出典:EPGの番組情報

TOKIOカケル【広瀬すず&松坂桃李全力動物ジェスチャー対決!すずキック炸裂】[字]

広瀬すず&松坂桃李が「〇〇している動物」爆笑全力ジェスチャー対決!▽秘密の休日ルーティン…すずのボクシング披露で桃李ボコボコ!?▽人生MAX爆笑エピソード今夜発表

番組内容
TOKIOのメンバーと超一流ゲストが「友情を育んでいく」をコンセプトに“お友達”だからこそ聞ける!話せる!力の抜けたぶっちゃけトークや、オリジナル企画を展開していくバラエティー番組『TOKIOカケル』。
今回の“友達ゲスト”は、女優の広瀬すず!そして“エンジェルちゃん”として俳優の松坂桃李が登場!
番組内容2
「友達ってことで聞いてもいいですか?」のコーナーでは、大人になった広瀬の休日を大公開し、意外なお酒のつまみが発覚する!他にも、キックボクシング歴4年以上の腕前を披露したり、松坂と衝撃ジェスチャークイズをしたりと、今回も盛りだくさんの内容でお届けする!
出演者
TOKIO 

【友達ゲスト】
広瀬すず 

【エンジェルちゃん】
松坂桃李
スタッフ
【チーフプロデューサー】
清水泰貴 

【プロデューサー】
五十嵐剛 
鈴木浩史 
疋田雅一 
増谷秀行 

【演出】
加藤智章 

【制作】
フジテレビ第二制作部

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 松岡
  2. 城島
  3. ゴリラ
  4. トゥーリオ
  5. カエル
  6. 不正解音
  7. お願い
  8. ホント
  9. 面白
  10. ドラマ
  11. 位置
  12. 一緒
  13. 結構
  14. 広瀬
  15. カード
  16. パス
  17. 今回
  18. 最後
  19. 自分
  20. クロ

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

(国分)本日のゲストは 広瀬すずさん。
そして エンジェルちゃんは

松坂 桃李さんでーす!
(広瀬)お願いします。

そうなんすよ。 今まで
1年ペースで来てくれてたんすよ。

(松岡)確かに。
それが 7カ月になったんで

半年ペースで
来るようになっちゃった。

で もう…。

(松坂)トゥーリオ。
この番組で… はい。 トゥーリオで。

てことでいいんですよね?

で すずちゃん。
(松岡)ちょい 久々か。 2年か。

(松岡)何かね!
どうした? 何か 大人だな。

しゃべると 子供だったね。

あの~…。

という作品で
ご一緒させていただいて。

失礼しました。

(松岡)エンジェルちゃんの立場に
なった瞬間 そういう扱いになる。

いい… 全然 いいんですよ。
では タイトルコール いきましょうかね。

今日は…。

いいですか? それでは…。

おすずに 友達ってことで
聞いていいですか?

これ すごい!
いきまーす。

(一同)おーい!

[さらに…]

「え~!? 思うて」

「広瀬すずと…」
(山崎)「山崎 賢人の…」

(2人)
「生まれて初めて 聞かれました」

「どっか 何か こう…」

「バランス感のシルエットが
すごい…」

(長瀬)「古田 新太さんは あるの?
ちょっと 見てみようか」

「うわ~!」

(松岡)「目の腫れ方が」
「おしゃれだよね」

(城島)「いきます。 これですね」

「あ~ なるほどね!」

「クロ寄りのシロ」

「クロ寄りのシロ!?」

(長瀬)「ほら~!」

「これでしょ」

「クロです!」

「クロ!」
「クロ!」

「この中で お疲れさまでしたって
言うんで ここを通り過ぎてって

誰に 最後 手を振るかっていう」
「いきます」

(松岡)「お疲れっした!」
「お疲れさまでした」

「お~!」

「おい!」
(松岡)「ネクタイをいじるな!」

「俺に やられてないのに
俺も うれしくなる」

おじさん 喜ばせるよね。
トゥーリオ 9年前の?

