出典:EPGの番組情報

妄想会計[字]

ハワイまで車で行きたい!庭に温泉を掘りたい!そんな人間の夢・欲望・妄想を実現したら一体いくらかかるのか?その道のプロたちが本気でお見積り!衝撃の金額を見逃すな!

◇番組内容
アンタ柴田の妄想は「車でハワイまで行きたい!」荒唐無稽なこの夢にゼネコン大手が本気で見積もり!橋かトンネルか?そもそも実現可能なのか?のべ50人が9日間本気で見積もって出した衝撃の金額は!?
八嶋は「史上最高のBBQ串を食べたい」。世界で活躍するミートスペシャリストと野菜ソムリエが選んだ伝説の一串とは?
◇番組内容2
みちょぱは「自宅の庭に温泉ナイトプールを作りたい」そもそも都内で温泉って出るの?掘るにはどんな許可が?どんな疑問もプロが解決!
山添は「ネス湖の水を全部抜いてネッシー伝説に白黒つけたい」いるかいないかいまだに論争になっているネス湖のネッシー。それを確かめるために水を抜いたらいくらかかるのか?
◇出演者
MC:川島明(麒麟)・斎藤ちはる(テレビ朝日アナウンサー)
八嶋智人
みちょぱ
柴田英嗣(アンタッチャブル)
山添寛(相席スタート)

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 柴田
  2. 八嶋
  3. 妄想
  4. トンネル
  5. 温泉
  6. 山添
  7. ネス湖
  8. ハワイ
  9. 万円
  10. メートル
  11. 沼本
  12. 西川
  13. ポンプ
  14. ルート
  15. 億円
  16. 最終的
  17. 作戦
  18. キロ
  19. スタッフ
  20. ナイトプール

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

この番組は
日頃 我々が抱く夢や妄想を

実現させるには
いくらかかるのか?

(一同)うわあ!

最初の妄想は こちら!

(斎藤)
こちらは 柴田さんの妄想です。

(柴田)面白いですね。

(柴田)これ なかなか やっぱ
難しい話だと思うんですよ。

でも なんか
妄想の中の世界だから

なんか できちゃってるんですよ。

「どうする? このあと」とかって
ドライブしながら。

そんな軽いもん?
(柴田)ちょっとかかるけど

行っちゃう? なんて…。

どれぐらいの距離あって
どれぐらいかかるかわからないよ。

でも そんなのがあったら面白いな
みたいな。

サービスエリアも
ちょっと ハワイに行くにつれて

ちょっとずつ雰囲気変わってって
みたいな。

そう。 あと何キロとか。

ちなみに 柴田さん
おいくらかかると思いますか?

いや まあ 1兆とかは
超えてくるでしょうね。

多分。 もう 兆レベルなんじゃ
ないですか? だから。

これは 荒唐無稽な
妄想なんですけども

もう その道のプロの方に

お見積もり
なんと お願いしました。

果たして いくらかかるのか?

柴田さんの…。
(2人)妄想会計。

太平洋を隔てた遠いハワイまで
高速道路を造る事など

本当に可能なのだろうか?

そんな 柴田の

過去には 青函トンネル
東京湾アクアラインなど

超困難な建設にも参加。

さらに…。

これからは空想世界だー!

アニメ『マジンガーZ』の格納庫を
実際に建設するにはと

大真面目に設計し

見積もりを出した事が
映画化された事も。

(一同)おお~。

そんな 建設界の雄が
協力してくれた。

キックオフ会議には

7部署14名が集結。

果たして
夢の高速道路を

どのように造るのか?

まず 議論は

橋で繋ぐのか?
トンネルを掘るのか?

そこから スタートする。

例えば こうなってて…。

浅ければ。

これは トンネルも無理。

そう 今回の

日本からハワイまでの
ルートの中で

深さ8000メートル級の海溝が
最大の問題となる。

火山の多い日本の場合

地下6000メートルまで達すると

地中温度は200度を超える。

現在の技術では

その深さまで
トンネルを掘るのは不可能。

さらに 橋を架けるにも

深さ8000メートルの海底に

橋の基礎を造る事も不可能。

開始10分で

(柴田)前田建設が10分で?

