出典:EPGの番組情報

情熱大陸【プロバレーボール選手/石川祐希▽最高峰リーグで戦う孤高のパイオニア】[字]

「飛べ!世界の頂へ…」イタリア1部リーグに所属…人一倍高く跳び、どこまでもボールを追う、ジャパニーズ!世界最高峰で戦い続ける、バレーボール漬けのストイックな日々

番組内容
アリーナを震わす声援を背中に受けて、その男はスパイクを決めた…! 日本人選手・石川祐希。彼が戦うのは、世界最高峰プロリーグ・イタリア「スーペル・レガ」。身長192センチとチームの中では小柄な石川が、人一倍高く跳び、どこまでもボールを追う――そのプレースタイルに所属チームであるパワーバレー・ミラノの監督は「彼こそは真のチームプレイヤーだ」と称賛を惜しまない。
番組内容2
単身イタリアで戦い続け、7シーズン目を迎えた石川。最高レベルのリーグで優勝を目指す、バレーボール漬けのストイックな日々。チームメイトとは流暢なイタリア語で会話をし、私生活では食事や掃除、身の回りのことも全て自分で行うひとり暮らし。だが、いつどんな時でも彼はバレーボールを楽しんでいた。チームは5位でシーズンを終え、リーグの優勝決定戦であるプレーオフに進出。さらなる高みを目指す男の、春の飛躍を映し出す
プロフィール
【プロバレーボール選手/石川祐希】 1995年愛知県岡崎市生まれ。 9歳の時、姉に連れられてバレーボールの練習に参加して、楽しさに魅入られた。 高校バレーで2年連続三冠(インターハイ・国体・春高バレー)達成。 2014年 大学1年のとき当時史上最年少で日本代表入り。同時にイタリア一部リーグの「モデナ」と契約し実業団に所属しないプロのバレーボール選手としてのキャリアをスタートさせる。
プロフィール2
2021年 日本代表のキャプテンとして東京五輪に出場し、29年ぶりの決勝トーナメント出場・7位入賞を果たす。
制作
【製作著作】MBS(毎日放送)
公式HP
【番組HP】 http://www.mbs.jp/jounetsu/
関連公式URL
【ツイッター】@jounetsu 番組の感想に#jounetsuをつけてください! http://twitter.com/jounetsu 【フェイスブック】 番組公式ページへの「いいね!」もぜひ! http://www.facebook.com/jounetsutairiku 【インスタグラム】 フォロー宜しくお願いします! https://www.instagram.com/jounetsu_tairiku/
おことわり
番組の内容と放送時間は、変更になる場合があります。

ジャンル :
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
スポーツ – その他の球技
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. イタリア
  2. チーム
  3. ミラノ
  4. 石川
  5. セット
  6. モデナ
  7. スタッフ
  8. 目標
  9. バレーボール
  10. プレーオフ
  11. 歓声
  12. 石川祐希
  13. 面白
  14. スパイク
  15. チームメート
  16. ニミル
  17. プロ
  18. ホームゲーム
  19. ボール
  20. メニュー

