出典:EPGの番組情報

[字]かまいたちの知らんけど【ロンブー淳の豪華新事務所潜入!出資するフード店】

ロンブー淳とドライブ旅で初めての本音トーク!★ブレイクのきっかけは?政治家になる可能性は何%?★ロンブーの豪華新事務所に潜入!

番組内容
今週は「人気者とドライブ旅!やりたいこと詰め込んだら喜ぶ、知らんけど」と題し、田村淳をゲストに迎え、移動中のキャンピングカーの中でのおしゃべり&願いを叶えていく。「めっちゃ緊張している」と語るかまいたちの2人…。ブレイクのきっかけや、誰もが気になっている「将来政治家になる可能性」も聞いちゃいます!淳がオススメするお店に行ったり、最近引っ越したばかりだというロンドンブーツの新事務所にもお邪魔します!
出演者
山内健司(かまいたち) 濱家隆一(かまいたち) 田村淳(ロンドンブーツ1号2号)
関連URL
【山内ツイッター】 @yamauchi0117 https://twitter.com/yamauchi0117 【濱家ツイッター】 @hamaitachi https://twitter.com/hamaitachi
★情報募集!
あなたの“知らんけど”情報募集! あなたがもっている“知らんけど”な情報をお寄せください! 何の根拠もなくて構いません!番組で徹底的に検証いたします! 例: ★美人っておならの匂い全くしないらしいで、知らんけど。 グミを炭酸水に1日つけるとおいしくなるらしいで、知らんけど。 ★かまいたちって、絶対山内より濱家のほうが性格良い!知らんけど。
公式HP
【番組HP】 https://www.mbs.jp/shirankedo/ 【ツイッター】 https://twitter.com/MBS_shirankedo @MBS_shirankedo #かまいたちの知らんけど
おことわり
番組の内容と放送時間は、変更になる場合があります。

ジャンル :
バラエティ – お笑い・コメディ
バラエティ – トークバラエティ
福祉 – 文字(字幕)

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 田村
  2. コレ
  3. 山内
  4. 濱家
  5. スタッフ
  6. 店員
  7. 一同
  8. ピッ
  9. 全然
  10. お願い
  11. 上手
  12. 電子音声
  13. マジ
  14. イエ
  15. キツイ
  16. 美味
  17. イエイ
  18. ゼロ
  19. ボール
  20. 出資

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

(濱家)さあ 始まりました
「かまいたちの知らんけど」です。

よろしくお願いします。 さあ
今回も こちらの企画ですね…。

ということでございます。
(山内)なるほど。

もう ほんとに

(スタッフたち)はははっ。
続いてるね。

大大大先輩。
大大大先輩?

スマイルの瀬戸さんですか?
(スタッフたち)はははっ。

中…

中中中先輩。
さあ ということで

お願いします。
(田村)お願いしま~す。

お願いします すみません。
大大大先輩すぎて ちょっと…。

(田村)いや そんなに…。
様子おかしくない? なんか。

いや ちょっと 緊張してます。

(田村)いやいや

「ロンハー」以外は 優しいんですか?

そうそうそう。
あのイメージが ずっとあるんで。

(田村)全然 もう。 普段の僕を
今日は お見せしますから。

あっ そうですか。
それは楽しみです。

ちなみに
次 現場は どちらですか?

(田村)えっと 14時半に池袋。

あの~
うちの新しい事務所の方に。

へえ~。
新事務所ですか。

(田村)はい。

「アイツ 」…。
(スタッフたち)はははっ。

そうか 亮さん
「よしもと」じゃないのか。

そこに じゃあ ちょっと 今から…。
(田村)はい お願いします。

(2人)お願いします。
じゃあ 乗ってください。

2時間?
分かりました。 急ぎましょう。

(ナレーション)今回は
ロンブー・淳と ドライブ旅。

新しいもの好きの淳さんが
惚れこむ

最新ヘルシーグルメを
食べたり…。

(田村)凄くない?

(田村)水なのよ それ。
コレは 水ですか?

(田村)水なのよ。
コレは 水なんですね。

最近 引っ越した

羨ましい~。

かまいたちが羨む
淳ワールドは 必見!

サイバースポーツで 対決も!

うまい。
よっしゃ!

よっしゃ!

(田村)

ガーシー… 捕まってないですわ。

ロケ時間は2時間。
寄り道しながら

ロンブーの新事務所を
目指します。

お願いします 淳さん。
(田村)お願いします。

ほんとに でも マジで

(田村)恩人?
ええ。

そうっすね。
(田村)そう?

なんか 「ちょっと
いじんの やめてくださいよ~」

みたいなことは
やっぱ 言うじゃないっすか。

でも あれなかったら
終わってましたね ほんとに。

(田村)はははっ。
いや ほんまに…。

だから
取材のインタビューとかで

「転機は
なんやったんですか?」の時は

濱家は
あの~ 津田さんと一緒に出た

「なんか違うぞ芸人」みたいな

あの回。
あの日なんすよ 僕 転機。

(田村)はははっ。
あんまり なんか…

あの時期とか あるじゃないっすか
みんな。 「あのへんの時期が」

とか言うけど 僕は もう

(田村)へえ~。
そこが マジで変わりましたから。

大阪時代 万能キャラで通していた

濱家が 「ロンドンハーツ」で

いじられキャラの才能開花!

