出典:EPGの番組情報

ロンドンハーツ ベテラン芸人 みんなどう思ってる?の会 後半戦[字]

それぞれが聞いてみたい事を質問し、全員一斉に「○」か「×」の札で回答
言いたい放題、本音で討論!!変化してきた「仕事に対する考え」や「悩み」を掘り下げる。

◇番組内容
「ネットニュースを気にしますか?」
「ずっと東京に住みますか?」
「今の時代、一から芸人目指しますか?」
「興味のない専門番組のMC引き受けますか?」
…それぞれに違った考えや視点があり、盛り上がった前回。
◇番組内容2
今回は出川・ザキヤマ・有吉からの質問!!
「すごいストレスなんです…」
歳を重ねたベテラン芸人たちのまさかの悩みから
「信じられない!!」「反省しろよ!!」など
意外な回答に現場もヒートアップ!?
ここでしか聞けないベテラン芸人7人のリアルな本音を見逃すな!
◇出演者
ロンドンブーツ1号2号、有吉弘行/出川哲朗、バカリズム、濱口優(よゐこ)、山崎弘也(アンタッチャブル) [50音順]◇おしらせ
☆公式ホームページ
 →https://www.tv-asahi.co.jp/londonhearts/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 山崎
  2. 出川
  3. 有吉
  4. 元気
  5. 反省
  6. バカリズム
  7. ハハハハ
  8. 本当
  9. 濱口
  10. 自分
  11. 一同
  12. モグラ
  13. 回答
  14. 仕事
  15. 質問
  16. イヤ
  17. ザキヤマ
  18. ストレス
  19. スーパー元気
  20. メンタル

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

ベテラン芸人
みんな どう思ってる?の会。

(拍手)

(山崎)どう思ってる?の会。

〈ベテランたちが お互いに
聞いてみたい事を質問し

○か×で回答する この企画〉

〈前回 淳からの質問は…〉

ご回答ください。 どうぞ!
(亮)気にしてる人は ○。

〈バカリズム以外は「気にする」と回答〉

ひどいじゃない あの 本当…。

ちょっと ニュアンス変えられて
報じられるから。

俺は
その雑誌社まで行くんだよね。

えっ!
(有吉)すごいですよね。

「なんで あんな書き方
するんですか?」とか。

〈一方 「気にしない」と回答した
バカリズムは…〉

自分のが バッと
こう 見出しで出てても

クリックしないんだ?
これ 絶対 もう

俺の事 イヤな風に書いてるし
もう 絶対 コメント欄も

イヤなコメントしか
並んでないだろうって

想像がつくから…。

でも 逆に 褒めてくれる時も
結構 いっぱいあるじゃない。

もう 明らかに
これ 褒めてるなっていう時は

やっぱり 見ますよ。
(出川)それは見るんだ。

(有吉)それは見るんじゃん。
(山崎)気にしてるじゃない。

ハハハハ…!
(山崎)気にしてるよ。

こちらですね。

(山崎)ああー!
(濱口)ああー! なるほど。

〈「住み続ける」と回答したのは
出川のみ〉

ええー!?
出川さんだけ ずっと東京?

えっ 嘘でしょ?

逆に なんで
ずっと東京がいいんですか?

東京 なんで?
ええー だって… だって

コンビニもあるし。
コンビニある…。

バカにするな!
山口もあるし。

〈「住まない」と回答した
有吉は…〉

東京にいる間は仕事してる。

もう 仕事がなくなったら
どっか行く。 恥ずかしいから。

ハハハ…!
恥ずかしくないじゃん 別に。

人多いから。
人多いから 指さされるから。

「最近 出てない」…。
「出てないね」。

「やめたんですけど!」って
ケンカするのもイヤだから。

「最近 見ませんね」
「やめましたけどね!」。

〈そして ここから後半戦〉

〈一体
どんな議題が上がるのか?〉

続いては 出川さん どうぞ。

(出川)あの… もう 芸能界
みんな ベテランで

長いと思うんだけれども
芸能人とか有名人 歌手

スポーツ選手でも
なんでもいいんだけど

会いたいんだけど
会えてないんだよなっていう人が

いるのかなと。
では ○か×か

一斉にお答えください。 どうぞ!

(出川)ええー! ええー!

俺と有吉が×。

でも 他は全員○ですね。
あっ そう?

