらにサイコロの数を
増やして行う

高難度の大技を
用意してもらっている>

<森川と達人は
どこまでいけるのか?>

<まずは…>

優しいんだよな
何か。

(森川・すごろくさん)お~っ!

<カップに吸い込まれた
サイコロは

またしても途中までは
立つ気配もなく 団子状態>

<しかし最後は なぜ
そろうのかが不思議なほど

正確なコントロールで

見事に5つを立ててみせた>

(森川)逆再生みたいですね 何か

ねぇ。

<だが>

(すごろくさん)分かります?今…

<そう 接地面が小さいため

高く積めば積むほど
不安定さが増し

一気に難易度が上がる>

<いざ挑戦>

<まずは達人ゾエが切り込む>

<だが サイコロ5個は
そんなに…>

(森川)あ~っ 惜しい!

(森川)あ~っ。

<これには…>

束の間?
ウソでしょ?

(ゾエさん)お~っ きた!
(森川)あっ きた!

<鮮やかにサイコロを取ると>

<不安定さを もろともせず

あっという間に
5つを立てた森川>

すごいんだな。
これ本当に森川さん すごい。

正確なんだな 動きが。

<そして またしても>

<達人は達人で
すぐに成功してしまい>

(森川)お~っ きた!

<何とサイコロ5個の
ノーマルスタッキングを…>

ハハハ…[笑]

(森川)ありがとうございます。

(森川)ありがとうございます。

おっ 一撃。
きましたよ。

(城さん)よし。(森川)すごい!

<さらに難易度が上がる

サイコロ5つの
瞬間スタッキングは どうだ?>

おい!
ちょっと待って。

やめろ。
やめて やめて。

(ゾエさん)うわ~っ!

(森川)ハハハ…[笑]

<達人たちも含め こんなに…>

<わざわざ
道場破りを呼んだのに…>

(ゾエさん)きた!(森川)イェ~イ!

<城さんの ためにも
頼む!>

(森川)ハハハ…[笑]

<もはや…>

<…城さん>

(森川)えっ!すごいんだけど!

(森川)めちゃくちゃ 筋肉ついてる

<皮肉にも…>

<…森川>

<実は 城さん
公園で 鉄棒のスゴ技を披露する

スーパーおじいちゃんとして
何度も

メディアにも取り上げられた事が
あるという>

(森川)あっ!

これ 見せちゃって
いいやつですか?大丈夫…?

<…するという 謎の時間>

<だが まだ…>

<まずは…>

(城さん)いきます。(森川)はい。

(森川)お~っ。

[カラカラ…](城さん)あ~っ 崩れたか。

<サイコロ7個にも なると…>

<そして…>

きた。

(森川)あ~っ きた!スゴい!

あ~っ きた!スゴい!

<空間の広い カップの中で

サイコロを 1つ1つ
的確な配置に そろえていくと>

<不安定さを もろともせず
見事に立ててみせた>

(大島)すごい
気持ちいい。

気持ちいいね。
(大島)気持ちいい。

(森川)すごい きれいでした。

(すごろくさん)成功しようと思ったら
本当に ピタッて

真っすぐ そろえないと。

<しかし…>

(森川)やっていきます。

(城さん)頑張って。
(森川)頑張ります!いきます。

おいおい やめろよ
おい!

おい ウソだろ?
おい!

(城さん)マジ?マジ?

(森川)やった~!

<道場破りでも 25回かかった

サイコロ7個での
ノーマルスタッキングを

誰も予想し得なかった…>

(城さん)マジ?マジ?

(森川)やった~!

<やはり 恐るべし…>

(森川)やった~!

<これには 一同>

(城さん・すごろくさん・ゾエさん)
ハハハ…[笑]

(森川)わ~い!

聞いた事ないよ。

(森川)ハハハ…[笑]

<達人も挑戦するが>

(ゾエさん・森川)あ~っ。

<森川の
プレッシャーのせいか…>

(森川)あ~っ!

<そして…>

(森川)きた!(すごろくさん)よし!
(森川)あ~っ!

<達人2人も成功!>

「お疲れ様です」

(森川)やった!
(すごろくさん)いや~っ…

<だが いよいよ…>

星8つだよ しかも。

<まさに…>

(森川)うわっ きた!すごい!

<超絶難度>

<サイコロ7個の
瞬間スタッキングは どうだ?>

素晴らしい
さすが。

(森川)めっちゃ
ギリギリで立ってます!

すごい すごい!

(森川)あ~っ。

<だが こんな…>

<すぐに…>

(森川)できる限り 頑張ります
いきます。

[カラカラ…](森川)あ~っ!

さすがにね。

(森川)…やっぱり。

<さすがに この技を…>

(ゾエさん)いや~っ 難しい。
(森川)いや 超 難しい。

[カラッ]

<一心不乱に挑戦を続ける 3人>

[カラカラ…](ゾエさん)うわ~っ。

<すると 前の技で…>

<ここで 意地を見せる>

きた?
きた。

(森川)あ~っ 早い!すごい。

<さらに>

きた?

