出典:EPGの番組情報

有吉クイズ 【野田クリ&シソンヌ長谷川(秘)Q】[字]

有吉弘行も解答者&謎の私生活密着で禁断クイズも!

詳細情報
◇番組内容
解答者がプライベートを切り売りしたり、体を張ってクイズを出題

【クイズラインナップ】
マヂラブ野田!持ち上がる?上がらない?~母校編~
シソンヌ長谷川のアートな交友録Q
◇出演者
有吉弘行

出川哲朗
野田クリスタル(マヂカルラブリー)
長谷川忍(シソンヌ)
せいや(霜降り明星)
イワクラ(蛙亭)
池田美優

野村真季(テレビ朝日アナウンサー)
◇おしらせ
☆番組Twitter
 https://twitter.com/ariyoshiquiz

☆番組ホームページ
 https://www.tv-asahi.co.jp/ariyoshiquiz/

ジャンル :
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – クイズ
バラエティ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 長谷川
  2. 野田
  3. スタッフ
  4. 河村
  5. ホント
  6. 無理
  7. ダメ
  8. 出川
  9. ギャラ飲
  10. 半グレ
  11. 有吉
  12. イワクラ
  13. アート
  14. ブザー
  15. 一同
  16. 全然
  17. 不正解
  18. アーティスト
  19. クイズ
  20. グランドピアノ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

なんで こんなのを掘り起こす
企画が始まったんですか?

『有吉クイズ』!

(拍手)

〈先週に続き

解答者は こちらのメンバー〉

野田クリスタルさんからの問題に
参りたいと思いますが

まずは こちらをご覧ください。

(みちょぱ)「ああ~!」

「去年

「日頃から これは持ち上がるのか
と気になっていた重そうな物を

次々持ち上げていった野田さん」

(みちょぱ)「どんな問題よ」

「結果は4戦4勝でしたが…」

軽すぎました。
(せいや)全部上がった。

今回は
その第2弾という事になります。

大丈夫かな?

(野田)ガチ勝負。 ベストパフォーマンスで…。
ホント?

「今回

ここ

(スタッフ)へえ~。

「という事で

ちょうどね もう 僕
これ 20年前ですね。 20年ぶり。

「横浜国際高等学校は

野田さんが卒業した
六ツ川高等学校などが統合し

2008年に開校」

「語学教育に力を入れていて

国際科を有する
単位制の進学校です」

マジっすか? さすがだな。

「という事で 野田さんの

持ち上げられる?クイズ 母校編」

(野田)すみません。 いや もう…。

さすがに。
もう さすがに いないですね。

野田クリスタルといいます。

この学校に
ずっと通ってまして…。

ようこそ。 おかえりなさい。
(野田)すみません。

ありがとうございます。
(拍手)

(出川)「よかった よかった。
よかった~」

(せいや)「きた!」

(野田)ホント この学校が

…と思ってるんです。

(せいや)
「無理やり言わんでいいですよ」

ありがとうございます。

意味がわからないの これ 全然。
全然 感動せえへん。

「ちなみに

あっ! やっぱ… あっ!
つまんねえ!

一人だけ寝てる。
つまんねえ!

つまんないですね。

テレビ出てましたもんね この時に。
(野田)そうそう。

『学校へ行こう!』に
出てたんですね。

「重い物を求め 校長室へ」

(野田)野田クリスタルと申します。
すみません 失礼します!

先生 すみません 今日はですね

で ちょっと あの…
いきなりなんですけども

持たせて頂いてもいいですか?
ここにある物。

どうぞ。

(野田)すみません。
ありがとうございます。

でも やっぱ 机いきたいですね。

「持てるかね?」
(みちょぱ)「でかいからな」

(せいや)「意味わからん」
(みちょぱ)「間違ってるよ 色々」

あっ でも…。

「ダメだろ」

腹に引っかけて こうなのか?

(みちょぱ)「いやいや いやいや…」
「引っ越し屋じゃないんだから」

力抜けるな これ。 むずい!

こうなってくると。

「では 皆さん
札を上げてください」

「野田さんは 校長先生の机を

持ち上げる事が
できるんでしょうか? どうぞ」

(せいや)「まあまあ 上がるで」

「重さ的には
大した事ないと思うんだよな」

いや まだ わからない。 上げ方が。

(みちょぱ)「いけるよ!」
(せいや)「頑張れ!」

(みちょぱ)「余裕じゃん!」
(せいや)「いった いった いった」

(みちょぱ)「めっちゃ上がってる」
「軽いな」

(野田)「これは もう 余裕でした」

よっしゃー! これは だいぶ
変則的な上げ方ですよ。

できましたね!