その舞台裏とは?

(田村)濱家って
どんな人なんだろうと思って。

あんまり こう
西の情報も 入ってこない。

で あの~ それこそ

(田村)濱家が 何回か

その… 大悟経由で

雅さんのこと いじってたら

(田村)濱家が。
そうです そうです。

出てたな。
なんか 電話 掛かってきてたな。

(田村)そうそう。
で そこで絡んだ時も

濱家 なんか

そうですよ。
だから ほんとに 分かりやすい

「じゃない方 芸人」みたいな…。

(田村)でも そのイメージがあったまま
あそこで絡んだ時に

「何? この人」と思って。 なんか

(田村)
と思って。 どの感じのいじりでも

バンバン 撃ち返してくるから

ええ~。
(田村)「凄い手練れじゃん」と思って。

もう
大阪の時は 劇場番長として…。

風紀委員みたいな感じ…。
後輩に厳しくしたり…。

(田村)うん。
見せてたんで

急に…
急に あの場で いじられたから。

だから ほんまに 僕は
あっこから 1年半ぐらい…

今になって振り返ったら

(田村)えっ

まったく無かったです 僕は。

(田村)あっ そう。 意外。

1回
その~ 転機となったあとに

あの~

いますっつって。 で 淳さんが…

その3人が…。

「そして あと1人 濱家」
って言った瞬間

みんなが
ド~ンってウケたじゃないっすか。

あれも 本人的には なんか…。
(田村)はははっ。

めっちゃおもろいやん
っていうとこなんすけど

ああいうのが
もう まったく分からず。

(田村)今までの
濱家のキャラからしたら

ないのね そのラインが。

いや 僕 あん時 ほんまやったら
おいしいじゃないっすか。

僕 あの時

「どうしよう
このあと 何 喋ろう?」みたいな。

(田村)あっ そう。
あっ でも その感じも

現場では 俺は 感じ取れなかった。
あっ そうっすか。

(田村)いや もう 「今日 帰ったら
ビール うまいだろうな」

ぐらいにしか思ってなかったもん。
ええ~。

(2人)はははっ。

納得してなかったんすよね。

で 僕は 小杉さんとか
ノブさんとかの あの~

後輩が いじってもいいぞ
ぐらいの感じが

凄いじゃないっすか。
で 濱家が あんな感じで

殴られだしたから
「よっしゃ~!」と思ってるのに

本人的には
まだ なんか ちょっと…。

(田村・濱家)はははっ。

(山内)

(田村)打たれようとしなかった。

いや してなかったです。
でも ほんま 転機は あの日

っていうのは もう 明確にあって。
(田村)へえ~。

淳さん あるんすか?
その… コレがあったから

ばっち~ん 売れたみたいな。

淳の赤髪と
亮の金髪がトレードマーク。

若くして 冠番組を

手に入れてきた ロンドンブーツ。

そのブレイクの きっかけとは?

(田村)でも
一番 最初に手応え感じたのは

「BINTA!」っていう
その… コーナーがあって

「よしもと」の芸人さんが

15分ずつ
コーナーを持つみたいな

90分ぐらいの
番組があったの 深夜に。

で その中の15分
「何したい?」って言われて

なんか

(田村)生意気なコギャルが
バンバンいたのよ。

で 「あの」

あっ こっち側がですか?
(田村)そう。

あっ…。
(田村)そしたら その作家さんが

「あっ いいっすね」
みたいになって。

(田村)女子を殴るなんて。

「1万円」って書いたカードと
「ドクロ」って書いたカードを

伏せて ギャルに引かせて

「1万円」が出たら
1万円あげるし

めっちゃおもろいっすね。
(田村)それを 街なかで やって…。

俺 なんか 見たことあるかもな。
(田村)うん そこが

放送したら 大反響で…。
はははっ。

いい方の反響ですよね?
(田村)いい方の反響。

なんか

(田村)みたいな。 「しかも」

(田村)
「したおす」みたいな。 で それで

その… ほんとは

(田村)ってなった時に
「はい なんか

一つ」

それ 何年目ぐらいの時ですか?

早ぁ~!
(田村)そうなのよ。

やっぱ 早いっすね ロンブーさん。
(田村)でも そん時に

どっちが仕切りとかが…。
ああ~。

(田村)まだ なんにも
決まってない… 2年目だし。

当然 亮がやるもんだと思ってたら
そこのディレクターが

「いや あのね」

(田村)「いて」みたいな。
「えっ 亮さんは?」っつったら

(田村)って言ってたから。
審判? 審判?

