出典:EPGの番組情報

所さん!事件ですよ「8万5千人が消えた!?謎の誘拐事件」[字]

8万5千人が身代金目的で誘拐された!?実は”誘拐”されたのはある病院の電子カルテのデータ。診療は大混乱、被害総額は3億円にも。急増する被害の実態と対策を伝える。

番組内容
ランサムウェア(身代金要求型ウイルス)被害が急増している。大手自動車メーカーが全工場の操業停止に追い込まれたり、アニメ制作会社が新作を放送できなくなるなど、被害件数は去年の3倍以上に。リモートワークが侵入経路となるケースも多いという。犯罪集団の狙いや手口を知り尽くす「交渉人」との接触にも成功。その衝撃の犯人像とは?被害の実態とともに、被害にあわないための対策、あった際の対処法を伝える。
出演者
【司会】所ジョージ,木村佳乃,ホルコムジャック和馬,【出演】アイクぬわら,元捜査一課刑事…佐々木成三,NTT研究所員…中島明日香,【語り】吉田鋼太郎

ジャンル :
情報/ワイドショー – 暮らし・住まい
バラエティ – トークバラエティ
ドキュメンタリー/教養 – 社会・時事

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 木村
  2. ランサムウエア
  3. 身代金
  4. サイバー犯
  5. 感染
  6. 被害
  7. 病院
  8. 要求
  9. 暗号化
  10. 企業
  11. 交渉人
  12. 支払
  13. 実際
  14. 情報
  15. アイク
  16. データ
  17. メール
  18. 確認
  19. 事件
  20. 本当

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

あっ 事件だ 事件。

番組に 大量誘拐事件の情報が
飛び込んできた!

(木村)誘拐!?

どういうことですか?

なんと 犯人は
8万5千人を人質に取り

その身代金を要求してきたというのだ。

(取材者)ここですかね?

たどりついたのは
ある公立総合病院。

(取材者)すいません
NHKなんですけど…

事件の被害届を出した
前病院長に話を聞いた。

(木村)ええ~…!

誘拐事件の発端は 去年10月の深夜。

ナースステーションにいた
当直の看護師が異変に気付いた。

えっ ? ちょっと どうなってんの?

突然 プリンターが一斉に動きだし
印刷を始めたのだ。

ナースステーションだけではない。

病院内の十数台のプリンターが
同じ文面を

ひたすら 印刷し続けた。

(木村)すごい… 夜中の病院で
これ 怖いじゃないですか。

そこに書かれていたのは…。

(木村)犯行声明!?

騒動のさなか
看護師が 新たな異変に気付いた。

ちょっと どうなってんの?

患者 8万5千人分の電子カルテが

一切 開けなくなってしまったのだ。

(木村)
ロックかかっちゃったってこと?

その結果…。

ここに書いてある全部ですよね。
食事のオーダーなんかもできません。

もちろん リハビリのオーダーも
できませんし

予約に関することもできないし
会計のほうもできない。

(木村)大変です。

病院がサイバー攻撃に遭った直後の
ニュース映像が残っている。

(木村)えっ? 知らなかった。

予約システムも
ダウンしてしまったため

来院した患者に
名前や受診した理由を

一から尋ねなくてはならない。

診察までの待ち時間が倍増。

新規患者の受け入れを
停止せざるをえなくなった。

さらに…。

すいません。 もう…

大体でいいですよ。
「いつ」…?

これまでの診察記録や検査結果が
一切 見られないため

現場は大混乱に陥った。

病院のサーバーを攻撃したのは…

(木村)恐ろしい…。

「ランサムウエア」とは
どういう仕組みなのか?