僕は ちなみに 会いたくても
まだ会えてないのは

矢沢永吉さん…
永ちゃんなんですよ。

へえー!
(出川)はい。

僕は 永ちゃんの書いた
『成りあがり』。

もう 僕らの世代だったら全員
人生の男のバイブル

それを読んで この世界を

やっぱ 目指そうと思った
きっかけなんで。

なんか聞きたい事
あるんですか?

矢沢さんに。
(出川)聞きたい事じゃなくて

まず「永ちゃん 本当にありがとう。
あなたのおかげで

僕は 今 います。
あなたが きっかけを…

この世界のきっかけを
くれました」。

(出川)違う 違う 違う 違う…
好きな事をやれっていうのを…。

だから 「ありがとう 永ちゃん」と。

いや だから 会いたい…。
○組が 全然 出川さんに

賛同してない…。
(出川)いや そうなんだよね。

俺も…。
(バカリズム)伝えたいとかはないな。

見たいって事でいいんですか?
あっ 見たい 見たい 見たい。

生で見たいって事?
(山崎)それは まあ 僕は 例えば

やっぱ 高校の時とか
Mr.Childrenさんとかね

よく聴いてたから
いらっしゃるのかどうか

見てみたいっていうのは
ありますけど。

会ってどうのこうのは
逆に怖いですね。

そうでしょ?
(山崎)うん。

だから
万が一 「あれ?」っていう…。

万が一 「あれ?」が
怖いんですよね。

何? 「あれ?」って。
(山崎)そんな事はないんですよ。

そんな事はないけど
万が一の「あれ?」が怖いんですよ。

ハハハハ…!
(バカリズム)今まで あったんだ。

いや なんか…。
そこまで… 「あれ?」があった…。

あれは どうですか?

ああー!
(濱口)もう1回 見たいって。

それはありますね。

僕やったら
氷室京介さんは会いたい…。

それやったら BOWYとして
見たいなとかっていう…。

それは見たい。
(山崎)そういう「見たい」ね。

亮さんは誰に会いたいんですか?
僕は 最近でいったら

イチローさんに会いたくなった。

ニッチローなら… ニッチローなら
紹介できるけど。

ニッチローさんで
火付いたんですか?

そう 火付いたと…。
本物 会いたいみたいな。

バカリズムは…。
僕も あの…

例えば もう スーパースター。

それこそ
イチローさんもそうですし

もう 僕の場合は 近くで見たい。

どんな体格してるのか
どれぐらい大きいのか

どんな肌質してるのかとかを…。

僕は もう 本当
目も 別に合わなくていいです。

自分が会って接触した時に
自分が嫌われない自信がないから。

ハハハハ…!

でも 見たいんですよ。
だから 逆に 出川さんが

永ちゃんに
なんか 伝えたいっていう…。

すごいなっていう なんか…。
何かを伝えるっていう…。

そうそうそう。 よく 自分が
嫌われない自信があるなって。

やっぱ
自信があるからじゃないですか。

(山崎)まあ… まあね。
思いを伝えられるっていう。

でも それは 矢沢イズム
みたいなとこなんですよね。

そうそう。

(バカリズム)
僕は もう。 生で見られれば…。

見てるだけで?
ちなみに 誰に会いたいの?

今は やっぱ 大谷選手ですね。
どれぐらいすごいのか 体格とか。

あとは まあ 桑田佳祐さんとか。

本当に
日本のスーパースターを見たい。

(出川)いや 俺はサザン
やっぱ 大好きで。

でも 桑田さんに会った時は
もう めちゃめちゃ言ったけどね

「俺 大好きです!
ずっと聴いてました!」って。

その時に

(有吉)そうだね。
(バカリズム)やっぱり…

変な風に思われたら
どうしようとか

うざがられたら どうしようとか。
(出川)変な風になんて

思わないって。 …えっ?

(有吉)ちょっと… ちょっと…。

いやいや いやいや…。
それは わかんないじゃん。

相手のじゃん。
「出川さんは思わない」は

全然受け止められるけど 相手が
どう思うかはわからないでしょ。

でも 「ずっと聴いてました」って
言われたら そりゃ…。

だって でもさ
スーパースターだから

毎日
そんな事があるじゃないですか。

毎日 それだから。
日常だもんね。

そりゃ聴いてるよって思われます。
(出川)ええー!

