出典:EPGの番組情報

アメトーーク! 見取り図同期芸人[字]

▽2007年デビュー組…渡辺直美、見取り図、ジャンポケ、さらば▽売れてなかった時代…賞レースで躍進…今の忙しさ▽先輩・濱家は、どう見てた?▽マヂラブ村上、同期詐称?

詳細情報
◇出演者
【MC】蛍原徹
【ゲスト】見取り図&ジャングルポケット&さらば青春の光&ランジャタイ&ジェラードン&マヂカルラブリー村上/かまいたち濱家
◇おしらせ
☆詳しくはコチラ!
→https://www.tv-asahi.co.jp/ametalk/

ジャンル :
バラエティ – トークバラエティ
バラエティ – お笑い・コメディ

テキストマイニング結果

ワードクラウド

キーワード出現数ベスト20

  1. 盛山
  2. 村上
  3. 一同
  4. 森田
  5. 濱家
  6. リリー
  7. 斉藤
  8. 太田
  9. 同期
  10. 見取
  11. 本当
  12. 直美
  13. 一緒
  14. ジェラードン
  15. ランジャタイ
  16. ジャンポケ
  17. 国崎
  18. 東ブクロ
  19. 結構
  20. 西本

解析用ソース(見逃した方はネタバレ注意)

〈事務所も違う12名が

15年の芸人人生の
紆余曲折を語る〉

〈スペシャルを見てくれた方
ありがとうございます〉

〈今夜は 直美と同じ
2007年デビューの

同期芸人が集結〉

(拍手)

結構ね 人数多くなりました。

『アメトーーク』では
これ 珍しいですよ。 ここまで…。

最初のどなりで
「直美もいるよ」って言って

多分 お客さん 絶対
来ると思ってましたよね。

スタジオに来ると思ってましたよ。

直美もいるよ
見取り図同期芸人です!

(観客の歓声)

「直美のパネルも置いてるよ
見取り図同期芸人」…。

ハハハハ…!
(盛山)同期ですから直美も でも。

前 あの… 加地さんに

「ぜひ 同期芸人をやりたい」と
結構前に言ったら

「あと2組ぐらい出ないと

同期芸人は ちょっとできない」
って言われて…。

ちょっと足りないと。
斉藤から 僕も それ聞いてたんで

「じゃあ もう 2年間 俺らも
筋トレして

あと もう 同期が2組
はい上がってくるの待とう」

っつったら すごい勢いで
駆け上がっていって

気付いたら
「見取り図同期芸人」になって…。

(一同 笑い)

たまたま たまたま。
同期ですから。

それで… えっ? 村上だけなの?

そうなんですよ。
あの… 村上だけなんです 今日。

マヂラブさんは
先輩後輩コンビなんですよ。

そうか そうか。

私も… 野田もなんですけど

NSC行ってないんですよね
養成所に。

なので ちょっと わかりづらくは
あると思うんですけど

私は2007年デビューなので
もう 完全に同期です 皆さんと。

NSCじゃないと でも
同期っていっても

同期感って ちょっと難しいやん。
(リリー)確かに… はい。

(濱家)大丈夫なん? 村上君。
敬語とかタメ口は

どうなってんのかなって…。
(村上)濱家さん!

どういう事?
「早い」って どういう事?

おいおい ちょっと
追及していくので。

俺も こっち側 あんまりないから
ちょっと かかっちゃってて…。

(一同 笑い)

早いんです 濱家さん。

さあ それで ジェラードンよ。
はい。

お願いします。
(村上)アターック!

アターック!
ハハハハ…!

ジェラードンは 最近
出てきたようなイメージなんで

ちょっと後輩かな
っていうイメージあるけども

やっぱり ここと一緒やね。
(かみちぃ)そうなんですよ。

なんかね バレないように…。

(かみちぃ)ここに並べられたら
もう バレちゃいますよね。

横にいたらね。
さあ そして ランジャタイよ。

おはようございます!
ランジャタイです どうも…。

来ました。

ボールド! ねっ!

アタック!
ボールド!

アタック!
ボールド!

そういう事じゃないんですよ。
そういう事じゃ…。

ランジャタイは ちょっと
吉本じゃないですよね?

でも 僕も NSCが一緒です。
12期です 本当に。

(濱家)入ってたんや。
(盛山)もともと 吉本の学校です。

そうか。
もともと 吉本行ってて…。

ジェラードン ウエスPとか。
(西本)はい。

あと
海原はるか・かなたさんとか…。

大師匠や!

師匠。 大先輩… 大先輩です。

ハゲ方 見てみ。
そんなわけないねん。

ハハハハ…! 「ハゲ方」言うなよ。

えっ さらばも…?
(森田)僕らは もともと

松竹芸能という事務所ですけども

入ったのが一緒っていう…。
なるほど なるほど。

正確には 森田の方が
半年先輩ではある… 僕よりは。

(森田)まあ だからっていうのと
スキャンダル多めっていうので

一応 端っこにしてます。
関係ない 関係ない。

ハハハハ…!

(盛山)いつでも切り取れるように。
(森田)いつでも切れるように…。

ありがとう。
今日は 前もって 加地さんから

「この席の意図はないよ」って
言われました。

(一同 笑い)
もう 前もってね 言われてる。

(濱家)心配になるからな。

お前 一歩 踏み込んだら
もう 下落ちんねんぞ これ。

そんなとこに追いやられてんねん。

〈まずは デビュー前

養成所時代の話から
聞いていこう〉

僕の相方…。

そうやんね。

で あの… ホンマに髪の毛も
腰ぐらいまであったんですよ。

そんな お前… ちゃう…
言いすぎやって お前。

(リリー)知っとる人おらんのか?

いつも こいつね 「腰ぐらいまで」
って言うんですけど

ホンマは こんぐらいやねん。

結構あるけどね。

で 歯とかも
今より ボロボロだったんですよ。

今は ちょっと
歯 入れたりしてるんですけど。

僕 記憶あるのが

NSCっていう養成所の
授業が終わって

帰ってる道の途中で
相方に声かけられたんですね。

初めて声かけられて
パッと振り返った時に マジで

日本にレゲエを持ち込んだ人が
話しかけてきた…。

(一同 笑い)

そんな… そんなに不潔やった?

(一同 笑い)

(東ブクロ)怖いわ これは!
(村上)何回出すんだ…。

(濱家)もう ええって これ。
(村上)何回見るんだよ これを。

去年から合わせて これで…。

フリー素材となっております。
(村上)もう わかったよ これは。

NSC大阪やんか 見取り図は。

はい。 僕らは
NSC大阪の29期生で…。

ほんで NSCの東京が だから…。
僕ら 12期ですね。

12期が…。
(太田)12期で。

(リリー)29期と同期ね。

(太田)当時は もう 斉藤と直美が

東京のNSCは
もう 2人が無双してて。

めちゃくちゃおもろい2人
っつって…。

卒業公演とかも もう
斉藤と直美が主役でみたいな…。

最後 いろんな事あって
斉藤と直美がキスして

その卒業公演が終わるみたいな。
えっ?