すると 研究開発の鬼が…。

浮体式とは 巨大建造物でも

船のように
内部に空間を造る事で

浮かせてしまう工法。

この技術を応用して
トンネルを浮かせようというのだ。

(中島さん)いわゆる こういう…。

(八嶋)この人 かっこいい!

長さ100メートル
直径23メートルのパーツを

海上で繋いでいくという
工法を提案。

ところが…。

トンネルが海面上にあると

当然 船の運航に
支障を来してしまう。

これでは

国境問題に発展…。
妄想って こういうもんでしょ。

だって そもそもが だってさ…。

そこで トンネルの位置を

巨大タンカーの航行に問題のない

水深30メートルに設定。

トンネルを沈めて繋げていく事に
決定した。

(中島さん)わかんない。

日本からハワイまで
直線で繋ぐと

およそ6600キロ。

もちろん
これが最短ルートなのだが…。

ハワイまで
直線で結ぼうとすると

工事の中継基地になり得る島が

ミッドウェー島くらいしかなく

難しいという。

これで直線ルートは消えた。

これは 太平洋の海流の一部を

簡易的に表したもの。

島もあり 海流を利用する事で

資材も運びやすく

トンネル自体も
安定するのではという

グアム迂回ルートでいく事に。

トンネルの工法に続き
ルートも決定。

およそ
1万キロに及ぶ

夢の高速道路の
草案ができあがった。

しかし 翌日 分科会で問題が。

(八嶋)翌日?
その日だけじゃないの?

海洋工事の鬼
山之口寛グループ長

彼が 昨日の意見に
反論を始めたのだ。

今の状態では トンネルが浮いて
不安定になると指摘。

そこで トンネルを

ワイヤーで固定させる
という提案が。

(山添)へえ~。
下で支える。

しかし 現在のルートには

世界で最も深い
マリアナ海溝が待ち受けている。

その上を通すトンネルを

どうやって
安定させるというのか?

海洋工事の鬼は秘策を練った。

最大の壁を乗り越えるべく
再び集結。

この日は 前回より多い
8部署 18名が集まった。

海洋工事の山之口グループ長から
その作戦が発表される。

海溝部分では
トンネル自体を重くして

浮力を調整。

それに対しては まあ…。

素晴らしい。

スクリューの力で
潮の流れに反発させるように

トンネルを調整するという作戦。

トンネルを重くし

さらにスクリューで
潮の流れに対抗させる。

これでマリアナ海溝を突破する。

水中トンネル研究の工期に関する
資料を見ていると…。

え~っ!
(みちょぱ)ウソ!?

この工期 どう短縮するのか?

工期3000年。
ハハハ…。

(スタッフ)あんまり
気にしなくていいんですね?

潮の流れにこだわらない
新たなルートを提案。

島が近く 工事もしやすい

小笠原を拠点とした

南鳥島を経由するルートに
変更。

全長1万キロのルートが

7400キロに短縮された。

(みちょぱ)
いや でもでしょう。

さらに
トンネルの工場については…。

まず メガフロートという
巨大人工浮島を264カ所に設置。

そこに工場を建設。

(柴田)見えてきたね でも。

全てを同時に動かす事で

工期も28年に短縮されるという。

(柴田)俺 まだ生きてるよ だって。
生きてる。

さらに 264カ所のメガフロートは

サービスエリアとして再利用。

ホテルなど

お客さんが楽しめる施設を
造る計画も提案された。

これで
ルートと工法は確定した。

こちら インフロニアグループの
前田道路では

サービスエリアをより楽しくする
アイデアを出し合っていた。

(柴田)
別の会議が始まっちゃった…。

そして迎えた 最終日。

(柴田)最終日ね。
ここで決めちゃう?

それぞれ
パーキングエリアに

テーマを
持たせたりとか

ゴルフ場を
造ってみたり…。

(八嶋)
資料として まとまってるやん!

…考え方でいくと
面白いのかなと。

いよいよ 夢の 日本~ハワイ
高速道路の全貌が明かされる!

遊びじゃないよ これは もう。

まずは 東京湾

館山道の富津から
いよいよ ハワイ路線へ。

千葉 富津とハワイ…。

「ハワイ」!
「ハワイ」あった!