「みんな聴いてるから
俺 ここにいるんだよ」って。

(山崎)「俺が聴いてるんですよ」
みたいな感じにも捉えられ…。

(出川)違う 違う!
そんな言い方じゃない。

俺は もっと…
もっと聴いてますよっていう…。

いやいや いやいや…。

(有吉)憧れの人が ストレス
たまってると思うんですよ。

本当は 「出川? 虫けら? 死んで」
って言いたいのに…。

いやいや ちょっと待って!
お前 なんだよ!

随分 足されてるじゃねえか。
(有吉)グーッとこらえて

「ありがとうね いつも」って…。
(出川)違う 違う 違う 違う…。

そんな… そんなストレスを
与えたくないよね。

(出川)違う 違う 違う 違う。
桑田さんは もう ちゃんと笑って

本当に 「おおー ありがとう」
っつってくれた…。

いや だから それが
すごいストレスなんですよ。

心の中では どう思ってるか
わからないから。

いやいや そんな人じゃない。
そんな人じゃない。

出川さんより有名の人からも
いっぱい言われてるって事ですよ。

そうやって思うと…。
(出川)そんな人じゃない。

そんなとこで
そんな事を思うような人が…。

(山崎)いやいや…。
なんで わかるんですか?

もともと 嫌いかも
しれないじゃないですか

出川さんの事が。
もう やめて!

ねえ。 なんか
好き前提で近付いちゃうけど…。

好き前提なのが すごいんですよ。

嫌いな… 「うわっ なんか
あいつ 来ちゃってる」とかって。

そりゃそうですよ。
(出川)違う 違う 違う 違う…。

ちゃんと笑ってくれてるもん。
俺 近付いたら

「ああー 出川君!」って笑って…。
いや まあ それ…。

それ だから 気ぃ使ってくれてる。
本音は言わないよね。

本音は 「江の島で タコせんべい
みたいにしてやろうか? おい」

って思ってるのに でも それは…。
(出川)ふざけんなよ! お前。

違う 違う 違う 違う。
全然違います。

江の島まで1回連れていくんや。
全然違います。

有吉は会いたい人…?
ああー ないですね。

だって やっぱり
緊張するじゃないですか。

なんか 番組とかで

「誰か会いたい人 いませんか?」
とか聞かれると

たまに こう ドッキリで
会わせてもらったりすると

なんか 惨めに頭下げちゃって

「すみません ファンです」
なんてやって

最後 「写真撮ってください」なんて
嘘を言わなきゃいけないし

なんか 面倒くさい…。
面倒くさいんだよね。

結局 やっぱり その…
憧れの人っつっても やっぱり

普通の…
やっぱり 人間じゃないですか。

だから やっぱり 会うと ちょっと
がっかりするんですよね。

俺も実際に会って…。

ええー!
ええー!

いや だから その… あまりにも
こう 頭でっかちになってるから

プライベートのしゃべり方とか

別に それを求めてたわけじゃ
ないんだっていう。

やっぱ パフォーマンス
してるところに憧れてるから

あっ なんか 歩幅 普通だなとか。
(有吉)そうそう。 わかります…。

(出川)それは そうだって。
歩幅 普通とかって

思ってるなっていう
自分がいるから

これは会わない方がいいんだ
っていう。

逆もあるよね だから。
会ってみて うわー! って

余計 なる時もあるでしょ?
(出川)いや なる なる なる なる。

でも 大体は 『金八先生』 俺
よく見てたんだよな 武田鉄矢…

おっかねえ! みたいな。

いや おっかねえ! みたいな。
(出川)もう 言ってるよ!

(有吉)怖っ! みたいなの
あるじゃないですか。

こんな おっかねえの? みたいな。

(バカリズム)例えばね。
(山崎)例えば 金八先生ね。

例えのっていうか…。
(山崎)例えでしょ?

(バカリズム)例えば 例えば。
あくまでも 例えば。

〈若干 温度差はあるものの

淳と有吉以外は
会いたい人がいるとの事〉

さあ 続いて ザキヤマさん。
はい。

皆さん どうなのか? っていう…
ええ。

〈ベテラン会議 続いては

ザキヤマからの質問だが…〉

皆さん どうなのか? っていう…
ええ。

(一同 笑い)

もう 質問がおかしいよ もう。

(山崎)どうも このぐらいの人と…
芸歴を重ねてきてると

皆さん どうなんでしょうか?
っていう。

では 一斉にお答えください。
せーの…。

ええー!
(濱口)ハハハハ…!