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

<モードとグルメの都
イタリア・ミラノ>

<だが
この男には どちらも無縁だった>

<栄養士の助言を参考にした
同じメニューを 毎日 食べる>

<東京オリンピックでは
日本代表のキャプテンを務めた>

<現在 世界最高峰といわれる
イタリア一部リーグで活躍する>

<192cmの身長も
チームでは 小柄なほうだ>

<だが 最高到達点は
チームトップレベル>

<ジャンプ力が違う>

<果敢にして
諦めないプレースタイルは

見る者を魅了する>

<各国の代表クラスが集う
チームの中でも

信頼は厚い>

<加えて
ファンサービスも忘れない>

<誠実な人柄もあいまって
熱心なファンは多く

時には こんなプレゼントも…>

<イタリアでも
すっかりヒーローだ>

<日本人選手のパイオニアとして
海を渡って 今 7シーズン目>

<石川には 明確な目標があった>

(石川祐希)
僕は そこを目指してますし…

…っていうふうには思っています

<石川が所属するミラノは
レギュラーシーズンを勝ち進み

プレーオフに進んでいた>

<目標のリーグ優勝には

昨シーズンの得点王
ニミルを擁するモデナを

破らねばならない>

<世界の頂点に挑む男の
ストイックな日々を追った>

♬~

<3月のミラノ>

<この街に 1人暮らしを始めて
2年>

<チームから提供された
チンクエチェントを

自ら運転する>

<イタリアに来て
今のチームで5チーム目だが

石川祐希のライフスタイルは
変わらない>

<試合がある日曜と
翌日のオフ以外は

毎日練習だ>

<チームのトレーニング施設に
向かう>

<選手ごとに メニューが組まれる>

<午前中は 筋力トレーニングだ>

<高さ パワー スピード>

<筋力は 全ての基本だった>

<なめられないように
フィジカルでも相手を威圧したい>

<目指すのは
ワールドクラスの肉体だ>

<昼食は
近くの食堂で済ますことが多い>

<イタリア語で
不自由することもなくなった>

何か やっぱ…

何か 一緒に過ごしてて…

<午後は ボールを使う>

<…が 取り立てて
特殊な練習はしない>

<地道に レシーブを繰り返す>

<思えば 子供の頃から
数え切れないほど やってきた>

<姉に誘われ
バレーボールを始めた>

<小学4年生のころだった>

<快感だった>

スパイクを打った時に

何か ちょっと…
全く できないっていうよりかは

できてしまって

その うれしさが 多分

影響したのかなっていうふうには
思っています

<後にも先にも 他にはいない>

<単身 イタリアに渡り

一部リーグの強豪・モデナと
契約した時

まだ大学1年生だった>

<以来 実業団には入らず
プロのキャリアを積む>

<自宅を訪ねた>

<バレーボール選手には

ジャンパー膝と呼ぶ
いわば 職業病がある>

<ジャンプの衝撃による
膝組織の故障だ>

<石川も
かなり前から 痛みを感じていた>

<毎日1時間 超音波治療器で
炎症を和らげている>

<練習から帰っても
くつろぐのは まだまだ先のこと>

<イタリアで生き残るための
故障をしない体作り>

<来る日も来る日も
このルーティンを続けてきた>

(スタッフ)トップで戦っていく
勝ち続けていくって

ホントに 大変なことだと
思うんですけど

ちょっと聞き方が
失礼かもしれないんですが

嫌になったりすること
ないんですか?

僕は…

考えたりするので

僕は…

…っていうところを
やったりはしてますね

<イタリアのバレーボールは
地域との結び付きが強い>

<社会貢献活動の一つとして

バレーボール教室のコーチ役を
担った>

<相手は
クラブチームの10代の少女たち>

<石川の表情も緩む>

<特別な技術や上達への秘策を
教えたわけではない>

<心掛けたのは

バレーボールは面白い
…と思ってもらうこと>

<大学1年で イタリアの
プロの道を選んだ訳も

「面白そうだ」
その一点だったのだから>

<プレーオフが始まっていた>

<第2戦は
市民も期待するホームゲームだ>

(スタッフ)どんな試合?

負けたら終わりなので
内容っていうよりも

3セット取る
っていうことだけを

集中していきたいな
っていうふうに思いますし…

(スタッフ)いってらっしゃい

<リーグ優勝を懸けた
プレーオフは

レギュラーシーズンの
上位8チームで争う>

<石川のミラノは
5位だったので

4位のモデナと
ベスト4を競っている>

<初戦は モデナのホームゲーム>

<敵のエース
オランダ代表・ニミルの前に

ミラノは 1セットも取れずに
完敗していた>

<今日 負ければ
優勝戦線から脱落する>

(ホイッスル)

<このゲーム 最初の得点は
石川のスパイクだった>

(歓声)

<さい先はいい>

<この日は好調だった>

(歓声)

<サーブも決まった>

(歓声)

<ミラノは
第1セット・第3セットを取った>

<あと 1セット>

<対戦相手のモデナは
石川が最初に所属したチーム>

<過去に12回の優勝を誇る
強豪だった>

<徐々に形勢は逆転>

<ミラノは このセットを落とし

勝敗の行方は
第5セットに もつれ込む>

<最終セットは 15点先取だ>

<シーソーゲームだった>

<だが…>

<接戦の末に…

ミラノは敗れた>

え~…

え~っと…
何て言えばいいんすかね

もう その 負けたことに…

<背番号14>

<目標は 持ち越された>

<敗北の数日後>

<石川は 特に信頼し合う
チームメートと集まっていた>

<シーズンの慰労を兼ねた食事会>

<石川行きつけの焼き肉店は
チームメートにも評判がいい>

ワギュウ

<石川祐希は
紛れもなくチームの中心だ>

(スタッフ)いいチームですね
まぁ いつも こんな感じで

人数 多ければ…
にぎやかですけど

今日は4人で… はい

やはり このイタリアの地で
イタリアのリーグで

勝ちたいというふうに
思っていますし

優勝したい思いも
より強くなったので

そういう目標に向かって

これからも
突き進んでいきたいと思います

<いちずに
ボールを追い続けてきた>

<「面白そうだ」>

<いつもそこから 全てが始まる>

<素敵なテントで
キャンプをしよう>

<作るもの全てが大ヒット>

<一体 なぜ?>

Source: https://dnptxt.com/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事