キスシーンで終わるんですよ。

(太田)これです。
これの最後に

キスする時に 斉藤が
テンション上がって

ディープキスしちゃって
この本番のあとに 直美に

舌は入れないでって言ったでしょ
ってブチギレられるっていう。

ハハハハ…!
(斉藤)テンションが上がってましたね。

僕ら もう 卒業公演
ギリギリで出たんですよ。

ちょっと うちの相方の出方が
また特殊で…。

そうですね。 なんか その…
卒業公演に出れさえすれば

もう 卒業できる
っていう風に聞いてたんで。

最後の方 なんか 太田が

なんか
扉をサランラップに模して

それを破って出てくるみたいな。

それの サランラップを引く役で
僕…。

そういう役で…。
(斉藤)ああ… あったね。

(森田)「すごいな!」
(村上)「めちゃくちゃ主役じゃん」

どこにいるの? どこ?

あいつ
自分で音楽持ってきてる!

リナ!
どこ?

リナ!
どこ?

リナ!

「これや」
(村上)「暗っ!」

(盛山)「照明も当たってない…」

「(一同 笑い)」

ジャングルポケットは
もう 上すぎて なんか…。

もう その時から?
悔しさとかもなかったんですよね

もう なんか…。

ハハハハ…!
(西本)はい。

ランジャタイも
卒業公演 じゃあ…。

いや 僕らは
早々にクビになってるから…。

クビとかあるの?

僕に至っては
出席日数が足らなくて…。

あのね ダンスしか
僕 出てなかったんですよ

ダンスの授業。
ラッキィ池田さんの。

ラッキィ池田さんっていう…。
(盛山)ああー! あった あった!

毎回 ボックスダンスっていう
授業があるんですけど

全員… 知ってるかな?
ボックスを踏んで

ワン ツー スリー ちんこ!
っていう授業が…。

(盛山)あった!
(国崎)あるんですよ。

テンションを解放する
みたいな。

僕は 3カ月間
ずっと それをやってて。

ボックスを踏みながら

直美ちゃんと斉藤がすごい
っていうのを ずっと聞いて…。

(一同 笑い)
ああー 聞いててんな。

なんで
ダンス中も 噂になってんねん!

(森田)ボックス踏んでるとこ
入ってきたんや。

聞いてたら 吉本興業は やっぱり

すごいなっていう感覚よね。
何がすごい?

全然違います。 松竹…。
松竹も だから

養成所があってっていう事やろ?
(森田)養成所はあるんですけど

まず 吉本が 当時
入学金が40万円。

で 松竹は半額の20万円。

だから 僕ら 入ったみたいな。
安いから。

(森田)ただ やっぱ 皆さん
振り込みやと思うんですよ

入学金。
松竹は手渡しやったんですよ。

(盛山)えっ!
(濱家)20万?

(森田)そう。 僕の時が
1列に並ばされて

一番後ろに並んでたんですけど
前の 養成所の講師の人に

みんな
20万円を渡していくんですよ。

で ウワーって数えて その人が
おかきの空き缶に

それを入れていくんですよ。
(盛山・リリー)ええー!

それを 一番後ろから見て

逃げるなら今やなって
思ったんですよ。

(濱家)引き返すならな。
ああ そう!

〈その後
バラバラに売れていった

6組の同期たち〉

〈ここからは 5つの期に分けて
トークしていこう!〉

直美 ビヨンセ・いいとも期。
(東ブクロ)早いなあ。

ピカル期。

インスタバズり期。

で もう 大スター期。
(盛山)大スター期?

で 今 世界進出期と
5つに分けまして…。

(盛山)すごいな 直美!

こうやって見たら
めちゃめちゃすごい同期…。

このあと 俺ら何か言って
ウケるんですか? ホンマに。

こんな… こんなん見せられて…。

(缶を開ける音)プシュー
<晩酌が趣味だという小池さん

新商品は必ず試すんだそうです>

<それでは 飲んでいただきましょう>

<サントリーで
新 「グリーンハーフ」!>

(小池)うめぇ うめぇぇぇぇ~~~!
<これで糖質オフなんて>

それぞれ 皆さん
どんな感じやったかっていうのを

聞いていきたいと思います。

まず 直美 ビヨンセ・いいとも期。

直美ちゃんは まあ ここやわね。

もちろんね。
(盛山)もちろんです。

ほんで 皆さんが
どの辺りかっていう事やわ。

僕らは… 多分 直美の次は
僕らだと思います。 この時は。

(盛山)確かに。
もう ジャンポケ 出てたんで。

もう 1年目のケツに
コント番組のレギュラー番組

持ってたんです 僕ら。
(濱家)すげえな。

もう レギュラーあったんや。
ほんなら もう…。

(リリー)確かに。
それは しゃあないですね。

もうちょっと下ちゃいます?
そんな直美と近い?

(太田)直美が
結構 本当 同じぐらい…

ジャンポケっていうか
斉藤と直美が

一緒ぐらいだったんです。
(リリー)そう?

3人トータルしたら
ちょっと下かもしれない。

おたけ… おたけ分があるんで
もうちょっと下に…。

おたけ分がある…。

(村上)結構下がるね。

直美のビヨンセ・いいとも期は
おたけの月島チンピラ期なんで

もうちょっと下かも…。
(盛山)月島チンピラ期…。

他のメンバーよ。
(盛山)他 もう

そのままでいいですよ。
もう なんにもなかったの?

(東ブクロ)でも 我々が ちょうど

2008年に組んでるんですけど。
もう 組んで3カ月で

大阪の賞レースに
残ってたりするんですよ。

だから その中では ある程度…。

あんま お前
同期じゃないヤツが…。

やめろや! もう。
(村上)同期じゃないの?

同期じゃないの?
(東ブクロ)同期やって。

でも まあ ジャンポケの方が…。

(森田)でも とはいえ
ジャンポケも そんな…

大阪おったら
そんな聞かなかったですけどね。

でも 『エンタ』とか
そっち系だったでしょ?

『エンタ』とか出てたの? じゃあ。
『エンタ』も出てました。

さらばは出てた?
(森田)『エンタ』は出てないです。

僕と組む前に こいつが
『エンタ』に出ようと思って

なんか 2メートルぐらいある
オーバーオールの先輩と

1回 組んだんですよ。

で その時 僕
別のコンビやってたんですけど

僕が解散したら
その先輩とも すぐ解散して

僕に 「コンビ組んでくれ」って
言ってきたんですよ。

へえー!
(森田)そう だから こいつ

その頃から なんか そういう
二股みたいなの好きやった…。

いらん事 言わんでええねん。
(盛山)片鱗はあったんや。

じゃあ まあ さらばは
ちょろちょろや いったらね。

(村上)結構
マヂラブちゃんも でも…。

「マヂラブちゃん」?