「スッ!」

(いちか)「まず 重く感じるずら?」

「いやいや… そんなことない」

「よかよ~」
「癖になりますね」

「また? また やんの?」

(よしこ)「智也~! 行かないで!」

「先輩 これは…」
(松岡)「いや… まあ…」

「ちょっと よしこ… 飲み直そう」

「終了!」

何でも ひととおり…。

何でも やってくれる トゥーリオは。
何でもありですね。

おすずは 10代のころね。
そうですね。

たぶん お邪魔してます。
やっぱ 大人になってるもん。

(松岡)そりゃそうだよね。
じゃあ 早速 いきましょうか。

まず 1枚 選んでください。

ジャン!

2時に寝るんだね。

へぇ~ 夜更かしさんだ。
(松岡)2時に寝て 昼まで寝る!?

でも いいんじゃないですか?

やっぱり そうですか。
枕を オリジナルの…。

ビーズを 自分の背面を測って
作ったんですよ。

真っすぐ寝れるんですけど
横になると ここが 高さが出る

枕を作ったら めちゃくちゃ
寝れるようになって。

二度寝とかも すぐ… ちょっと
早く 起きちゃったなと思っても

また ぱって寝れるっていうか。

質のいい睡眠を取るには
そういうの 大事なんだろうね。

で 起きて すぐ 宅配サービスで。

(松岡)休みだからね。

どういう物を頼むんすか?

起きて すぐ 韓国料理?
昼から がっつりだ。

トッポギとか。
そうです。 結構 がっつり

ジャンキーな物 大好きで
よく頼みます。

宅配サービスは。
ごく まれにですね。

えっ 自分で? へぇ~!

だいたい お昼とか
午前中のご飯とかは

昨日の余り物とかを
温め直したりとか

お味噌汁 作り直したりとかして
食べたりしますね。

お昼 作ることは ないですね。

作品中とか 作らないですけど。

得意料理… 煮魚系ですかね。

(松岡)いいね~! おすずの煮魚!
(城島)おいしそうだな。

(松岡)
きたね! 「小料理屋おすず」だね。

煮魚って言うと思わなかったね。
横文字系かと思ったよね。

で 酵素風呂?

≪おがくずが入ってて。
そこに埋めてもらうんですけど…。

時間ないときとかね。
何か あれだよね。

(松岡)何km分 走ったとかのあれに
なるんですよね 酵素風呂って。

そうそう。 汗の出る量が。

(松岡)で どうしたの? その後は。

(城島)体 動かさずに
っていう話でしたけど。

代謝いいときに
運動してやろうと思って。

何か アクション やってみたいな
から 探してたら

たまたま 事務所の先輩の…。

キックボクシング やられてて。

そこから もう 4年くらい…。
4年!

4年半とか やってます。

トゥーリオは
こういうの やってる?

(城島)えっ? 何か 皆さん よく
やってるようなイメージある。

そうなの!?

じゃあ ちょっと…。

[運動しない
トゥーリオ相手に…]

キックの方がいいですかね。
パンチの仕方…。

じゃあ
1回 パンチ 見せてもらって。

(松岡)重いよ!

いや ホントに。
(松岡)すげえよ。

いいパンチ!
すごいよ これ。

失礼します。

お~ すげえ!
いいね!

(松岡)おかしいでしょ。
「してくださいよ」じゃない。

いきまーす。
どうぞ。

(一同)おーい!

キックを入れるタイミングが
すごくないっすか?

これ! これ すごい!

トゥーリオ
受けてて 重いっすか?

でですよ。 何をつまみに お酒?

(松岡)当てにいきましょうよ。
面白くないかもしれないです。

(松岡)面白くなくていいんです。
魚の煮付け 作るぐらいですから。

何だと思う? トゥーリオ。

(松岡)おでん。 おでんね。

正解は 何ですか?

駄菓子か!

カワイイ! 一気に。
うまいもんね。

何が好きなんすか?
駄菓子でいうと。

(松岡)そっち いく!?
甘い系で いっちゃうってこと?

