出典:EPGの番組情報

それって!?実際どうなの課[字]【白米よりチャーハンがやせる!?】【職人技かご工の世界】

世の中のウマイ話を検証するドキュメントバラエティー!

【白米よりチャーハンがやせる!?】
【年収1000万円以上稼げる?かご工の世界に潜入】

出演者
【MC】生瀬勝久

【出演】博多華丸・大吉/森川葵/大島美幸(森三中)/ザ・たっち/アキラ100%
番組内容
①【白米よりチャーハンがやせる!?】
こう主張する専門家がいるが、信じられない…
双子のザ・たっちが「チャーハンを食べる人」と「白米を食べる人」に分かれ、24時間全く同じ生活を送る。そして3日間でどれだけ体重差がつくのか?
チャーハンに対する概念を覆す!?誰もが気になるウワサの真相に迫る!
番組内容2
②【“かご工”の世界にアキラ100%が潜入!】
山の土砂や洪水を防ぐために河川を補強する「かご工」
テレビ初潜入!?謎の仕事の実態を明らかにすべくアキラ100%が挑む!
積み上げられる大量の石、悪天候で奪われる体力。
地道な作業でアキラの体に異変が!
果たして無事にやり遂げられるのか!?
制作
【構成】松本建一【演出】立澤哲也【企画・プロデュース】簑羽 慶(中京テレビ)
URL
https://www2.ctv.co.jp/dounanoka/

ジャンル :
バラエティ – その他
ドキュメンタリー/教養 – ドキュメンタリー全般
情報/ワイドショー – その他

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. アキラ
  2. 炒飯
  3. 森川
  4. ハハハ
  5. 本当
  6. 白米
  7. 今回
  8. 体重
  9. 大島
  10. 日目
  11. 作業
  12. 検証
  13. 現場
  14. メンチカツ
  15. 時間
  16. 職人
  17. 測定
  18. 昼食
  19. パン
  20. メニュー

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

(森川)そんなわけない。

<今回も検証するのは…>

(かずや)そうよ もう。

(かずや)そうですよ そうですよ。

(かずや)そうですよ。

<たっちの2人が言うように

炒飯は…>

(生瀬)チャーシュー入ってるもん。

<しかし その…>

<…人物がいた>

<それが この方…>

3つ?

(渡辺さん)まず1つは…

(渡辺さん)2つ目は炒飯の方が
白米と比べて

栄養バランスがより整っている
ていうことに なります。

卵が入っていたりだとか
焼き豚が入っていたり。

タンパク質っていうものが

代謝を上げやすいっていうふうに
言われているので

炒飯の方が より太りづらい。

<たっちは>

(たくや)別に…

<さらに3つ目は
白米と炒飯を同じ量 食べた場合

具材の分 炒飯の方が
糖質が少なくなるという>

<たっちが…>

(生瀬)さぁ 始まりました
「それって!?実際どうなの課」

課長の生瀬です
よろしくお願いします。

(大吉)お願いします。
(華丸)よっ!

はい ちょっと 大変なことに
なりましたね これ。

ウソです。
(森川)はい。

(大島)でも これ…

えっ!
えっ!聞いたことあるの?

(大島)あったんですよ。

えぇ~?いや ないですよ。

じゃあ俺 今まで…

そうそう。
それやっぱ罪悪感は あるからです

ですよね?
そうなんです。

ラーメンか 炒飯。
だから これ…

…きょう。

<たっちが…>

<今回…>

(かずや)いやいや。

そうなんだ。

(スタッフ)…と思ってる人
結構いると思うんですね。

<これまで検証するのは
たくやだったが

もとの体重が重いから痩せている
のではないか?という…>

<そこで>

(かずや)あっ!

(たくや)いや
ちょっと待ってください[笑]

(かずや)違う違う…。

(たくや)違う違う…。

<検証する人を…>

<現在の…>

おっ 一緒やん。
(森川)一緒。

(たくや)これだったら…

<今回2人が食べる量は
身長 体重から割り出した平均値>

<白米を食べる たくやは…>

<炒飯の方が太りづらいのならば
かずやの…>

<果たして この体重から
どう変化するのか?>

<最初の食事は>

(たくや・かずや)うわぁ~!