(柴田)やばい やばい やばい!

最初のビューポイントは
小笠原諸島…。

(八嶋)これ きれいじゃない?

そして

(八嶋)父島まで
もう 車で行けるの?

ここでは

豪華ホテルに宿泊でき

野外シアターや遊園地を
楽しむ事も。

(八嶋)うわっ… いい いい いい!

さらに トンネル内は

ドライブを楽しめるように
海中を

プロジェクションマッピングで
描き出す。

そして 車は 日付変更線へ。

こちらのサービスエリアでは

日付変更線をまたげる

特別スポットや…。

免税店での買い物

カジノも楽しめる。

さあ あとは ゴールを目指すだけ。

あと100キロ!
(柴田)もうすぐだよ!

ああ 見えてきた!

7400キロに及んだ
夢の高速道路の終点…。

(柴田)ホノルルに
あそこ 下からバーン!

ああ お会計ですよ。

ああ まとまった?
(八嶋)すごい。

日本からハワイ

夢の高速道路
果たして いくらかかるのか?

(拍手)
いやあ 興奮した!

柴田さんの
たった一つの妄想がですね

すごいね…。

さあ 柴田さんの妄想

最終的な お見積もりは?

さあ いきます。 0から…。

あっ 意外と…。

9000?
ウソだ…。

2兆…。

止まって!
ああーっ!

3312兆9367億円です。

何それ 何それ…
聞いた事ない。

3300兆円!?

最終的に のべ50人の方たちが

9日間 125時間かけて
本気で考えて…。

いやあ すげえ!

申し訳ない。
はあ~ すごいよ。

ちょっと どういうね
見積もりなのか 斎藤さん。

内訳は こちらです。
(柴田)内訳だ。

はい まず トンネル部分

1881兆3086億円。

16キロの橋部分で

1兆8560億円。

これが安く思えちゃうのが怖いな。

そうですね 「あっ 1兆か」って
思ってる自分たちが…。

1兆だけなんだ 橋。

浮島部分 1429兆7721億円。

(みちょぱ)でも これに プラス

高速代みたいなのって
かかるじゃないですか。

(柴田)そうだ!
高速代はですね

日本の高速代を基準にして
距離で割り出すと

片道
およそ12万円ほどになります。

えー!
安っ!

それは すごいですね。

そしたら。
これは どうなんでしょう?

走ってて

あっ ホントだ。

「あったじゃん」…。
「あったじゃん」って 別に…。

あそこね。
あそこから右車線だ じゃあ。

海老名と間違えてる。
ポーク餅とか置いてない。

あそこで 右左変わるみたいな…。
なんか それはね

ルール作っていけば
いいんじゃない? のちのち。

急に… おにぎりが。
いいですね。 最高。

(山添)なんかコロッと言った事で

これだけ大人が
多く動いてるっていうだけで

ちょっとだけ 自分が

そうですね。
動かしたからね。

それでは 続いての妄想に
参りましょう。 こちらです。

こちらは 八嶋さんの妄想です。

食べたいって…
食べれるでしょう。

差がすごいんだけど
さっきとの。

できそうじゃないですか
これって なんか。

買えるもんで買えるなら…。

僕だって 一応

持ってまっせと。 それでも
僕が想像できないぐらいの?

例えば

みんなが もう イエーイ…。

…ってなるような一本を
僕は焼いているって事ですよね。

今回は 肉と野菜
2人の鬼がタッグを組み

まずは…。

肉ですって。

バーベキュー串に適した
最高のお肉を選んでくれたのは…。

お願いします。

(八嶋)ありがとうございます。

この方 世界中で
精肉のカット技術を披露し…。

として 高い評価を得ている…。

(八嶋)全然違うらしいですよ
切り方で。

そんな沼本さんが選んだ
お肉とは?

高森和牛というブランド和牛です。

山口県岩国市で育てられる
高森和牛は

国内での流通総数が
月に わずか3頭程度という

超希少和牛。

上品な香りと 口溶けの良いサシに
沼本さんも惚れ込み

自身のお店でも
看板商品として取り扱っている。

中でも 肉の鬼が選んだのは

ヒレ肉で一番やわらかく

赤身なのに肉汁たっぷりの

最高級部位
シャトーブリアンと…。

甘いサシが入った
濃厚な味わいの

(八嶋)ありがとうございます!