これ 重さよりも…。

だいぶ…
勝利の一因となりましたね。

先生! 校長先生! すみません!

これをもって
恩返しとさせて頂きます。

図書室ですか?

(せいや)「図書室やばいよ」

(野田)うわ~。 懐かしい… かな?

あっ… でも 本の高さが
こんなんだった気がするな。

前回 商店街の時も

たくさん本が入った
棚みたいな物を

持ち上げたんですよね。

あれ なかなか
手応えあった気がしたので…。

(スタッフ)でも 前回より
すごく 本が詰まって…。

(野田)詰まってますね。

いや 相当重いですよ これ。

(せいや)「文庫本 やばいですよ」
(みちょぱ)「えっ!」

「では 皆さん
札を上げてください」

「この回転式本棚を持ち上げる事が
できるんでしょうか? どうぞ」

これがね…。

(野田)はい。 気にしながら…。

いきます!

(みちょぱ)「いけ!」

「重い…」
(みちょぱ)「やばい…」

(せいや)「いった いった!
よし よし よし!」

(野田)よっしゃ!

「なんだ? これ」
(出川)「いや ホントに…」

(出川)冷静に考えると
なんだ? これ。

ライト ウェート。
ライト ウェート。

「これで連勝」

「次なるターゲットを探す中
目に留まったのは…」

ロッカーとか
だいぶ 年季入ってるから…。

(せいや)「無理でしょ これ」

俺の時の… 時代のやつなのかな?

(スタッフ)持ち方で?

荷揚げ屋さんが
よくやってたやつで…。

これ いけんのかな? 背持ち…。

(野田)「鉄ですからね これね」
(みちょぱ)「鉄なんですか?」

「では 皆さん
札を上げてください」

「このロッカーを持ち上げる事は
できるんでしょうか?」

(みちょぱ)「いけるよ」
(野田)「鉄の塊ですからね」

(せいや)「ここら辺で
失敗するでしょ」

(せいや)「持ち上がるな!」

(みちょぱ)「いける いける」
(せいや)「持ち上がるな!」

(みちょぱ)「いけ!」
(せいや)「重い 重い」

「あれ? 苦戦してるな」
(みちょぱ)「ああ~!」

(せいや)「ハハハハハ…!」
(みちょぱ)「早っ」

(野田)軽いっすね。
全然平気でした。

全然軽い。

「そして さらなる大物を求め
音楽室へ」

(野田)ああ~…。

いや~…。

(せいや)「これ 無理でしょ」
(みちょぱ)「やめよう」

「壊すの怖いし…」
「これ 1人 見た事ないね」

(スタッフ)それですか?
グランドピアノですよね。

(せいや)
「持つとこがないですもん」

まあ…。

実は 僕

(スタッフ)どのくらい…?

290くらいありますね 確か。

「無理だろ」

(出川)「これ いったら すごい…」

あと まあ…。

まず 手 届いてない。
手 届く場所がない。

「無理でしょ」

で そうですね…。

ちょっと 僕…。

過去 使ってなかった
僕の最強の筋肉

使うしかないですね。
(スタッフ)なんかあるんですか?

脚?
はい。

(野田)とにかく この…

重い物を 肩で背負って
上げるっていう

このスクワットを
やってるんですね。

これ マックス200キロまでは
いってるんですよ。

だから…。

(スタッフ)なるほど…。

「では 皆さん
札を上げてください」

「野田さんは グランドピアノを

持ち上げる事が
できるんでしょうか?」

(みちょぱ)「さすがに無理よ」
(せいや)「いや 無理無理…」

(スタッフ)これ じゃあ 一応…。

(みちょぱ)「でかすぎるもん」
「亀になるって事?」

(野田)「亀になって…」

(出川)「うわっ いくんじゃない?」

いきます。

(みちょぱ)「その脚でいける?」
「無理だろ」

(せいや)
「ひざで… って事ですか?」

(みちょぱ)「うわっ!」
「おおーっ…?」

ああーっ! ああ!

(せいや)「ちょっ…
わからん わからん」

「わからん わからん」

楽しみ方 わからんて。
なんやねん? 今の…。

ハハハハハ…!