(田村)
「審判が亮? だから 亮は」

そういうことですね。
それを 優しく言って

「審判」ってなってたんすね。
(田村)そうそう。 でも 確かに

進行は
亮さん もう それでいうと

あっぷ あっぷだったから。
う~ん。

(田村)亮さんって 噛むじゃない?
(山内・濱家)はい。

(田村)って言ったの 亮。

2重に… 2重に噛んでるなって。
どういう噛み方?

(田村)「アントニオニいにょきさんです」
って。 はははっ。

過去一 それが
亮さんの噛みで 一番 好きなの。

「いにょき」。
「アントニオニ」で…。

(田村)そんなの 普通だったら
すぐビンタされるよね。

そうっすよね。 「アントニオニ」で
抜けたか思たら まだ…。

(田村・濱家)はははっ。
「いにょき」。

あっ もう そうですか。
(スタッフ)はい。 一応 今回

淳さんの事前アンケートで…。

(2人)ファストフード?
(田村)お気に入りのね ファストフード。

なあ もう…。
東京 来てから

(田村)へえ~。
無いな。

ガーシー 捕まってないですわ。
(田村)ガーシーに捕まってないでしょ。

危ないわ。
マブダチですよね?

(田村)ガーシーの。
聞いたことないっすよ マブダチ。

マブダチ。

暴露系YouTuberの話は さておき

到着~。

ありがとうございます。 あっ。
(田村)ここの そば屋も

よく行くんですけど
その隣にある こちら…。

「2foods」。 「たまご」。

何? コレ
「たまごじゃないたまご」。

(田村)そう。
うわ~ 惹かれる。

どう見ても卵じゃないっすか。
(田村)卵じゃないのよ。

どういうこと?
いや 卵です コレは。

(スタッフ)こちら あの~ 僕ら

えっ?
(田村)そう。

ちょっと… 告知?

(一同)はははっ。
(田村)いやいや 全然… だって…。

なんか。
(田村)CMに出てる…

その商品も使ってないのに
CMやってる人よりも

俺の方が正しいでしょ。
はははっ いや…。

ここ「2foods」は

「ヘルシージャンクフード」を
コンセプトとした

今 話題のお店。

新しいもの好きの淳さん

「こりゃ売れる」と目を付け
出資しているそうです。

(店員)ありがとうございます。
おかげさまで。 はははっ。

話題になってるんだ。
えっ 淳さんが出資?

(田村)そうそう。 俺 その…

ああ~ なるほど。
ああ~ なるほど。

いろいろやってるんすね やっぱ。
(田村)いや 出資は もう

めちゃめちゃやってるからね。
へえ~。

ええ~。 それ どうなんすか?
調子はいいんですか?

(田村)

(田村)ほんとに
ファーストラウンドっていう…。

あれ… 「BASE」?
(田村)「BASE」。

「BASE」… あの?
(田村)あの「BASE」。

上場までしましたよ。
(田村)そう。

ええ~ 凄っ。

じゃあ それ 淳さんが
惚れこんだってことっすね。

(田村)
その… あれ あります? あの~

(店員)はい。

投資家の顔も持つ淳さんが
惚れこんだのが

この ふわとろなオムライス。

「たまごじゃないたまご」って
うたっていますが

一体 どういうこと?

(田村)コレ あの~ 卵じゃ…

卵を使ってないけど
卵っぽくしてる。

いや どういうこと…。
(田村)食べてみて。

いただきます。

(一同)はははっ。
よく分かんないっすよ

説明 聞いただけじゃ。
(田村)はははっ。

(田村)いや~

(田村)でしょ?
卵 一切 使ってないんすよね?

(店員)使ってないです。
はははっ。

(田村)
動物性のものがない だから。

(田村)はははっ。

卵ですよ 美味しい。

(店員)それも

ちなみに
濱家が食べているのは

グルテンフリーの
バターチキンカレー。

コレも チキンじゃない
チキンなんですって。

不思議~。

いや カレー うまい めっちゃ。
その なんか…。

えっ?
(田村)動物性のものを使わない

植物性だけで作るっていう
イノベーション 起こしてるから

もう 体にも優しいしね。
(店員)はい。

ええっ?

(田村)

(田村)水なのよ それ。
コレは 水ですか。

コレは 水なんですね。
(田村)水は

変える必要ないじゃない。
あっ そっか。

(田村)
おしぼりなのよ。 おしぼりなのよ。

何が何か分からんようなってきた。

(田村)お肉って
何で作ってるんでしたっけ?

(店員)

(田村)大豆ですね。
(店員)そうですね 大豆由来の

お肉ですね。
で 卵は なんでしたっけ?

(店員)

ええっ?
(店員)上手く 半熟化みたいな…

野菜を半熟化させるっていう
特殊な製法を使ってます。

野菜って半熟化するんすか?
どうやってたら?