あぶらっこい物か

これ マジで 何で できてるんだろ
ってやつ 好きです。

あれは? 9個ぐらいに分かれてる
色の付いた お餅みたいな…。

何か つまようじで こう…。
あれ…。

何してんすか?
その後に書いてある…。

結構 配信系の番組で…
何ていうんですかね。

いろんな人の日常 のぞいてる
恋愛だったりとか

人間関係の ドキュメンタリー
みたいに撮ってる…。

何チャンネルで やってんすか?
配信です。

恋愛だ。
そうですね。

最終的には 結婚とかに持ってく?
そうです。 物によっては…。

あっ そっちか!

それを見ながら
ずーっと 飲んでます 1人で。

面白い!
おじさんくさいとこ あんのね。

でも リアリティーショー 途中で
お風呂の準備とか 入っちゃうと

そこで やめて また お風呂で
リアリティーショー ずっと 見て…。

(松岡)はぁ~…。
そんな面白いの?

(城島)すごいな。 表情 変わった!
何が!? 何が そんな…。

(松岡)今の おすずは
われわれの知らない おすずだね。

おじさんが見ても 楽しい?
楽しいです!

では カード お願いします。

ドン。

覚えてますか?
何となく ドラマか…。

ドラマか。
ドラマ。

(松岡)何だったんだろうね。
答え合わせしてみましょうか。

[2012年 当時 14歳で

雑誌 『Seventeen』で
モデルデビューした おすず]

[そのときの雑誌が こちら]

[まだ あどけなさが残る…]

[そして
フジテレビドラマ 初出演は

今から8年前の こちらのドラマ]

『ビター・ブラッド』なんだ。
そっか。

(佐藤)「嘘~」
「てか もう 8時だよ」

「あいつは 俺たちを捨てたんだぞ」

「お兄ちゃん いつまで…」
「いってきます!」

[その後…]

[そんな中…]

[披露!]

「『え~!? 思うて』」

「『え~!? 思うて
ばーっ! 行って

ごーっ! 行ったら ドーン!』」

(剛)「でも 何か 伝わってきたわ」

[おすず~!]

大昔の映像 持ってきて
振りをするっていうね。

でも ドラマ 覚えてますか?
覚えてます。

覚えてますけど まだ
中学 卒業するぐらいのときで…。

(松岡)大学生!?
えっ? 俺 中高生の役…。

てなって 色々 監督に

いつも 一緒に…
レッスンじゃないけど

いっぱい ご指導いただいて
やってました。

(松岡)15歳の いい感じじゃん。

だから…。

(松岡)この 肩のパッド的なもんとか。
衣装が もう そうだね。

あ~ なるほど。

それでですよ…。

今 どうですか?
やること あります?

ないですけど ちょっと…。

(松岡)本気だね。
違いますね。

「え~!? 思うて」

できてるよ!

(松岡)できてるっていうか
変わんないよね。

これに関しては…
普段 物まねとかを

あんま
私は やらないんですけど…。

それで…。

ある意味 姉の物まねしてる

千原ジュニアさんの物まね
みたいな。

(松岡)また物まね!

てことは… ねえ。

ジュニアさん やってもらえばいい。
今の映像を そのまんま

こちら 見ていただけますかって。

他にも いっぱい レパートリー…。
(松岡)ほらほら!

(城島)これは似てるっての ある?
何個も 何個も。

いや~
いい情報 ありがとうございます。

そして…。

してるんですよね? 芸能界デビュー。
えっ 僕は よくないですか?

雑誌モデルで デビューしてる
らしいんですよ トゥーリオは。

写真 見ましょうか。

手の位置…。
これ 手の位置。 手の位置が…。

そうですね。
あ~ ホントだ! トゥーリオだ。

おすずにも言ったんですけど
最初の このページの撮影のときに

カメラマンさんに 第一声…。

て言われたんですよ。

(松岡)どういうこと?
経験が まったく なかったので…。

モデルとして。
そっか。 これ 洋服を…。

(松岡)モデルさんだから
洋服を見せなきゃいけないんだ。

何回も 何回も…。

(広瀬・国分)え~!?
手の位置が 気持ち悪過ぎて。

(城島)気持ち悪い位置って
どこなんですか?