もう一回 チャンスください!
動いてはいましたよね?

(出川)「1カ所も
上がってないのよ」

(息を吐く音)

「いけ」
(せいや)「脚… 脚は?」

「本気でしょ?」

(みちょぱ)「しゃがんだ方が
やりやすいんじゃない?」

動いてる 動いてる…。

(せいや)
「今 入れてるんすか? 力」

(出川)「おおーっ でも…」
(みちょぱ)「いけ! いけいけ…!」

ああーっ!

「(一同 笑い)」
(せいや)「なんで!?」

(出川)なんだよ?
(せいや)惜しいかもわからんて。

(せいや)「これ…
楽しみ方がわからんのよ」

「血管 切れちゃうよ」

完敗だ…。

(野田)「これは きつかった」
(みちょぱ)「ダメか…」

今のは完敗だ。

以上 野田さんの
持ち上げられる?クイズでした。

(拍手)

すげえ。
(野田)いや~…。

グランドピアノはダメでしたね。

いやいや… 無理でしょ。
(せいや)無理でしょ あんなん。

下 潜ったら

ちょうどいい感じに
のったんですよ 背中に。

あとは もう この…
この力なんですよ。

この力で 300キロいけば
上がるはずだったんですよ。

どこの筋肉なの? それって…。

あれは 脚の力は
使えてないでしょ? ほぼ…。

脚の力は使えてないけども

逆に言うと 背筋も強いんで

この丸まった背中を
ピンと伸ばすだけで…。

(せいや)無理でしょ。
(野田)マジ イージーだった あれ。

体勢的には 一番 力が…。

多分 出力が一番高かった…。
マジっすか?

上がんない時
めっちゃ面白いのよ。

(一同 笑い)

(せいや)わかんないですもん。
我々 わかんない…。

(出川)どんだけ惜しいかが
わかんないんだよ。

微動だにせえへん車輪アップで
「ああーっ!」ってなって…。

さあ ここからは
メンバーが入れ替わりまして

シソンヌ 長谷川さん

蛙亭 イワクラさんに
来て頂きました。

よろしくお願いします。
お願いしまーす。

(長谷川)そういう事なんですか?
ホントに…。

時々あるんですけどもね… はい。

途中なんですよね?
ホントに途中なんです。

急にトーンダウンしましたね。
(せいや)トーンダウン… あれ?

上がってますよ。
「上がってます」って…。

上がってますよ。
グラデーションで上げていってますから。

なあ? イワクラと2人で…。

では 長谷川さんからのクイズに
早速 参りたいと思いますが…。

長谷川から?
はい。

「前回の密着ロケで

グローバルな活躍をする
アーティスト

faceさんを
紹介してくれた長谷川さん」

(長谷川)ここに座って…。

「さらに…」

違う違う… あるんですよ やっぱ。

「そして

有吉さん ちょうど裏… 後ろに。
そう 譲って頂いたんですよ

faceさんから。
(みちょぱ)ずっと飾ってますよ。

そんな あの…

こういうのが いいんだよ。
(せいや)ちょうどいいっすね…。

気楽にくださったよ 絵を。
(長谷川)それが おかしいんです!

(せいや)なんか くださった。

(せいや)「意外ですね」
(長谷川)「好きなんですよ」

「さて 今回は どんな人を
紹介してくれるのか?」

(スタッフ)そうですね 確かに。
(長谷川)でも 一つ言えるのは…。

(スタッフ)どういう事ですか?

(長谷川)グラフィティ全部を
バンクシーだと思ってる…。

教えてあげた方がいいかなとは
思ったんですけど そこは。

厳しいんだよ お前は。

(せいや)「背中の椅子…」

もしよかったらと思って。
(スタッフ)なるほど。

「早押しでお答えください」

はい せいやさん。
楳図かずおさん。

(不正解のブザー)
吉祥寺だけどね。

(せいや)吉祥寺でアート。
はい 有吉さん。

西原理恵子さん。

違います。
みんな 詳しすぎ。

(不正解のブザー)
(みちょぱ)詳しすぎるって…。

(せいや)詳しい!

吉祥寺の引き出し 多っ!
ねえ。

大体 楳図さんで止まるんですよ。

「という事で 長谷川さんが
会いに行った人物とは…」

ああ お疲れさまです。
あっ お疲れっす。

いえいえ いえいえ。 どうぞ…。
(長谷川)いいですか?

