出典:EPGの番組情報

情熱大陸【三線職人/銘苅春政▽沖縄の伝統を未来に。88歳の技と生き様に触れる】[字]

響き渡る音色は極上、見るものを魅了する美しい棹(さお)…独特の曲がりや顔とされる先端部分は唯一無二。人間国宝の奏者も愛する『現代の三線職人界随一』と評される名工

番組内容
返還50年を迎える沖縄。この地の民謡などに欠かせない弦楽器『三線』を作る名工がいる。銘苅(めかる)春政、88歳。三線職人界ナンバーワンと評され、彼が作る三線は沖縄古典音楽に携わる者にとって憧れの一本だ。かつては三線全体を作っていたが、棹(さお)の部分の発注が多くなり、現在製作するのは三線の命とされる棹のみ。ほぼ機械に頼らないそのワザで7000本以上を世に送り出し、沖縄の伝統を今に伝えている。
番組内容2
響き渡る音色はもちろん極上、棹の顔とされる先端部分や、鳩胸と呼ばれる太鼓との付け根部分の曲がり具合が特に美しい―他の職人には真似の出来ない、見るものを魅了する唯一無二の銘苅の三線。 現在もほぼ休みなく毎日工房に篭り三線と向き合う日々。だが、かつてはボウリングをこよなく愛し、国体に出場するほどの腕前だとか。 戦中、アメリカ統治、返還、そして令和を生きる銘苅…彼の目に映る現代とは。その生き様を見た。
プロフィール
【三線職人/銘苅(めかる)春政】 1934年(昭和9年)沖縄県生まれ。 小学生の時に終戦を迎える。アメリカ統治時代に大工として働いていたが、その技を見初められ三線職人からヘッドハンティング、三線の道に入った。その後7年の住み込み修行の末、30歳で独立し、今年で職人歴64年。現在は沖縄県南部の南城市で「銘苅三味線店」を営む。
制作
【製作著作】MBS(毎日放送)
公式HP
【番組HP】 http://www.mbs.jp/jounetsu/
関連公式URL
【ツイッター】@jounetsu 番組の感想に#jounetsuをつけてください! http://twitter.com/jounetsu 【フェイスブック】 番組公式ページへの「いいね!」もぜひ! http://www.facebook.com/jounetsutairiku 【インスタグラム】 フォロー宜しくお願いします! https://www.instagram.com/jounetsu_tairiku/
おことわり
番組の内容と放送時間は、変更になる場合があります。

ジャンル :
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
音楽 – 民謡・邦楽
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 三線
  2. 銘苅
  3. スタッフ
  4. 沖縄
  5. 淳子
  6. 歌声
  7. 劇場スタッフ
  8. 工房
  9. 全然違
  10. 男性
  11. 調整
  12. 銘苅春政
  13. カニステル
  14. クーチョー
  15. ホント
  16. 一番
  17. 音色
  18. 楽器
  19. 乾燥
  20. 器用

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

(飛行音)

<時の流れに翻弄される沖縄で

変わることなく守られてきた音色>

♬~(三線)

<三線の響きは

はるか琉球王朝の頃から
この地に根づき

何があろうと
人々の心を潤してきた>

♬~(三線)

<姿形は 三味線にそっくり>

<なぜなら
戦国時代 本土に知られ

三味線のルーツとなったのが
三線なのだ>

<沖縄を代表する楽器は
優れた美術工芸品でもある>

<数えで88歳の銘苅春政は

現役最高峰といわれる名工>

(銘苅)だから…

<手がける三線は 市場に出れば
1丁 100万円を超える>

(中村さん)まぁ 美しいと
見た目で美しいと言われる…

この曲線ですね

この辺が手技になってますね

銘苅さんのは
そういった曲線が 非常にいいと

♬~

<完成を待つ演奏家は
今も数知れない>

これ 引っ張る… はい
ちょ… ちょちょちょちょ

えっ!?
あっ… 握力

<彼の仕事では
体力が ものをいう>

<かつて
ボウリングで国体に出た腕は

年を重ねても健在だった>

<三線と向き合って64年>

<それでもなお 頂は遠い>

ある

とっても栄養がある

<淡々と しかし
気骨を持って我が道を歩む姿は

驚くほどに すがすがしかった>

♬~

<那覇から車で30分>

<心地よい海風が吹き渡る
南城市に

三線職人・銘苅春政は
暮らしている>

(スタッフ)おはようございま~す

<自宅脇に構えた 小さな工房>

(スタッフ)おはようございます
(スタッフ)おはようございます

<弟子を取らない銘苅は

朝から日暮れまでを
ここで 1人 作業に明け暮れる>

<リュウキュウコクタンで作られる
三線の棹>

<原木が持ち込まれると

まずは
十分に乾燥させなければならない>

<三線の芸術的な価値は
棹の美しさで決まる>

<かつては
胴の部分も作っていたが

今は 棹の注文が ほとんどだ>

ひねろうとしても ひねない

小さくなって 初めてひねる…
ひねる力がない

<加工が進む度に
乾燥させないと 変形してしまう>

<依頼に応じ
数か月で仕上げるものから

10年を超えるものまで さまざま>

<一丁の棹が 仕上げに入っていた>

<優美な曲面こそ 彼の本領>

<三線作りにおいて最も重要なのは
己の目だ…と断言する>

<24歳で この道に入った>

これは 僕が…

こっちも まぁ いろいろあるけど

そうだね

(スタッフ)はぁ~ 返還前ですね
ちょっと前の

<銘苅は 琉球古典音楽・安冨祖流の
師範でもある>

<歯を失うまでは
よく弾き よく歌ったそうだ>

♬~

♬~(歌声)