もう 2008年ぐらいで
M-1は 準決勝とか行ってた…。

早かったな 確かに。
(村上)はい 2年目で もう

準決勝は行ってましたね。
ああ そう。 えっ 見取り図は?

(盛山)僕ら M-1準決勝
初めて行かせてもらったのが

二千…?
2010か 2009?

2009か 2010…。
2009やったら 一緒やんか。

いや 2008なんで 僕らの方が。

ちょっと… ほんのちょっと。

本当 2008年… 2008です。
2年目。

でも マヂカルラブリー
っていったら ここやけど

村上君やろ?
そうか ジャンポケも

おたけ おれへんかったら
もうちょい こうやもんね。

おたけがおるから こうやもんね。
(斉藤)そう そう… そう!

まあ こう… 一緒ぐらいにする?
一緒ぐらいにする?

ランジャタイ ジェラードンよ。
(国崎)ランジャタイ…

もっと下げれますかね?
結構… 一番下なんやけど。

落としてもらってもいいですか?

本当に下。
(国崎)ネタ見せが

なんか 河原とかで
作家さんが開いてたんで。

ハハハハ…!
(太田)正式なやつなの? それ。

なんか
正式じゃない作家さんがいて。

(盛山)正式じゃない…。
(太田)野良作家でしょ?

野良作家でしょ?
(国崎)野良作家がいたんです…。

(一同 笑い)

(太田)野良作家の路上…。

でっかい番組とつながってるって
言い張って。

言い張って?
(国崎)言い張って

二子玉川の河原で ネタ見せ…。

野生の野良作家が…。
ジェラードンは?

(かみちぃ)僕らも
ランジャタイと一緒ぐらい…。

もう なんにもなかった?

(西本)そうですね
僕らも この時は

ライブすら出ずに ずっと… ねえ。

養老乃瀧で
ずっと働いてました…。

ずっとバイトや。
だから まあ この時は

ジャンポケが
一番いってる感じやんか。

周りは…。
(村上)正直 だから 同期だから

「悔しい」とかないですけどね
それは もう。

「悔しい」ないの?
(村上)もう なんか

違う世界みたいな。
上の もう 売れてる人みたいな。

この時 かみちぃが
入ったばっかぐらいで

なんか すごい 口説き落とされ…
ずっと 僕は断ってたんですけど。

でも 一番最後 入る時に

「俺が入ったら ジャンポケなんて
一瞬やろ」って言って

最後の一言が とんでもない…
「じゃあ もう 入れよう」っつって。

入ったんですけど
∞ホール行った時に

ジャンポケの太田が
かみちぃに話しかけに行った時に

かみちぃが 「おはようございます。
今日 よろしくお願いします」って

めちゃくちゃ 敬語使ってて。

俺 それで もう 引いちゃって。
なんだ こいつと思って。

(濱家)なんで
同期に敬語使うのよ。

僕らも こんな事 言ったら
変な話ですけど

この時は

…と思ってました。
(盛山)すごいな。

でも それはそうやんね。
そう思って みんな

やってんねやからね。
(斉藤)その時に

テレ朝の『トリオさん』っていう…。
あっ やってた!

(斉藤)それこそ パンサーと
もう この時に

トリオ3組の深夜番組で
2000人ライブとか

そういうのとか…。
すごいね。

ほんで
ジャンポケ以外のメンバーは

だから まあ 仕事もそんなないし。

僕らで言ったら この時って
本当に 漫才の仕方とか

あんまり
わかんないじゃないですか。

だから 自分たちで 勝手に

漫才ってこんなんやな
っていうのを作り出してきてて。

昔の映像見たら 2人とも なんか
こうやってるんですよ。

だから 僕 この時の事を
相方を見て

「太オペラ期」って呼んでる…。

(盛山)歌いだしそうやけど。
(濱家)太オペラ期…。

映像見たら。
僕 今も 緊張しいなんですけど

この時は もう
緊張しいのピークすぎて

漫才中ね こう 相方の
この 服の袖を持っとかな…。

(リリー)ホンマに こう…。
(盛山)裾をこうやって。

こうやって…
だから 昔の僕らの漫才って

やたら ずっと こうやって
引っ付いてやってるんですよ。

ずっと。 それぐらい
慣れてなかったですね。

慣れてない?
(盛山)それこそ リリー この時

濱家さんに めっちゃ
ごちそうになったんじゃない?

ああー そうですね。
よく ごはん 一緒に行ってました

行ってました。
(リリー)ホンマに ちょっと

今 思い出したらイヤやなって
思う事があるんですけど。

リリー いいで。
リリー 今日はね…。

濱家さんって…。
(濱家)今日はいいねん リリー。

リリー!
(盛山)ちゃんと聞いてくださいよ。

(リリー)なんか ハマったら グッと
こう 夢中になるんですよね。

一時 マジックに めちゃくちゃ
ハマった事あったんですよ。

で ちょっと 呼び出されて
ホンマに 4時間ぐらいかな?

なんか いろんな方法で
コインを こう 消し始めて。

4時間目入ったぐらいの時に
こいつが消えてくれんかなと…。

(一同 笑い)

(盛山)このマジシャン…
このマジシャンが消えてほしい?

どうにかして消えてくれんかなと。
(濱家)俺も その時

ちょっと太ってたんですけど
太マジシャン期ね 俺の。

「太オペラ期」みたいに
言わんといてください。

(濱家)太マジシャン期ありました。
コイン こう 消してる…。

4時間ぐらい…。

ジェラードンは?

相方 西本と
今は休んでる 海野っていう…

この2人で
コンビだったんですけど

うちの相方が 海野の家に
ネタができたっていって

ノート持っていって
海野が見たら

「これは面白い」っつって。
「今度 ライブかけよう」っつって。

そしたら かけたら めちゃめちゃ
ウケたらしいんですよ。

で しばらくして 西本が 海野に

「ちょっと このDVD めっちゃ
面白いから 見てくれ」って言って。

バナナマンさんの単独ライブの
DVD 貸したんですって。

そしたら 海野が見てて
この前 自分たちがやったネタを

バナナマンさんが
めっちゃやってて。

「あいつ 丸々パクったな」って…。
えっ!

でも 1年目って…。

(盛山)そんなパクらんで。

芸人って あるある…。
(盛山)全パクりはないって。

ランジャタイは
だから この時は?

(国崎)この時 僕ら 右も左も…
NSC辞めて わからないまま

ソニーっていう事務所に…。
この時 ソニーに入ってるの?

(国崎)はい。 まだ
バイきんぐさんもシショウさんも

賞レース行ってない時に…。
ああー そうか そうか。

ライバルが 「たかね」っていう…。
たかね?

…っていう小学生姉妹のコンビが
いたんですよ。

小学生?
(国崎)はい。

いつもバチバチで
僕らと たかねが。

小学生と?
小学生姉妹と?