あっ!
(みちょぱ)えっ 知ってる?

有名ですよね。

(長谷川)お邪魔します。
うわあ すごい…。

うわあ…。
ああ すいません 低くて。

(せいや)
「全然 アートちゃうな 今の」

「アートと真逆の行為でしょ 今」

(スタッフ)こちらの方は…?

(河村さん)そうですね なんか…
アーティストなんですかね?

多分 アーティストだと思います。

(長谷川)色んな作品
やっていらっしゃいます。

PARCOが工事中の時に
この横の壁に

『AKIRA』の絵 たくさん
コラージュしてたんですけど

それをやった方ですね。

「河村さんは 渋谷PARCOの
アートウォール企画や

様々な企業とのコラボも話題」

「今 注目の
コラージュアーティスト」

(みちょぱ)「すごい人じゃん」

「触るなよ 勝手に」

一緒に作ったやつですね。
(長谷川)これ かっこいいですね

このコラージュ。

「かっこいいに決まってるだろう
お前が言わなくても」

(せいや)「触ってほしくない…」
「嫌な顔してるわ 河村さん」

…みたいなとこありますもんね。
(河村さん)そうですね。

(長谷川)組み直すんですけど
ちょっと それをそこに…。

これを要するに
組み合わせてるんですよね。

「触るなって」
(せいや)「触りすぎでしょ」

(河村さん)そうですね。
これも裁断したもので。

(長谷川)わざとズラしてたり
するんですよね。

(河村さん)これは

交ぜて…。

やってみよう 家で。
簡単にできると思うな。

(せいや)見よう見まねで。
(長谷川)いや… できると思うな。

(長谷川)これ もう 刷ってる…。
シルクで。

シルクスクリーンで
刷ってるやつなんで。

これは もう だから

もう 実際。
直接 貼って。

大体…。
(河村さん)大体…。

あの あっちにもある
あと残り3枚で…

4枚で…。
4枚セットにしちゃって…。

すぐ買い手がついちゃいますから。

(河村さん)これは 作品集を…

あっ ここにある本なんですけど
これ…。

そうです。

普通に 全部が埋まらなくて
ページが。

それで

(長谷川)コラージュですもんね。
こういうのがメインだった…。

「触るなって お前…」

いいじゃないですか…。
(せいや)触らないでください。

そうです。 で 見せたら…
それが この表紙なんですけど。

「これ
めっちゃくちゃ面白いじゃん」

って言ってくださって。
「これ 表紙にしなよ」って。

(スタッフ)スタートは そんな?

(河村さん)スタートは
ちょっと そういう…。

いい話を引き出せました。
長谷川 要らない。

全く 長谷川は要らない。
俺が引き出したんですよ この話。

「ここで お二人の
気になる関係を伺いました」

(スタッフ)普段

(長谷川)そうですね。

(長谷川)洋服の話が多いですよね。
あと…。

(みちょぱ)「そこで繋がるんだ」

(スタッフ)長谷川さんぐらいですか?
お知り合いは。

(スタッフ)ちなみに 名前は…。

ああ すごい!

(スタッフ)長谷川さんぐらいですか?
お知り合いは。

(スタッフ)ちなみに 名前は…。

「ああ すごい!」

あと えっと せいちゃんも
ちょいちょい…。

(長谷川)えっ せいや?
(スタッフ)ああ そうなんですか。

「なんで 機嫌悪いんだよ」

(河村さん)
ちょっと話してっていう…。

挙げてるから 俺の方がいいよ。

(スタッフ)でも 河村さん的には 全然
せいや君とは親しく…?

ちょっと暑いな…。
(河村さん)僕は

親しくさせてもらってると
思っていいのかなっていう…。

ハハハハハ…!
せいやで 暑なってますやん!

結構ショックよ。 知らなかったし。

(みちょぱ)
「気ぃ使わせちゃったよ…」

(せいや)「耳 赤なってますやん」

(河村さん)興奮してるなって…。
(長谷川)いやいやいや…。

(スタッフ)ちなみに…。

(河村さん)
そうですね。 大好きです。

(スタッフ)これと…。
(長谷川)いや おかしいじゃない。

(河村さん)おっ!
ありがとうございます。 えっ…。

(スタッフ)それ
今年のやつなんですけど…。

「カレンダーだ」じゃないのよ。
ちょっと ねえ 何回 俺 この…。

(せいや)「こんな顔 初めて見たな」

(長谷川)いやいや それ もう
神楽坂の料亭でやるやつですよ。

うるさいな…。
これ かっこいいから。

(河村さん)これは嬉しい!

