出典:EPGの番組情報

それって!?実際どうなの課[字]【“激せま”ワケあり駐車場】【必見!林業の世界とは】

世の中のウマイ話を検証するドキュメントバラエティー!
【狩野&大島てる“激せま”ワケあり駐車場を徹底調査】
【年収1000万円以上稼げる?林業の世界に潜入】

出演者
【MC】生瀬勝久

【出演】博多華丸・大吉/森川葵/大島美幸(森三中)/狩野英孝/大島てる/やす子
番組内容
①【ワケあり駐車場を徹底調査!】
どうやってここに停めたの?と思ってしまう駐車場には何かワケがあるはず!
そんな“激せま”な“ワケあり駐車場”を、狩野英孝とともに巡る企画。 
謎の鉄板音が鳴り響く!コンクリートに囲まれた駐車場。
さらには家に出入りする事も困難!玄関が塞がった超激せま駐車場。
狩野、無事に駐車することはできるのか!?
番組内容2
②【年収1,000万円以上!?“林業”の世界に女性芸人・やす子が潜入!】
年収1000万円以上稼げる!?林業の世界に潜入!
今回はアキラ100%の代わりに事務所の後輩芸人・やす子が挑む。
全長15メートルを超えるスギの木を次々と伐採!
想像以上にキツイ力仕事、やす子はやり遂げられるのか!?
制作
【構成】松本建一【演出】立澤哲也【企画・プロデュース】簑羽 慶(中京テレビ)
URL
https://www2.ctv.co.jp/dounanoka/

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
情報/ワイドショー – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 大島
  2. 狩野
  3. 森川
  4. ハハハ
  5. 駐車場
  6. 大丈夫
  7. 阿部
  8. 城内
  9. 本当
  10. 作業
  11. 木下
  12. ワケ
  13. 後方
  14. お願い
  15. サイズ
  16. モミ
  17. 見事
  18. 今回
  19. 生瀬
  20. ガシャン

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

<皆さん 街を歩いていると…>

<…と思ってしまう駐車場を
見たことは ありませんか?>

<なぜ こんな駐車場に
停めているのか?>

<そこには きっと何か…>

<そこで今回も…>

(狩野)どうも!

<調査するのは…>

<そして Mr.事故物件…>

<今夜は…>

<謎の鉄板が鳴り響く

コンクリートの壁に囲まれた
ワケあり駐車場や>

(狩野)ちょっと待って!
ちょっと…

(大島)いや すごい!

(狩野)大島さん 信じますよ!

(生瀬)さぁ 始まりました
「それって!?実際どうなの課」

課長の生瀬です
どうぞ よろしくお願いします。

(大吉)お願いします。
(大島・森川)お願いします。

今回も
ワケあり駐車場ということで。

(大島)怖い。

そうなんですよ。

自分では…

(森川)あ~っ。

それは もう…

そうですね。

(大島さん)はい。
(狩野)というのも…

(大島さん)はい。

(狩野)もうね…

(森川)えっ?
本当ですか?

<つまり
この企画は…>

(華丸)そうですか
面白いもんな。

<そう…>

<ともに世界トレンドに入る
人気企画>

(森川)ありがとうございます。

(スタッフ)勝手に僕…

…ていうのを付けてたんですよ。

(森川)ハハハ…[笑]

初めて
聞きましたもん。

なるほど!

<しかし…>

(狩野)ぜひとも お願いします。

<ということで2人が今後
見事 駐車を成功させたら

皆さんも つぶやいて一緒に
盛り上がっていきましょう!>

<本日最初の
ワケあり駐車場は…>

何だ?今の。
(大島)何だ?今の。

グズグズだな。

いや~。

<車が身動きの取れない状態>

これ どうやって
入れるの?