どっちが一番面白いか
決めようってなったんですよ。

一番ってなんやねん。

たかね VS ランジャタイで
投票制で。

で 結局 18対2で負けて。

ボロ負けやん!
(盛山)大差で負けてるよ。

たかねが一番面白いってなって。
(盛山)たかねに負けたか。

(国崎)すごかったですね もう。
伊藤も ずっと一緒におんねんね。

ずっと… はい。
思い出は共有してます。

何言ってるんですか! 今日
伊藤が一番しゃべってますよ!

ずっとしゃべってます。

今の 一言目やで 伊藤。 今日の。
(盛山)完全に 一言目。

この頃 あれですね
Mー1 1回戦の…。

(濱家)急に…。
(伊藤)濱家さん!

(国崎)一番しゃべってますよ…。
伊藤 なんて?

M-1 1回戦出て
1年で4回ぐらい

落ちましたね 僕ら。
そうでした そうでした。

(太田)再エントリーで。
(伊藤)名前変えて出たりとか。

ランジャタイで落ちて
おいもほったーずで また…。

(村上)それで勝っちゃったら…。
(伊藤)それを繰り返してましたね。

さあ ピカル期いきますよ。

2011年から2013年。
(盛山)『ピカル』出てたな。

(太田)僕らが やっぱ まだ
直美の次だと思いますね ここは。

(森田)いやいや
ここは 僕らじゃないですかね。

えっ さらばも きた?
(森田)僕ら キングオブコントの

決勝に行ってるんで。
(太田)そうか。 初めて行った時。

準優勝してますから。
準優勝…。

あっ! これ すごいやん。
(盛山)すごっ!

(斉藤)僕は その時に NHKで
子ども番組を1人で もう

ずっと やってましたし。
Eテレかなんかで?

で この時に 『ロンハー』の
アイドルトラップ。

(太田)うちの斉藤が
『ロンハー』にハマってます。

(斉藤)
アイドルトラップかけられて

そこから知名度が
ドカーン! きて…。

(一同 笑い)

結構 きだしてる…。
(斉藤)もう すごかったですね。

だから その時期は もう
はーい! って…。

えっ 今?

タイミング
ちょっと おかしくない?

そこでは まだ
生まれてなかったですけど…。

今でいいんですか?
このあとに生まれましたけどね…。

でも 斉藤だけですよ? だから。
ほんなら さらばより落ちるの?

(太田)3人でって事ですか?
(リリー)でも ブクロも入れてよ?

まあ… まあ だから…。
(東ブクロ)なんでやねん!

(森田)そうですね… 2012で
キングオブコント決勝行って

2013で…。

(一同 笑い)
ああ ああ ああ ああ…。

(盛山)じゃあ 下… だいぶ下。

だって
おたけは寝取ってないもん。

(一同 笑い)
(おたけ)それは そうなのよ。

そこだけは…
私は 寝取りはしてないのよ。

そういう ちょっと スキャンダル
みたいなのなかったら

結構 もう 並んでるぐらいやんか。

スキャンダルが
全て下げてましたね。

だから もう
こういう感じもあるよね。

(一同 笑い)
こういう感じもあるよね。

「光」の方なんですね ブクロはね。
ハハハハ…!

(太田)お前が「さらば」…?

俺が「光」やけど。

「さらば」の方ですけど。 蛍原さん
逆にしてもらっていいですか?

そうです それでいいんです。

ジャンポケも
こうですもんね だから。

そうですね 「ト」が一番下で…。
おたけが「ト」なの?

(おたけ)私 「ト」です。
おたけが「ト」なの?

(森田)「ト」だけなん?
こういう事やろ?

(一同 笑い)

(リリー)訳わからん。
(森田)2人で「V」?

見た事ある? そんな年表。

ちょっと斜めぐらいにしとく?
ねえ ねえ。

ほんで 見取り図。

これ 村上君 めっちゃ上やろな。

『THE MANZAI』ですよね
だから。

あっ 『THE MANZAI』。
(村上)認定漫才師とかに

なんか 地味になってるみたいな
状態ですね。

M-1がなくなってて その時。

でも 僕らも認定漫才師…。
(盛山)認定漫才師 なってます。

なってる?
ほんなら まあ 一緒やね。

でも マヂカルラブリーじゃなくて
村上1人なんで

ちょっと下ですね。
(村上)村上1人でも…。

(盛山)さっきから このルール。
ほんで

ランジャタイ ジェラードン…
ちょっと変わってきた?

まだ います 河川敷に…。
(一同 笑い)

(太田)まだ野良作家の…?
(国崎)まだ野良作家してたんです。

ジェラードンは?
(西本)僕らは この時

自分たちで しっかり
ネタを作ろうって思い始めて。

パクらずにね。
(森田)ようやく気付いた?

東京03さんのDVDを見て…。

まあ 見るのはいいよ。
見るのはいい 勉強になる。

(西本)研究し始めて
東京03さんみたいなネタを

作ってみたんですよ。
はい はい。

そしたら
ボケ1個も入ってなくて

ただのサスペンスが
出来上がったんですよ。

(一同 笑い)
(西本)これは

ネタ できねえやって思って。
ただのお芝居になっちゃう…。

じゃあ とりあえず
こんな感じにしようか。

さらばなんかは
やっぱり この辺りは

準優勝している
キングオブコント。

でも やっぱ 思いの外 ちょっと
仕事が増えなくてというか。

松竹やんね? まだね。
(森田)松竹ですけど

2013年の3月に

僕らは辞めてるんで。
(東ブクロ)で 東京 来て。

松竹 辞めた1カ月後に
スキャンダルやから もう…。

こう きだしたんが ちょっと
こう… っていう感じなんや。

なんか
東京の芸人さんとかから もう

無視されるぐらいのノリでしたね。

(濱家)すごかったもんな
あの頃な。

キングオブコントの決勝の日
あの時

芸人が審査してたじゃないですか
あの時代って。

やってた やってた。
(濱家)だから

本番始まるってなった時に
偉いさんがパッと来て

「あの… 皆さん いろいろ思う事
あると思いますが

何とぞ 審査は公正に」って言って。

本当に さらばに
みんな 点数入れへんみたいな

空気になってるんちゃうか
っていうので

もう すごい ヒリついた空気に
なってましたもん。

ジャンポケは だから
ずっと変わらず好調な感じやね?

(斉藤)
ライブとかも満席になるのが

もう 当たり前みたいな感じで。

(村上)たまに やっぱ
ライブは 一緒に こう

∞ホールっていうので
若手が一緒になるんですけど

ちょっと やっぱ
出てるライブは違うんですよね。

ちょっと上のライブに出てて。
僕ら ちょっと下のライブで

一緒に絡めないけど
噂は こう 入ってくるみたいな。

その時に すごいビックリしたのが
斉藤君が 出待ちの女の子を

そのまま連れてっちゃう
っていう噂が流れてきて。

とんでもないヤツいるじゃんって
思ってました 僕。

すごかったんですよ 昔ね
みんな なんか そういう時期…。

はい!
(一同 笑い)

頼りすぎやねん。

なんで 全部の話
それでいけるん?