(出川)ええー!
(有吉)出た。

そうなんですよ。
(出川)えっ! 嘘でしょ?

反省は もちろん してたんです。
ずっと してて

してて してて 答えが出なくて。

どういう反省してたんですか?

当時 だから 思ってる事を
パッと言ってた事で

あっ これだったら
なんも 爪痕も残らないから

逆 言った方がいいなとか
思ったりしても

心が乗ってないから
うまい事いかずみたいなのが

いっぱいあって
「なんだ? これ」ってなって。

これ 素直にやってもダメだし
っていう事で

イー! ってなって こっち側に
なっちゃいました 答えが うん。

あの闇営業の事は反省してる?
反省してる。

それは反省してなくない。

でも あれ 営業だから
仕事の事ですからね あれは。

反省してるよ。 それやったら
もう 全然 話 違うから。

いやいや 違う 違う 違う…。
ああじゃなくて。

渡す角度が もうちょっと…。
違う 違う 違う!

そういう事じゃないのよ。

その反省なんですか? 渡す角度。
違うよ!

うまくいかない方にいってた
イメージがあって。

濱口さんとか反省するんですか?

そうですね 濱口さん…
悩まなさそう。

まさか… 仲間だと思ってたのに。

反省したくない。
どうせ しても無理やから。

また 同じ事を繰り返すけど
っていって考えてるうちに

また 結局 その番組を頭の中で
ずっと もう1回

シミュレーションしてるのよ。
(山崎)へえー!

(濱口)したくない したくないと
思っても

ずっと 頭の中に残ってる。 結局
ずっと引きずってるっていう。

本当はしたくない。
(山崎)へえー!

ザキヤマさんもしない?
(山崎)いや 僕もしないですね。

(山崎)まあ 特に あの… なんか
1人の活動が増えてから

しなくなったかもしれないですね。
(バカリズム)へえー!

やっぱ コンビだと
なんか 何かしら

ああできたんじゃないか
こうできたんじゃないか

みたいなのを 楽屋で

考えちゃったり
するじゃないですか。

でも まあ その
ちょっと いろいろと諸事情で

1年間 うちの相方が ちょっと
あの… 謹慎だという事でね。

そこから もう 全く反省しなく
なっちゃったんですけど。

今は また コンビでやる事も
あるじゃない。

反省は戻ってきたの?

それは もう お互い ないですね。
うちの相方はわかんないですけど。

昔は なんか やっぱ 若いと

こうしてほしかったみたいなのを

思っちゃうじゃないですか
相方に。

でも もう そういうの
全くなくなりましたから。

若手が
今日もイヤな顔してたなとか

家帰って思わないの?
(山崎)全く見えない! それは。

(一同 笑い)
目に入らない?

見えない?
ハハハハ…!

えっ 見えない… いやいや
ちょっと待って。 してんの?

(一同 笑い)
ねえ。

落ち込むとか… なんか。
ねえ。

そりゃ うまくいかなかったなとは
思いますよ。

なんか ちょっと
違ったなみたいな。

うまくいかなかったら
もう1回 自分で

やり直したりするもんね
本番中にね。

(山崎)
ああ そうですね。 ハハハハ…!

うまくいくまで やるもんね。
(山崎)そうですね。

(山崎)「スタジオに悔いを残さない」で
おなじみですから。

しつけえ! みたいになるのよ。

格好いい。
ずっとやるやん 同じ事みたいな。

そう。 だから ちょっと

多くなっちゃうのかも
しれないですね ええ。

出川さんは反省する?
もう 反省しかしない。

ほんで 俺なんて もう
ゲストの方が多いぐらいだから

もう 毎回… 毎日 反省。
へえー!