(大島さん)あ~っ ありますね。

いや これ出すのも。

(大島さん)ヤバ…エグいです。

エグいです[笑]

もうブレブレじゃん。

<そう こちらは周りが…>

<そして…>

<地面に敷かれている…>

(狩野)やっぱ…

<スロープ的な ものなのか?>

(狩野)例えば これを…

(大島さん)あ~っ。

折れちゃう…
それこそ。

<これでは とても…>

<これは…>

(大島さん)そうそう。

本当だ。
(大島)そうなんだ?

(狩野)そう。

<一体どうして こんな駐車場に
なってしまったのか?>

<住人の木下さんに
話を伺う>

(木下さん)もう車これ…

<では なぜ
このサイズになったのか?>

(大島さん)ハハハ…[笑]

<そう フットサルチームに
所属している息子さんが…>

<このようなサイズに
なってしまったのだ>

(大島)わ~っ。

(木下さん)…ガリガリッて。

<この駐車場の…>

<まだ あの謎が未解決>

(木下さん)あっ ここがね…

あ~っ そう…。

<そう 駐車場の地面が…>

<切り返すたびに
タイヤが摩耗してしまう>

<そのため前輪部分に
鉄板を置いて

対処しているのだが>

(木下さん)そう。

(木下さん)そう。

(森川)早い。

<どうやら ここは
ワケが渋滞した…>

いや本当だ
本当のワケありだ。

(狩野)…というところ。

(大島さん)ハハハ…[笑]

いや そうだけど。

<それでは挑戦の前に…>

(大島さん)はい。

(狩野)ここの段差が
もう本当にネック。

でも大島さん。(大島さん)はい。

(狩野)ここのね ここが やっぱり
一番ネックだと思うのよ。

いや~!

(狩野)このギリギリ具合。

(森川)そこ
出っ張ってるの?

(大島さん)顔出して はい。

<ということで これらの
ポイントに注意しながら

ワケあり駐車場に挑む>

<今回
使用するのは…>

(狩野)いきますか!
(大島さん)いきましょう。

<それでは…>

<まずはバックしながら
駐車場を目指す>

(大島)いける?

頑張れ!

軽なら もう
全然いい駐車場。

<進入角度を細かく
微調整する狩野>

<問題の鉄板ゾーンへ>

<うまく…>

[ガシャン](狩野)うわっ!

うわっ これ嫌やな。

(大島さん)ハハハ…[笑]ビビりますね。

<しかし…>

<そのままバックで中へ>

いやいや…。
これで入るの?これ。

<と その時>

[ガシャン]

<狩野 危うく
ぶつかるところだった>

(狩野)あっ 待って 大島さん…

(大島さん)はい。(狩野)ちょっと…

<後方に余裕があるため

前方も余裕を持った
進入を目指す>

(大島さん)左 大丈夫です。

<今度は うまくいくか?>

[ガシャン]

(森川)あ~っ 音が。
びっくりしちゃうよな。

<乗り上げは成功>

<狩野側にも スペースができた>

そのまま 真っすぐで。

真っすぐ。

<しかし…>

うわ~っ!
(森川)うわ~っ。

<このまま行けば
ぶつかっていた>

<何と
このまま下がるというのだ>

<大丈夫か?>

(大島さん)はい。

あっ いけるか?

<狩野側 後方は
すでに…>

<…狩野>

(大島さん)いきますよ。
(狩野)ストップ言って!

<ぶつかる!>

<大丈夫か?>

(大島さん)ストップ。

<ギリギリで止まった>

<車体が大きい分
後方の安全確認が難しい>

<きょうは…>

<切り返して…>

<しかし>

[カリカリ…]

(森川)あ~っ
動いちゃった。

(大島さん)この音でしたね
カリカリいってる。

<鳴り響く…>

<立て続けに…>

(狩野)結構…

<そう 当初から懸念していた
坂道にある立地が

狩野たちを苦しめる>

これはダメだわ。

[カリカリ…]

(狩野)でも…

<さぁ…>

(大島)お~っ!