そういう時期はありました
昔 確かに。

サイドカーとかに乗っけるの?
その時。

サイドカー?
(国崎)持ち帰る時

サイドカーに乗っけるって事?
女性をね。

サイドカーで 現場行ってたの?

僕は 歩いて行ってましたね。
はい。

斉藤さんがサイドカーに
乗っかってる…?

伊藤は 小声で
なんか しゃべってるけど

何 言うてるの? それ。

小さい声で
「サイドカー」っつってます。

サイドカー。 彼が言った事…。
(濱家)復唱してただけ?

復唱してただけかいな。
(盛山)でも 初めて その時

ジャングルポケットと
交流しましたね。

あっ そうだ。
(盛山)大阪と東京の

合同ライブみたいなのあって
この時 太田 イケイケでして。

僕らの漫才を
初めて見てくれてたんですよ。

ほんで はけてきたら
「見取り図!」って呼んでくれて

「おめえら
漫才 面白えな!」って…

悟空みたいな出会い方して…。

(一同 笑い)

(濱家)「ワクワクすっぞ!」って
言ってた?

ホンマ『ジャンプ』の出会い方して。
でも 面白かったんやね。

(太田)めちゃくちゃ
面白かったんですよ。

(斉藤)ウケ方
やっぱ えげつなかったですね

見取り図は その時から。
(リリー)いや でも その時

僕 結構 不安がありまして。

多分 2011年ぐらいなんですけど
ようやく 週に2回ぐらい

劇場 出番がもらえるみたいな時が
あったんですよ。

だから 月に8回ぐらい

一応 漫才の仕事がある
みたいな時期やったんですよ。

その時に 相方から呼び出されて

「仕事量の限界や」って言われて。

(濱家)月8の漫才が?

1カ月
ホンマにお休みいただいて。

ちょっとしんどかったんやな?
(盛山)しんどくて

ずっと
『パワプロ』してたんですよ。

あの… 『パワフルプロ野球』
っていう野球ゲーム。

それで オールAっていう
とんでもない選手 出来上がって

復帰しましたもんね。
(一同 笑い)

『パワプロ』で オールAを作って
やっと復帰できた…。

しかも この時 僕ら…
河原って言ってた ランジャタイ。

僕らは僕らで
天王寺っていう街の歩道橋で

ストリート漫才 ずっとやってて。
(濱家)へえー!

(盛山)「ストリート漫才で
鍛えよう」言うて 歩道橋で

「よかったら 漫才するんで
集まってください」じゃなくて

僕らが歩道橋に地べたで座って

「漫才します」っていう
紙だけ貼って

声かけてもらったら
ムクって立ち上がって

漫才始めるっていう

めちゃめちゃ偉そうなスタイルで
やって…。

(一同 笑い)
(盛山)やってたよな。

僕らも 路上ライブ
やってたんですよ 実は。

えっ 知らんわ。

ただ 路上ライブといいましても
ネタ 一切やらず

ただ 大喜利を
ひたすらやり続けるっていう。

大喜利やってたん…?
(盛山)路上大喜利?

僕らも自主ライブやってました
自宅で。

うん? 自宅で?
(国崎)おうちで。

自宅で 何?
(国崎)単独ライブっていって

僕らの撮った漫才を お客さん…
僕ら扮するお客さんが来て

自分たちの漫才を自分たちで見る
っていう単独ライブを

アンケートまで作って
やってました。

ちょっと 種類が違うね。

第9回までやってました 本当に。
(村上)すごい量。

(伊藤)月10本
新ネタ 作って ちゃんと。

で 浜口浜村さんの
浜村さんっていう方が

第9回に来てもらって

僕 浜村さん 伊藤で
そのVを見て

途中で 浜村さんが
「気持ち悪い!」って言って

それで中止になりました。
(一同 笑い)

それ 正論やと思う。
(国崎)全てが「気持ち悪い」…。

(盛山)それは気持ち悪いよ。

この頃は だから
濱家とリリーも…。

いいです いいです。
(リリー)この時

一番 今でも覚えてるんですけど。
(濱家)リリー! リリー!

まあ 僕 お金なかったんで
優しさなんですけど

服… 「服 送ったる」と 家に。
「住所教えて」っつって。

段ボール 2箱ぐらい
パンパンに送ってくれて。

でも 見たら
ろくに着れるものがなくて

捨てるのに9000円かかりました。

(一同 笑い)
(東ブクロ)迷惑やな。

(リリー)金ないのに
更に かかりました 金が。

服ダサ期?
服ダサ期。

「服ダサ期」って なんやねん!
(リリー)すみません。 服ダサ期。

さあ そして ここか。

インスタのフォロワー数が

2016年から ずっと1位ですって。

(一同)へえー!
すごいね やっぱりね。

こちらのメンバー。
ジャンポケは だから…。

キングオブコント準優勝
してるんですよ ここら辺で。

ほんなら 結構 上ちゃう?
(太田)はい。

(斉藤)おたけが 前日の夜に
白いトカゲを見たんだっけ?

(おたけ)あっ! あの…。
(濱家)フフフフ…!

(おたけ)マンションで…
白いヤモリって

めちゃくちゃいいって
聞いた事あるなと思って。

白い?
ヤモリは 大体 白いんじゃない?

(おたけ)本当ですか?
まあ まあ いいじゃないっすか…。

(濱家)おい! おい!
先輩 いなすなよ お前。

先輩 いなすなよ。

(おたけ)ちょっと
僕 お願いしたんですよ。

キングオブコントで
いい結果が出ますようにって

お願いしたら
ヤモリがパーッていなくなって

そのあとに パーッて 今度…。
戻ってきたん?

奥さん連れて
夫婦で戻ってきたんですよ。

その時に 俺 明日 いけるって
思ったんですよ。

いろんな なんか…
かかっちゃって。

ヤモリも見てるし なんか もう…

準優勝だったネタの一番最後に
出てくる時に

俺らが 一度も稽古で見た事ない
動きしながら

入ってきたんですよ。
(おたけ)僕 もう 記憶なくて

ヤモリが乗り移ってたんですよ
その時。

(村上)ヤモリ そんな動きしない。

さらば どうだった?
(森田)僕らは もう 賞レースは

2015 2016 2017 2018は
全部 決勝には…。

(東ブクロ)M-1も行ってるし。

2016は M-1行ってる…。
そうやんね。

1組 もう
決定してるようなもんでしたね

キングオブコントは。
勝てないみたいな。

あそこは もう 決定してるから
他の枠で狙うしかないぐらいの

もう ここは…
1組は決定みたいな。

でも まあ
ヤモリのおたけに負けてたんで。

(一同 笑い)

見取り図と村上
この辺りは どう?

M-1決勝に 僕らは2017
見取り図が2018に行ってますんで。

ほんなら もう
全体的に上がってきたね。

いやあ でも
なんとも言えん結果だったんで

全然下の方です 本当に。
マヂカルよりダメ?