♬~(歌声)

♬~

♬~(歌声)

♬~(歌声)

<甘やかで 心静まる調べだった>

<25年前に妻を亡くし

112歳の母親は 施設に入った>

<だから 気ままな1人暮らし>

だしとるのは 昆布だし入れるの

野菜入れたほうが いいわけよ
(スタッフ)色がきれいですよね

生の野菜だから

<好物は 野菜を入れた
インスタントラーメン>

僕は…

<三線作りへの没頭が
一番の滋養なのかもしれない>

<生まれは1934年>

<戦後 大工だった父を手伝って

手先の器用さを発揮するうち

親戚から三線職人に誘われる>

<修行6年で独立した時も
まだ アメリカの統治下>

<沖縄では
独自の通貨が使われていた>

僕は…

<いよいよ 最後の微調整>

<弦を張る棹の表側には

とりわけ
繊細な磨きが求められる>

<ほんのわずかな凹凸も
響きを ひずませてしまうらしい>

これ 今 盛ってるさ… 回るさ

こっちで盛ってるわけ

<機械には頼らない>

<目と指先の感覚だけを
信じている>

<単に 滑らかな平面を
目指すわけではない>

<棹の中ほどを
ほんのわずかに くぼませ

弦を押さえやすくしていた>

<天と呼ばれる棹の最上部>

<木目の流れにも気を配りながら
丹念に やすりをかけてゆく>

<こうして出来上がった棹は
塗りの専門家に渡り

深い輝きを帯びて
一層の気品をまとうことになる>

<ひと区切りついたところで
何を思ったか

器用に塀の上を伝い
屋根に上り始めた>

(スタッフ)大丈夫ですか?
危なくないですか?

(スタッフ)すげえ…
(スタッフ)怖い 怖い

<慣れた手つきで

自生しているフルーツ
カニステルを収穫>

こういうふうにして…

(淳子さん)いや~… あら 猫かね

うん

<娘の淳子さんは
しばしば 様子を見にやって来る>

これは これは…

<工房には
沖縄の歴史も眠っていた>

(淳子さん)あっ これ?
うん…

すごい そうなんだ…

(淳子さん)すごい 何で… すごい

だから これ…

(淳子さん)これ まだ硬いんだよね

<カニステルは
娘に持たせるためだった>

じゃあ じゃあ… 持っていこう

<食事と風呂とトイレ以外は
隣の家に戻らず

そのまま 工房で眠りにつく>

<24時間 三線と共にある暮らし>

<3月のある日 浦添に出かけた>

<この2年 見送られてきた

琉球古典芸能の定期公演会に
出演する>

(劇場スタッフ)どちらがいいですか?
椅子のところと…

着物着たら 向こうがいい
こちらですね

いや…

お互い
いやいやいや

<いずれ劣らぬ演奏者たちが
皆 顔なじみだった>

<銘苅は 琉球舞踊の伴奏などに
使われる楽器・クーチョーを弾く>

<こちらも 師範の腕前>

<むろん 自ら作ったクーチョーだ>

(劇場スタッフ)お願いします

♬~

♬~

♬~

(劇場スタッフ)ホントですか
久しぶり 何十年か…

<せっかくだからと歩いた
那覇の街で

銘苅が教えてくれたこと>

やるのを

<沖縄の紆余曲折は
戦争抜きには語れない>

あっ 先生 こんにちは
ウチマで~す こんにちは

<関西の三線奏者が
銘苅の三線を携えて訪ねてきた>

アハハハハ

<久しぶりに
調子を見てほしいという>

(男性)え~

<棹と胴の角度に ずれがある>

<ためらうことなく
調整にかかった>

(男性)へぇ~ ホントや 全然違う

全然違うわ へぇ~

(三線の音)
あ~ 全然違う

調整で変わる やわらかくなる

♬~

♬~

♬~

♬~

ああ そうですか

♬「ちーぶ」

♬「ちぶー」
そう

そうですか

<弟子こそ取らないが

必要とあらば
何でも教えるのが信条>

<今月7日>

<銘苅には
何よりうれしい出来事があった>

♬~

<那覇市内で開かれたイベントは

銘苅が所属する三線流派の主催>

<舞台上には
銘苅の三線が勢ぞろいしていた>

♬~

♬~

<歌と音色を味わう その横顔は

まるで
孫に再会したように優しげ>

♬~

(拍手)

よくやってる

<この日の演奏には

先日 三線を調整した
あの男性も…>

はい あの… 大切に

ありがとうございました

はい ありがとうございました

…ことはあるわけよ

目標は もう健康だね

これはもう あとは何歳まで
生きるか これ 読めないから

生きてる間は 僕は やる気持ち

だから 健康が一番だと思う

<守るべきものを守り
伝えるべきことを伝えるために…>

<銘苅春政は 我が道を極め続ける>

<ん? この木は 何の木?>

<独自の治療で花が咲く>

お~ やった~! すごいきれい

Source: https://dnptxt.com/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事