<ここまで入れば
あとは切り返しを重ね

寄せていくだけ>

[ガシャン](狩野)お~っ 怖い!

<再び鳴り響く…>

(狩野)俺 何か…

<このまま 左の前輪が
車庫に入りさえすれば

攻略に近づくのだが>

(狩野)あっ ダメだ 踏み込めない。

(大島さん)はい。

(大島さん)あぁ あの。

(大島さん)えっと…。

えっ?

「違ったら ごめんなさい」

<…に 突っ込むことなく>

(大島さん)ハハハ…[笑]

<…狩野>

(森川)うわぁ 大丈夫?
うわぁ~。

いけるの?これで。
いけいけ…もうちょい。

<後方は問題なし>

<前輪も乗った>

(狩野)もうちょい
前 出るか?

<そして…>

(狩野)危ない!

危ない!

<危うく 前方が
ぶつかるところだった>

(大島さん)ハハハ…[笑]

<しかし 後方を意識しながら…>

(森川)あぁ~。

<バック>

<さらに バック>

(狩野)前 行こう
前 行こう。

<これで
ゴールに近づいた>

<あとは 車体が道路に
出ないように 幅寄せ>

(大島さん)ハハハ…[笑]

<間一髪 危機を回避>

<しかし 車体は まだ完全に
駐車場に入っていない>

<後方に寄せるため 狩野…>

<しかし
ここで狩野側に…>

<壁にフロントが…>

<狩野 気づかない>

<どうだ?>

おい!

<止まった>

右前 右前。

(大島さん)ハハハ…[笑]

<見事…>

成功ですね。
もう いいよ でも。

(大島さん)…これは。

(森川)ハハハ…[笑]

(大島さん)乗ってますね はい。

<しかし ここで…>

<狩野側を撮影していた
カメラマンによると

実は ぶつかって
いるのではないか?と>

<そこで…>

バンパーが。

(木下さん)…ちょっと。
(大島さん)ハハハ…[笑]

<…を確認>

(狩野)とても あの…

あれ?
(大島)あれ?

あっ!
(大島)あぁ!

(森川)あぁ~!
おぉ~!

(狩野)ご主人。

<そして 肝心の ご主人の…>

(大島さん)ハハハ…[笑](狩野)これは 最初からですよね?

さすがに。

(木下さん)うん。

(狩野)セーフ セーフ…。

<ご主人の判断により 駐車成功>

<ちなみに…>

<切り返しも少なく
スムーズに入れてしまう>

(森川)すごい。
あんなんで 入るんだ うわぁ。

<続いてのワケあり駐車場は…>

<…にある
閑静な住宅街から>

(狩野)えっ ちょっと待って。

<車庫ぴったりサイズ>

<しかし
隙間が狭いだけではない>

(森川)えぇ!