(出川)ザキヤマは いいと思うのよ
反省しなくて。

もう この人 正直
本当の天才だから。

いや いや…。
(出川)もう この人は いい…。

ただね 亮…
亮が反省しないっていうのが

信じられない!
(一同 笑い)

(出川)信じられない! マジで。

反省してないわけじゃ
ないんですよ だから 本当に。

違う 違う 違う 違う…。
そのシミュレーションが

うまくいかなかった事だらけ
やったからっていうのが。

まあ そうだけど… そうだけど

もう1回 そこで反省しないと…。
あがけって事ですよね。

(出川)そう。 次にいけないじゃん。

なるほど。
(出川)そこで諦めちゃうと…。

いい事 言う。
(出川)だから そこでやめるって

信じられないよ!
もう マジで マジで。

犬みたいなもんだから
首 グッとやれば ウッて…。

犬扱いすんなって。
リードがね。

2週にわたって 犬扱いしてる。
体で覚えるタイプ。

バカリズムは反省する。

(バカリズム)僕も やっぱり しますね。
まあ わざわざ 家に帰って

すごい悩むとかほどでは
ないですけど

例えば もう 収録終わって
ピンマイク外してる時に

ああ あそこ もうちょっと
こうできたなとか メイク…。

うまくいかないなんて事は
もう ないでしょ?

いやいや もう 今ですら
だって さっきの

僕だけ 最初 ×出した時に

なんか 陣内さん枠的な
イジリされた時に

いまいち そっちに振りきれなった
自分に ちょっと反省してる…。

(一同 笑い)
(有吉)いいよ。

俺 いまいち そこ
わかってなかったから。

前の… 前の陣内さんの事を
ちゃんと知らないから

なんとなく ハハハって笑いながら
なんなんですか? とか言って

流しちゃったんですけど…。
(山崎)ハハハハ…!

〈その時のシーンが こちら〉

あっ… バカリズム以外は…。

(山崎)ええー!
(出川)出た 出た!

そこ

いやいや 違う 違う 違う…!

あそこ もっと ちゃんと
陣内さんの感じで

いくべきだったんだろうな
っていうのを

割と ちょっと反省しながら
やってたり…。

(山崎)あそこ 気にしてたのね。
(バカリズム)うん。 やっぱ

ちゃんと見とかなきゃなみたいな。
結構前だけどね。

有吉もする?
(有吉)はい します。

なんか 特に 後輩と仕事する事が
多くなってきたから

その人の なんか こう
つまずきにならないように

してやりたいじゃないですか
みんな。

できるだけね。
こっちが振りが下手だったりとか

処理の仕方が下手だったりしたら

ああ 申し訳なかったな
嫌われちゃったかなとか。

(山崎)ハハハハ…!
そんな思う?

なるべく円滑に まあ…。
(山崎)思うの? 本当に。

(有吉)嫌われてもいいんだけど
ちょっと… なんていうのかな。

その人のキャリアの中で
邪魔になってないかなとか。

そうすると… もうちょっと
うまくやらなきゃなとか。

(山崎)へえー! それ 家帰って
ちょっと思ったりとかする…?

うん。 ちょっと… そうですね。
(山崎)へえー!

でも 俺も悩むんですけど
めちゃめちゃ短いですよ もう。

どんなに長く考えても

いい答えなんて
出てきた事ないから

もう 5分 10分ぐらいですね
考えても。

それで出ない場合は
もう 出ないもんなんだって。

その 淳の反省っていうのは
やっぱ 有吉みたいに MC的に

この芸人 もっと
おいしくしてあげられたのに

みたいな反省なんだ?
…もあるし スタッフさんの

ちゃんと 意思を
くみ取れてたのかなとか。

ちゃんと こう… 編集する時に

ちゃんと 素材として渡せたかな
っていう反省の方が多いですね。

(出川)こんな事
あんまり言いたくないけどね…

あんまり言いたくないけど
2人とも

なんで… なんで?

永ちゃんっぽかったね
そこは格好良かった…。

(濱口)じゃあ… 亮もええでしょ?
(出川)何が?

(有吉)でも 亮さんが
こうやって もう 悩んでたら

悩むなよ! って
言っちゃいそうですけどね。

出ない… 出ないんだから。

アイデア出ないだろ! って。
今更だよ! って。

いや だから… だから

これになったんかもしれん
本当に 本当に。

〈亮とザキヤマ以外は

芸歴を積んだ今でも

反省する事があるとの事〉

〈続いて 47歳 有吉からの質問〉

こちらです。
はい。

ハハハハ…!
(出川)なんだよ。 なんだよ それ。

真面目にやれよ 真面目に。
どういう意味?