(盛山)はい 下です。
(村上)僕ら だいぶダメでしたよ。

上沼先生の あの一連の…
あれが 2017なんで。 でも…。

まあ でも
決勝に行ってるわけやからね。

そうなんですよ。 それで
なんだか 知名度は上がったので

まあまあ 割と…。
見取り図も こんな感じ? ここ。

ランジャタイは?
ここで 地下ライブ…

モダンタイムスさんっていう
それこそ

マヂカルラブリーさんの
師匠の方と出会って

地下で どう生きるかを
学びだします ここで。

だから もう 下ですね。
ちょっとは上がってる?

(国崎)いや 上がらないです。
地下で どう生きるかですから。

全然上がってない。
ジェラードンは?

おもろおばけ屋敷
っていうのがあって。

おばけを
沖縄に やりに行ってたんですよ

この時期 1カ月間。
1カ月 おばけやってたの?

1カ月間 お笑い全くやらず
ずっと おばけを…。

リゾートバイトみたいのあんの?
そんなん。

その時期に
僕 角刈りにしたんですよ。

えっ?
ずっと これじゃないの?

(西本)みんなが
ネタで頑張ってる時に

ずっと お客さん来るまで
ワッ! とかってやってて。

俺 何やってるんだ
もう 角刈りにしちゃえと思って。

(濱家)なんでやねん!

どうでもいいやと思って。

まあまあ… こんな感じ?
だから ジャンポケは もう…。

僕 この時に結婚するんですよ
2016年か… 2015年か。

最初のデートとかを
セットしたのが

僕だったんですよ 2人を。

「夜 誘うな。
昼 誘いなさい」っつって

で うなぎ屋を予約して。
そう。

で 結ばれたな うん。

(一同 笑い)

見取り図は…。
(盛山)2018年には

M-1 初めて
行かせてもらってるんですけど

家賃6万円が払えなくて
家 追い出されてて

もう 月7000円とかで借りる
トランクルームに

もう 全部 家財入れて
暮らしてたんですよ。

家は?
(盛山)家は もう…。

ちょっとした荷物は…。
(盛山)はい。

だから 僕 漫才の仕事ある時は

私服で
トランクルーム入っていって

トランクルーム出てきたら
スーツやったんで

僕 ちょっと
スッパマンみたいな生活…。

(一同 笑い)

(盛山)トランクルームで着替えて
こう 出てくるみたいな。

さらばは?
あの… 2015年に 僕

7年間 付き合ってた彼女と
別れたりとか

なんか 結構 イヤな時期というか。

しかも 別れた直後に

トークライブあったんですけど
そのトークライブで

結構 その彼女の
ちょっと 悪口みたいな…

悪口じゃないんですけど
なんか こう…。

エピソードみたいな感じで。
(森田)エピソードで

結構 言っちゃったんですよ。
で それが あの…

見に来てたファンの人が
内容 全部ブログに上げて。

当時の彼女が
「傷ついた」っつって

「慰謝料 欲しい」って
言い出したんですよ。

それが キングオブコントの
決勝の前日やったんですよ。

えっ!
(斉藤)うわー!

俺 明日 1000万とっても
全部 慰謝料に

持っていかれるのかと思って。
(盛山)うわあ…。

(森田)っていうのが
グワーってなって 出たら

松本さんに 「床 見てる方が
おもろかった」って言われて。

(一同 笑い)

(斉藤)あの… 絵のやつか。
(森田)絵のやつ… そう。

それを見てた彼女から連絡きて

「あまりにも可哀想やから

慰謝料は許してあげる」
っていって

その時の優勝者と僕だけ
ちょっとガッツポーズした。

(一同 笑い)

賞金は同じぐらいやもんな
多分な。

(森田)そうですね。
よっしゃ! っていう。

ほんで 村上は?
(村上)はい。 2015辺りで

大宮行きになるんですよ。
あっ! 大宮だ。

(村上)今でこそ
大宮セブンとして

『アメトーーク』とか
出させてもらってますけど

当時は もう 本当 左遷ですから
大宮っていうのは。

そうなの?
(村上)そういうイメージでしょ?

とりあえず
夜の街に出かけていって

大宮の なんか 有力者みたいな
金持ちと飲んで

その人たちのカラオケを

ヘイ ヘイ ヘイ! って盛り上げる
っていう毎日の生活ですよ。

(盛山)最悪やん。
(村上)そこで だから

もう こうやって
終わっていくのかなって…。

見取り図と並んでますかね?
今の話 聞いてて…。

ほんで 僕は僕で
トランクルーム通ってたんで…。

ちょっと だから… こうやわ。

(盛山)全然下でしたわ。
ちょっと 上 行きすぎやわ。

でも 僕個人としては
M-1決勝行った事で

みんなに こう 知名度というか
マヂカルラブリー村上は

同期なんだよっていうのが
多分 この辺りで みんなに

伝わってるんじゃないかなって
思うんですよね。

(盛山)それこそ 村上君とは
M-1で一緒になって

仲良くなったんですけど…。
(村上)そうですね はい。

(盛山)どうやら ジャンポケとか
ジェラードンとかは

村上君に ずっと敬語なんですよ。
えっ なんで? なんで?

いや 同期… 同期なんて思った事
一度もないです。

ずっと先輩です。
(太田)ずっと先輩。

ある日 村上が僕のとこ来て

「僕は 本当に同期だ 君と」。
(村上)「信じてくれ 本当なんだ」。

で 「お願いがある」と。

「同期たちに マヂラブの村上は
同期だと言い回ってほしい」。

「本当に 同期だから…」。
(村上)一番おしゃべりだからね。

本当に
変なタイミングだったよね。

ルミネで出番 一緒になった時に
全然 違う話 してるのに

「あっ そういえば マヂラブの
村上君は同期やで」って言って

どっか行きましたから。

(一同 笑い)

(盛山)1年間ぐらい
活動してたんですよ。

(太田)すごい変なタイミングで…。

さあ 大スター期いきますよ。
もう だって 「大スター」って

言ってもうてるもんね
直美ちゃんは。

もうちょっと上でも
いいぐらいです。

ここやんな もう。

大スターやもん。 もう ここやわ。
(太田)ここで また あの…

ストレッチャーズっていうネタが
バズる…。

(盛山)ああー…。
(太田)『有吉の壁』。

変われへんね
ジャンポケとしては。

ほんで さらばが?
(森田)僕らは

2018年で 賞レース
全部 卒業したんですよ。

で なんでか わかんないですけど
その辺から

テレビに
呼ばれだすようになったから

ジャンポケとかは 本当
めっちゃくちゃ一緒になる…。

本当に 一緒になりましたね。

もう ジャンポケと
一緒ぐらいじゃない? 正直。

(リリー)すげえ 並んだ。
(盛山)とうとう並んだ。

正直 本当に… ねえ。
(観客)おおー!