そうだよね。

<1日目の朝食は…>

<たくやは もちろん
白米で食べる>

(たくや)いや 本当ですよ[笑]

(かずや)おかしいもん だって。

<明らかに…>

<…に見える>

(スタッフ)ただ…

いやぁ~。

本当だよね[笑]

<しかし…>

(かずや)うわっ ゴロッと。

(たくや)じゃあ いただきます。
(かずや)いただきます。

レンゲが似合うわ 炒飯。
(森川)ハハハ…[笑]

(かずや)う~ん!

<太る 太らない 関係なしに…>

ずっと すねてるやん たくや。

(かずや)1粒1粒に うま味が
ギュッと入って。

このゴロッとした具材の
この食感 味 最高。

ちなみに…

(かずや)量は一緒。

<全体の白米と炒飯の量を
合わせているが

油や調味料を使用する分

炒飯の方がカロリーは高くなる>

<しかし渡辺先生 いわく…>

<だが かずやは>

(かずや)これ もう僕…

<かずやは…>

(たくや・かずや)ごちそうさまでした。

<今回も消費カロリーを
同じにするため

空いた時間は…>

<昼食の時間>

<メニューは?>

(たくや・かずや)うわぁ~!

<1日目の昼食は…>

<たくやは…>

(たくや)ちょっと待ってください。

(かずや)絶対 太るよ。

絶対 太る。(たくや)絶対ダメ[笑]

(かずや)絶対 太るよ これ。

<番組を
ここから見た方のため…>

<先生は…>

<…と言っている>

<朝に続き 2食目の炒飯>

<お味は?>

(かずや)あぁ~!

(かずや)お肉 大きいから食感が
ちゃんとあって いいですね。

おいしい!

<しかし ラーメンと炒飯を
食べ進めていくと>

(たくや)ハハハ…[笑]

(かずや)今は。

<炒飯の方が
太るとは思うのだが…>

<ライスで我慢せず
炒飯を心置きなく…>

<1日目の…>

<そして>

<たっち…>

<…旅立つ>

<時刻は…>

<たっち帰宅>

<収録現場の…>

(たくや)…で言われました。

<…炒飯は 世間から…>

<そして1日目の夜ご飯>

<メニューは>

(たくや)おぉ~!(たくや・かずや)えぇ~!

(たくや)まさかの
かかってるぜ かずや 炒飯に。

<夜ご飯は炒飯に
麻婆豆腐をかけた…>

<たくやは もちろん…>

(森川)白米で食べたい。

(たくや)…気がするんで。

<庶民にとって…>

(かずや)うん!

<突然…>

<そう かずやは…>

<本日
3食 炒飯を食べた かずや>

<白米を食べた たくやだが>

<果たして本当に…>

<まずは…>

<かずや…>

<しかも>

<これは…>

<まずは…>

<いざ!>

<測定!>

<体重は?>

(森川)ハハハ…[笑]

<あれだけ炒飯を食べたのに

体重を減らさないといけない
プレッシャーに

不安げな かずや>

<いざ!>

<測定!>

<体重は?>

あぁ やっぱ太った。

(森川)そりゃ そうだ。
そうだよね。

(かずや)いや ここから俺 だって…

(たくや)そうだよ。

(森川)ハハハ…[笑]

<このまま もし…>

<我々 実際どうなの課は
包み隠さず

ありのままを お伝えします>

<検証は3日間>

<果たして…>

<2日目 朝食は>

(たくや・かずや)わぁ~!

(たくや・かずや)いやぁ~!

<2日目の朝食は…>

<白米を見た かずやは>

「これがいい」[笑]

(かずや)ハハハ…[笑]体力使うね。

(たくや)うん!(かずや)う~ん!

(かずや)…僕。

<しかし…>

<かずやは
罪悪感を抱いているが

その油が…>

<…という はずなのだが>

(たくや・かずや)ごちそうさまでした!

<昼食の時間>

<メニューは?>

(たくや・かずや)わぁ~!

(たくや)おっ これは?メンチ?
(かずや)メンチ?