僕なりの一番美味しい切り方
っていうのがあるんですよね。

一応 沼本カットって
呼ばれてます。

沼本カットとは

肉を傷つけないように
ミリ単位で筋を取り除く

沼本さんにしかできない
超繊細なカット技術。

それにより 肉の美味しさを
最大限 引き出すという。

(八嶋)うわあ…。

(沼本さん)高森和牛の…。

(沼本さん)金額で言うと 5万円。

お肉は シャトーブリアンと
霜降りサーロインに決定。

300グラムで5万円。

続いては…。

選んでくれたのは

去年の野菜ソムリエアワードで
およそ6万人の頂点に輝いた

野菜の鬼が…。

まずは…。

(西川さん)全然えぐみがなくて
とても甘い

桃のような玉ねぎ…。

続いて…。

長さ50センチと超巨大。

そして…。

(西川さん)
そのまま食べるとですね

まるでチョコレートみたいだ
っていう事で

ホワイトショコラっていうふうに
付けられた

畑のスイーツともいわれている
とうもろこしになります。

他にも アスパラガス パプリカと

バーベキューに合う
最高の野菜を使用。

さらに 今回は
能登半島で作られている

天然珪藻土岩 切り出し七輪と…。

最高級の紀州備長炭を使用。

これで

超ゴージャスなバーベキュー串を
作る準備は整った。

ちなみに 食材の並びにも

西川さんならではのこだわりが。

(西川さん)ホワイトショコラ
っていう とうもろこしはですね

デザートで食べて頂けるといいな
と思って

一番端っこにしています。

大長なすですね
お肉にサンドされる事で

脂をジュッと吸ってくれて
とってもトロトロになります。

お肉には
アンデス山脈などで採取された

ほんのり甘い
岩塩の特製スパイスをかけ

いよいよ 焼いていく。

焼いていきます。

(柴田)これ 振り返る。

伝説の一本!

これだ!
太っ!

(沼本さん)遠赤外線が
かなり強いので

ホントにゆっくり
外も中も 火が通ってる感じです。

うわあ~!
(八嶋)ハハハハ…!

(沼本さん)どうしても
ずっと焼き続けちゃうと

焦げちゃうので

焼けてきたら
余熱で火を入れる感じです。

よし… これで お肉を寝かせます。

さらに ここで

野菜の鬼 西川さんが探し出した

スペシャル食材が…。

じゃあ…。

松茸登場。

なんや! 松茸参戦!
ハハハハッ… 出てきた!

(西川さん)この時期に生える
希少な松茸

早松茸といいます。

この梅雨時期に 秋と勘違いをして
生えてくるんですけれども。

勘違いをした子なので
とても希少な松茸です。

(西川さん)表面の方から
焼いて頂いて

こんな感じで ちょっと
表面に水分が出てきたら

もうちょっと炙ったら完成です。

(西川さん)こんな感じで…。

そして…。

うわあ たまらない これは。

仕上げに サトウキビや
ニンニクなどをブレンドした

肉の甘みを引き出す
秘伝のタレをかけ…。

早松茸を刺したら…。

果たして いくらかかったのか?

イエーイ! どうだ!

最高!

さあ 八嶋さんの妄想

最終的な お見積もりは?

(みちょぱ)いくら?

こんなもんじゃないでしょ?
円だもんね でも。 円だもん。

ここよ。

うわあ!
おおーっ!

という事で 9万7382円です。

(八嶋)伝説の一本!
(山添)9万7000円。

高いって。
細かい内訳は こちらです。

七輪代がかかりますね。
七輪 まあまあ するな。

(柴田)七輪費が結構高いのよね。

その辺のホットプレートで
焼かれちゃったら

たまったもんじゃないからね。

最後に 急に なんかね
参戦してきた…。 すごかった。

松茸参戦ってなりましたが
早松茸 1万8000円と。

さあ なんと!

バーベキュー串
特別に ご用意させて頂きました!

おおー! ハハハハッ!

10万円分。 やったー!

うわっ でかっ!
(みちょぱ)うわっ。

うわあ~!