<そう!こちらは…>

<さらに…>

(大島さん)入り口。

(狩野)そうなったら…

<この…>

<住人の板橋さんに
話を伺う>

(狩野)多分…

(大島)うわぁ。

<実は こちらのドア…>

<…だったが>

<玄関を
車で塞いでしまったことで

1階の出入りを
ここでもできるように

リフォームしたという>

(板橋さん)ここね…

なるほどね。

(狩野)…急きょ。

<ちなみに 板橋さんは
もっと…>

<希望していたサイズの乗用車が
入らず…>

<つまり ここは…>

<それでは 板橋さんと
同じサイズの車に乗り込み…>

<しかし 早速…>

(大島)危ない 危ない…。

あっ 植木。

<植木鉢に 危うく
ぶつかるところだった>

(狩野)1回 ちょっと 前。

<そう このままでは
ハンドルを切れない>

<いったん仕切り直し>

<そして 今度は余裕を持って
進入していく>

えぇ~。

<車庫を捉えるため…>

(狩野)ゆっくり いきましょう。

(大島さん)大丈夫です。

<珍しく…>

(大島さん)ハハハ…[笑]いや もう…

(大島さん)はい。
(狩野)ふざけてないで。

(大島さん)大丈夫です[笑](狩野)前 出ますよ。

(大島さん)いけます。

<危なげない 切り返しの結果
見事…>

(狩野)これ このまま いける?
(大島さん)いけます。

(狩野)大島さん マジで いける?
(大島さん)いけます。

<そして 車庫の中へ>

<あとは…>

<ミラーを畳んでも
このギリギリ具合>

<左右ともに
全く余裕のない通過>

(大島)すごい。
(森川)うまい。

(大島さん)いや 大丈夫です。

ハハハ…[笑](狩野)ちょっと待って。

<傾斜があるため 思いっきり…>

(大島さん)入ってますね。

もうちょっと?

<車体の フロント部分が
壁の内側に入らない限り

駐車…>

(狩野)ブレーキ離して
すぐアクセルいくね?

<玄関に誤って
突っ込むこと なく…>

<さぁ狩野 いけるか?>

<乗った!>

<見事 壁を越え…>

(狩野)さぁ どうですか?

(大島さん)はい。

(大島さん)よいしょ。

(狩野)あっ…。
(大島さん)大丈夫ですか?

<そして 狩野も脱出>

(狩野)いいですか?
通らせていただいて いいですか?

(大島さん)ありがとうございます。
(狩野)すみません。

<ちなみに ご主人の場合は

何の躊躇も なく
スムーズに入れてしまう>

(大島さん)ハハハ…[笑]

<今年も 花粉が猛威を振るった>

<そんな中…>

<我々の…>

<それが>

<近年 需要が高まり
給料も高額になっているという>

<そんな…>

<奮闘していたのは…>

えっ?

(森川)え~っ!

あららら。

<そう やす子は…>

(やす子)映画?

(やす子)え~っ!

(やす子)でも…

私も…

(スタッフ)大丈夫ですよ。

<それでは いこう!
高額な仕事…>

<向かったのは…>

(やす子)失礼します。
≪はい。

≪よろしくお願いします。

<そう…>

<こちらが 会社の…>

<早速…>

(やす子)へぇ~。

<実は今
林業の現場で働く女性…>

(やす子)うわ~っ!

<今回は 見習いの…>

<こちらが 現場の班長を務める

若頭の阿部さん>

<全長…>

<…するのが きょうの仕事>

(やす子)え~っ!

<山で作業を行う 林業は

木を運ぶ 重機の存在が
必要不可欠>

<そこで 木を倒しながら
森を切り開いて

重機の入れる 作業道を作るのだ>

<まず…>

(やす子)はい。

(阿部さん)ハハハ…[笑](やす子)はい~!

<使用するのは こちらの…>

<やす子…>

(やす子)やりますよ!

(やす子)大丈夫です!
(阿部さん)大丈夫ですか?

<しかし ズボンが硬く
長靴が うまく履けない>

<すると>

<優しい班長は…>

<刈り払いの作業は
こちらの高橋さんと行う>

<やす子が今から行う
刈り払いとは

作業道で 障害となる草木を
処理する作業>

(やす子)うわ~っ!

<現場が滞りなく進めるよう
草木を切っていく>

結構 太いのも
切れるんだ。

<やす子…>

(やす子)うわ~っ 怖いな!

<意外にも
やす子 草刈り機を怖がらず

草木を切っていく>

<なかなか…>

やっぱり 自衛隊。

<刈り払いの作業は

重機が入る時間を
大きく左右するため

急ピッチで
進めなければ ならない>

うわっ 結構 太い。

<遠目で撮ると 作業員と
見分けが つかないぐらい

やす子は 様に なってきた>

優しい。

(やす子)ハハハ…[笑]

<そう!これが…>

<続いての作業は…>

<その文字通り…>

<使用するのは こちらの…>

<本日 やす子と ともに
伐倒の作業をするのは…>

<このように 角度を付けて
幹に切り込みを入れ

受け口を作る>

<木のバランスを計算し
受け口側に倒すことに よって

安全が保たれるのだ>

(城内さん)これで今
受け口が入りました。

<さらに
受け口の逆側に…>

<…という
切り込みを入れ>

<そこに 楔を
打ち込んでいく>

(やす子)うわっ!