<2日目の昼食は…>

<メンチカツを見て…>

おいしいって。

(かずや)松山さんのメンチカツだ。

(かずや)噂の あの日本一。

<説明しよう>

<文字通り 当番組…>

(チャン)人生一。

<人生一と絶賛>

<「どうなの課」食事検証企画を
行う者のみが食べられる…>

(森川)いいな 食べてみたい。

(たくや)松山さんのメンチカツ。

(たくや)肉汁が出てきますね。
(かずや)うわ すげぇ!

(たくや)すげぇ うまそう。
(かずや)うまそう!

<松山さんのメンチカツ>

<お味は?>

(たくや)あぁ~。

<まさか…>

<うますぎて…>

(たくや)これは一番 うまいです。

(かずや)メンチ史上
一番うまいですね。

<恐るべし
松山さんのメンチカツ>

<これは本当に食べてみたい>

<…で 食事は終了>

<そして…>

<夕食の時間が
やってきた>

<夕食は…>

メンチカツの後 ハンバーグ[笑]

<しかし 食べ始めると>

よう食うよ この2人。

(たくや)うめぇ!
(かずや)最強 ハンバーグ。

<これも ある意味 驚きの事実>

<炒飯は…>

<本日も
3食 白米を食べた たくや>

<炒飯を食べた かずや>

(かずや)信じたいけど
やっぱ3食 食べたうえで…

あした走ろうとか思うやつや。

<2日目を終え…>

<…2人だが>

<果たして あす…>

(たくや)…は しますけど はい。

<…かずやは>

<不安すぎて もう…>

<まずは…>

<いざ!>

<測定!>

<体重は?>

変わんない。

(たくや・かずや)おぉ~!

(たくや)まぁ そうですよね。

(たくや)…と思います。

<いざ!>

<測定!>

<体重は?>

えっ えっ!
(大島)えぇ~?

えっ?
(森川)えぇ~?

<なんと…>

(森川)何で?どういうこと?

(たくや)えっと?

みんな ちょっと。
(森川)みんな戸惑ってる[笑]

<あまりの衝撃に…>

なんで?

(たくや)不思議だ[笑]

なんで?

(たくや)いや でも まぁ…

うん。

<検証は ラスト1日
まだまだ…>

<果たして…>

<3日目の朝食は
炒飯おにぎり 3つ>

<たくやは
白米のおにぎり>

いや~。

<そう…>

<今回は キムチと高菜を用意>

<キムチ炒飯 お味は?>

(かずや)う~ん!

(たくや)うわぁ!(かずや)おいしい!

<しかし 炒飯おにぎりは
食べ方を間違えると>

ボロボロに
なっちゃうの。

(たくや)いや もう
そうなったら炒飯 ただの。

そう。
(森川)ハハハ…[笑]

(たくや・かずや)ごちそうさまでした。

<昼食の時間>

<メニューは?>

(たくや)うわぁ~[笑]

あっ 出た
これだよな。

(たくや)やりやがった。

これは やられたな。
(かずや)これ やられたな。

そうなんだよね。

<2日目の昼食は
かずや…>

<たくやは…>

重いな。

(たくや)これは白米だね。
(かずや)うん。

<たっちの…>

<実は…>

えっ あるの?

(たくや)カレー炒飯ですか?

<そう 実際に提供している
お店もあり

ランチで 1番の人気メニューが

カレー炒飯というお店も>

<つまり…>

<しかし かずやにとって…>

<果たして お味は?>

(たくや)白飯だ 1番。

(たくや)ハハハ…[笑]

(たくや)ハハハ…[笑]

<味の濃い カレー・炒飯の
組み合わせでも…>

(たくや・かずや)ごちそうさまでした。

仕事行け 仕事。

あぁ~。

<最後の夕食>

<メニューは?>

(たくや・かずや)あぁ~!これは…

えっ!?
(大島)えぇ~。

<最後の夕食は…>

(たくや)えっ?

本当?
天津飯的な感じになるんだ。

(大島)天津飯 あぁ~。

<今回の検証で…>

<…を見せた かずや>

<検証を最後まで 楽しんだ>

(かずや)もう…

(かずや)しかも それで…

<果たして 本当に…>

これで
減ってればな。

<運命の…>

うん。

うん。

ほぉ。

(たくや)まだ…

(たくや)ちょっと…

<まずは 白米を食べる たくや>

<いざ 測定!>

<体重は?>

うん ほとんど変わらず。

素晴らしいね。
すごい!