(田村)とろとろに煮込む
みたいなことですよね。

(一同)はははっ。
(田村)いや 違うのよ。 はははっ。

その作り方は 秘密らしく

今 特許を
出願しているそうです。

「2foods」は 日本の会社なんすか?
(田村)日本の会社。

へえ~。
(田村)で この前

「カゴメ」さんとね 業務提携…。
(店員)はい。

してたから…。
凄っ。

(店員)
ありがとうございます。 はははっ。

(田村)ありがたいよね。
(店員)ありがとうございます。

(田村)でも ラウンドとしては
だいぶ遅いのよ もう。

もう 遅いんですね。
(田村)もう 遅い。 もっと…。

どの段階で
淳さんは 知ったんですか?

俺は 「カゴメ」さんと
提携する前なんで

結構 前ですよね。 で

へえ~。

(店員)はい。
(スタッフたち)はははっ。

東さん。
(田村)そう。

はははっ。

(一同)はははっ。

何? ズーマーって。 はははっ。

ドーナツって もともと…。

(田村)でも ドーナツでいいか。
ちょっと…。

(一同)はははっ。
(田村)やめて。

この見た目で 低カロリー。

油の吸収を50%に抑えた
ドーナツだそうです。

いただきます。
頂こう。 コレは 何が違うんすか?

(店員)白砂糖ではなくて
オーガニックシュガーだったりとか

アガベシロップを使って
作っています。

はあ~。
(田村)でも 味がね 美味しいから。

(店員)そうです。
結構 食感が売りなので

ほんとに そのまま
かぶりついてもらうのが…。

うまい。
(店員)はい おすすめです。

(店員)ありがとうございます。

淳さんは
こちらのプリンが大好物。

(田村)プリンも凄いですよね。
(店員)ははっ。

(田村)
プリンの売り なんでしたっけ?

(店員)プリンも もう ほんとに
動物性のものを使っていない

っていうのと…。

(スタッフたち)はははっ。

(店員)同じですね。 お砂糖が
オーガニックシュガーや

アガベシロップを
使っているっていう。

(スタッフたち)はははっ。

(田村)これは うまい。

(店員)ありがとうございます。
なんか…。

(田村)なんでよ?
僕らが 「うまい」って言うのは…

僕らが 「うまい」って言うのは
ほんとに

フラットな意見やから。
うまくなくても うまくても

俺らにはね なんも うまみない…。
(田村)うまみがない?

ないから ほんまの感想を
言ってる感じするんすけど…。

(田村)俺 入れてるから…

(田村)会社と一緒に。
だからか分かんないっすけど

さっきの その
ひと口 食べて「うまい」は もう…。

そうなの?
ほんまに美味しいのに。

ほんまに美味しい。
ほんまに美味しいですよ。

(田村)
だから 俺の使わなくていいから

俺の「うまい」が
嘘臭くなるんだったら。

(一同)はははっ。

ふ~ん。
いや いいな~。

美味しいね。

出資のことで頭いっぱい。
(一同)はははっ。

(田村)全然… 全然 紹介するよ。
(スタッフたち)はははっ。

なるほど。

最先端のな。
最先端のお店。

やっぱり。
(田村)そしたら あの~

出資者として
同じ立場になるから…。

(一同)はははっ。

(一同)はははっ。

最新のヘルシーグルメと

ちょっぴり刺激的な投資話を
楽しんだ かまいたちでした。

残り時間は あと1時間15分。

ロンブーさんの新事務所がある
池袋を目指します。

どうしますか? カードいきますか?
カードいきましょうか。

(田村)何? 何?
質問カード… いろいろありますんで。

(田村)うん。 あっ 俺が引くのね。
(2人)はい。

ありますか? ルール。

(田村)ルールってほど
決めてはないけど

なんか

(田村)何かのタイミングを
ちゃんと つけてから

いじろうとするっていうのは
あるかな。

それが 上手くいく時もあれば
全然 ハマんない時もあるけど。

スポットライトが当たらない
っていうのだけは

なしにしようってことですね。
(田村)そう。

う~ん。

もう ずっと MCっすもんね
たぶん 最初っから。

(田村)そうなのよ。
そうですよね。

基本。
(田村)ひな壇は…。

(田村)
っていう番組で ひな壇にいた。

どこの局の…。
(田村)それぐらいしか…。 えっ?

何時台?
ぐらいっすか?

(田村)ぐらいだね。
それは オファーあったのは もう

基本 断るようにしてたのか…。
(田村)いや 全然 全然。

(田村)「魔法のレストラン」とか…。
「魔法のレストラン」も行ってるんすか?

(田村)この前 行ってきた。
ええ~。 「魔法のレストラン」に

淳さん 行ったんすか?
(田村)うん。

全然 毛色 違うというか。
違うな。

(田村)めちゃめちゃ
面白かったけどね やっぱ。

責任がないのがいいもん。
だって 今日も 責任が

まったくないじゃん。
あっ まあ ゲストという形…。

(山内)

(田村)いや できなかった。
できなかった…。

(田村)できなかったっていうか
向こうの…

向こうの紹介を
俺が聞く役だから。

そうなんすね。
(田村)俺がゲストで行って

ゴリゴリ できないでしょ。
持ち込み「2foods」は

誰も笑わんで さすがに。
(田村)うん。

(一同)はははっ。

(田村)濱家は 仕切んなきゃ
いけないっていうのが

増えてきた時に やっぱ

(田村)楽しめてんの?