たぶん
不自然だったんでしょうね。

こういう感じじゃなくて。
こういう感じ…。

お願いします。
(松岡)お願いしまーす。

こう… 手を隠した感じで。

で こう からの…。

このワンカット 終わったら
組み替えて

ちょっと こういう感じの…
中を ちょっと 見せたりとか。

(松岡)自然 自然。

もう 恥ずかしくて
しょうがなくなっちゃった。

では カード お願いします。
はい。

ドン。

これは 僕ですね~。
すごい質問だね これ。

ホント いろんな作品をやられてる
と思うので いろんなタイプの

監督さんと
やられてると思うので…。

僕は あの~…。

[今や 日本を代表する俳優
2人による

監督論は 必見!]

褒められるというか…。

「あ~ いいね。 今のカット 最高!
OK。 これでいこう」みたいな

すぐ ぽーんって言ってくださる方
とかも いらっしゃるんですけど

不安になるんですよね。
ホントに いいのかな? って。

大丈夫かな?

ていうふうになっちゃったり
するので まあ 苦手というか

不安になる感じ
っていうんですかね。

(城島)不安かぁ。

好きな監督は
もう ホントに ちゃんと

思ってることを すぱーんって
言ってくれるというか。

はっきり 言ってくれる。

今回 『流浪の月』で ご一緒した
李監督なんかは

ホントに そういったことを
しっかりと 何か こう…。

方といいますか。

僕は こういうふうに
こう思って こうだったりとか

あと ディスカッションとかも
すごい やったりするんですよね。

その 1つのお芝居とか
役に対して。

そこを飛び越えて 何か こう…。

「いいね。 OK!
じゃあ 次 いこう」みたいな…。

大丈夫かな? みたいな。

てなっちゃうんで。
でもね…。

どうなんすか?
めちゃくちゃ 分かります。

何か こう 私…。

でも それは
私が やったっていうよりも

役として カメラの前にいて
何か 出たときは

たぶん…。

深っ!

どうしていいか
分かんないというか。

今後…。

現場中 ずっと。
うん うん うん うん。

何となく…。

ていうのを 今 すごい 感じてて。

10代のときの方が もうちょっと

全員 スパルタに
やってくださってたのが

自分が やらせていただいた作品を
見てくださった方とかは もう…。

「そういうテンションで」とか
言われたりもあって。

「広瀬さんが やってくれれば」
って言われたこともあって。

お~…。

とはなったり… すごい
ありがたいことなんですけど。

早い悩みじゃないですか? 23で。

確かに。 キャリアの積み方が
ものすごいですもんね。

(松岡)「あのときの」
とかっていうのは つらいよね。

違う役ですからね。

ドン。

これは
番組のカードなんですけども。

今回…。

あるそうで…。

体験型講座をですね よく…。

なんていう話も 聞きますので…。

今回 やってみたいと思います。
題して

○○している
動物ジェスチャークイズ!

[今回は
おすずと トゥーリオで対決]

[パートナーが
1分間に 幾つ当てられるかを

競いまーす!]

ちなみに 勝った方にはですね…
勝った方にはか。

勝った方には 好きなものを
買える券が もらえるそうです。

何それ? すげえ 欲しいじゃん。
好きなもの買える券!?

(松岡)何でもいいの!?

だから 家って言えば 家も…。
え~!?

(松岡)いいね!
昔のバブルを 思い出してきたね。

ヤバい 本気度が。
(松岡)本気になってほしいからね。

[まずは
日本アカデミー賞俳優…]

どうですか? こういう遊びは。

あんまり やらないですけど
でも…。

斜め上から こう…。

(城島)もう 当てます。
何々してるの部分を

色々 伝わりそう…。
(城島)想像してね。 イメージして。

さあ それでは いきましょう。

動物ジェスチャー スタート!