比較対象としては
素晴らしいです。

(たくや)ハハハ…[笑](かずや)えっ!?すごい。

初日の まんまだ。

(森川)すごい。

あんなに文句 言ってたのに。
ハハハ…[笑]

<続いて 炒飯を食べる かずや>

<いざ!>

<測定!>

<体重は?>

あっ!
あぁ~!

ちょっと減った。

<なんと…>

えぇ~!
えっ!?

本当よ。
本当だよな。

炒飯にしたって。

(森川)いいんだ。(大島)本当だ。

大変よ これ きょう オンエアして

明日 出るよ!

中華料理屋さん!

<最終結果は…>

へぇ~。
(森川)えぇ~!

<炒飯の方が太らないは
本当だった>

<この結果を…>

<…に伝えると>

(森川)あぁ~。

(渡辺さん)…というところが
すごく大きいのかな

というふうに思います。

あとは…

あっ そうなんだ。

(渡辺さん)…には なるので。

(渡辺さん)…かなと 思います。

<ということで…>

(アキラ)はっ!

OK!

<「どうなの課」…>

戻ってきたよ。

<こよいは…>

(森川)えぇ~。

<手作業で
一つ一つ積み上げるという…>

<向かったのは
今回 アキラが お世話になる…>

<こちらが 会社の…>

<早速…>

(別所さん)はい。

(大島)へぇ~。

<そう 今回 行う
かご工は

土木工事の さまざまな
分野に使われる

工法のひとつ>

(別所さん)…と思いますね。

いや ないな。

(大島)へぇ~。

<今回は 見習いの…>

見習いで1万円だから
きついでしょ。

<やって来たのは
こちらの…>

<一体…>

<川岸に積み重なった…>

<金網に 石がギチギチに
詰められている>

<これこそが…>

いや~。

<大雨などの影響で増水し

強い水流が生まれる河川では

川岸の土が水流に巻き込まれ

崩れてしまう>

<そこで 川に接する部分に
石を積むことで

川の決壊を防ぐ>

(アキラ)はい。

(アキラ)生えてますね。

<高速道路の この部分>

<普段は…>

<さらに山では…>

<海では…>

<…など>

(別所さん)そうなんです。

よろしくお願いします。

<こちらが 現場の…>

<足早に 現場に向かう>

<すると>

<なんと…>

<そう ここは…>

<今回の工事の目的は

このように…>

(菅井さん)…という意味で。

<まず…>

ほら。

これは重機で
できるんだ。

(アキラ)うわっ うわっ うわっ。

<重機が砕石を配る>

(アキラ)わぁ きた。わぁ~。

<砕石の投入が落ち着いたら
作業開始>

<石積み作業を
教えてくれるのは…>

(アキラ)はい。

(アキラ)はい。

いや すげぇな!

(佐々木さん)はい。

<…を見せてもらう>

<かごの前側に
石を ぴったりと くっつけ

なるべく 隙間を作らぬよう

石を安定させるように
並べていく>

(森川)パズルだ。

<これは 前側から
かごが崩れないよう

頑丈な壁をつくるため
必要な作業>

<これを繰り返し

積み重ねて いかなければ
ならない>

(アキラ)じゃあ もう本当に…

(佐々木さん)もう本当に…

<職人が…>

(アキラ)重たい!

重いし
選ばなきゃ いけない。

<そう…>

<これを…>

(アキラ)重たい!

これ 腰もう。

<さらに…>

いや~っ。

<1つ目の石さえ…>

<しかし この大量に まかれる
砕石の中で

ちょうど いい…>

まぁ そうだろうな。

(佐々木さん)そうですね[笑]

<アキラは 一列…>

<…かかっている>

<そして
中腰で作業すること 1時間>

(アキラ)ちょっと待って。

ハハハ…[笑]いや 痛いよ。

(アキラ)あ~っ!

<アキラの…>

<そうこう しているうちに…>

<アキラ>

<乗り切れるか?>

(藤岡)<U.F.O.モンスター焼そばパン>

♬~ U.F.O.モンスター
焼そばパーン!

♬~ U.F.O.モンスター
焼そばパーン!

<1 U.F.O.をパンに挟んで…>

フンッ!
<切る!>

<2 マヨネーズと青のりで…>
ハッ! ハッ! ハッ!