みんな 元気?
(山崎)でも わかる わかる。

そりゃ もう
いい年齢になってきてるし…。

わかりますよ。
体も心も。

うわー これ 悩むなあ。

では ○か×かでお答えください。
せーの…。

うーん…。

(出川)元気じゃん。
元気じゃん。

それは おかしいでしょ?
(出川)ザキヤマ ふざけんなよ。

それは元気じゃん。

(山崎)違う 違う 違う。
(出川)ふざけんなよ!

(山崎)いや 本当に。
なんか ちょっと 最近

右肩が痛いんですよ。

それぐらいでしょ?
(山崎)いやいや…。

万全ではない
っていう意味で…。

あの ちょっと ひと昔前みたいに

体が こう…。
(山崎)そう そう そう!

しっかりと動くっていう
状況じゃない?

「元気ですか?」って言われて
確かに ちょっと響くところが…。

ハハハハ…!
(山崎)言われてみりゃ

ちょっと こう…
ここはいいんだけど

ここ痛いなみたいな。
そんだけ…?

ずっと 治んないのよね それが。
(山崎)そうそう。

なかったじゃないですか
そういう事って。

「放っときゃ治るか」がないのよね。

そう。 支障があるわけじゃ
ないんですけど…。

そうすると ゴルフ
できなくなってくるからね。

そうなんですよ。 だから
そういうので大変なんですよね。

バカリズムは元気ない?
(バカリズム)僕も もう…

可動域が もう
圧倒的に狭くなって…。

ここね。
もう 圧倒的に。

確かにね。
こう ジャケット着る時に

全然いかないんですよ。
(山崎)ハハハハ…!

(有吉)ハハハハ…!
(バカリズム)…だし もう あの

カンペも やっぱり もう

狭いスタジオとかだったら
見えるんだけど

やっぱ もう
広いスタジオのカンペ

あの太いゴシック体
平仮名は読めるんですけど

漢字が もう
黒い固まりにしか見えない ねえ。

ラジオのはがきが見えなくなる
っていうのはある。

全然見えない。
(有吉)ハハハハ…!

○出してますけど。

(有吉)老眼も言っちゃうとね
まあ 確かに。

(山崎)それを
どう捉えるかですけどね 本人が。

元気 元気。 それは大丈夫 大丈夫。

バカリズムは その…
心の方は どうですか?

心は別に問題はないと思います。

まあ そういった事に対する
心配ですよね 結局。

(山崎)こういう事
できなくなるんじゃないかな。

ストレス… そういうストレスは
感じてますけど。

亮さんも。
俺は その 肉体的な事ももちろん

それこそ 肩 上がりにくいな
っていう事を…。

(有吉)みんな そう…。
いや 本当に。

俺 多分 一番ダメやと思う。
(バカリズム)肩が多い。

俺 1年半ぐらい 長い もう これ。
あっ そんなですか?

病院行っても
「わからない」って言われたから

もう お手上げで。
メンタルが病んでるって事…?

メンタルが病んでるっていうか

あんまり 健康的に
ワーッ! っていってる

自分ではないような気はする。
(有吉)ハハハハ…!

いや 客観的に見て 俺は

メンタルが病んでると
思うんですよ。

ええー! 確かに ちょっと
やっぱり 付き合いがあるから。

あっ そう?

急に 「屋久島に行ってきて
いいかな?」とかって言うから

「行ってきなさいよ」っつって…。

(濱口)俺も なんか
「3日間ぐらいかけて

モグラ 探しに行かないですか?」
って誘われたんですよ。

(出川)モグラ?
(濱口)モグラだよ。

ハハハハ…!
(濱口)「3日間かけて

モグラ 探しに行かへんか?」って
誘われて…。

(山崎)モグラは 3日
かからないんじゃないですか?

いや モグラ 3日…。

(山崎)そんな見付からない…?
難しい。

聞いたんでしょ?
「やりたい事 何?」って

社長が聞いて 「モグラを
捕りに行きたい」って言ったら

却下されたから…。
(有吉)却下…。

「俺は一緒に行かない」って
言ったんですよ。

だから 「濱口さん
一緒に行ってください」っつって。

「1人で行ってください」とは
言いました。

「自分のYouTube
やってください」って言われて。

「土の中 掘ってみました」っていう
番組やらせてやってくださいよ。

『池の水』じゃねえか それ。

「土の中 掘ってみました」って
なんだよ?