♬~「テテテテッテテ~」

(みちょぱ)でかっ!

えっ これ 焼きたてじゃない?
そうなんですよ。

沼本さんが
今日 特別にいらしてくださって。

(八嶋)やった。
じゃあ もう頂きますよ。

いいね 串って。
(みちょぱ)うわ~!

(山添)贅沢。

ひと口でいってしまいましたね。
すごい。

美味しい!!
(一同 笑い)

そら そうやわ。
そら そうやろ これは。

(八嶋)すごい 香りが
鼻から まず抜けるのと

あとから アスパラの甘みが
すごく追っかけてくるので。

これが やっぱり
串の醍醐味ですね。

食べちゃったんだろう?

ちょっと口が大きすぎたね。

う~ん! こんな分厚いのが
すぐ噛み切れちゃう。

シャトーブリアンですよ。

(柴田)ジューシーさ
とんでもないですよ!

これ

(柴田)ねっ。
こんなに香りが移ってるの初めて。

(柴田)ホント。
(みちょぱ)これ

食べる場所の肉によって
やわらかさとか なんか違う。

やっぱ 野菜の位置で…
違うのかな?

お野菜のうまみも肉に移るし
肉汁も野菜に移るという…。

山添さん

ホワイトショコラのお味は
いかがですか?

(八嶋)おい! おいー!

それでは
続いての妄想に参りましょう。

こちらです。

こちらは
みちょぱさんの妄想です。

タイトルの。

やっぱ そういうの好きな友達も
多いんで

きっと みんなね インスタ写真
撮りに来るんだろうなみたいな…。

ちなみに
おいくらかかると思いますか?

1千万はいかないんじゃないかな
って思ってるんですよね。

また プロがね 色々 夢膨らませて
さらに プレゼンするから

俺なんか
1兆 2兆って考えたら

(一同 笑い)

いまや 定番の映えスポット
ナイトプール。

そんなナイトプールを
都内の住宅街に造ると

一体 いくらかかるのか?

今回
みちょぱの自宅と仮定するのは

東京都目黒区にある この一軒家。

この場所に

ナイトプールを
造ってくれるのは…。

(スタッフ)どうも。

ドリームガーデン株式会社代表
田村大さん。

うちの相方と
一言一句 同じ名前…。

ビックリした! 俺…。
いるんですね。

これまで 数々の

プール付きグランピングリゾートを
プロデュース。

プールを中心にした
映える空間を作り出してきた

リゾートクリエイター。

(八嶋)お望みどおりじゃん。
(みちょぱ)いや もう ありがたい。

早速 現場を見てもらうと…。

(田村さん)夜は この…。

(田村さん)そこですかね。
ここにですね…。

夢のコラボ ある!

ここから…。

鬼のアイデアも
盛り込みながら

すぐに設計してくれる事に。

続いて

立ち上がったのは…。

日本全国で500件以上の
温泉掘削の実績を持ち…。

全国で唯一

温泉の掘削工事から成分分析まで
一貫して行う事ができる

株式会社エオネックス

温泉開発の鬼 山本大さん。

とはいえ
こんな東京のど真ん中に

温泉は出るのか?

