出典:EPGの番組情報

トークィーンズ【ロッチ中岡10年愛の彼女ともっと幸せになってもらうためには!】[字]

指原・あさこ・若槻・ウイカ・みちょぱ・めるる・アンミカ・3時バラエティ最強女子軍がロッチ中岡の10年愛を貫いた彼女との「ハズい」「ハズくない」徹底検証

ご案内
【番組公式ツイッター】
https://twitter.com/_talkqueens
番組内容
指原莉乃やいとうあさこら、バラエティ番組で見ない日はないほど引っ張りだこの女性タレントが一同に集結。最強女子軍団である“トークィーンズ”を結成し、男性ゲストの素顔や新たな魅力を引き出すトークバラエティ。男性ゲストについて、女性タレント自らが事前に直接取材を行い、その情報を基に、女性陣がスタジオに招いた男性ゲストを質問攻め。男性ゲストを“丸裸”にしていく。今回は男性ゲストとして、
番組内容2
ロッチ・中岡創一が出演する。

事前取材をしたのは3時のヒロインの福田麻貴。現在、10年付き合っている彼女がいるということで、福田が彼女との生活について深掘りするも、10年付き合っているにも関わらず“彼女を呼び捨てにできない”“好きって言えない”“外で手をつながない”など、女性陣の引っかかるポイントが多数見つかる。10年付き合っていれば結婚の話も出るはずだが、真面目な話をするのが
番組内容3
恥ずかしいという理由で結婚も切り出せないなど、中岡と彼女の現状に女性陣が驚がく!余計なお世話ながらも、そんなことはお構いなしにトークィーンズが中岡と彼女が今よりもっと幸せになるための提案をしていく。
出演者
指原莉乃 
いとうあさこ 

アンミカ 
若槻千夏 
ファーストサマーウイカ 
池田美優 
生見愛瑠 
3時のヒロイン(福田麻貴・かなで) 
山﨑夕貴(フジテレビアナウンサー) 

〈ゲスト〉
中岡創一(ロッチ)
スタッフ
【演出】
冨田直伸 
【チーフプロデューサー】
江本薫 
【制作】
フジテレビ

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 中岡
  2. 福田
  3. 彼女
  4. ウイカ
  5. ミカ
  6. 若槻
  7. ポーポポーポポ
  8. 一度
  9. お願い
  10. 結構
  11. 今日
  12. 自分
  13. 衝撃
  14. 絶対
  15. 番組
  16. B型
  17. NG
  18. アン
  19. ホント
  20. 異常

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

(指原)始まりました 『トークィーンズ』
皆さん よろしくお願いしま~す。

(いとう)お願いします。
ありがとうございます。

それでは
ゲストご紹介しましょう。

この方 ロッチの中岡さんです
よろしくお願いします。

どうですか? こういう番組で…。

あんまりないですか?
こんなん やっぱ 初めてで

どうしたらいいか
分からへんと思って

前室で みんなが早く入って
座ってんの見てたけど…。

今日のテーマは…。

そんなことないって やめてよ。

[この番組は 今を輝く
女性芸能人たちが一堂に会し

男性ゲストを掘りまくる
トークバラエティー]

「一思いに
全部 いっちゃってよ!」

[今や…]

[ロッチ 中岡さん]

[実は その活躍の裏に

彼を支える
交際10年の彼女の存在が]

[次々と…]

[そんなゲストの
気になるところを

女性たちが一丸となって
とことんお聞きする番組

それが…]

♬~ 私は素敵な味です

♬~ ポーポポーポポ
ポーポポーポポ

♬~ 私は素敵な味です

♬~ ポーポポーポポ
ポーポポーポポ

♬~ 私は素敵な味です

♬~ ポーポポーポポ ポーポポーポポ

♬~ 他にもあります
♬~ はい ペペロン

♬~ 新発売です
♬~ タッカルビ

<「世界のカップヌードル」 お試しください!>

(福田)はい 行ってきました
お願いします。

これ 芸人芸人 どうなんだろう。
(福田)そうですね。

私 結構 ジャニーズの方の取材
行くことが多かったんですよ。

で ほだされちゃうんだよね。
そうなんです。 やっと…。

取材できました。

プラスの感情はあるやろ
プラスの感情は。

(福田)実は 中岡さんは…。

(福田)いらっしゃるということで。

長っ。
(福田)ということでですね…。

そのためには
どうしたらいいのかというのを

今日は 皆さんで。

余計なお世話ですけど
一応 考えていくっていう時間に。

(福田)そういうことですね。

[ということで
今夜の『トークィーンズ』は…]

[という願いを込めて
お送りします]

[では 早速…]

[見ていきましょう]

[今回 取材を行ったのは
小じゃれた人々が行き交う街

麻布十番にある
イタリアンレストラン]

[時間どおり
ロングヘアをなびかせた…]

(福田)はい?

