出典:EPGの番組情報

MUSIC BLOOD[字]Awichが夫と死別、14歳の愛娘の関係、歌う理由語る

ラッパーへの道のり、夫との死別、歌うことへの葛藤、再びマイクを持つに至った経緯を語る。『GILA GILA feat. JP THE WAVY, YZERR』

出演者
【MC】田中圭、千葉雄大
【ゲストアーティスト】Awich
【楽曲参加アーティスト】
JP THE WAVY, YZERR

ジャンル :
音楽 – 国内ロック・ポップス
音楽 – ライブ・コンサート
バラエティ – トークバラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. Awich
  2. ホント
  3. GILA
  4. 庄司
  5. GIN
  6. on
  7. toyomi
  8. 自分
  9. 彼女
  10. お願い
  11. ラッパー
  12. 音楽
  13. 結構
  14. 言葉
  15. 大好
  16. 旦那
  17. Cocco
  18. Go
  19. ice
  20. Ice

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

<自分の音楽の血となった
アーティストは誰ですか?>

本日のゲストはですね…。

…と呼ばれている
アーティストさんなんですが。

雄大君が 何か 大好きだと。

(千葉) よく聴かせていただいてて
カッコいいっすよね やっぱり。

いや 何か 僕…。

…だったんですよね。

ずっと…。

ちょっと…。

(Awich) 子持ちの未亡人だって
こんな所に立てるんだよ。

♪~ Let me go

♪~ ONE,
知性で稼いでくMoney

<…を成し遂げた ラッパー>

♪~

<現在 35歳>

<14歳の娘を持つ
シングルマザーでもある

彼女の言葉が 今…>

<…を呼んでいる>

♪~

<そして…>

♪~ まるでピカチュー
ピカピカすぎ

♪~ 痺れさせるチェーン

♪~ GILA GILA GIN GIN GILA

♪~ Ice on ice on killa

本日のゲスト Awichさんです
よろしくお願いします!

(拍手)
よろしくお願いします。

さぁ 現在 35歳で
ラッパーでもありながら

ママでもいらっしゃる?
はい。

実は これ ちょっと珍しい…。

うちの…。

…いまして Awichさんの。

…ということなので
呼んでみましょう 庄司さん。

あっ どうも。

庄司さん Awichさんです。
お願いします。

(庄司) 今日 もう…。

泣き始めてるやん。

庄司さん ずばり…。

庄司さんから見た。

(庄司) …存在です。
は~! すごい。

「女で生まれてよかったなと
思わせてくれる」と

言ってますけれども。

ありがとうございます。
(笑い)

さぁ そして 娘のtoyomiさん
たまたま仕事で東京に来ていて

今 スタジオに来ていますので

お話をして行きたいなと
思うんですけれども。

どうなんすか?

…に立つって。

…と思っています。

どうですか? toyomiさん
お母さんのこと 大好きですか?

大好きだよな~。

<それは 彼女が
生まれ育った環境>

<そして 壮絶な半生に
理由があった>

<安室奈美恵やDA PUMPを
輩出した

沖縄アクターズスクールに
憧れていた彼女が…>

♬~ Go! Go! Heaven
どこまでも行こう

<同世代の女の子たちの…>

<…に 夢中になった>

<そして 中学時代に出会い
影響を受けたのが…>

<シンガー・ソングライター…>

<その歌に惹かれた>

Coccoさんの…。

…を聴いた時に。

…みたいな。

ホントに…。

…かもしれないんですけど。

1つは そういう…。

ホントに…。

…を書いてくれる

Coccoさんに対する憧れと

2つ ありましたね。
へぇ~。

<そして Awichが…>

<すると…>

<なんと…>

9歳ぐらいの頃から
やってたので

14歳ぐらいの頃になると
書くことっていうのは

結構 慣れて来たっていうか。

ずっと書き続けて
2PACさんと出会って

「できるかも」と思ったのまでは
いいんですが。

確かに。
何言ってっか分かんねえよ

…みたいには なんないんですか?

じゃあ 言葉を書いてた
っていうことと

そこから 英語を
習ってたっていうので

2PACさん 聴いて

これだ!ってなったってこと…。
そうなんですよ。

へぇ~。
すごい。

<そして 9歳から
米軍基地に通う中で

Awichの意識は 大きく変わる>

沖縄って 特に私たちの時代は

平和教育みたいなのが
ホントに 盛んに行われてて。

…について考えようとか。

基地が戦争に
関わるもので…。

…っていう思いは
あったんですけど

それが もう存在してる
っていう事実は

変わらないと思っていて
子供ながらに。

そういう気持ちは
常にありましたね。

<高校卒業後…>

<…を学ぶため>

<そこで…>

♪~

<ストリートで生まれ育った
夫は音楽を愛し

何より 家族を愛していた>

<しかし 結婚から
3年がたった…>

<最愛の…>

<精神的に追い詰められ…>

ちょっと あまりにもね
こう 悲しいというか…

本当… 出来事なんですけど。

当時を振り返ってみて
どうですか?