淳さんと同じく 番組MCを

任されることが増えた濱家。

プレッシャーって感じてるの?

僕は でも あの~ MCを
ずっと やりたかったんで…。

(田村)う~ん。
今の… 現状 凄く楽しくて。

ただ
でも その… 楽しいからこそ

楽しくないみたいなん
あるじゃないっすか その…。

(田村)ああ~。
反省点もあるし

全然できてない
今から まだまだ

こう 勉強していかなあかん
っていう立場なんで…。

(田村)
う~ん。 それが だって あと

10年とか20年とか
やるってなったら それ どう?

あんま

(一同)はははっ。

(田村)山内は 変わってないの?

自分の番組 持つようになって

責任があるんじゃん 今度。
ないです ないです。

(田村)まったく?
僕は まったく。

(田村)ははっ。 背負わない?

(田村)はははっ。
濱家が 全部やるんで。

(田村)あっ いいね。
はい。 だから 逆に

ゲストの人に こう 振ってとかは
濱家がやるんで もう

いやいや あかんねん。

せっかく こっちが渡したやつを
お前が取ったらあかんねん。

ねじ込むぐらいですね。
淳さん 見てて

自分の回し方と違うとか
そういう意味で

「あっ このMCの人 凄ぇな」
みたいなんて…。

(山内・濱家)ああ~。
(田村)もう 圧倒的に浜田さん。

へえ~。

淳さんが驚く

ダウンタウン 浜ちゃんのMC力とは?

(田村)なんだろ?

(田村)俺は どちらかというと
収録時間とか

別に 長くなってもいいから。
楽しいし。

だけど 浜田さんって

放送時間が

(田村)っていうぐらい
早いじゃない。

だけど
見たら ほんと 無駄なく…

「DX」とかね 特に そうだけど。

なんか 浜田さんは
一回 うわさで聞いたのは…。

はははっ。
尺 ショートして

(一同)はははっ。

うわさ…。
うわさ はい。

大阪に 脈々と継がれてる
うわさです コレは。

(田村)
いや でも ロケも そうだし

スタジオも そうだけど

(田村)「ごぶごぶ」も。
一緒にやってた時期。

マジで 淳さんとかは
なんかウケるまで

ちょっと 掘ったろか みたいな

愛情は やっぱ 感じますもんね。

(田村)

(田村)
最初の部分 いらないんで…。

(田村)MCとして 話 振ってるから

う~ん。

たぶん MC やってて。
(田村)そうなのよ。

ああ~ なんか

ふ~ん。
勉強なる。

じゃあ あと1枚ほど…。
(田村)じゃあ コレ。

ああ~ 「将来 政治家になる
可能性って何%?」。

コレ…。
それ よう言われますよね。

(田村)めっちゃ言われんだけど…。
はい。

(田村)この前 ダーツの旅で…
町人と絡むじゃん。

はい。
(田村)で 第一声

(田村)みたいなこと言われて
おばあちゃんに。

えっ
こんな おばあちゃんでも

俺が 政治家になるかも
っていうのを

どっかで
聞いてんだと思って

ちまたでささやかれる
淳さんの政治家転身。

実際のところ
どう考えてるの?

(田村)

ゼロですね?

ゼロじゃないんだ。
(田村)ゼロって言うとさ

なんか
出た時に 嘘つきになるから

ゼロとは言わないけど。
今んとこ 全然…。

(田村)だって

パーセンテージで言うと
どれぐらいなんですか?

なるやん。
(田村)はははっ。

それ なるって。

65は なります。
(田村)65よ?

いやいや だって…。
(田村)将来的にでしょ? だって。

半分より上…。
(田村)今すぐは 絶対 ならない。

今すぐ 聞かれたら ゼロだよ。
あっ そうなんすね。

でも それこそ だって 淳さんって
興味 見つけたとこに

がぁ~っと
深く入っていくじゃないっすか。

だから それが 政治家になったら
そうでしょうね。

もちろん。 なるっていう。
(田村)でも やっぱ

人のお金を預かって
っていうところが

う~ん。
(田村)そこだけ。

(田村)選んでもらったあとに
なんか やっぱり

出てくるでしょ?
そういうのって。

なんか見つけたろっていうね。
(田村)うん。

掘られんの ちょっと 怖いっすね
でも その… 出るってなった時に。

(田村)うん だから

(田村)うん。 あれ

あっ 最近ですか?
ああ~ 多いっすね。

(田村)警鐘 鳴らしてあげないと。

最近 大阪が 文春砲に
狙われているそうで

かまいたちは 大丈夫?