(森川)きた!(ゾエさん)やった!

(森川)いや~っ!

<森川よ>

(森川)あっ あ~っ!出来た!

あっ あ~っ!出来た!

えっ?

<あおりスーパーを入れている
途中の

誰も予想だにしない
タイミングで

サイコロを立ててしまった 森川>

<成功までに かかった時間は…>

<これには一同 この表情>

<そして本人も この表情>

(城さん)おめでとうございます!
(森川)いや~っ。

<ほぼ苦労することなく

道場破りの技を 全て突破>

<森川は…>

(森川)また そこから…

(森川)そうですね。

<勝手に…>

<どうしても…>

<…が ある>

<そう 完全に…>

<そこで>

(すごろくさん)え~っ…。

(森川)でも ちょっと…

<両手で ノーマルと
瞬間スタッキングを一連で行う

ダブルハンド・スタッキングを

小さいサイコロで
やってもらおう>

すげぇ。

うわっ。
ウソだろ?やめろ。

(森川)できた!(すごろくさん)よし!

<たった…>

すごいね。

<さすがに…>

<ほとんど 苦労は描けず…>

(森川)やった!

(ゾエさん)…と思いました。

<新たな道場破りを求め
今回も…>

(春日)出ました 春日。

(春日)お~っ。

<そう 人類の限界を

春日と皆さんで検証していく
この企画>

(森川)あっ これ!
いけそうだったのに。

<そこで今回も
専門家監修の もと

人間には 難しいとされている

7つのコトを用意>

<それは 本当に できないのか>

<はたまた できてしまうのか>

<そして 今夜も…>

<…を つぶやいて もらい
検証していこう>

<最初の検証は…>

<皆さんも 書くものを用意して
やっていただきたい>

<「からあげ」と言いながら
「やりなげ」と書くと…>

<「やりなげ」が 書けないという>

(春日)はい いきます。

<そう 以前の
「コンパス」と言いながら

「パソコン」が書けるかの
検証では

あっさり できてしまった 春日>

<そこで 今回
以前より難易度を上げるため

どうなの課スタッフが
導き出したのが>

あ~っ 面白い。
あ~っ。

(スタッフ)はい。(春日)うん。

(春日)特に…

(春日)じゃあ いきましょうか。

からあげ。

あっ すげぇ。
(森川)余裕じゃん。

<春日…>

(春日)いわゆる…

<皆さんは できましたか?>

<2つ目の検証は>

<そう…>

<…と いわれている>

3回?

(森川)かっこいい。

<それでは 検証…>

(スタッフ)こちらを
読んでいただきます。

(森川)あっ。

<春日…>

(森川)ハハハ…[笑]

<そう もはや
この言葉を 1回で読める人は

この現場には 存在しない>

<実は 読みのプロの
アナウンサーや 声優でも

読むのが難しいといわれる 言葉>

<ということで…>

はい。

(森川・大島・生瀬)ハハハ…[笑]

(スタッフ)お願いします。

おっ!
(森川)すごい。

(春日)はぁ~。

(春日)うわ~っ。

<皆さんは できましたか?>

<皆さん 椅子に座り…>

<…に 回してみてください>

<この別々の動きを
同時に しようとしても

脳は瞬時に対応できず…>

<…と いわれている>

(スタッフ)そうなんです。

<それでは…>

<それでは 検証…>

いける?

おっ!
(大島)お~っ。

<合図とともに
右足と右手を 別々に回し>

(森川)あっ すごい。
あ~っ いけた。

<そのまま…>

(森川)なんで…?
(大島)なんで?

<さらに利き手とは
逆で行っても…>

<春日は…>

<…ということが分かった>

<皆さんは できましたか?
できませんでしたか?>

全然できない。

<ここからは…>

<続いて…>

(スタッフ)壁シリーズ[笑]

(春日)…ていうことですよね。

(森川)無理なんじゃないですか?
これ。

(春日)せ~の。

(森川)ハハハ…[笑]

(春日)いわゆる こういって
こうなっちゃってるから。

逆に…

…いいのかもな。

<春日 でこを思いっきり つけ
勢いでいく!>

(春日)うわぁ~!

<その後も人間の構造に
あらがう 春日>

(春日)あぁ~っ!

(春日)ふっ!あぁ~。

<最終手段…>

いける いける…!

いける いける…!
いける!

いける いける。
これ いけたんじゃない?

いった!

ハハハ…[笑](森川・大島)ハハハ…[笑]

(森川)いけそうだった。
いけそうだったけどな。

<春日…>

<誰か できる人 いましたか?>

(森川)絶対 いないでしょ これ。

<続いての検証は>

(スタッフ)春日さん…

(スタッフ)はい。

(スタッフ)できますかね?

はい。

<それでは やってもらおう>

(スタッフ)はい。

(春日)これくらい。

あっ。

おぉ~!
こういうこと?