ゴリラ。 挙動不審なゴリラ。
(不正解音)

発見したゴリラ。
(不正解音)

二度見するゴリラ。

お~。

ハト… ハト…。

迷子になったハト。

すごい。

んっ? ダチョウ。
(不正解音)

ゾウ。

(城島)そこは? 背中?

(城島)背中が痒いゾウ。

残り30秒 切りました!

ゴリラ? あっ チンパンジー?
ゴリラ。 ゴリラ…。

胃痛のゴリラ。

正解 正解。

残り15秒。

ナマケモノ?
ペンギン。 ペンギン。

これは…。

酔っぱらい?

残り5秒! さあ 最後だ。

ウ? ウ? ウ?

いや~! でも すごいよ!
すごい!

(城島)すずちゃん すごい!

(松岡)よく当たってる。
いや~ すごい!

ヤバいね われわれ。

正解数 5問ということで。
(城島)どうなんだろう?

これは いいんじゃないですか?
すごい!

イェーイ!

最後は 何だったの? これ。
ガンを飛ばすキリンです。

(松岡)
おすずのゾウ こういってた。

カメラに お尻 向けちゃった。
(松岡)いやいや すごいよ。

[日本アカデミー賞
最優秀主演男優賞俳優が

挑戦!]

ガチで やっていいですよね?
もちろんです もちろんです。

(松岡)そんな計算 しないで!
そうね。 頑張りましょう。

それでは いきましょう。
動物ジェスチャー スタートです!

ゴリラ。 え~… えっ えっ…。

変態仮面をやってる ゴリラ。

すごい!

カエル。 カエルが にらんでる。

悔しがってるカエル。
(不正解音)

負けてるカエル。
(不正解音)

だっふんだのカエル。
(不正解音)

(松岡)諦められないカエル。
(不正解音)

(松岡)跳べないカエル。
(不正解音)

あいつと俺は 違うカエル。
(不正解音)

悩んでるカエル。
残り30!

考え込んでる… もう1回 パス!
パス きた。

ゴリラ。 ボーリングをする ゴリラ。
(不正解音)

チンパンジー。

残り15。

え~… えーっと えーっと…。

(松岡)盆踊り。 盆踊りをする…。
動物が 何だ!?

盆踊りをする… 桃李…。

もう 言ってるやんか 答え。 最後。
(松岡)分かんない。 ベェ~だから。

「メェ~」だった。
(松岡)「メェ~」なのか!

(松岡)難しいよ!
難しい!

不機嫌なカエルです。
(松岡)ちょっと 難しくねえ!?

ということで 正解数 2問!
ヤギか!

すごーい!

ということで
すずちゃんチームの勝ち!

いや でも パスできるのに
結構 言ってたからね。

(松岡)これで…。

さあ…。

プレゼントしますのでね。

移動用の枕とか
ルームスプレーじゃないですけど

何か そういうのとかを
買おうかなと思います。

(松岡)最初 「車」って言われたとき
おっ! と思ったよね。

よかったわ。 車の中の物をね。
(城島)車のグッズね。

さあ では カード お願いします。
はい。 ジャン。

うわっ すごい…。

(松岡)大変な質問ですよ これ。

(城島)なっかなか 笑うことって
なくない? 爆笑エピソード…。

なっかなか ないから。
そんな中で 何が…。

えっ!?

(城島)だから どうなんか…。

これ どうする?

(城島)初の パスもあり。

1個 思い浮かんだのが…。
すごい!

(小栗) 《久々に 集まった》

ならこれでしょ
(山田)でも こんな気持ちいい日は?

爽やかなプレモルにしよっか!

(川口)しちゃいましょ
(小栗・山田)よし はい

<新!爽やか。これがエールビール
「〈香る〉エール」 プレモルから>

はぁ~
青空みたいだ

(沢村)あーうまい 「金麦」のオフ

(戸田)そのうまい
どれくらいうまいかというと…

えっと…
ブブー!
えっ?