(福田)進めさせていただきます。
よろしくお願いします。

ないよね。
(福田)だから…。

今日は 打ち解けれたらいいなと。

大丈夫です。

[というわけで…]

(福田)中岡さんですか?

みたいなタイプにも見える。
(中岡)あぁ そう。

[まずは ベールに包まれた

彼女さんとの出会いから
聞いてみることに]

いらっしゃるんですか。
どれくらい?

(福田)10年!

「って言ってたかな」?
(中岡)うん。

「って言ってたかな」
っていうのは?

最初のきっかけというか。

松尾さんと はい。

あっ ちゃうわ。

あさこさん?
あさこさん いたんですか?

向こうのテーブルの席で…。

っつって 連れて帰ってたら…。

「どうしたんですか?」って
言ってくれて…。

どういう方が多いんですか?

(福田)B型。
(中岡)B型で…。

酒乱? 全員酒乱?

レベルもあるけどね。
ちょっと言葉が荒くなるとかさ

その程度の人もいるし…。

結構…。

[一見 彼女に対して
優しい感じの中岡さんですが

ここから 10年愛の彼女に対する
衝撃の行動の数々が発覚]

あれもしたことないねん。

えっ?

[何と…]

[その理由は?]

これ 異常やと思う。

異常ですよ。

好きとか言ったことあります?

うわっ。

これは申し訳ない。

でも 伝わっては
いるわけじゃないですか。

10年 付き合ってるってことは
好きっていうのは。

何で 伝わってるんですか?

絶対 違う。

甘えるときとか。

ない?

一度も?

[10年 付き合った彼女に

自ら 手をつないだことが
ないそうで]

(福田)嫌やん?

[そんな無い無い尽くしの
衝撃の10年]

[皆さんは どう思いますか?]

(福田)ということで…。

でも そういう人も
いると思うんですよ。

言えない人がいる。 でも…。

話したことないんですか?
そういう話。

だから 真面目な話を…。
(かなで)何の笑いですか?

いや… 松尾と よく飲んでたのは
覚えてんだけど

一緒に飲んだか?
3人で飲んでて

結構 こっちも
わ~ってなってて

向こうも誕生日会で
わ~ってなってて。

あさこ姉なんか…。

あれ?

(ウイカ)どういう系の彼女?
「B型 酒乱」だけじゃ 全然…。

私…。

好きって 絶対 言ってくれない

何にも言ってくれない人が
いたんですよ。

[ドライ過ぎる中岡さんに
元カレを思い出した指原さんが]

[10年 お付き合いする彼女と
もっと幸せになっていただくため

一つ一つ きっちり
おさらいしていきましょう]

[まずは 今まで一度も

彼女を名前で呼んだことが
ない件について]

女の人に呼び捨てってのが
なかなかできないです。

でも 仕事んときは…。

(福田)でも それ 上の名前。

「言ってみてよ」って…。

それこそ みちょぱなんて
「みちょぱ」じゃないですか。

愛瑠とかも いけるんですか?
「めるる」

(若槻)それこそ めるるなんて
「る」取るだけじゃん 1個。

いけません?
(めるる)1個 取るだけ。

(福田)1回…。

見ながらよ 呼ぶの。
めるるを呼ぶの。

そんなに!?
(中岡)異常に恥ずかしいかも。

(若槻)これは? 中岡さん。

途中で止めるだけ。

(若槻)いきましょ いきましょ
せ~の。

≪最高! 言えた 言えた。

先生 言えました!

(山崎)実際は だから…。

いや 「○○姉」って
実際 言ってます。

いや…。

(山崎)でも 「姉」って呼ぶと

ロマンチックな雰囲気に
なりづらいじゃないですか。

(ウイカ)初めて
チューするときとかって…。

なってる気がするんですけど。

(中岡)なるべく でも…。

(中岡)朗らかな感じがいい。

インタビュアー。

初チューよ。
だって 明るく難しくない?

音楽かけて…。

(ウイカ)ラテン系だ。

覚えてないし… 覚えてんの?

(中岡)どうやってチューしたか?
(みちょぱ)はい。

[続いて 一度も好きと
言ったことがない件については

どうなんでしょう]

(福田)10年間お付き合いしてる
彼女さんに

好きって言えない。

強い! 強かった!
笑ってない 全然。

別室に
連れてくときの顔。

(ミカ)それ 男性の甘えで
たまに記念日とか

毎日 しょっちゅうじゃなくて
いいから…。

(ミカ)自分なりに…。

(福田)一度も彼女さんから…。

ん~ うん。

(かなで)これ ありますよ。
(中岡)ごめんなさい。

それ いつごろ?
(中岡)それはね クリスマスの日に…。

(中岡)「クリスマスぐらい言うたら?」
って言ってた。

すてきなエピソード。
≪ねっ カワイイね。

(かなで)しかも その1って
1回じゃないんですよ。

いいぞ いいぞ!
(かなで)言ってあげて!