<完成! U.F.O.モンスター焼そばパン>

<ん~! なんてモンスターな
焼そばパンなんだ>

ん! うおぉぉぉ!

<濃い濃いソースだから
パンでもうまい‼

<日清焼そばU.F.O.>

<…やって来る>

(華丸)来るよ。

うわ~っ。

<石を積んだら 砕石を入れられ>

<また積んだら>

<また砕石を 入れられる>

<その作業を 永遠に繰り返す>

(森川)ハハハ…[笑]

<もはや…>

(大島)見てるな。
(森川)頑張れ!

(生瀬)そんな顔に
なるわな。

(大吉)急いで。

本当だ。

あんま こんな
言わなかったのに。

<これは 自分のコーナーを
やす子に…>

<職人たちが…>

<アキラは…>

<石は 着実に
積み上がっているのだが>

<すると アキラが
おもむろに立ち上がり>

<もはや…>

<すると>

<背骨の位置を動かし

かご工と同じように
バランスを取り…>

<歩けるようになった アキラは
現場を離れ>

<水を確保>

(大島)うわ~っ。
(森川)すごい汗かいてる。

いい顔してるな。

(アキラ)あ~っ…。

<しかし…>

<次から次へ 石を積み上げる
職人たち>

<アキラも必死に食らいつくが>

<…に襲われ 作業が進まない>

<アキラは…>

<何とか
完成させたかったのだが>

(アキラ)うわ~っ!

<残念ながら アキラは…>

<これで 本日の…>

(佐々木さん)ハハハ…[笑]

<アキラは会社に戻り

佐々木さんから
石積みの指導を受け

少しでも
現場の役に立てるよう…>

<この日の現場は…>

見たことある。

<自然と調和する かご工だが>

<近年 日本でも

取り入れる住宅が
増え始めている>

<今回は このかご工を使った…>

<ただ石を かごの中に
積み上げているだけに 見えるが>

<かご工の作業とは異なり…>

(アキラ)あ~っ なるほど。

<そう…>

<職人が つくり出す…>

<石を見極め かごに隙間なく
石を積むことが できなければ

一流の職人とは言えない>

(アキラ)ちょっと…

(アキラ)すげぇ!もう…。

(アキラ)もう決まった。

(アキラ)あれですよ。

(アキラ)…て言ってくれて。

(アキラ)…めちゃくちゃ…

(アキラ)…て 言ってましたよ。

<アキラのロケを…>

南原さんだけじゃ
ないんだ。

<そう!アキラのコメントが
多かったのは…>

<作業開始…>

<夜になれば また
家の外構の表情が 様変わり>

おしゃれなんですよ ガビオン。
ガビオン いいですね。

<そして迎えた 最終日>

<これまで かごを…>

<…アキラ>

<きょうは…>

来た来た…!

<そのため 各か所の工事は

平行して進行していく>

<工期を遅らせないよう

現場は 急ピッチで進む>

<アキラも…>

<だが ここで…>

<川に水が流れ込み…>

<すでに…>

(華丸)頑張って!

<…だと 見なし ここで>

<雨が やむまで…>

<雨も上がり

再び作業に向かった>

(アキラ)はい 分かりました!

<職人の方々と同じようには
いかないが>

<アキラは
この現場を完成させるため

石を1つ1つ 丁寧に積んでいく>

<そう かご工の方たちは…>

<日々…>

<そして>

<作業が遅れたが アキラは>

いいんじゃない?
(森川)すごい きれい。

<何とか…>

<これで 全ての…>

(アキラ)すみません!

(別所さん)お疲れさまでした。

<見習いとして働いた…>

<このあと アキラが…>

<最後に アキラが…>

(アキラ)絶対 見せずに 石積み。

よ~し 石をしっかり積んで

護岸工事しないとな。

(アキラ)教えてもらったからな
いろいろ。

(アキラ)絶対これは 倒れないように。

(アキラ)あっ あっ…。

(アキラ)あっ あっ あっ あっ…!

はい OKです!

<以上 高額な仕事 かご工って
実際どうなの?でした>

(生瀬)やっぱり ああやって…

(大吉)そうなんですよね。

(♪~)

(♪~)

Source: https://dnptxt.com/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事