糖質オフなのに 金賞受賞するほどうまい
あ…書いてあった…

<「金麦」のオフ>

おめでとうございまーす
うまい!

[おすずが…]

ちょっと…
結構 昔なんですけど

家族で…。

ご飯屋さんから。
そのときに こう…。

普通 こう走るじゃないですか。
こうやって 走ったら

どうだろうね? って言って。
家族で?

家族全員で 一緒に
こうやって 走ってたんですよ。

それで…。

途中で やめればいいじゃない。
(松岡)みんな やってんの?

楽し過ぎて… お兄ちゃんが
これで 猛ダッシュするんですよ。

それが
めちゃくちゃ 面白いんですよ。

で 私たち…。

幸せだ。
(松岡)幸せ!

わーって笑って。 次 私 やって
また みんな 転がって

わーって やって。
(松岡)幸せだ!

歩いて帰ってたつもりが…
普通に歩いてたんですけど

家 着いたら 1時間半も
歩いてたから こうやって

笑って 止まっちゃって みたいな。
普通にやったら すぐ 帰れるのに。

そうです。 それが…。

(松岡)うわ~ 家族か~。
それ 家族全員 やってんの?

そうです。 お母さんだけは
ずっと 笑ってるんですけど

きょうだい3人で
こうやって やって…。

押しながら…。

3人 いるんで 1人 押して
1人 右側 1人 左側で

動かせるっていうやつを
やってると…。

ずっと 笑ってるっていう。
何か…。

(松岡)分かる 分かる。 いい話ね。
あったかいね。

きましたか。
(松岡)今 結構 時間あったよね。

[トゥーリオは あの…]

僕の役者仲間で…。

という男がいるんですけど
彼は すごく…。

ものすごく 掃除 大好きで。
で あんまり 人を

家に入れたがらないような
タイプの人なんですけど。

撮影で 一緒になってたときに…。

僕と 岡田 将生の この4人で

ご飯 食べ終わって
じゃあ この後 ちょっと…。

て言って 行ったんですよね。

行くときに
その道中で コンビニに寄って

じゃあ ちょっと
お酒も 少し買って

家で飲もうよ
みたいな話になったときに

サクラさんか 僕か… 誰発信だか
忘れちゃいましたけど…。

そのエロ本を
岡田 将生が 愛用している…。

(松岡)勝手に。
勝手に 内緒で。

(松岡)ちょっと 面白いね。

翌日 その撮影で
また 岡田と会ったときに

すごい 怒ってきたんですよ。

お掃除をしてる…
コロコロみたいな 何かのやつで

こうやったときに 何か
ガツッと 当たったんですって。

「何だろうな?」って思って
ぱって見たら

あまりにも 自分が 手にしたこと
ないような物だったので…。

(松岡)びっくりし過ぎて!?
「あ~!」っつって。

最終的に どうしたの?
って言ったら…。

(松岡)まあ まあ そら 見るよね。
今までのジャンルと 違うからね。

ちょっと せっかくだから 見た。
(松岡)野郎あるあるじゃない?

(松岡)
よくやりますよ その辺はね。

素晴らしい。 これは もう…。

今後ね。
人生ナンバーワン爆笑エピソード。

私たちが ダブル主演を務めました
『流浪の月』が

全国公開中となっております。
誘拐事件の被害者と 犯人という

レッテルを貼られて 生きてきた
2人がですね 事件から15年後

偶然にも 再会します。
果たして 2人は

どのような道を
選ぶのでしょうか?

愛よりも切ない物語 『流浪の月』
よろしくお願いいたします。

お願いします。

ということで
ありがとうございました!

[次週
北川 景子と 子育てトークで…]

[さらに…]

[トゥーリオの若手時代の
苦労話は TVerで配信]

[お気に入り登録も
お願いします]

[さらに 一流俳優が苦戦した
ジェスチャークイズは

FODで いつでも 見られるよ]

Source: https://dnptxt.com/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事