さっきから
ずっとそうなんですけど 私…。

好きって 絶対 言ってくれない。

いたんですよ。

(ウイカ)
それは つらかったですか?

めっちゃ つらかったです。

でも いました。
だから 私は分かるんです。

(福田)言われてます?
おばたから。

結構 アメリカンっぽいところが
あるので

私も そんなに 人生 言われたこと
なかったんですけど…。

うれしいですよ。

好きって ポッと言うだけで
うれしいと思います。

私?
NGなんですか? NGじゃない?

NGじゃないけど…。

自分が?
(ウイカ)そうそう。

しかも 何だろう
「好きやで」みたいな…。

≪意外!

(若槻)そっち系なの?
ちゅきちゅきロボット。

ちゅきちゅきロボット
だったんだ。

(ウイカ)ちゅきちゅきロボ
全然 発動する。

まだ どちらかといえば 僕…。

ノリの。
ちゅきちゅきで来てくれたら。

私も なかなか言わない

中岡さんみたいな人が言う方が
うれしいです。

でも あまりにも
言わなさ過ぎるから…。

あまりにも
言わないじゃないですか。

(中岡)いや
何で自分で やらなあかんねん!

「す」

(若槻)「す」
(ミカ)次 「き」

やってください。

[そして 自らは
一度も手をつないだことがない

衝撃の事実に関して]

それを こうするわけには
いかないんでね。

(福田)でも そのまま…。

(福田)それは 恥ずかしくない?
(中岡)でも そしたら

分かんないけど…。

(若槻)私は ちょっと…。

言わないし 何なら…。

(若槻)だから 別に え~?って
思いは まったくない。

テレビでも何回か
つないだことないって言って

それ オンエアも見てるけど
つないでこないから

何かね たぶんね…。

(若槻)ちょっと楽しみにしてる。
それが ふいに

タイの市場とかだったら
うれしくないですか?

(中岡)でも そういう…。

確かに 日本だから
目を気にしてるかもしれない。

[普段のキャラクターと違い
極度の恥ずかしがり屋で

彼女に 無い無い尽くしの
中岡さん]

[しかし 10年も
付き合っているということは

日常生活で
挽回できているのでしょうか?]

[その辺の事情を
詳しく聞いてみると]

[明らかに!]

えっ?

もう だらだら だらだら。

聞いてあげてくださいよ。

返事もしてないときも
しゃべってくれるから。

(中岡)たまってると思うよ。

中岡さんに?

1回…。

みたいなこと
ちらっと言われたときに…。

って言ったでしょ? 彼女も。

(福田)言わないんですか?
(中岡)言わない。

[芸能人が故の多忙さなのか

デートも なかなか行けてない
という中岡さんですが…]

女性と2人で
ディズニーランドに行っても

楽しくないみたいな。

いわゆる…。

[彼女とデートスポットに
行くこと自体

楽しく思えないという中岡さん]

[その理由は?]

「うわ~ 楽しい!」ってなんの?

「彼氏が連れてってくれた
おし OK」

まったく そんなんじゃなくて…。

友達と行ったら
おもろいかもしらんけど…。

って思うかもしんないです。

俺も思うねん。

思うけど…。

後輩とは行くんですか?
(中岡)後輩と。

何で 後輩とは行くんですか?

えっ?

でしょ?

[皆さん 中岡さんが

彼女と これからも
幸せに過ごすため

何か アドバイス
ありませんか?]

(福田)ということで
さらに 掘り下げていくと…。

皆さん どうでした?

(ミカ)それでも…。

僕が しっかり…。

好きと言わずに
好きになってもらうための

行動をしとくということです。
(ミカ)でも その行動より 一言

相手が欲してる「好き」を
言ってあげる。

それで
喜んでくれんねやったら…。

(中岡)ちょっと アン ミカさんはね
インスタ見させてもらってますけど…。

(中岡)ちょっと特殊なんすよ。

(中岡)そんな…。

[一応 彼女に
好きでいてもらうための

努力をしているという
中岡さんですが

取りあえず デートスポットに
彼女と出掛けない問題を

話し合ってみることに]

私 めちゃくちゃ恋愛脳なんで…。

みたいな感覚で行ってます。

みたいな方が強いかも。

私も ホントに
指原さんと一緒です まったく。

全部…。

うわっ ここ
あの人と乗りたいなとか…。

全部 「あの人」ですね。

(福田)3時のヒロインは
みんな そうなんですよ。

だから どんな楽しいとこで
ロケしてても みんな…。

(福田)さあ 彼女に対しては…。

実は…。

狩野さんからのコメントです。

≪すごい!
(ウイカ)めちゃくちゃ いい先輩。

どうなんやろうな。

でもね 僕はね…。

(中岡)申し訳ないけど。

うちに帰ったときは
はぁ~っとしてたい。

それは 大いにあると思う。

[彼女への甘えが
原因のようですが 実は

そんな理由では言い訳できない
事件が発覚]

中岡に…。

(香川)赤コーナー 安定 いつものビール!
(堺)青コーナー 糖質ゼロ「パーフェクトサントリービール」!