いや ショックでしたね。
そりゃそうですよね。

ショッキングだったし
その後も…。

結構 長い間
立ち直れなかったというか。

診断とか受けてないんですけど
多分 躁鬱の状態というか。

ホントに 何か こう
ジェットコースターみたいな

精神状態が 結構 長い間 続いて。

その時は やっぱ…。

もちろん 最愛の旦那さんを
亡くされて

でも もちろん
toyomiちゃんがいるから

しっかりしなきゃいけないし
でも ボ~ってなってる中

toyomiちゃんには
どう伝えたというか。

私…。

だから 夫の死も
ホントに そのまま。

「お父さんは亡くなった」。

「亡くなったって
どういうこと?」。

「死んだってこと」
「死ぬって どういうこと?」。

「今 私たちが こうやって動いてる
体があるでしょ?」みたいな。

「それが もうない」。

「それで どう思う?」
って聞いてみたり。

でも…。

今 私たちが こう…。

<…に 親子で向き合い>

<…流した Awich>

<そして 悲しみの中…>

もう一度 音楽と向き合おうって
思ったきっかけみたいなのは

何だったんですか?

毎日 読んでみて。

「死にたい」みたいな…
「もう生きてる意味ない」

…って思った時に
究極 「じゃあ 死ねば?」って

自分に言ったんですよ。

でも…。

何か こう…。

…っていうのも 分かって来て。

…って思えるようになった。

書いていたのは それこそ
旦那さんが亡くなられて

何も手に付かない
っていう状態でも

書くことは やめなかった?
そうですね。

旦那は いっつも 私に…。

…って言ってくれてました。

それは ホントに…。

…って ずっと言われて。
へぇ~ すげぇ。

ステキ。
ステキ。

<そして 立ち直った…>

鬱っぽくて
だらだら過ごしてた時期に

父が 痺れを切らして

言っとくけど…。

…って言われたんですよ。

その時に
ハッとさせられたというか。

私は 落ち込む権利があるって
思ってたんですよ。

大切な人を失って。

私は 自分で 昔から
さっきも言ったように

被害者にはなりたくないとか。

置かれた環境で
くよくよしたくないとか。

そういうことを言ってたくせに
それを忘れてたと思って。

そこで 立ち直る
勇気みたいなのが

ポッと芽生えたというか

やってやる!って思ったというか。
へぇ~。

お父さまのひと言で
ホント ハッとさせられて

忘れてたものを取り返した
取り戻したという。

何か こう Awichさんの…。

皆さんに 届くというか…。

すごく 何ていうか…。

う~ん… 説得力って言うと

ちょっと強い言葉に
なっちゃうけど

ホントに 染みて来るっていうか。

だから好きなんだなって
お話聞いてて 思いました。

ありがとうございます。

<今夜 披露する…>

<まさに 彼女の人生
そのものをつづった楽曲>

(Awichの声)
私のこれまでの…。

そして これからの覚悟。

それを表明する曲です。

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

<今夜 もう1曲披露する
『GILA GILA』は…>

<…が参加>

♪~

<地元の仲間同士で結成された
川崎発の…>

<そして…>

♪~ Made in 富士山の武士道

♪~ 俺Sippin saki

<世界も注目するラッパー>

♪~ GILA GILA GIN GIN GILA
Ice on ice on killa

<ヒップホップシーンで
話題沸騰の曲を 3人で…>

田中MEMOによりますとですね
JP THE WAVYさん YZERRさんが

テレビでパフォーマンス
することは めったにないこと。

ないですね。

ホントに…。

…だと思っています。

多分…。

…になるんじゃないかなと思って。

頑張りたいと思います。

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

♪~

<smash.で番組連動コンテンツを
続々配信>

<THE NEXT UP 完全版も>

<新しい才能を発掘>

<オリコン1位を獲得した
話題の…>

<人気グループ INIを
生んだオーディションで

惜しくも脱落したものの…>

<8人は テレビ番組のADなど

社会経験を積みながら
練習を重ね…>

<ダンスが苦手だった…>

(笑い)

う~ん まぁ 簡単なことから。

そういう経験は。

ないのよ! こいつ。
いや 分かんない。

下積みがないんだから。

それ 一番分かんない 俺
全然 分かんない。

でも 確かにそうだよね。

うん。

一応…。

自分で気付かなくても
あると思うんだけど。

…と思ってるから。

…ところはあるかもね。

へぇ~ ちょっと興味深いですね。

あと10分ぐらい
話してていいですか?

<次週 倖田來未が告白>

Source: https://dnptxt.com/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事