というふうになります。

東京中心部の地下は

粒の細かい砂や砂利でできた
地層になっていて

雨水や海水が

地下水としてたまりやすい。

それが地熱で温められ
温泉となり

地下に眠っている可能性が
高いという。

いざ 現場へ。

しかし…。

そうですね… まあ あの…。

一体…。

やっぱり…。

(山本さん)
サイズにすると

30メーター×20メーター
くらいの

広さが必要と…。

温泉を掘るためには
巨大な機械が必要なのだが

庭の広さが足りなかった。

ならば
他で場所を確保するしかない。

すると…。

(山本さん)
あ~ そうですね ちょうど…。

(八嶋)知らない人の土地でしょ?
だって。

機械を置くのに

ちょうどよい広さの
駐車場を発見。

であれば あの… 十分。

この200坪の土地を
購入できたとして…。

(みちょぱ)いや 待って。
そっか これもお金かかるのか。

まずは その土地から

その結果を
都道府県の温泉審議会に提出し

許諾を得られれば
温泉を掘る事ができる。

その後…。

(柴田)これ 組むんだね。

温泉を掘る設備を整えたら

いよいよ

掘ったあとは
温泉をくみ上げる機械や

地下から出る天然ガスを
安全に処理するための機械を設置。

掘削開始から

実際に温泉として
使用できるようになるまで

およそ2年かかる。

その全てにかかる費用は…。

(山本さん)
地下から いったん くみ上げて

タンクにためるっていう事が
必要だと思うんですけど。

まあ それを単純に

これで

一方 ついに
ナイトプールの鬼の設計が完成。

(八嶋)ありがとうございます。

2人の鬼が協力して
できたのが…。

(みちょぱ)めっちゃいいじゃん。

まばゆい光を放つ
ゴージャスなナイトプール。

色が変化するライトを使い
映えを演出。

田村さんこだわりの
ファイヤーピットとテントも設置。

部屋からの眺めは
まるで 超高級リゾート。

果たして この温泉ナイトプール
いくらかかったのか?

さあ みちょぱさんの妄想
最終的なお見積もりは?

さあ みちょぱさんの妄想
最終的なお見積もりは?

ちょっと待ってよ。

おっ?
ストップ ストップ! ストップ!

ストップ! おっ!?

ストップ! ちょっと待って。

えっ?

という事で 8億6450万円です。

ありがとうございます。
ちょっと まずは内訳を

斎藤さん お願いします。
こちらです。

プールだけですと
やっぱ プール1500万円でしょ。

プールサイド もちろん造ります。
300万。

装飾品500万 ライティング50万。

という事で まあ 2350万ぐらいで

ナイトプールだけは
いけたんですが ここからですね。

土地代が6億6000万円。

土地代が すごい。

(柴田)最高! あの駐車場でね。
(みちょぱ)違う 違う。

目黒が まず高いじゃん。

でも もう これ スタッフが…。

(八嶋)買いますって。

確かに。

事前の調査で
確実に温泉が出ると

判断されてからしか掘らないので。
もちろんね。

温泉が出ない事は
まず ないそうです。

温泉の維持費に関しては
年間50万円です。

安っ!
え~っ!

ただ この温泉を
地下からくみ上げるポンプが

およそ5年に1回
交換する必要がありまして

そのポンプ代が
500万円プラスになります。

それでは 続いての妄想に
参りましょう。 こちら。

こちらは 山添さんの妄想です。
(みちょぱ)決着つけちゃう?

ネッシー いる いない。
(山添)いる いないとかになって。

そしたら これ…。

(山添)抜いてみた。

ちなみに ネス湖の水 全部抜く
いくらかかると思いますか?

1億円ぐらい。
1億。

ネス湖の大きさは
でも ご存じないですもんね。

相当よ… 相当よ。
ネッシーが相当でかいんだから。

この湖にまつわる
ミステリーといえば…。

首長竜 プレシオサウルスの
生き残りだろうと

いわれてきたが…。

現在も
学者やファンたちの間では

ネッシーの存在に関して
論争が絶えない。 そこで…。

を決行!

その費用を妄想会計!

とはいえ ネス湖は
全長およそ38.5キロ

面積は 東京ディズニーランド
110個分もある 巨大な湖。

可能なのか?

(みちょぱ)やっぱ
1億レベルじゃないって これ。

そんな無謀なプロジェクトに
名乗りを上げたのは

テレビなどでも
池の水を抜いている…。

あの番組の
人や。

(スタッフ)湖の水って
どうやって抜くんですか?

水中ポンプとは

その名のとおり

水の中に沈めて使う 排水ポンプ。

このポンプを使って
水を抜いていく。

もう一個
ネス湖できるだけじゃない…。

まず
行うのは

流入する
主な川は

計8つ。

この8つの川
全てをせき止め

水流を遮る。

まあ ここは もう

シートパイル作戦で
いきたいと思います。

(八嶋)シートパイルでいくのか~。

シートパイルとは

凹凸状の鉄板を組み合わせて

水の流れをせき止める事ができる

シート状の鉄杭。

厚みがあり 頑丈なため

土のうとセットで使うと

ほぼ完璧に
水の流れを遮る事ができる。

作業人数500人

およそ4カ月の期間をかけて

せき止め作業を完了させる。

(みちょぱ)1個目の作戦で
そんなかかるんだ。

これで吸い上げる…
ここから やっとよ。

水抜き作業で大事なのは

通常は 沿岸部に車を止め

作業を行うのだが…。

早くも

一体 何が?

