1:名無しさん@お腹いっぱい2022.05.11(Wed)

映画『ビリーバーズ』(R15指定)予告編【2022年7月8日公開】って動画が話題らしいぞ

2:名無しさん@お腹いっぱい2022.05.11(Wed)
3:名無しさん@お腹いっぱい2022.05.11(Wed)

つまんなすぎ。なんでこんな伸びるの

4:名無しさん@お腹いっぱい2022.05.11(Wed)

5:名無しさん@お腹いっぱい2022.05.11(Wed)

オリコン洋画館 ORICON NEWSこれは・・もはや死亡フラグか・・・?なんなのか・・

6:名無しさん@お腹いっぱい2022.05.11(Wed)

オリコン洋画館 ORICON NEWSwww

7:名無しさん@お腹いっぱい2022.05.11(Wed)

オリコン洋画館 ORICON NEWSの動画は良作が多い気がするな~~

8:名無しさん@お腹いっぱい2022.05.11(Wed)

わたしの動画が好きで好きでたまらないおまえら~

9:名無しさん@お腹いっぱい2022.05.11(Wed)

ではまた見に来るな!またなーアリデベルチ/

10:名無しさん@お腹いっぱい2022.05.11(Wed)

この動画消されないよな?

11:名無しさん@お腹いっぱい2022.05.11(Wed)

投稿したのが05/11 03:00なんかな~なんだかなーで217以上も???再生されてるってすごいよなー

12:名無しさん@お腹いっぱい2022.05.11(Wed)

映画はもう動画だけでいい

13:名無しさん@お腹いっぱい2022.05.11(Wed)

これはいいものだーーー

14:名無しさん@お腹いっぱい2022.05.11(Wed)

無駄に長い動画

15:名無しさん@お腹いっぱい2022.05.11(Wed)

オリコン洋画館 ORICON NEWSの動画は良作が多いな

16:名無しさん@お腹いっぱい2022.05.11(Wed)

とんだ映画

17:名無しさん@お腹いっぱい2022.05.11(Wed)

This is description

カリスマ的人気を誇る漫画家・山本直樹が独創的な感性と世界観で「カルト」の世界に切り込み、人間の欲望をあぶり出した問題作「ビリーバーズ」(小学館)が実写映画化。映画『ビリーバーズ』(R15指定)2022年7月8日(金)よりテアトル新宿ほか全国で順次公開される。

 1984年のデビュー以来、常に先鋭的な作品を世に問い続けカリスマ的人気を誇る漫画家・山本直樹が、1980年代から90年代にかけて大きな社会問題として顕在化した「カルト」的な宗教団体をモチーフに、その独創的な感性と世界観で人間の欲望をあぶり出した問題作『ビリーバーズ』。過激な内容ゆえ実現不可能ともいわれて来た伝説の怪作が、奇跡の実写映画化とある孤島で生活をする二人の男と一人の女。ニコニコ人生センターという宗教的な団体に所属している3人は、オペレーター、副議長、議長と互いに呼び合い、共同生活を送っていた。それは俗世の汚れを浄化するため、メールで送られてくる不可解な指令“孤島のプログラム”を実行し、“ 安住の地”へ出発するための修行だったが 。

 主人公・オペレーターには『ヤクザと家族 The Family 』・劇場版『きのう何食べた 』の2作品で第45回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞し、本作が 映画初主演となる磯村勇斗。副議長役にオーディションから抜てきされた新進女優・ 北村優衣 。議長役には『罪の声』で第44回日本アカデミー賞・優秀助演男優賞他複数の賞を受賞した 宇野祥平 。監督には『アルプススタンドのはしの方』『愛なのに』『女子高生に殺されたい』とヒット作を連発中の 城定秀夫 。実現不可能と言われた山本直樹の原作ながら、愚かで愛おしい3人の男女を時にユーモラスに、時にそこはかとない寂しさを滲ませて映し出し、単なるカルト作にとどまらない濃密な人間ドラマに仕上げた。

 さらに、「第三本部長」役には映画『ケンとカズ』(2016年)、『孤狼の血 LEVEL2 』(21年)、『猫は逃げた』(21年)などの毎熊克哉、そしてカルト団体の主宰者「先生」役として原作者の 山本直樹が出演 していることにも注目したい。また音楽を担当した 曽我部恵一による不穏かつ繊細なサウンドトラックと、書き下ろしの主題歌「ぼくらの歌」(ROSE RECORDS)も、映画の世界観をさらに深淵な境地へと導いている。

磯村勇斗
北村優衣 宇野祥平
毎熊克哉
山本直樹
原作:山本直樹「ビリーバーズ」(小学館「ビッグスピリッツコミックス」)
監督・脚本:城定秀夫
音楽:曽我部恵一
製作:藤本款 久保和明 直井卓俊
プロデューサー:原口陽平 秋山智則 久保和明
撮影:工藤哲也(JSC)
照明:守利賢一
録音:松島匡
衣裳:十河誠
ヘアメイク:重松隆
装飾:藤田明伸
助監督:山口雄也
制作担当:矢口篤史
編集:城定秀夫
整音:山本タカアキ
効果:小山秀雄
ラインプロデューサー:浅木大
キャスティング:伊藤尚哉
主題歌:曽我部恵一「ぼくらの歌」(ROSE RECORDS)
宣伝美術:寺澤圭太郎
宣伝協力:プリマステラ 制作プロダクション:レオーネ
製作:『ビリーバーズ』製作委員会
配給:クロックワークス SPOTTED PRODUCTIONS
「 2022 /日本映画/カラー 5.1ch /シネマスコープ 118 分/R15
(C)山本直樹・小学館/「ビリーバーズ」製作委員会

18:名無しさん@お腹いっぱい2022.05.11(Wed)

>>17 おつおつ

19:名無しさん@お腹いっぱい2022.05.11(Wed)

>>17 おつかれ。いつもありがと

20:名無しさん@お腹いっぱい2022.05.11(Wed)

>>17 ありがとう

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事