「おおー!」って言われんねや
これ。

(一同 笑い)

ねえ! ほんで この辺よ。
マヂカルとか見取り図は…。

この時 2018 2019 2020と

M-1 3年連続
出させてもらった時です。

だから かなり上がってるよね
やっぱり。

ほんで マヂカルは とった?
優勝しましたんで

ちょっと 一時的には
上なんじゃないですかね。

一番上でしょう これ。
こうなるの? これ。

(リリー)チャンピオンですから。
チャンピオンは こうなん?

でも 村上 ピンか…。
(村上)僕もチャンピオンなのよ。

そっか。 マヂカルラブリー
コンビでの札じゃないわ。

(斉藤)でも こいつが
急に 偉そうになりだした…。

「こいつ」って なんだ!
(斉藤)急に…。

だから やっぱり 優勝してから
ちょっと変わりましたね。

てめえ自体の…。

てめえだけの実力ではない
っていう事があるから。

斉藤さん 太田さん
落ち着いてくださいよ。

(一同 笑い)
敬語や。

まあまあ…
でも チャンピオンやからね。

(村上)チャンプは
チャンプですから。

ジェラードンも…。

キングオブコント準決勝
初めて行けたりとか…。

(村上)YouTubeは?
(かみちぃ)ユーチューブも

そうですね
ユーチューブ始めてとか。

大宮も この辺りから行ってるし?

(かみちぃ)そうですね…。
(村上)大宮セブン この辺ですね。

で ランジャタイよ。

僕らも マヂカルラブリーさんが
優勝した事によって

もう グンと上がります。
なんで?

マヂカルラブリーさんが
優勝した事によって グンと…。

聞いたって!
(太田)なんで 理由 言わないのよ。

伊藤 ずっと
なんて言ってた? 今。

(一同 笑い)

もうちょっと張ってくれるかな?

マヂカルさんが
優勝した事によって

地下ライブの門を開いてくれて
なんでもありに

してくれたんですよ。
(村上)盛り上がったんですよね。

共演する事も
少し多くなってきたりとか。

ほな もう この辺でいい?
ジェラードンと並ぶぐらいかな?

(村上)この時の
ランジャタイって

地下のNON STYLEって
言われてたんですよ 本当に。

地下のNON STYLE。
(村上)ワーキャーです。

こうなったよね。
だから やっぱり

M-1チャンピオンになると
もう それは 一気に ちょっと…。

太田君 太田君。

(太田)
単純に先輩が優勝したなって…。

(村上)野田はね 先輩だから。
(濱家)同期の悔しさみたいなのは

あんま なかったんや じゃあ。
(太田)ゼロでした 本当に。

単純に もう 泣きました
決勝見て。 優勝して。

先輩って言わないです。
野田は先輩だから。

今日 めっちゃ喜んでたんやから
村上君。 喜んでたんですよ。

僕は やっと 『アメトーーク』で

同期芸人で
出させてもらう事によって

公式で みんなと同期になった。

(一同 笑い)

友達が1人もいなかったんです
本当に。

僕も 東京 来た時 野田さんと
同期ぐらいやと思ってたから

最初 敬語でしゃべってたんですよ
村上君に。

「村上さん」って
敬語でしゃべった瞬間に

「すみません やめてください
後輩なんで」

「見取り図と同期です」って
めっちゃ来て…。

(一同 笑い)
だいぶ… だいぶ…。

(濱家)不安やったんやと思う。

ほんで まあ さらばも順調で…
みたいな事やわね。

そうですね。
なんとなく このぐらいから

売り上げが なんか
上がってきたなみたいな。

社長。 もう 社長になってる。
(森田)そうですね。

あと 事務所で
猫を飼いだしたんですよ。

ほんなら なんか
好感度 上がってきて。

(リリー)やらしいよ それは。
(森田)猫 飼いだしてから

マジで売り上げが上がってきた。
(濱家)へえー!

招き猫や 招き猫。
(森田)本当に招き猫ですね。

この時期に 急激に
森田の平場の強さが

世間に知らされたっていうのは
ありますね。

なんなん? お前。
(斉藤)これ あの…。

なんでもできるぞと?
(斉藤)そう。 でも そのあとにね

東ブクロが
いろいろやるんだけども…。

(一同 笑い)
(おたけ)早い 早い。

(東ブクロ)早い。
(リリー)焦るな 焦るな。

まだ早いか。
急いじゃって ごめんな。

〈そして 現在の
直美 世界進出期〉

〈ランジャタイ ジェラードンも
躍進〉

〈全員 ブレークのはずだが…〉

みんな上?
(東ブクロ)上や。

僕 上で ブクロは下です。

なんでや!
こう?

(森田)そうですね。
(東ブクロ)落ちすぎや。

「さらば」の方
ギューン! いってもうてるやん。

蛍原さん 「さらば」だけ
ちょっと ちぎって…。

(東ブクロ)ちぎれるか!
(森田)落としてもらっていいです。

見た事あるか? ちぎってる画。

めちゃくちゃいい感じで
きてましたもん だって 去年。

そうやんね。
(森田)去年からいってたのに

まあ 2回目のスキャンダル。
(東ブクロ)まあ ありまして。

ネットでは
8年ぶり2度目っていわれる…。

(一同 笑い)

「甲子園ちゃうねん!」とか
言うてる場合ちゃうやん。

こいつ こんな
意気揚々とやってますけど

オンエア まだ映ってない可能性も
ありますから。

(一同 笑い)
(森田)わかんないですから それ。

オンエアまでに なんかある
可能性ありますからね。

(東ブクロ)さっきから
モニター見てるんですけど

この 全員が映る引きの時
僕だけ入ってないんですよ。

ほら ほら ほら ほら…!

(一同 笑い)

(東ブクロ)なんやねん!
(森田)あんま入るな もう。

さあ 見取り図も だからね…。
(リリー)はい。

ありがたい事に この時期に
さらばの森田と 見取り図

3人のレギュラー番組
始まったんですよ。

そうですね。
ごめんなさい ブクロさんは…。

なんか テレビ出れない時期
やったんですよ その頃。

始まったのが?
(東ブクロ)はいはい はいはい…。

それも だから
見取り図が勢いよすぎて

ちょっと もう 行儀悪いというか。

もともと
僕の1人の番組やったんです

そのゲーム番組。
あっ そうなの?

で 時間帯 上がりますって
言われたんですよ。

好評でって思ったら
その代わり

見取り図も入りますって
なったんですよ。

で 3人でやってたら
この番組 終わったんですよ。

同じ時間帯で 見取り図だけの番組
始まったんです。

そうなんです。 そうなんです。
(森田)行儀が悪すぎる。

俺らが…
俺らがしたわけちゃうやん。

で 今 『見取り図じゃん』
っていう番組をやってるんです…。

でも 今のとこ
『見取り図じゃん』

半分 森田 出てるんです。
出てるの?