(スタッフ)ダメ?
(亀田さん)ダメですね。

(亀田さん)全然 これじゃあ…。

ネス湖周辺の道路が狭いため

ここに車を置く事ができない。

車を置けなければ ポンプは動かず
水抜きができない。

このトラブルを解決する
秘策とは?

やるしかないですね。
ええ…。

これは じゃあ

台船とは

水上から水を抜く事ができる
水中ポンプをのせた船。

沿岸に
電源車を止められない場合は

この台船を作って
水抜き作業を行う。

それをですね
まあ 2000台のポンプで 約1年。

(柴田)1年!?
抜き続けるの?

壮大な計画になります。

(スタッフ)1年?
(亀田さん)はい。

四角い台船… 船なんですけど

周りに全部ポンプを設置して

真ん中に
発電機と燃料タンクを置いて

24時間 回しっぱなしで。

今回の相手は ネス湖。

台船には 普段とは違う

1分で10トン排水できる
水中ポンプを使用。

それを20台設置した 特別設計に。

このスペシャル台船 100隻で
ネス湖の水抜きに挑む!

しかし…。

海底が236メートルかな。

深いですね。 それで あの…。

ああ…。

ネス湖の深さは
最大 およそ235メートル。

水位が下がってくると
吸い上げるパワーも必要なのだが

水中ポンプの
水を真上に押し上げる力は

わずか20メートルほど。

ポンプの力だけでは

湖の水を 全て吸い上げられない。

ここにきて

台船だけでは水抜きは無理
という事が判明。

一つクリアしても また一つ

(八嶋)ちょっとピンチじゃない?

この難局を乗り切る
次なる作戦とは?

略して…。

どんどん…
どんどん 発展していってるぞ。

一応 まあ…。

(亀田さん)二百何メートルも
あるんで…。

だから
それを こう 階段状にして

一つずつ 水を上げていくと。

…っていうふうに
どんどん 階段にします。

で 最後 川に流すと。

抜いた水は まあ マリー湾…

マリー湾に繋がってるんで。

海に繋がってる川に
流すって事ですね。

ネス湖から マリー湾。

でも ほぼ

この土地を活用して
2000本の排水ホースを設置。

(みちょぱ)ホントに全部並べるわ。
あれ 全部 ホースだよ。

ホースを
横一列に並べる事ができるので

排水効率も上がり
作業時間も短縮できるという作戦。

(八嶋)なるほどね。

(みちょぱ)全部並べるんでしょ?

作業人数7840人

工事期間 1年と6カ月。

全ての工程を終え
ついに作戦は終了。

大作戦。 ホース…。
(みちょぱ)ホース…。

ネス湖の水を全部抜いた時

本当に

果たして

ネス湖の水 全部抜くと

いくらかかるのか?

いやあ 素晴らしい!
ありがとうございました 皆さん。

さあ 山添さんの妄想

最終的な お見積もりは?

山添さんの妄想
最終的な お見積もりは?

1億ぐらいって言ってましたよね。
はい。

ほら でかいっすよ
数字が もう。

2000…。
(山添)1億2000? 2億2000?

60… あっ!
おい!

という事で 1062億2000万円です!

よっ!
(拍手)

内訳は こちらです。

まず 川をせき止めるだけで

1億9000万円も…。

ここまでは理解できるんですけど

台船100隻 257億円。

水抜き用ポンプ2000台 40億円。

階段プール造り 505億。
(みちょぱ)高っ!

人件費だけで 237億6000万。

合計 1062億2000万円。

でも 金かかる方の作戦に
持っていってません?

(一同 笑い)
そんな悪い業者なわけないですよ。

やっぱ いまだに 僕 あんなに
ポンプ 必要ないと思ってるんで。

(柴田)いるんだって!
あれでも1年かかるんだぞ。

たとえ実現しても
あのポンプと あのホース

どうするかは…。
(一同 笑い)

Source: https://dnptxt.com/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事