多くの場合 メールに添付された
ファイルを開くことで

ウイルスに感染する。

デスクトップの画面を
見ておりますと

今 さまざまなアイコンが
並んでいるんですけど

これがランサムウエアによって
次々と暗号化されていってしまって

全部が白いアイコンになっている。

画面には
「ファイルを取り戻したければ

暗号を解除するキーを購入せよ」
というメッセージが表示される。

実際 暗号化され 真っ白になった
ファイルをクリックしても

開くことはできない。

なるほど。

病院のネットワークに侵入した
サイバー犯も

ランサムウエアを使って
電子カルテなどを暗号化。

暗号の解除キーと引き換えに

身代金を要求してきたのだ。

犯人は この時点では

具体的な金額には触れていなかったが

病院は 警察や自治体に相談。

たとえ 支払ったとしても
すべてのシステムが

復旧するとはかぎらないと聞き…

…という苦渋の決断をした。

被害から2か月後 病院の職員は
連日 作業に取り組み

電子カルテを含む…

この病院では 今まで
情報の流出は確認されていないという。

しかし…

うちの病院なんかは…

そりゃそうだ…。

近年 ランサムウエアの被害は
急拡大している。

今年3月 トヨタ自動車は
取引先が攻撃を受け

国内全工場の稼働を
停止する事態となった。

森永製菓では
社内システムに障害が発生。

製品の生産と配送に
影響が出た。

東映アニメーションも

アニメ制作に関わるシステムが停止。

4つの人気作品の放送延期を

余儀なくされた。

ランサムウエアの標的は…

市場の鮮魚店が
サイバー犯に狙われた訳とは…。

さらに

身代金交渉人との接触に成功!

交渉人だけが知るサイバー犯の実態とは?

最近 よく
ニュースで耳にする「ランサムウエア」。

自分には関係ないと
思っているあなた。

そんな人こそ
危ないんです。

今日は 被害に遭わないための対策も含め
深掘りします。

所さん! 事件ですよ。

これは もう お仕事してる人には

大変ですね 本当に。 本当ですね。

そんなこともあろうかとっていうんで
もう一個…

あったんだ!

確かに すべてを
デジタル化しちゃうっていうよりかは…

そうね そうね。 両方…。

このランサムウエア 国内の被害件数は
こちらのようにですね

右肩上がりに ここ1~2年で

増えているんですよ。
(木村)何で こんな増えてるの?

なぜ 被害が急激に増えているのか。

今回も 専門家の皆さんに

お越しいただいております。
(木村)よろしくお願いしま~す!

よろしくお願いします。 よろしく!

なぜ ランサムウエアの被害
急増しているんでしょうか?

例えば 外部から社内のネットワークに

接続する際にも使われる「VPN」

「Virtual Private Network」という
技術があります。

これを構築する機器に
ぜい弱性があると

そこが侵入経路となりまして

ランサムウエアに感染させられる
場合もあります。

(指笛)
所さん! 佳乃さん!

はじめまして! アイクぬわらです!
フゥ~! 何か もう…。

大丈夫か?
アイクぬわらさん 実はですね

9歳からプログラミングの勉強を始めて

飛び級で
大学を卒業。 (木村)なんと…!

その後 世界的な金融機関で
エンジニアをしていたという

まさに IT通なんです。

(笑い声)
アイクさん このランサムウエア

世界中で 猛威 振るっていますよね。
そうですね。

(アイク)だから みんなが
ガソリンの買い占めに走って

カオスになりましたよね 残念ながら。

払ったんですね。
ああ~ なるほど。

(木村)ええ~!
むちゃくちゃですね。 すごいですね。

それ以上の利益が コンピューター使うと
あるってことだよ。 そうですね。

だから 払うんだもんね。 へえ~!

ランサムウエアに狙われるのは
大企業ばかりではありません。

警察庁によると

被害の半数以上は
中小企業に

集中している
というんです。

(木村)そんな
払えなくない?

サイバー犯の標的にされると
何が起きるのか?

(木村)ええ~…?

被害に遭ったという
小市の鮮魚店を訪ねた。

(木村)うそでしょ…。

こんにちは。
こんにちは。

魚市場の一角で
50年以上営業している鮮魚店。

(木村)へえ~…!