(一同 笑い)

俺も やっぱ 元気とは

とてもじゃないけど
言えないですね。

まあ ここはもちろんですけど

ここが もう ずっと痛いですから。
ああ 言いますね 昔から。

全然歩けるけど
なんか 引っかかるなみたいな。

(有吉)イヤだな。
(山崎)怖いよ。 股関節でしょ?

股関節が なんか…。
いや でも なんか

上がらないわけじゃないけど。
(有吉)心配になってきません?

そうすると 将来的に
あれ? とか。

そうなのよ。
今ね まだ 俺 走れるけど。

走れてないよ。
走れなくなる。

あれのせいだったみたいなの
やめてよ。

(有吉)もう走れてないんだよ。
(山崎)スポーツテストのために

もう 振ってるんですか? 今。
そう。 もう 振ってる。

(有吉)もう 振ってるの? 早えな。

あと 血圧が高いんですよ。
(有吉)ああー! 怖い。

測ってる? 血圧。
(山崎)ええー! 淳さんで?

めちゃめちゃ高くて。
だから コンビニ行っても

もう 血圧の商品しか
今 見てない…。

なんか 下がるお茶とか
ありますよね。

そうそう。
(出川)いくつぐらいなの?

140ぐらいです。
(山崎)ああー!

まあ 140はギリギリオーケー
ぐらいのところですよね。

自分に甘い人たちの…
数値だから。

甘めに設定するじゃん。
140はオーケーですもんね。

でも 元気なんだ?
元気です 元気です。

元気だな…。
あれだけ働いて

しんどさとか ないの?
(有吉)いや だから…。

元気な… ○なんだよね?
○の人が一番…。

でも 元気なんだ?
元気です 元気です。

元気だな…。
あれだけ働いて

しんどさとか ないの?
(有吉)いや だから 今… 今日

急にポン! と
仕事がなくなる可能性が

まだ あるじゃないですか。
(山崎)まあね。

そういうの
不安に思わないんですか?

まだ 思いますよ やっぱり。

いや メンタル
病んでるんじゃないの?

(一同 笑い)
(バカリズム)一番病んでる。

意外と 元気な… ○なんだよね?
○の人が一番…。

よく堂々と○出せたな。

これでも 以前に比べたら
元気ねえなって。

(山崎)まあ そうね。
自分なりの物差しだから。

出川さん 元気?

いや 俺は正直 体力的には
やっぱ 俺もしんどいし

ロケばっかだし

『イッテQ!』も朝5時起きとかで
もう 6日間とか

体力的には正直しんどいけど
まあ まだ 頑張れるね。

もう 腰とかも
本当 やばいんだけど。

でも 仕事は楽しいんですもんね?
ちゃんと楽しいから

だから まだ 一応
「元気?」って言われたら

「元気です」って感じかな。

濱口さん 元気?
(濱口)大丈夫やね。

ちゃんと人間ドックも行ってるし
そこでも こう 調べてもらって。

なんもないんですか?
どこかが調子悪いとか。

肩とかも…
30代の時の方が痛かったかも。

40になって… 今 50やけど
こっち… 大丈夫。

(山崎)むしろ 元気になってる?
すごっ!

でも 脳波を この前
なんか 測ってみたいなので

それで こう 脳波が疲れてるとか

なんか そんなの出るらしいのが
あるんですけど。

それ やった時に
スーパー元気っていう。

えっ?
(有吉)バカっぽい。 バカっぽいな。

お医者さんのカルテで
初めて見たんですよ。

スーパー元気。
(山崎)さすがですね。

(一同 笑い)

スーパー元気。

スーパー元気党?
(濱口)こんな事 書くんや

っていうぐらい書かれてました。
スーパー元気ですって。

誠に申し訳ございません。

〈次週

なんで 我々は
ここに呼ばれたんでしょうか?

〈本番さながらの質問に
どう対応するのか?〉

本当みたいだよね なんかね。

正直に答えてください。
(尾形)鹿児島で…。

〈練習のはずが まさかの暴露〉

「とにかく人の不幸が好き」

〈その翌週は 性格悪いけど
おもしろい芸人グランプリ〉

思ってる角度じゃないです。

〈そして TELASAでは
過去のラインアップや

オリジナル作品が好評配信中〉

(井口)最初から
素直になるべきでした。 好きです。

〈更に TVerでは

有吉とバカリズムの
超貴重映像を配信〉

楽しそう。
ハハハハ…!

『有吉クイズ』!

Source: https://dnptxt.com/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事