(田村)大阪だと思って
安心してちゃだめよっていう。

そうですね
めっちゃ言われますもん やっぱ

いろんな人に
「お前 マジで危ないぞ」って。

(田村)

どうでも… どうでもええ。
はははっ。

僕は もう 決めてて。

(一同)ははははっ。

「あっ うわ~!」って。
もう 本気で。

マジで

思ってます。
(田村)はははっ。

それは もう 流してもらっていいし
その走ってる様。

あっ 事務所。
(田村)「株式会社LONDONBOOTS」。

めっちゃ見てみたいっす。

せっかくなんで
最近 引っ越したという

新事務所に潜入。

(田村)この「マテックス」さん
っていう会社の…。

はい。
(田村)あの~ 一部を

間借りしてるんです。
ええ~ ここが事務所ですか?

(田村)そうなの。 「秘密基地が
欲しい」って言ってたら

「あっ じゃあ うちの倉庫
使ってくださいよ」っつって。

(2人)ええ~?
(田村)で 倉庫 見に行ったら

「えっ ここも空いてんだったら

作っていいですか?」っつって。
「あっ どうぞ どうぞ」っつって。

で うちの事務所は
この裏っ側になります。

へえ~。
やっぱ つながりって大事っすね

なんか そういう…。
(田村)あっ すみません。

あっ すみません。
すみません。

えっ

(田村)「マテックス」さんには
出資してない。 うん。

コレ だから 俺が

ここに来るっていって
壁の色とか 塗り替えてもらって。

ええ~?
(田村)で 階段も

もっと さびさびだったのを
きれいにしてくれて。

(山内・濱家)きれい。
(田村)ちょっと 一回 3階まで。

3階まで。

いいな~。
めっちゃ広いんじゃないですか?

(田村)そうなのよ。
最高っすね。

すげぇ。
(田村)ここが…

いや~ すげぇ。

めっちゃいいやん。

うわっ すげぇ。

センス…。
う~わっ すげぇ。

めっちゃいい。

(田村)まあ ソファが ここに来て。

もう 内装も だから 全部…。
コレ

(田村)いや コレは
俺のオンラインサロンがあって

そこの

ええ~。

羨ましい。

(田村)サロンメンバーで。
へえ~。

楽しいな。
(田村)ははっ。

(一同)はははっ。

何したらええか分からんけど
とりあえず サロンだけ作ろう。

(田村)で こっちが まだ…。
うわ~!

(田村)整ってないけど。

(山内)

(田村)ここに 机が来る…。
すげぇ。

えっ コレ

(田村)いや でも… えっとね

(一同)はははっ。
安っ。

1フロア 15万っすか?
(田村)そう ここ。 15万。

あっ

屋上 行きたいっす。
(田村)屋上が…。

屋上も?

(スタッフたち)はははっ。
ワクワクするセリフ。

う~わっ。 う~わっ。
(田村)あら。

おお~。
う~わ~!

うわ~ 凄い。
うわっ 屋上。

あれ?

あっ サロンメンバーの方。
(田村)今日 なんのあれだっけ?

(女性)ペーパーフラワー。
(田村)ペーパーフラワー。 そう。

ペーパーフラワーって なんすか?
(田村)4月4日が事務所開きで…。

はい。
(田村)そのオープニングを飾る…

紙で作ったお花を作る
プロジェクトが

うちのサロンの中にあって
そのメンバーが 今

たまたま ここで お花見してます。

(田村)ごめんね。
いや 淳さん やばいっすよ コレ。

最上階って いいな~。
やばっ。

(田村)

うわ~! すげぇ!

コレ
電車好きの人にも たまんないし。

(田村)

礼二さん
絶対 喜ぶじゃないっすか。

(田村)いや ほんと

ほんまっすよね。
どういう接点なんすか?

「マテックス」さん。
(田村)だから 俺が

(田村)ずっと つぶやいてたの。
で いろんな土地情報

来てたんだけど なんか
「マテックス」さんって人が

「倉庫が空いてるから
見てほしい」っつって

連絡が来て それで見に行ったら

「えっ コレ
借りていいんですか?」みたいな。

えっ そこまで じゃあ
接点 なかったってことですか?

(田村)なかったの。
急に?

(田村)
「Twitter」で発信し続けてたら

こうなったっていう。
楽しいことしてますね

淳さん すげぇわ。

(田村)後ほど。
(一同)は~い。

おじゃましました。 すみません。
(田村)よそよそしいな。

(一同)はははっ。
そんな 仲いいんですか?

(田村)で

いや こんなん…
う~わっ 何コレ?

いや 広っ。
おじゃまします。 何?

(田村)
ここに 今 美術さんに ちゃんと

お金 払って

(田村)その… ここは なんか

(スタッフ)ははっ。

(スタッフたち)はははっ。
(田村)いや やれるじゃん。

いいな~。
なんすか? コレ。

(田村)コレが…。
何? コレ。

秘密基地に置かれた この機械

一体 何?

いくらかかったんですか?

はははっ。

なんすか? コレ。
(田村)コレが…。

(田村)ボッチャ。
めっちゃでかいマシン。

(田村)コレで戦いたかったのよ。
いや コレ なんですか?

(田村)

ああ~。
(田村)ボッチャ。 それを

テクノロジーで 審判を使わずに

計測とかも自動でやってくれる
っていう機械を購入したの。

コレ

購入…。
コレ いくらかかったんですか?