もう 3人で やったらええやん
ほんなら もう。

ジャンポケなんかは

ずっと
やっぱり 売れてる感じやけども。

ずっと 正直 直美の次は
僕らだと思ってたんですよ。

2020とか2021ぐらいで 明らかに…
それこそ 見取り図に抜かれて。

まあ さらばとかも
もちろん 上 行ってみたいな。

ジェラードンも 唯一
キングオブコントと相性悪い

みたいなのが 結構 僕の中の
安心材料だったんですけど

そこも なんか 攻略して。
(かみちぃ)そんな事 思ってたん?

決勝行って。 で ランジャタイも
すごいし みたいになって。

周りに抜かれてる感みたいなのは
もう 感じてるんですよ。

そうなの?
(太田)だから ちょっと まあ…

バラバラの仕事が増えたりとか。
うんうん うんうん…。

僕は僕で 奥さんと一緒に
レギュラー番組 始まって。

ちょっと
中尾彬さんと志乃さん夫婦に

標的を変えて…。
(村上)お笑いじゃない。

方向転換 すごすぎる。

夫婦タレントのてっぺん
目指そうかな…。

やっぱり ランジャタイは
決勝行って 大きく変わったね。

だいぶ変わりましたね。
これも だから

「マヂラブ寄席」というライブを
開いてくれて マヂラブさんが。

お笑いライブなんですけど
普通の。 それが配信で

1万7000枚 売れたっていう
事件があって。

それを売ったのは
ランジャタイなんですよ 正直。

猫もいたんでしたっけ?
その配信。

猫はね さらばの事務所なんよ。

うちの猫 出てないよ
「マヂカルラブリー寄席」。

あと 猫王 決勝に行った…。
(伊藤)これは嘘じゃない。

猫ネタNo.1決定戦。
猫ネタNo.1決定戦に…。

ややこしいから
本当にあるの言わないで。

猫王はあります。

「猫王」と書いて
「ニャオー」っていうんですけど。

ザ・ギースさんが優勝して…。
(森田)なんでやねん。

なんで ギースが優勝するの?
ややこしいからさ。

今日 言ってる事で
どれがホンマなん?

(一同 笑い)
(国崎)これは本当に…。

〈今週は 見取り図出演の

〈ハライチ チョコプラたちの
同期芸人回が追加〉

〈先日オンエアされた
3時間スペシャルも

期間限定 見逃し配信中〉

〈AVサミット
マヂラブのPラジオなど

オリジナル作品も多数収録〉

〈そして 7月には
CLUB版 パチンコ芸人

ミキのPラジオ

神保町漫才劇場芸人も
近日公開〉

〈吐き出し部屋は 太田とリリー〉

今 お前が 自慢の同期だよ。
いやいや…。

〈「アメトーークCLUB」で
検索してね〉

ジェラードンは もう ずっと
割と下の方やったけども

一気に だから 皆さんと
一緒ぐらい いってるって事やね。

ジェラードンなんて 今
ユーチューブ すごいですよ。

ユーチューブが 今 69万人。

(おたけ)もう70万人だ。
えっ!

でも 相方の海野が ちょっと

今 温存してる状態なんですけど。
今 ちょっと休憩中や。

2人だけで こう
やるようになり始めまして

ツッコミを
お互い やりたくないんですよ。

両方 ボケやからな。

それを
今 押し付け合ってる状態で

すごい 空気は なんか
変な感じなんですよ ずっと。

そもそも ジェラードンは

お互いの容姿を
下に見てるんですよ。

俺の方が上やと?
(森田)俺の方が上や みたいな。

俺は角刈りですけど 顔のパーツは
多分 いいんですよ 普通に。

で かみちぃは
結構 変わった顔というか…。

そうですね。
(西本)これ バレてないですけど。

でも 2人
例えば 漫才で出た時に

「すみません 変なヤツ
連れてきちゃって」って言うの

多分 俺が… 俺の方です 多分。

漫才師 よくやるじゃないですか
「すみませんね

変なヤツ 連れてきて」って
言うのは

もう 絶対 俺が
かみちぃに言うしかないって。

でも かみちぃは 逆やねんな?
(かみちぃ)絶対 こいつでしょ。

いやいや 絶対 こいつなんですよ。
(一同 笑い)

(かみちぃ)見てください。 絶対
僕の方がしっかりしてる…。

内面は気持ち悪くないだろ 別に。
何が気持ち悪いの?

はい エピソード いきますか?
(西本)何?

エピソード 言いますか?
気持ち悪いエピソード 言えますか?

すみません。 なんか
こういう熱くなっちゃうとこ…。

すみませんね 本当。

(一同 笑い)

(西本)かかっちゃってる
かかっちゃってる…。

(森田)そんで こいつらが
なんか ルール 決めだして。

「すみませんね 変なヤツ
連れてきて」っていうのを

漫才の時に 先に サンパチまで
着いた方が言えるみたいな…。

なんなん? それ。
(森田)なあ? なんか してるな。

なんなん? それ。
(森田)先にサンパチまで…。

先に着いた方が言えるんや?
イジれるっていう事?

じゃあ ジェラードンです。
どうぞ!

(西本・かみちぃ)
どうも! ジェラードンです…!

(一同 笑い)

こっちの方がまともでね…。

いやあ 変な見た目でしょ? ねえ。
こんな四角ですからね。

ビックリしたー!
うわっ ビックリした!

めっちゃ変なヤツおる。
ビックリした! お前…。

ちょっと かかっちゃって。
変なヤツで すみません。

(一同 笑い)

私のエピソードが
なんもない…。

先聞いてると余計面白いよね。
(森田)全然折れないんですよ。

西本が ちょっと
大人のフリするのが

ムカつくんですよね やっぱり。
ハハハハ…!

かかっちゃうんで。

さあ 最後にですね
この同期芸人を記念しまして

番組側からTシャツを作りました。
(斉藤)あっ!

こちらにあります。
(盛山)ありがとうございます。

(拍手)

こうなっております。

(村上)一緒に海…!
(盛山)すげえ!

あの時の写真が全員集合してる!
(村上)うれしい!

(盛山)
パワーアップして帰ってきた!

あっ 海野もいる。
海野もいる。

(盛山)あっ 海野がおる!
(リリー)いいじゃん。

ジェラードンは ちゃんと
3人 そろってますからね。

海野!

ちなみに 裏は
こうなっております。

(盛山)いや 僕? 僕の…。
(リリー)盛山?

謎の 僕の小3ぐらいの写真 何?
盛山の小学生の頃です。

(盛山)これは あんま
テレビで出してないやつです。

(盛山)マジで
意味 わからんから。

〈新企画のトークバトル開催!
これは 一体?〉

〈ネットで買っちゃう芸人で

狩野が紹介した
カードゲーム〉

〈なんと これで
芸人対抗戦が実現!〉

言ってる意味 わかります?

〈どちらのカードが強いか
話術で勝負〉

ポチで終わり。
ハハハハ…!

だるんだるんです。

〈ガチのディベート対決〉

決まりました?
(出川)いやあ 腹立つわ。

〈更に 町工場芸人

グルメ漫画サミットが
近日公開〉

Source: https://dnptxt.com/

powered by Auto Youtube Summarize

おすすめの記事