(2人)レディ… カン!
はいはいはい うんうん

うー!!! まー!!!

<新「パーフェクトサントリービール」誕生>
はっはっは!
これは予想外!

(角田)≪メンチに「翠ジンソーダ」 推せる…≫
(桜井)推せる…!!

いたの?
勝手に飲んでんじゃねぇ!

えっ何それ
ん~! んーじゃなくてさぁ

(店員)≪「翠ジンソーダ」の缶です!
それもしかして もう流行ってんの?

まだ

<缶だよ。サントリー>

[10年 付き合う彼女への…]

[そんな甘えでは
許されない事件が]

[衝撃!]

[その…]

去年かな?
その前の年かだったんですけど

これ 中岡本人に
聞いたんですけれども。

ほんで 中岡が「どうしたん?」とか
何とか言ってたら

彼女が すごい神妙な顔して
中岡に…。

「何にもあらへん
何 忘れてんの?」っつったら…。

3日 4日前の…。

そんで そこで焦って 中岡が
ハッ!って 言われて…。

とか何とか
言ってたときには もう…。

彼女の目から
ぽたぽた ぽたぽた…。

泣いてる彼女を。

今までのは 「そういう人も
いますよね」で いけたけど…。

普段 やってる人だったら

もしかして 1回 忘れても
忙しいからなって思うんだけど

普段 これを過ごしてて…。

駄目だけど 忘れてたんすよね。

[幸いにも…]

[今後 より…]

お店に?
はい。

えっ?

何か プレゼントするのとかは
楽しいんよ。

≪いい男!

イェーイ!
イェイ イェイ イェーイ!

(中岡)靴とか…。

(ウイカ)それ うれしい。

それ もらって…。

これはOK?

自分からは しないけど。

ちゃんと こうするの?

渡してよ。
こうじゃないのよ。

[何だかんだで…]

[では…]

前 言ってませんでしたっけ?

初めて コロナなって…。

[「手をつながない」
「好きと言わない」

そんな
中岡さん流のお付き合いで…]

前 言ってませんでしたっけ?

初めて コロナなって…。

これ もう あかんなと思って…。

ずっと 家に 一緒にいて。

(ウイカ)それ 10年間で
分からなかった?

分からなかった。

ちっちゃい違い。
ほんで 僕が…。

絶対 やだ。

向こうも びっくりして
そんなズボラなん?みたいな。

ズボラとかじゃない。
大丈夫?

(中岡)ケンカしたんやけど…。

(みちょぱ)畳むでしょ。

(中岡)畳みたかったら畳んで。
俺は畳まへんねんって。

それ いつも どうしてんの?

(中岡)パンツは ボックス置いて
ポーンって投げるの 洗ったやつ。

でも それは
畳んだ方がええって言うねん。

畳んだ方がええ理由教えて
って言うたら

「しわくちゃになるでしょ」
って言ってくるの。

でも しわくちゃなんかなっても
ええやんって 俺は言うたら

「それは 畳んだ方が
気持ちええから」っつって。

畳んだ方が気持ちええのは
そっちでしょって。

俺は 別に気持ち良くないし。

長い時間 続けていったら

嫌なとこがなくなっていくかも
しれへんから…。

(中岡)うん。
そういうことは言うんだ。

この先は
まだいいかもしれへんぞ。

(中岡)想像はしてますよ
もちろん。

じっちゃん ばっちゃんに
なったときのこととかね。

アン ミカさんには アン ミカさんの
パートナーがいて幸せだし

中岡さんは 中岡さんで
ずっと 合う人がいるっていう。

ホント 不思議な。
不思議。

中岡さん 今日 どうでしたか?

この番組
だいぶ覚悟してきたんす。

みんな 覚悟して
ここ座ると思うんすけど。

あ~ そうなんかなって。

うれしい。 ちょっとした気付きは
あったんですね。

あさこさん どうでしたか?
いや もう ホントに…。

家の鍵ね。
それだけ心配なのよ。

[次週]

[ケンティが降臨]

セクシーの余白を作ってる人は
僕の本命だと。

[そこには 今まで…]

[もう一度 見たい方は TVerで
過去の放送は FODで]

Source: https://dnptxt.com/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事