近年は カニなどの
オンライン販売にも

力を入れているという。

(木村)そうよね…。
立派なカニだ。

発端は 海外から届いた英語のメール。

店に来た観光客からのものと
思い込み

添付ファイルを開いてしまった。

すると
店のパソコンがランサムウエアに感染。

すべてのデータが
暗号化されてしまった。

(木村)そりゃそうですよ。

いや もう…

一番困ったのが オンライン通販の…

お客さんとことかね。

多い日は 200~300件 入る注文が
一切 確認できなくなってしまった。

その結果…。

システムのダウンから10日。

このままでは店の信用に関わると

泣く泣く 身代金の支払いに
応じる決断をした。

サイバー犯の要求に従い…

(木村)あれ? さっきと
随分 違うじゃないですか。

やっぱ ちゃんと払える額を…。

送金から3日後…

(木村)あっ 復旧するんだ!

送られてきたんだ。

しかし
暗号化されたデータの2割程度は

とうとう 復旧できないままだった。

(木村)やっぱ そうなんだ。
全部は…。

ある調査によると 去年
ランサムウエアの被害に遭った企業のうち

6割近くが身代金を支払ったという。

へえ~…!

ランサムウエアに感染し
身代金を要求された場合

一体 どうすればいいのか?

警察庁サイバー警察局の
担当者に話を聞く。

たとえ…

(木村)まあ まあ… そうですよね。

警察庁のホームページには

ランサムウエアに感染した際の
対応方法が掲載されている。

リンク先のページには
暗号化されたファイルを

復旧するためのツールも
公開されているので

まずは 試してみてほしいという。

まあ… ああやって 30万円って
ああいう企業も狙われるんですね。

VTRの鮮魚店では

当時は 警察に届け出るという発想が
なかったと悔やんでいるそうです。

あと 何か 結局…

こうなると。
そうですね。

暗号資産にしなくても 今
お金っていう便利なものがあるんだから

そっちで満足しろよって話… 思わない?
うん…。

これ以上 便利なもの ねえだろうよと。

これあげるから これ頂戴よみたいな。

何かねえ…。
かもしれませんよね。

そのため そのお金を送金された…

中島さん…

(木村)「エモテット」?
(中島)はい。

このウイルスの
怖い点としましては

感染した端末から 実際に
やり取りしてる相手などに

なりすましメールが
ばらまかれることです。

実際に エモテットの例が
こちらなんですけれども。

仕事で関係のある人から

「請求書をご確認ください」
なんていうメールが来たら

焦って ついつい
添付ファイル開いてしまうと

私だったら思うんですよ。
うんうん。

(中島)受け取った人は つい
添付された その悪性ファイルを

開いてしまい
感染してしまうんですよね。

(木村)恐ろしい…。

(佐々木)そのプロサッカークラブの
パソコンを確認したら

このエモテットに感染していて

スタッフに なりすまして
メールが たくさんの人に

届いていたっていう事実が
あったんですよね。

さあ 所さん 佳乃さん。
話は まだ 終わりじゃありません。

実はですね ランサムウエアによる…

去年
身代金として要求された額の平均は

およそ2億9, 000万円
だったんですけれども

実際に支払われた金額の平均は

およそ7, 000万円だったというんです。

そうなんですよ。 開きがありますよね。

どういうことなのか 調べを進めると…。
(木村)おおっ…!

身代金を要求された側と
サイバー犯の間に入って

身代金の減額交渉を行う

交渉人がいるというんです。

今回 番組ではですね 実際に

この交渉人の取材に成功しました。
するとですね

謎に包まれたサイバー犯の犯人像が

浮かび上がってきたんです。
そうなの?

所さん! 事件ですよ。

「身代金交渉人」とは
どういう人物なのか?

サイバーセキュリティーを専門とする
都内の企業を訪ねた。

(ノック)

こんにちは。 NHKです。

(取材者)よろしくお願いします。 あれ?