(長谷川)しなくていいよ。
俺の してよ!

有吉さん ずるいって!

いや でも

(長谷川)作んない 作んない。

(河村さん)すごい いいと…。
(長谷川)いやいやいや… 一回…。

(スタッフ)あっ そうなんですか!

いや いい いい いい!
どんどん どんどん 自分で…。

いい いい いい! もう。
もう ホントにいいですって。

俺 もう なんですか…
違うじゃないですか それは。

まあ まあ いったん…。

「入る」って なんだよ!
(長谷川)一応 やっぱり…。

(長谷川)いや 「お忙しい中」
じゃないです だから…。

俺 何もしてないですよ
今日 ホントに。

連れてきただけじゃないですか
みんなを。

(長谷川)まだ
見るものありますからね…。

はい 有吉さん。

(不正解のブザー)
(長谷川)どういう事ですか ホントに。

陰湿すぎる。
はい イワクラさん。

あの…。

「ちょっと 次 会うの 厳しいです」
って…。

(不正解のブザー)
嫌なヤツだな! お前。

(せいや)怖っ!
(イワクラ)なりすまし した。

「なんだよ…」
(イワクラ)「うわ めっちゃ物色してる」

あっ ホント。

「えっ?」
(せいや)「あら…」

(長谷川)ちょっと でも
せっかくなので…。

「出たよ!」

いやいや いやいや…。
(せいや)いやいや いやいや…。

正直 言っていい?
半グレじゃん。

半グレ? 俺 半グレっすか?

(せいや)吉本初の半グレです。
(長谷川)半グレ? 俺 半グレ?

じゃあ ダメじゃないですか
ここにいたら。

関わりたくない なんか もう。
嫌だよ! もう あんなの。

せいやさんは これまで

河村さんから物を頂いたり
っていうのは あるんですか?

いやいや…
そんな 頂けないですし

もっと明るい方ですよ。 ホントに。
(一同 笑い)

(みちょぱ)そうなの?
(せいや)はい。

こんなテンション低い河村さん
初めて見ました。

俺が圧かけてるみたいな事に
なるじゃん…。

あれ だから
河村さんち 遊びに行って

3万ぐらい もらったりは
しないだろ?

いや そんなんしないです
もちろん。

(長谷川)俺 もらってるみたいに
なってるじゃないですか。

「お車代です」…。
(長谷川)いやいや 違う…。

ギャラ飲みしてるんですか?
河村さんと。

俺 してないですよ! ギャラ飲み。
(せいや)長谷川さん

ギャラ飲みしてるんですか?
してないよ!

河村さんが カレンダー
すごく喜んでくださってね…。

ねえ! 嬉しい。
「作品にしたい」みたいな意欲を…。

おっしゃってましたね。
あれ…。

いや ダメ…
ダメです ダメです ダメです。

やめた方がいいです。
なんでよ?

(長谷川)色んな… 権利とか
色んなもの 面倒くさいですよ。

そういうのは。

(一同 笑い)
(せいや)安っ!

ギャラ飲みやないか!
待って… ちょっと待って…。

(せいや)ギャラ飲み芸人!
(みちょぱ)本性 出たな!

ダメだよ! そういうの。
(長谷川)ちょっと待ってください。

本性 出したな!
(長谷川)違う 違う… 俺…

アートを介してギャラ飲みって
なんですか?

一番おかしいヤツですよ。

良くないですから…。
どういうヤツなんですか 俺。

〈このあと 有吉さんの
プライベートに密着します〉

目標があって…。

なんやねん おい!
ただのおじさんじゃん!

〈次週は 有吉さんの
プライベート密着クイズ〉

(せいや)「親の敵? 店主」
(みちょぱ)「何? 何?」

〈さらに U字工事が
あの企画にリベンジ〉

また来たの?

(益子)小麦 入んない分
繋がりが難しくなるんです。

なんかM性感みたいな事
やってるけど さっきから。

いやいやいや… やめてください!
水回しですよ! これ。

やめてください!
(長谷川)M性感じゃないですよ。

性感みてえのと そば一緒にすんの
やめてください!

〈番組を
もう一度 ご覧になりたい方は

TELASA TVerで配信〉

Source: https://dnptxt.com/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事