はははっ。

サイバーボッチャに600万?
(田村)うん。

淳さんがハマったってことっすか。
やってみたら…。

(田村)
そう やってみたら面白かったの。

ボッチャとは 白いボールに
赤・青 それぞれのボールを

いかに近づけるかを競うスポーツ。

6球ずつ投げ
最終的に 白に近かった方の勝ち。

(田村)じゃあ 勝負する?
勝負します。

(電子音声)コンピューターが
先行 後攻を決めています。

凄いで。
何? これ。

凄いで。

凄いで!

要は 最終 1個やんな?

そう 最後が近ければいい…。
(田村)そうそう。

近っ!
(電子音声)計測中です。

(田村)ふふっ。
めちゃめちゃ読み込んでるやん。

(電子音声)青サイドが
ボールを投げてください。

うん。
(田村)俺の方が近いから 青…

青チーム。 遠い方が また投げる。
あっ そういうことなんすね。

なるほど。

(電子音声)計測中です。
コレで いいってことですか?

(電子音声)
青サイドが優勢になりました。

ジャックボールに とても近いです。

(一同)はははっ。
凄い サイバーですけど。

投げたり 転がしたり
他のボールに当てたりして

いかに
白いボールに近づけるか。

遠いチームが 投げ続けなければ
いけないんだって。

結構 転がるね。
そうか

(田村)そうそう。
なるほどな。

コレ ムズいよ。

よっしゃ~。
(田村)上手いなぁ。

あっこの間に入れるぐらいしか
ないんじゃないんですか?

(田村)やった。
上手いんじゃない?

(田村)勝ったでしょ。
(電子音声)ゲーム終了です。

どっちの勝ち?

(田村)イエ~イ。

イエ~イ!
めっちゃ喜んでる。

(田村)勝ちました。
めっちゃ喜んでる。

めっちゃ おもろい?
めっちゃ おもろい!

(山内・田村)はははっ。

(田村)うん。

(田村)OK。
はい。 とんでもない罰

いっぱい入ってるんで。

いやいや…。
いや

(田村)はははっ。 負けたもんね。
何を言ってんの?

今 負けましたよね?
(田村)負けた 負けた。

何を言ってんの? はい。

いやいや だめです。
なんやねん。

いや そういうことじゃない。
ルールが ちょっと…。

はい。 さあ なんですか?

「三三」…
「三三七拍子で おもしろダンス」。

「三三七拍子で おもしろダンス」。
(田村)しんどいな~。

それじゃあ 濱家さん
お願いしま~す。

ピッ ピッ ピッ!
ピッ ピッ ピッ!

ピッ ピッ ピッ ピッ
ピッ ピッ ピッ!

(スタッフたち)はははっ。
(田村)いやいや

よくないでしょ。
どこが いいんですか。

(田村)いいよ。 らしいし。

これ以上のやつも
いっぱいありますからね。

(田村)いや~

(スタッフたち)はははっ。
恐ろしい。

淳さんの
あんなん 見たことないからな。

罰ゲームを懸けて
サイバーボッチャ対決。

大先輩に ひと泡 吹かせましょう。

(田村)どうしよっかな
まず ビタ付けか…。

(田村)ああ~ 遠いね~。
だいぶ ミスった だいぶ ミスった。

あれれれれ?

(一同)はははっ。
手元 震えましたね。

上手っ!
おっしゃ!

上手い。
コレ いいとこ
付けてるんちゃいますか。

(田村)上手いね。

上手い。
(田村)よっしゃ。

ああ~
ここで ちょっと変わるんだ。

なるほど! じゃあ 私は…。

任しとけ。

(田村)はははっ。

(田村)イエイ イエイ イエイ イエイ!
山内 山内。

(田村)イエイ イエ~イ。
ちょっと待って ちょっと待って

(田村)ははは。
見たいねん 淳さんの罰ゲーム。

コントロールするには
なかなかに 技術が必要

かつ 緻密な頭脳戦も
繰り広げられ

山内 大苦戦。

なんやねん お前 もう。
ちょっと待って!

やべぇ!
(田村)ははっ あっち…。

終盤 淳さんが
持ち玉4球を残して

この形に。

結構 ムズいぞ
ポジショニング的に。

(田村)
ふふっ… はははっ。 イエ~イ!

イエ~イ

そういうことか。
(田村)悔しいでしょ コレ。

めっちゃ悔しいです。
(田村)はははっ。

(田村)いや
「もう1回やらせろ」じゃない。

もう1回やらせろ。 はい
引いたるから もう1回やらせろ。

はい。 「おもしろポーズで
おもしろ3文字」!

はい。 さあ 山内さん
「おもしろポーズで

おもしろ3文字」 お願いします。

(スタッフたち)ははははっ。

もう1回やらせろや。
(田村)はははっ はははっ。

(田村)やば~い!

淳さん もう1回だけいいですか?
(田村)いいよ。 じゃあ

タッグでやる?