<そして 木の重心を
少しずつ ずらしていくと>

(やす子)倒れそう!

<木が 己の重みに耐えきれず

傾き始めた>

<そして>

(やす子)うわ~っ
すごい すごい…!

うわ~っ!

うわっ!

<見事 受け口側に 木が倒れた>

(やす子)はい。

(城内さん)そいつを…

<やす子…>

(城内さん)これに しますか。
(やす子)はい。

<林業の方たちは…>

(やす子)うわっ きた!

出番だ!
(城内さん)はい お願いします!

(やす子)はい はい~!
(城内さん)力一杯。

力一杯。(やす子)はい はい~!

(森川)全然 入っていかない。
全然 入ってないじゃん。

<残念ながら この程度の力では
楔は入っていかない>

(やす子)はい はい~!

<だが諦めず
楔を打ち続ける やす子>

(やす子)あ~っ!

(やす子)1 おりゃ!

よいしょ。

あ~っ 難しい!

<しかし…>

(やす子)叩く?
(城内さん)少し 叩いてから。

[カン カン…!]

<そう このように 腰を据えて

思いっきり叩かないと

木は倒れてくれない>

めちゃくちゃ
力いるんだ。

<上官から指導を受けた やす子>

<…で 楔を叩く!>

(やす子)はい はい はい~!

はい はい~!

はい はい はい~!

<すると>

[メキメキ…]

<大木が 音を立てて倒れた!>

[バキッ!](やす子)うわ~っ!

(城内さん)…やっぱり 今は…

<やす子…>

<もう すでに2本目で
言葉は発しなくなった>

(やす子)これ また…

(森川)小型犬?
もっと重たいよ。

[ミシミシ…]

(やす子)はい~!

うわ~っ
すごい仕事!これ。

(やす子)はい~!

うわっ!

<2本目の大木も倒した!>

<やす子の作業は…>

あ~っ 頑張れ!

(やす子)はい~!

<しかし
何度も 非力の やす子が

大木を倒す映像は 圧巻である>

(大島)え~っ!
(森川)うわ~っ すごい!

(城内さん)ねぇ。

<プロセッサで…>

うわ~っ!
(大島)すごい。

すごいよ。
(大島)すごい。

<さらに寸法を測り

価値を決める選木作業>

<実は木にも価値があり

品質によって
使用用途も さまざま>

<ここで やす子…>

(やす子)あぁ~。

疲れた。

<ここから…>

(森川)大変だ。

<やす子は疲れたときほど
大声を出し

自分を奮い立たせる>

(大島)頑張れ。

ハハハ…[笑]いいから。

(森川)ハンマー 重そう。

いや 大変だ これ。

(森川)かわいい。
「やめたい」[笑]

<やす子よ…>

(やす子)おりゃ~!

(やす子)やりたい やりたい
絶対 倒したい。

<しかし 一向に
木は倒れてくれない>

大きいもん これ
特に。

(やす子)あぁ~!

<そして…>

(城内さん)あ~ 来た来た…!

もう これ もうちょい。

(やす子)おぉ~!

うわぁ~!

すごい!

(やす子)あぁ~っ!

アザラシみたいに
なってる。

ハハハ…[笑]本当 そうだよ。

ハハハ…[笑]

違うんだよ[笑]

(大島)ハハハ…[笑]

<撮れ高も十分なので…>

<この番組は「実際どうなの課」>

(やす子)疲れた~!

(やす子)はい~!

<ここから ひたすら
楔を打ち続け

なんと…>

(やす子)はい~!