<そう 実は…>

<それが>

そうか。
(森川)余裕で できそう。

<机の上に置かれたA4用紙は

人間の吸引力だと…>

(スタッフ)はい。

(スタッフ)ハハハ…[笑]

<できるか?できないか?
皆さんも春日と一緒に

挑戦してください>

<それでは検証…>

なんか くっつくような
イメージだけど。

そういうことか。

(森川)
ビクともしない。

<いくら吸っても
吸い上がらない>

(森川)全然 動かない。

<超人 春日の吸引力を
持ってしても…>

<春日 全身の空気を出し

一気に吸い込む!>

<春日 集中を高め

己の吸引に全てを込める!>

(森川)えっ きた!

<いったか?>

<春日 口が紙に触れたまま
吸い上げてしまった>

反則。

(春日)紙。

ギリギリ攻めたら
なんとかなるのかな?

(春日)ここに。

(春日)…ないかなと思うわけよ。

(森川)ハハハ…[笑]

<その後 A4用紙を…>

(森川)えっ すごい
そんなに やったんだ。

(春日)このくらいかな?

<徐々に 吸う感覚が
研ぎ澄まされていく>

<そして このあと
春日が

渾身の吸いを
見せる!>

マジで?

♬~ 最強どん兵衛 食べてたら

♬~ 最強どんぎつねが出てきたよ

(星野)
この「どん兵衛」 麺がいつもより太いです!

お揚げも布団みたいです!

6種の合わせだしも ブランド七味も。

《最&強…》

<うおぉっ! 全然違う!
最強どん兵衛 降臨!>

おいしいです。
(最強どんぎつね)よかった。 ほほほほ…

<ついに春日が
渾身の吸いを見せる!>

(大島)渾身の吸い[笑]

(華丸)おぉ!

(森川)えぇ~?
付いてない?

(大吉)どう?
(生瀬)判定は?

<再び…>

付いてるよ[笑](大島)付いてるな[笑]

<果たして?>

(春日)全然
付いてんじゃねぇかよ!

<やはり 口が…>

強すぎるんだって。

<誰か できる人 いましたか?>

(森川)絶対 いないでしょ これ。

<まずは…>

<これを5枚 重ね
パンチで破ろうとしても…>

<果たして春日は
紙を5枚 破ることが

できるのか?できないのか?>

(春日)せ~の ドン!

<K-1リングに上がった
春日の拳でも

紙を貫けない>

<集中を高め
再度 挑戦>

(春日)せ~の ドン!

<しかし…>

<…ほど 頑丈になる>

<どれほど力に自信があっても

拳ほどの面積だと
5枚 重なった紙は

破くことが できない>

<だが>

(春日)えっ?

<指を立てて
面積を小さくすると>

(春日)せ~の。

<さきほど破れなかった
5枚のA4用紙が

簡単に破れた>

<しかし…>

(春日)普通に…

<つまり春日は…>

<…を放たなければ…>

<春日 拳に氣をためる>

(春日)せ~の ドン!

<しかし 紙は破れない>

(スタッフ)ハハハ…[笑]

<ムキになった春日>

<しかし>

<皆さんは できましたか?
できませんでしたか?>

<最後の検証は…>

<以前 生卵を縦に割る検証で

指2本では割ることが
できなかった 春日>

(春日)あぁ~っ!

<そこで>

(春日)へいへい…。

<果たして春日は生卵を

握り潰せるのか?
潰せないのか?>

(森川)イケそう。

(スタッフ)はい。

<春日 秒殺なるか?>

えぇ~?

えっ なんでだろう?

<春日 卵に圧力をかけていく>

(森川)いけ!

<不可思議な現象を
目の当たりにして…>

(春日)あぁ~っ!

<卵は簡単には割れない>

<ならば ここからは…>

(春日)うぅ~っ!

(春日)うぅ~っ!

<ここで春日 ついに…>

(春日)だぁ~っ!

(森川)えぇ~?

(森川)ハハハ…[笑]

えぇ~?

(春日)わぉ!

<再度 集中を高め
二度目の挑戦>

(森川)いけ!

<最初から…>

<渾身の力で 卵に圧力をかける>

(春日)グゥ~ッ!

<ついに迎えた
卵との…>

(華丸)いけ!
(大島)頑張れ!

(春日)あぁ~っ!

(森川)頑張れ!

(春日)あぁ~っ!

だぁ~っ!

<果たして…>

(大島)ヤバイ ヤバイ…。

(春日)なんだ?これ。

もしかして。

(生瀬)「そうきたか」じゃない[笑]

(春日)なぁ。

コノヤロウが うん?

(森川)ハハハ…[笑]

もう分かったから。

<春日…>

(スタッフ)ハハハ…[笑]

(春日)おそらく…

<人間には難しいとされる
7つのコト>

<春日の場合…>

<詳しくは
番組ホームページまで>

<このあと…>

<再び…>

<…が降臨!>

<それでは…>

(生瀬)大吉さん。
(華丸)NHK!

(大島)ハハハ…[笑]

(スタッフ)お願いします。

おっ イケた イケた。

OK OK。
やっぱり女優さん。

(森川)ハハハ…[笑]やった!

(大吉)城さんも 今…

(♪~)

(♪~)

Source: https://dnptxt.com/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事