(田村)はははっ。 なんでよ。
じゃあ… じゃあ もう 山内。

もう 必死…
夢中になってます アイツ。

サイバーボッチャ
山内のリベンジマッチは

序盤から 白熱の展開に!

はい。 俺やね 俺や!

(田村)

(田村)
よしよし よしよし。 こっからよ。

(山内)

あるから。
審議 審議 審議。

出してください。
あるから。 出さんでも あるから

ここに。
ボウリングと思おう 得意な。

(田村)

ナイス。 ナイス ナイス…。
よしよしよし。 コレは 俺やろ。

(電子音声)計測中です。
青サイドが逆転しました。

戦える。 十分 戦える。

震えてもらおうじゃない。
(田村)ああ~ やったか!

あっ いいね。
うわ~。

再び 淳さんが優勢に!

当てた方がいいの?
とにかく当てろ。

上手い。
よっしゃあ!

(電子音声)計測中です。

(田村)
いや もう… ははっ。

コレは いけるぞ。

よし。 俺やろ?
山内。

よ~し!
(スタッフ)おお~。

いいぞ。
(田村)くそやばいよ~!

いや~ いい いい。

(田村)はじくしかないな。
淳さんの罰ゲームや。

(田村)バカ。
(濱家・山内)よ~し!

よし! よし!
(田村)やばい。

ああ~ やばいな。

山内の青ボールを
より白に近づけてしまう

痛恨のミス!

コレで 淳さん 一気に不利に。

さあ

コレ 俺 後ろにビタ付け
なってるからね。

(田村)そうなのよね~。
だいぶ有利な状況ですよね。

(田村)いや 怖いなぁ。

淳さんが投じたラストボール。

戦いの結末は!?

(田村)行けっ!

ああ~!
よ~し! 俺ちゃうの?

(田村)ジャッジして!

(山内・濱家)イエ~イ!

やったぞ。

一矢 報いたぞ 濱家。
OK。

淳さん どうぞ

(田村)めっちゃ怖いやん このトランプ。
地獄です。

さっきの「三三七拍子」
ましな方ですから。

(田村)マジで?
はい。

こい。 キツイの こい。
キツイの こい。

こい。 キツイの こい。
キツイの こい。

(田村)ふっ…。

う~わっ。
コレはキツイ。

1分間 流暢に 誰かのこと
紹介するっていうやつです。

山内のこと 1分間…。

1分は ほんとキツイんで。

ほんまの1分でいきますんで。
ほんまの1分でいきますんで。

1分間 山内のことを
流暢に紹介してください。

よ~い スタート!
ええ~

こちらに いらっしゃるのが
かまいたちの山内さんです。

ええ~ 日本のコメディアンを
されています。

なかなか 昔は芽が出なくて
苦労したところもありましたが

今や もう
日本の 輝く 代表的な

お笑い芸人さんとなっております。

なかでも 彼の持ち味は ええ~

特に この 猟奇的な目つきから
繰り出される

ええ~ 猟奇的な笑いと

人を和やかにさせる
コミカルな動き

そして 何よりも ここに

かまいたちの濱家さんという
ツッコミが入ったことで

もの凄くすばらしい
お笑いのフレーバーが生み出されて

何も よこ… ふふっ 世の中に…

世の中にはない 唯一無二の

お笑い芸人が誕生しております。

そのなかでも
山内さんが担っている

ボケというところは 非常に
ムズかしいポジションでありながら…。

ありがとうございました。
(スタッフたち)はははっ。

お疲れさまです。
お疲れさまです。

いい他己紹介でした。

はははっ。
あんまり

レパートリーがないのか…。
はははっ。

(田村)あの~

(一同)はははっ。
されてました 重複表現。

怖いよ。 コレがあるまでは

「いや また どっかで この番組
呼んでもらいたいな」と

思ってたけど

(スタッフ)すみません あの~

(2人)おお~。

(スタッフ)作ることになりまして。
まず こちら クリアファイル。

めっちゃええやん。
いいですね。

めっちゃいい!
(スタッフ)あと こちら

カード型ステッカー。
カード型ステッカー?

(スタッフ)パッて すぐ
きれいにがせるやつなんで

どんなとこにも…
パソコンにも貼れたり。

なるほどね。 新しい。

(スタッフ)で こちら
アクリルスタンドです。

あっ めっちゃええやん。
コレ マジで ええやん。

コレ 俺 欲しい。
ちょっと 1個あったら…

同期のやつ うれしいもん。
ええ~

クリアファイル
そして カード型ステッカー

で ええ~ アクリルスタンド。
こちら ぜひ 皆さん

お買い求めください。
(2人)お願いします。

ハイヒール モモコと
「丸亀製麺」で

1000円ピッタリ注文対決!

(スタッフ)ピッタリ賞 3万円…。
3万円 よっしゃ!

そして 陣内智則とドライブ旅。

山内 おすすめ

高っ!
(陣内)えっ? ぼったくりやないか。

Source: https://dnptxt.com/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事