もっと…

<この現場では この…>

またスギ 植えるの?
切ったり 植えたりね。

<このように…>

<…のも 作業の1つなのだ>

<このスギの苗木を植えることで
山での…>

<実はスギには
やす子でさえ知らなかった

驚くべき変化があった>

今はですね…

(古内さん)少ない花粉…

(古内さん)ですから通常の…

(古内さん)それは…

今…

そうなんだ。
減ってるんですね。

減ってるんですね
やっぱりね。

いやぁ~ ありがたい。

<そして やす子は…>

(やす子)はい。

(氏家さん)はい ぜひお願いします。

ハハハ…[笑]

<そう これこそが…>

<そして迎えた…>

≪これが ようは…

(やす子)いやぁ~ 本当だ
倒れてる!

(やす子)危ないですね
あんなに大きいのが。

(やす子)えっ!

(阿部さん)ここ。

<特殊伐採の難しさは…>

<家を傷つけてしまう
恐れがあること>

<まずは阿部さんが
受け口を入れ…>

<さらに…>

<そして…>

<この木の重心は…>

(大島)本当だ。
(森川)確かに。

(やす子)はい~!

あっ はい~。

♬~ What? カップヌードル 辛 麺

♬~ は? new カップヌードル

♬~ え? 辛、 辛麺 yeah

♬~ 旨くて辛い 旨い 辛い

♬~ 唐辛子 good お腹 グー グー

♬~ 旨くて辛い 旨い 辛い 旨い

♬~ は? new カップヌードル

♬~ え? 辛、 辛麺 yeah 旨くて辛い

<ぶっかけ焙煎唐辛子 入り。
旨み6 辛さ4 この旨辛が大好評!>

<「カップヌードル 辛麺」買ってね!
他のも よろしく>

<楔を打ち続けた…>

(やす子)はい~!

あっ はい~。

<…が あるからだ>

<発生する>

(やす子)はい。

(阿部さん)上の木ですね。
(やす子)えぇ~!

(阿部さん)あの木は モミ。

モミの木かな。

(華丸)でかいな。

(大吉)うわっ。

どうするの?
これって。

(阿部さん)穴の中に入っていくの
分かりますか?

(やす子)分かります。

(やす子)うわぁ~。

<今 この家を救えるのは
この男たちしか いない>

<阿部さんが
受け口を掘っていく>

(生瀬)でかいよ これ。

うわ 怖い。
怖い怖い怖い。

<モミの木を なんとしても

家の左側に
倒さなくてはならない>

<楔を刺す>

<楔を打ち込む!>

<モミの木を なんとしても

家の左側に
倒さなくてはならない>

<楔を刺す>

(華丸)頑張れ。

<楔を打ち込む!>

<そして>

(森川)もう すぐ?
(大島)もう いく?

打って すぐ?

(やす子)わぁ 怖い!

<モミの木が倒れた>

<家は無事なのか?>

うわっ!

(大吉)
いやぁ~ スゴい。

(生瀬)いや これ
命がけだな 本当に。

<ここで働く方たちは 我々の…>

<今回の経験が

また1つ やす子を
成長させた>

≪逃げて!
(やす子)逃げろ~!

(やす子)ゆっくり ゆっくり。

<そして 全ての…>

<家の周りの…>

(やす子)お世話になりました。

うわぁ~!

わぁ!

(社長)お疲れさまでした。

<そして
会社の家族の方たちから

温かな寄せ書きをもらった
やす子は>

(やす子)うわぁ~。

<このあと やす子が…>

<最後に やす子が…>

(やす子)ギャグします!

はい~。

<以上 高額な仕事
林業って実際どうなの?でした>

(生瀬)いやぁ~ ちょっと 私…

(華丸)感動しましたね 何かね。

すごいね。

(大島)ハハハ…[笑]そうですね。

(♪~)

(♪~)

Source: https://dnptxt.com/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事