男性は この企業のCEO。

取引先には
官公庁やインフラ企業も多く

機密情報を扱っているため

防犯上
社員の顔は知られたくないという。

(木村)おおっ…!

被害に遭った企業の名前など
公開できない情報には

モザイクをかけることを条件に
交渉人を紹介してもらう。

いよいよ 交渉人と対面?

ロンドン市警や イギリス政府の
セキュリティーセンターに勤め

30年以上 サイバー犯と
戦ってきたグラントさん。

日本やアメリカをはじめ
世界中から依頼が舞い込む

すご腕の…

「ダークウェブ」とは
特殊なブラウザでしかアクセスできず

一般の人は見ることができない闇サイト。

違法薬物の取り引きや
犯罪者同士の連絡などに使われる。

(取材者)これが実際にドゥーギーさんが
交渉した画面なんですか?

これは
犯罪グループとグラントさんが

ダークウェブ上で
やり取りしたメッセージ。

彼らは 海外の医療機関を
ランサムウエアで攻撃。

患者情報を暗号化。

情報を流出させられたくなければ
1, 999万9, 000ドル

日本円にして26億円を支払えと
要求してきた。

これに対し 交渉人 グラントさんは

まず「本当にデータを持っているのか
確認したい」と返信した。

(アイク)うそかもしれないね。

(木村)「娘を見せろ」みたいなやつですね。

データを盗んだわけでもないのに
「流出させる」と脅迫し

金を だまし取る手口もあるという。

このケースでは 患者のデータは
本当に盗み出されていた。

そこで グラントさんは
情報を流出させないことを

特殊な方法で確約させる一方

身代金の減額にも成功した。

しかし…。

標的にされた企業は

「新型コロナの影響で資金がない」と
身代金の減額を訴えたが

サイバー犯は「あなたの言葉は
信用できない」と一蹴した。

何を言ってるんだ…。

犯人は
「自分たちが得た情報からすれば

もっと払えるはずだ」と
揺さぶりをかけてきた。

サイバー攻撃に備え
保険をかけている企業もあるが

契約内容を見られ 補償限度額いっぱいを
要求されるケースも

あるという。

サイバー犯は 支払い可能な金額を
見極めたうえで

身代金を巻き上げにくるのだ。

彼らは 一体 何者なのか?

確かに…

(木村)あら…!

犯行グループが
ロシア語圏に属していることは

ランサムウエアのソースコードから
推測できるという。

この
ランサムウエアは

ロシア語圏の4つの国では
起動しないよう

プログラミング
されていた。

ロシアは もちろん
ベラルーシとカザフスタンでは

ロシア語は公用語。

ウクライナでも広く使われてきた。

はあ~…! なるほど。

このほかにも…。

ランサムウエアの侵入経路となる…

プログラムが実行される際

ロシア語のフォントが
表示されるという。

(木村)ロシア語だ!

しかも…。

(木村)嫌だ…!

アメリカにある大手食肉加工施設が

去年 ランサムウエアの攻撃を受け
操業停止に追い込まれた際

ホワイトハウスの副報道官は
会見で…

…と述べ

FBIも捜査に乗り出したことを
明らかにした。

あ~らま…。
何か 何 コメントしましょう? これ。

何か 怖くなっちゃいました。

確かに ロシア語圏からと思われる
ランサムウエア攻撃が

多いようなんですけど…

そうか。

一方…

そうですね。

これは 本当に その一例なんですが

無料で ランサムウエアの
プログラムを提供し

身代金が入手できたら その一部を

受け取るということを
してるんですね。

サイバー犯罪の参入障壁を
下げてるんですね。

それも困ったもんですね。
改めて

このランサムウエアに感染しないための
対策 教えてください。

何が?
大河ドラマとか見てたら いきなり

画面が ザ~ッ! なんて変わって
映画みたいに…。

(笑い声)
俺らは休めるってこと?

収録日がね。
なるほどね。

Source: https://dnptxt.com/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事